勝手に思い描いてたアレ

昨日の全日8.31両国決戦(スポナビより)

G1覇者として勇んで武藤に挑むために敵地へ乗り込んだ後藤でしたが、結果は玉砕。

▼IWGPヘビー級選手権試合 60分1本勝負
○[王者]武藤敬司(21分13秒・ムーンサルトプレス→体固め)●[挑戦者]後藤洋央紀
(スポナビより)


元祖光る男

やはり役者が違ったようです。

しかしこの一ヶ月で後藤は確実に数段階飛び級したと思います。

少なくとも数年のブランクがある私の様な人間にもしっかり記憶されました。

さて、次です。

試合後に中邑が一瞥してから去って行ったようですが、

武藤vs中邑視殺戦

時期挑戦者に名乗りを挙げたのは真壁。

真壁が挑発

両団体の利害を考えれば、しばらくこの武藤防衛ロードが続いていくのでしょうが、最終的には中邑が獲らなきゃ、また上井さんの土下座外交時代と何ら変わりません。

結局は武藤人気にあやかった新日の延命策、親会社を配慮しての云々…となりかねません。

本来でしたら、8月12日の 中邑真輔待望論 に書いたような展開を描いてたんですが…

大晦日まで走りぬく為には優勝者インタビューでまずキッチリと噛み付く事が大事でしょう。

※血染めで真壁を下した後のインタビューでいつもの“台詞調”じゃない本音の言葉が聞きたかった。

そして敵地でのリマッチに勝って奪還。これ橋本が藤波戦でやったのと同じく圧勝で取る事。
※あの時の破壊王ほどの力技は必要ないけど、「インサイドワーク抜きにしたら、もう武藤は勝てないんだなぁ」と思わせる勝ち方。今の総合の先端技術でいくとか。この場合、名勝負は必要ない。

そうなると鈴木みのるが絡んでくる。「調子のってんじゃねぇぞ」と。
※こういう事を全日のリングでやったら、鈴木が黙ってる訳ないでしょ。

秋はこの鈴木との抗争で突っ走ると。
※鈴木も新日に本格復帰。RISEと鈴木、ケアの軍団抗争にまでなれば理想的。最終的にはIWGP戦でギブアップ勝ち。

どんどんプロレス界のビッグネームを食っていく。
※かつて天山、高山らを食っていった時のように健介とか、そのクラス。

その先には猪木と袂を分かつ“O.N”も見えて来ると。
※小川もプロレスラー生命長くないんだから、一番輝いた場所で一番輝いてたスタイルでやれと。緊張感あるプロレスを。

そんな忙しい中で大晦日まで…走り抜けると!!
※↑の二つは年明けでいい。表で鈴木と抗争しながら、準備進めてドカンと。相手はミルコがいいけど…

まぁこれを今書いたところでどうにもなんないんですけど、やっぱり武藤の“華”を“実”で制せるのは中邑だけかなと。

小川戦だけは絶対見たいな…ハッスルよりも、MMAよりも、IGFよりも新日マット上の暴走王スタイルが見たい。

迎え撃つ中邑は一言

「あんたのせいだよ、新日本がこんなになっちまったのは! あんたが強さの象徴だった橋本真也に仕掛けてから。今度は俺が仕掛けるよ!」

と、これでよし。
関連記事
スポンサーサイト

tag : 中邑真輔 武藤敬司 IWGP

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『2008 プロレスLOVE in 両国 Vol.5』試合結果。後藤vs武藤が気になるなあ

   『2008 プロレスLOVE in 両国 Vol.5』試合結果のみアップしときます。気になる方は続きからどうぞ。自分はやっぱりG1王者後藤vsIWGP王...

comment

Secret

No title

こんにちは!TBありがとうございます!中邑残念でしたよね。プロレスでG1で結果が出なかったですが、MMA路線は一貫して続けて欲しいです。
 ミルコvs中邑は見たいですね!ミルコは最近少々価値が落ちてきていますが、未だ知名度抜群ですからね!
 小川の新日スタイルも見たいです!となるとIGFと新日は対抗戦すべき・・かな笑。

TB…イマイチわからんです

H.Tさん、どうもです。
トラックバックってこういう感じでいいのでしょうか? よくわかってないんですよ私(汗)

ミルコは、格闘技界のランクは下がってますけど、プロレス界にとっては倒さなくてはならない人間です。これヒクソンもそうです。
ストーリーを一つ区切るために絶対倒さなきゃなりません。

小川は一人で乗り込んで来れば面白いんですけどね。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード