緑のマットでの崇高なる“闘い”~後編~(2001)

お待たせいたしました。

さあ…三沢vs高山のGHC戦もいよいよ最終回です(参照:緑のマットでの崇高なる“闘い”~前編~~中編~)。

執拗な三沢の腕殺しを凌いだ高山は、

反撃の前蹴り。
高山反撃の前蹴りも、

これを三沢はエルボーで払って、
エルボーで振り払い、

さらに顔面へ。
顔面へ、

もう一発。
もう一発入れて、

三沢のエルボーというのは、絶対的な技です。

同門の選手以外でもこのエルボーを受けることによって、

三沢の凄さや強さ、なぜ長い間トップに君臨出来たかを実感できると言います。

垂直落下でもない、

アクロバチックな空中技でもない、

この技はまぎれもなく“闘い”の為の技です。

エルボーのダメージが残る高山に、三沢はこの試合で初めての大技、

タイガードライバーを仕掛けます。
タイガードライバー

カウントは2。

すかさず2発目にいきますが、

高山がリバース・スープレックスで返します。
2発目はリバースで返されて、

再度、背中への蹴りから、
背中に一発から、

三沢のお株を奪うタイガー・スープレックス…高山だと、

エベレスト・タイガーでしょうか?
エベレスト・タイガースープレックス

とにかく凄い落差です。

しかし三沢はここでもエルボー、
エルボー、

高山今度は前蹴りでの返し、
高山は前蹴り、

三沢のエルボー、
あくまでエルボー、

高山はハイキック。

これを三沢はブロックして、
蹴りをブロックして、

エルボー。
さらにエルボー、

ここから怒涛のコンビネーションです。

バックブロー・エルボーから、
バックブロー気味エルボーから、

ジャブ気味の左、
左、

ストレートのように右!!
そして右!!

最後は、
さらに…、

ローリング・エルボー!!
ローリングエルボー

フォールはカウント2で返す高山、

目はまだ死んでいません。
それでもカウント2で返す高山

三沢は得意の眉ワイパーで一拍置いて、
三沢は眉毛ワイパーから、

リングで最も長い対角線の距離を使って、
助走を取って、

ランニング・エルボー!!
ランニングエルボー!!

これもカウント2で辛うじて肩を上げますが、
これもカウント2

一気にグロッギーです。
しかし高山もグロッギー

この表情の意味は…
仕上げにかかる三沢の表情

 三沢光晴の「美学」-鮮烈な“男の生きざま”を徹底検証!(週刊プロレススペシャル 225) より

三沢
「真っ向からやり合えば『これだけやったのに負けた』って、敗者も納得できるじゃないですか。なかには『こんなんで負けたとは思ってねー』とかいうヤツいますけど、俺はそういうの好きじゃないんです」


四天王プロレスを頂点とした、いわゆる“カウント2.9プロレス”。

その源は相手の攻撃に対して、胸を出して受ける、

王道プロレスの進化バージョンだったのです。

ここで必殺技のエメラルド・フロウジョン炸裂。
エメラルド・フロージョン

余力を使い果たした高山から完全な3カウントを奪って、

三沢光晴が初代GHCヘビー級王者となりました。
勝ち名乗りを受け、

王道プロレスとは…、

馬場さんやブッチャーらに代表される“明るく楽しいプロレス”なのでしょうか?

もちろんそれも含まれるのがプロレスなのですが、

相手の技を正面から受けてたつ姿勢、

受けた上で凌いでみせて、返してみせて、

それ以上の技で“勝ちにいく”という“闘い”です。

 三沢光晴の「美学」-鮮烈な“男の生きざま”を徹底検証!(週刊プロレススペシャル 225) より

高山
「リングの上って“闘い”を見せる場なんだから。最近、『いい試合だった』っていうじゃないですか。『いい試合』『いい試合』って、プロレスをフィギュアスケートみたいにいわれちゃうから。それが嫌なんですよ。ぼくは“闘い”を見せなきゃいけないと思ってるから」


とかく耐久レースと同じ目線で語られがちの三沢のプロレスですが、

こうやって見返してみると、

細かい技術や勝負の駆け引きが随所に隠れています。

そんな“闘い”の中で勝ち星を残してきた三沢。

偉大なチャンピオンでしたよね。

崇高なるベルトを巻く

関連記事
スポンサーサイト

tag : 三沢光晴 高山善廣 GHC

comment

Secret

No title

いやー大変興味のある、そして素晴らしい試合と紫レガさんのお話。勉強になりました。
こうしてみると・・・こういった技術の応酬、ありそうでもない、やはり他にはないプロレスの形だったと思えますね。
馬場から受け継がれたプロレスが進化し、四天王を経て進化してきたプロレスがこういう誰と試合しても名勝負になる三沢のプロレスだったんだなぁと改めて痛感しました。

No title

こんばんは
まだこの頃は腹出てないですね
小川のブログに身体の変化書かれてましたよね
それにしても週プロ全く売ってませんね(汗
この試合改めて見てみました
本当にいい試合ですね!

>流星仮面二世さん

勉強になりました<とんでもないです。思ったままに書き殴る“駄文”です。

技術の応酬、ありそうでもない、やはり他にはないプロレスの形<宮戸ブログでも書かれてましたが、(参照:サイドスープレックスhttp://blog.livedoor.jp/catch_snakepit/archives/51254153.html)三沢の技って基本に忠実なのが多いですね。
でもかくいう私自身もそういうところは見落としてました…。
やはり惜しいですよ。

>Fさん

こんばんわ。

この頃は腹出てないです<私は昨夜、今年の1.4ドームのタッグマッチ見たんですよ。
この高山戦見てからあれ見ると…ちょっと見ててキツイです。

それにしても週プロ全く売ってませんね<出先でちょくちょく大型書店に立ち寄ってたんですが、全くないです。
…と思ったら、近くのTSUTAYAに5冊ありました。

近年、こちらではコンビニにも1冊あるかないかなんですよ。
でも今回はプロレスファン以外も買ってるらしいですね。

” 真っ向からやり合えば…こんなんで負けたとは思ってねぇ〜好きじないんです ”

三沢選手が仰ってる言葉を頷きながら読んでました。
同感です‼︎


相手の技を受けてたつ、そして返して勝つ。
相手の技を受けてこそなんですよね〜
これがプロレスなんですよね?
もう人間じゃないですよ。


えっ、つい言ってしまってました「いい試合」なんて言えばいいんだろう。


この試合は探してみます。

>みーさん

これ…良い記事ですね(笑)

こんな記事書いてた事忘れていました。

みーさん、ありがとう。

ハイ!
本当に良い内容です‼︎
と言うより、どれも良いですよ。

私は初めて目にしますが、レガさんが改めて読むと。。。

この記事書いてた時って

【俺あんなことしてたなぁ〜、こんなこと考えながら書いてたんだなぁ〜】

と思い起こさせてくれますし、思い出をつくってくれてますよね。

>みーさん

私は初めて目にしますが、レガさんが改めて読むと…この記事書いてた時って【俺あんなことしてたなぁ〜、こんなこと考えながら書いてたんだなぁ〜】と思い起こさせてくれます<この当時はですねぇ…“最後の独身生活”ですね(笑)。

ウチのママが息子を出産する前の3か月間、丸っと入院してまして、私は愛犬と男二人で生活してました。
仕事終わって、帰宅後に愛犬の散歩、病院に見舞い、帰りに買い出しして夕食、風呂入ってから洗濯、掃除…あぁ懐かしいです。

みーさんもいつかは可愛いお子さんを出産すると思いますけど、その時まで身体は大切にケアして下さいね。

お返事ありがとうございます。

レガさん、そんなことを書かせるつもりでは無かったんですよ。
申し訳ありません。

奥様3ヶ月入院されてたなんて、色々不安もあったでしょうし。
でも、仕事と家のこと、頑張ってくれてる
優しいレガさんが付いていらっしゃったから
きっと心強かったことと思います!
素敵な御家族です。


ありがとうございます。
私も自分自身のケアを怠らないようにしますね。

レガさんも、ご自愛くださいね。

>みーさん

そんなことを書かせるつもりでは無かったんですよ<いいえ、何か思い出して懐かしい気持ちになれました。今は良き思い出です。

きっと心強かったことと<いや、それが退院直後にね…「掃除の仕方が悪い」と、ね(泣)。
まぁ私ひとりじゃ我が家は成り立たないんですよ、間違いなく。

私も自分自身のケアを怠らないよう<本当に体は大事にして下さいね。

…って年寄りに対してのレスみたいになっちゃいましたが(笑)。

ありがとうございます。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード