天の川は流星仮面の調べ

先日、昭和の名レスラー、マスクド・スーパースターが来日し、

相変わらずの勇姿を見せてくれたようです。

 スポーツナビ より
マスクド・スーパースター16年ぶり降臨! 流星殺法にファン大熱狂


いつも素晴らしい記事を書いて下さる流星仮面二世さんの観戦記もぜひご一読を。

 団塊Jrのプロレスファン列伝 より
7月4日、ボクはボクに会いに行った 前編


決してホーガン、アンドレ、ハンセンらの様な派手さはありませんでしたが、

ナチュラルな太い腕から繰り出されるパワー殺法と、その対極ともいえる細かいテクニック、

この二つを併せ持った大型マスクマンでした。

古舘曰く「闘いのど根性ガエル」コスチューム。
闘いのど根性ガエル

陽気なマードックとの名コンビはプロレス史に残ります。
マードックとのコンビはプロレス史に残る前チーム

またマードックの陽気なお笑いセンス(参照:桃尻親父)に対抗してか、流星仮面に関してはスーパーマシンに代表されるシュールなギャグが多かったです。
シュール路線のスーパーマシン

そして思い出に残る名場面が二つあります。

一つは13年前のジャパンカップ争奪タッグリーグにおいて、

UWFとの優勝戦進出チーム決定戦。
カウンターのニールキック

前日の試合でリングアウトながら猪木を下し(参照:猪木流格闘技術vs前田流プロレス~前編~後編)、

息の上がる前田、木戸。

それは試合終盤に起こりました。

1986年12.11 両国国技館

前田日明、木戸修vsディック・マードック、マスクド・スーパースター


前田はスーパースターを対角線に振り、
対角線を振る、

ニュートラルコーナーへ、

得意のタテ回転ニールキックこと大車輪キックへ。
大車輪キックを迎撃せんと膝を出すが…、

しかし何を思ったか、スーパースターは受けを誤り、
弾かれて、

顔面に直撃!!
顔面にヒット!!

当時、この技は藤波戦でのコメカミ亀裂事件の印象が強く、

危険な蹴りの名を欲しいままにしていました。

スーパースターはユラユラと頭部を揺らして、
頭部が揺れ、

腰から崩れました。
腰から崩れる

それでもこのアクシデントをものともせず、

フォールはカウント2でキックアウトし、

珍しい前田のローリング・クラッチ・ホールドにカウント3を奪われましたが、
回転エビで敗れる

最後まで試合を作り上げました。

この頑丈さも流星仮面の凄味ですね。

ガックリ…

もう一つは、さらに遡って1981年8.6 蔵前国技館での、

アントニオ猪木vsマスクド・スーパースターの賞金3万ドル&覆面はぎマッチ。

流星仮面二世さんの記事にもコメントしましたが、

北海道では8月7日が七夕の為、

この試合が放送された日(翌日の録画中継)、

小4の私は町内子供会の提灯行列に参加。

それが終われば花火大会。

最後まで残った者にはおやつが与えられる…という一連の流れでした。

「早く帰ってプロレス見なきゃ」と焦る気持ちを落ち着かせながら、

花火を見つめ、

終わっておやつ袋を受け取ると…

猛ダッシュ!!

何とかメインに間に合いました。

最後は猪木のジャーマン・スープレックスでフィニッシュ。

あたかもそれは、流星仮面が奏でた天の川の調べに、

燃える闘魂が人間橋を架けたかのような光景でした。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 流星仮面 マスクド・スーパースター アントニオ猪木 七夕

comment

Secret

No title

リンクありがとうございます(^^)
このニールキック覚えてます!!マスクドもキック出したんですよね~。そのせいで顔面直撃になってしまいましたが・・・やっぱマードックとかマスクドはタフなんですね(^^;
そういえばマスクドがラリアートして足痛めちゃったのってブロディ、スヌーカ組とやったときでしたっけ?

>流星仮面二世さん

やっぱマードックとかマスクドはタフなんですね<そうですよね。
かつてのレスラーって本当に怪我しないんですよね。

マスクドがラリアートして足痛めちゃったのって<あぁ…ちょっと思い出せないです。
IWGPタッグリーグかなにかですか?

No title

初めまして! 偶然たどり着いたこのブログに、感激の涙!
私は、ブログ主さんよりも一回り年が上なのですが、
まさに、この頃、夢中になってプロレスを見ていたプロレス者です。

そして、私がプロレスファンになったのは、今から30年以上前に、マスクト・スーパースターの、フライング・ネック・ブリーカーを目撃したからです。
かけるほうも、かけられるほうも、高い位置で、マットとほぼ水平になる豪快さ。思い切りのよさ。

そして、もう一つ。フォールされたときに、カバーしている相手を、まるで毛布のように軽々と吹っ飛ばす、あのナチュラルな怪力!
好きでしたね~!

>オーハさん

初めまして。コメントありがとうございます。

ブログ主さんよりも一回り年が上なのですが<大先輩ですね。

今から30年以上前に、マスクト・スーパースターの、フライング・ネック・ブリーカーを目撃したから<おお!! 流星仮面のフライング・スリーパーですね。

フォールされたときに、カバーしている相手を、まるで毛布のように軽々と吹っ飛ばす、あのナチュラルな怪力!<当時の外人って二の腕が異常に太いんですよね。ハクソー・ヒギンズやアイアン・マイク・シャープなんかも凄かったです。
小鉄さん曰く「彼らは子供の頃から大人のバスケットボールで遊んでるんですから、自然と腕の力なんかがつくわけです」って。

今後とも宜しくお願い致します。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード