因縁の最終闘争~後編~(1996)

前編からのつづきです。

再び出てきた金原は、

蹴りの連打からハイキックをヒットさせ、ダウンを奪います。
金原のハイキックで健介ダウン

さらに返す刀でコーナーで控える長州にもジャンピングキック。
返す刀で控えの長州にも蹴り

起き上がった健介に追い討ちのロー。
ローは、

とここまでは勢いの良い金原ですが、

捕まると、

すぐさまフィッシャーマンバスター気味に投げられ、
フィッシャーマンバスター気味に返される

さらに合体攻撃のブレーンバスター。
ダブルのブレーンバスターから、

軽量の金原だけに捕まるとボンボン投げられます。

チャンプア戦(1996年3.1)でさらに絞っていましたので、新日勢とのパワーの差は大きいです。

もう一発、長州がブレーンバスターを、
単独のブレーンバスターは、

前に落としてきます。
前に叩きつける

これは格下相手によく見せる攻めです(参照:震えた体を纏ってる 心を無くした僕がいる)。

長州は首投げで金原を相手コーナーに投げつけ、
首投げから、

「高田に代われ」と突っぱねます。
高田出て来いコラァ

さぁここからが、この試合のハイライトです。

高田は右ローキックから、
ローから、

左ミドル、
ミドルへ、

そして強烈な膝蹴り!!
強烈な膝!!

一瞬、長州もタックルを狙ったのか? 身を沈めたところへカウンターで顔面へ。

画像で赤く記したように長州の歯(差し歯)が吹っ飛びます。
差し歯が吹っ飛ぶ

それでも倒れない長州…さすがです。

間髪入れず高田はスロイダーへ。
スロイダー

一気に十字にいきますが、健介がカット。
十字に行くが、健介カット

お互い代わると、健介は得意の逆一本背負いで叩きつけて、
逆一本背負いから、

ストラングルホールド。
ストラングル・ホールド

高田が膝蹴りでカット。
また膝!!

健介は再び投げを狙いますが、
ジャーマン狙いの健介

ここからの返しこそUインターの真骨頂。
切り返しから、

ガッチリ膝十字が極まります。
膝十字ガッチリ極まる

何とか凌いだ健介にローキック。
さらに蹴る金原

ミドルは受け止められて、
キャッチして、

強烈な、
ショートレンジの、

ラリアート。
ラリアート!!

ロープに走っての2発目は、
2発目は切り返す

これまたUの切り札、脇固めに切り返す。
脇固めを狙う

しかし極めきれず、
しかし…

健介はそのままぶっこ抜いてパワーボムで、
パワーボムで、

カウント3。
カウント3。

新日軍の勝利。
新日師弟の勝利

高田は金原を労う。
金原を労いながら、

思えばこの試合が高田vs長州の最後の試合。

と同時に長州自身の対UWFはこの試合が最後でした。

「あいつらがくたばったら、墓に糞ぶっ掛けてやる」から始まった長州とUインターの抗争は、

この日、幕を閉じました。

それは長州の格闘技術が見られた本当に貴重な攻防の数々でした。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 高田延彦 金原弘光 長州力 佐々木健介 全面戦争

comment

Secret

は、歯が別々に飛んでる!!

いやーすごく読み応えがあって楽しかったです(^^)

キックとサブミッションにまるで道場スパーのような動きを見せる長州・・・この試合もしかり。一連の長州vsUは、けして派手さはないですが、それが緊張感を生み、見る人が

「次、どうなるのかな・・・次どうなるのかな!!」

と、まさに固唾をのんで見ることが出来る本来のプロレスや総合格闘技が忘れてしまった攻防があって、ボクは非常によかったと思います!!

しかし願わくば・・・
このタッグのあと、高田vs長州シングルなんてあったらよかったのになぁ・・・なんて妄WF♪


No title

こんばんは!これ当時、ゴングで見て衝撃でしたよ!動画が見たくてビデオを探し回って見た記憶があります。

この頃になると、最初にあった緊張感、殺閥感は薄れてきていたかなとは感じていましたが、あの蹴りが、それを吹き飛ばしてくれましたね。インパクトは大の大でした!!

>流星仮面二世さん

いやーすごく読み応えがあって<ありがとうございます。

まるで道場スパーのような動きを見せる長州<長州自身が嫌ってた“ベーシックの部分”がふんだんに見られた抗争でしたよね。

固唾をのんで見ることが出来る本来のプロレスや総合格闘技が忘れてしまった攻防<そうなんですよ。
先日の三沢特番でも感じたんですが、このせめぎ合いってある時期までのプロレスにしか感じられないんですよね。
総合格闘技の緊張感ともあきらかに違います。
倒しに行ってるんですよね、技の出し方が。

>H.Tさん

こんにちわ。

この頃になると、最初にあった緊張感、殺閥感は薄れてきていたかなとは感じていました<そうですね。ロープワークとかが出てきましたからね。

あの蹴りが、それを吹き飛ばしてくれました<偶然か狙ったのかカウンターで入りましたからね。
それでも倒れないんだから…長州も凄いです。
前田がよく言ってましたけど、昭和のレスラーの打たれ強さは異常ですね。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード