田村、時空を超えゴッチと出会う~後編~(1995)

前編からの続きです。

立ち技でのキックを完全に封印された田村は、

サブミッション・レスリングへの誘いを受け入れます。

テイクダウンを奪ったマレンコは田村の両足首を同時に極めにいきます。
両足へのアンクルホールド

田村は切り返して、肘を極めにいきます。
肘を極めて、

そして逆十字へ。
十字へ

何度目のトライでしょうか?

この試合、田村が十字にこだわる理由は何なのでしょう。

マレンコは変形の肩固めで返します。
変形肩固めで返して、

さらにフェイスロックへの移行。
フェイスロック

完全なるゴッチ式、

いうなればウィガン流です。

田村はあくまでUで培ったサブミッション、

袈裟固めから肘を極めにいきます。
袈裟固めで返す

これをマレンコは横三角締めに切り返し、
横三角締めで返す

エスケープを奪います。
エスケープ

再開後、

やはりマレンコはがぶりからの入りです。
再びがぶる

田村は潜りから再三の肘極め。
再び肘を極める

マレンコがロープエスケープすると、

田村のこの表情。
ブレイク後のこの表情

心中は何が去来しているのでしょう。

それでもマレンコは淡々とゴッチ流の技を繰り出します。

バナナスプレッド。
バナナスプレッド

幻の技ともいえるスタンディング・クラッチ。
ゴッチ直伝スタンディングクラッチ

お馴染みのグリグリ…
グリグリ

珍しく膝十字も出します。
膝十字

エスケープから、

田村は虚をついたハイキック。
ハイキックも、

しかしこれも間合いが中途半端で、

捕えられます。
キャッチされる

一気にマレンコは逆十字。
十字に行くが、

そこを待っていたのか田村はタイミング良く後転。
後転でエスケープし、

そこから一気に、
逆に、

腕ひしぎ逆十字が完成。
極めて見せた

マレンコがすかさずタップすると、

田村はガッツポーズ。
勝利の雄叫び

思わず見せる田村、安堵の表情です。
田村勝った

終わってしまえばノーサイド。

これもUWFではあたり前に見られた光景です。
抱擁

それにしてもこの試合、

実に面白い!!

こういったファンの記憶にない名勝負が、

Uインターのビデオにはたくさん眠っています。

これからも皆さんに紹介できますよう頑張ります。

最後にDVDを提供して下さったFさん、

本当にありがとうございました!!

関連記事
スポンサーサイト

tag : 田村潔司 ジョー・マレンコ

comment

Secret

No title

フィニッシュは芸術的ですね!!動画見たいなあ。

前田が船木に初対決後リング上で『面白い、楽しい、興奮する。ただそれだけのものにお前らは命を賭けられるのか?(大意)』って言葉を掛けましたが、こういう知られざる名勝負の中にも『ただそれだけのもの』ではない味わいが感じられるのがUインターの深さですね。

前編のコメントにあった、高田VSマレンコもぜひ取り上げてください(また、リクエスト)。

>スパさん

フィニッシュは芸術的ですね<この芸術性がプロレスリングの真髄でしょうね。

『面白い、楽しい、興奮する。ただそれだけのものにお前らは命を賭けられるのか?(大意)』<武道館ですね。
あのときは船木が新生Uに失望してたんでしたっけ?
今月のkamipro読んで思ったのですが、つくづくプロレスは難しいんですよ。
カブキが言ってますけど「バカじゃできない、利口じゃできない、中途半端じゃなおできない」ということなんですよね。
今では安易にただ「会場を盛り上げてやろう」とかに走りすぎているような気がします。

前編のコメントにあった、高田VSマレンコ<これも完全版持ってません(涙)。
ダイジェストで見る限りではかなりの消耗戦ですね。

No title

こんばんは
そうですよね!今見返しても本当にいい試合が多いですよ!
今度高田vsマレンコの大会お送りします

>Fさん

こんばんわ。

今見返しても本当にいい試合が多いです<当時見落としてたというか…PRIDEを通過してきたことで、「おおっ!!」っていう場面がたくさんあります。

今度高田vsマレンコの大会<いやぁ、お忙しい中申し訳ございません。私もお送りしますね。

No title

こんばんは!マレンコは技が豊富ですね!この技の豊富さは現在MMAでは中々見られないですよね。スタンディング・クラッチという技も、妙に惹かれます。

田村はホントにホッとした表情ですね。寝技技量はジョーが上のような感じでしたか?興味深い対決ですね。

>H.Tさん

こんばんわ。

スタンディング・クラッチという技も、妙に惹かれます<この技、日本で初公開したのはゴッチさんだったはずです。
意外なところではアンドレも使ってたんですよ。確か85年のIWGP決勝戦でした。

寝技技量はジョーが上のような感じでしたか?<一つの方向から見ればマレンコが圧倒していたのですが、技術体系が違いますから比較は難しいですね。
当時、高田がいなかったのですが、それが関係してか田村は十字一本やりですね。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード