長州 in UWF(1995)

先日の記事(参照:忘れえぬ“熱い男”)のコメントにて、

buta-tanさんよりリクエストがありました。

時間が出来たので、早速試合を見返してみると、

案外面白いんですよね、これ。

プロレス史に残る10.9東京ドームの2日後、

舞台をUインターマットに変えて、第1試合(参照:他流試合らしさ)から対抗戦のオンパレード。

そのメインとして、このタッグマッチは行われました。

試合のルールはUWFインターのダブルバウト。

ただしフリーノックダウン、フリーエスケープの特別ルールです。

遂に長州がUのリング登場

Uインターはエース高田を負傷で欠き(参照:歴史は10月に作られる~平成編~)、

暫定エースとして安生と垣原を2トップに、新日の本丸を迎えました。

安生、垣原vs長州、永田

まさか長州力がUWFの名を持つリングに上がるなどとは数ヶ月前には思いもよりませんでした。

試合はその長州と安生からスタート。

2日前のシングルマッチの興奮冷めぬまま先発を買って出ました。

安生のジャンピングハイからスタート

クイックタッチで代わった垣原はリングインと同時にラッシュ。

掌底からの膝蹴り連打。

カッキーのラッシュ、

さらに掌底マシンガンで、

掌底マシンガンで、

いきなりダウンを奪います。

ダウン奪取!!

カウント3で立ち上がった長州へ、低い片足タックル。

続けてローシングルレッグダイブ、

だがこの局面には絶対の自信を持つ長州は難なく潰して、

長州は潰すと、

アマレス時代からの得意技の“アレ”で垣原を完全にコントロールします。

得意のアレ

外した後も起き上がる垣原の後頭部を押さえて、

立ち上がる垣原の首を押さえて、

これもめったに見せない“隠し技”の小外刈りで転がす。

小外刈り

負けじと足を取りに行く垣原ですが、

下から足を狙うカッキーと余裕の長州、

長州は永田に交代。

結局極めきれず永田にスイッチ

垣原と永田は激しく打ち合います。

垣原と永田は激しい打撃戦

安生に代わると、楽にマウント奪取。

安生は悠々とマウント奪取

そこに長州のカットプレー!! ダブルバウトでは初でしょう。

長州堂々のカットプレー

よもやの蹴りに安生も戸惑いを隠せません。

戸惑う安生

代わった長州は自分の腕力を生かした極め技のフロントネックロック。

長州のグラップリング技、フロントネックロック

さらに安生をはがい締めに捕えると、

長州が安生を捕えると、

永田のミサイルキック!!

こうなってくると、もうUルールも何もありません。

UWFマットでこの技が見られたのは1989年の船木以来でしょう。

ミサイルキック!!

安生はグラウンドで永田を圧倒。

グランドクロス200?

垣原に代わると、

再び激しく打ち合う。

再び、

打“激”戦

長州が出てくると、

一発の長州キックで、

長州キックで、

ダウン奪取!!

これも他では見られません。

というかリングシューズでの蹴りは有りでしたか???

ダウン奪取!!

最後は垣原のスリーパーが永田を捕えてタップアウト。

最後は垣原の胴締めスリーパー

試合終了後、長州はチョークを主張しますが覆らず、

長州は抗議するがUインター勝利

長州は永田の頭をパチン。

永田の頭をパチン

花道の奥へ消える長州に向かって、

垣原は高らかにアピール。

「オイ長州!! 新日本はそんなもんなのか!! Uをなめるな!! Uは死なないぞ!! 俺たちでUを守る!! 俺が新日本をぶっ潰してやるから!!」

「オレがUを守る!!」

それに対して長州も控室で応える。

「垣原ちょっと侮ってたな、いい選手だな。あんな奴いると思わなかったな、あぁ。いい根性してるな、垣原、あぁ。気に入ったよ、あぁ。まぁガムシャラすぎるけど&%#&%(聞き取れず)、あぁ。あれで本当に本人が間を持ったりしてね、自分がやってることよくわかってきたら凄いよな。今必死に頑張ってるからいいんじゃないの? 俺は最後あいつが言った言葉が気に入ったね。『一人で守ってみせる』いいじゃない、あぁ。やりがいあるだろ、あいつにとっても。『Uを守る』…ただどこまで出来るかだよな、あぁ。今日は本当に垣原って男をほめる、俺は、あぁ。ほめる…うん。いい素材だよ」

「おい金沢」

長州にしては珍しくベタ褒めだった訳ですが、

褒められるという時点で、垣原の力を見切っていた訳です。

そして両者は翌年1.4東京ドームで一騎打ち。

そこから垣原の低迷は始まってしまったのです…

関連記事
スポンサーサイト

tag : 長州力 安生洋二 垣原賢人 永田裕志 新日本プロレス 全面戦争

comment

Secret

No title

紫レガさん どーもです。

この試合よく覚えてます。

垣原は好評価で対抗戦では
初戦の健介戦など良い扱いをされてましたね。

長州とのシングルでは………

>kakutougi52さん

垣原は好評価で対抗戦では初戦の健介戦など良い扱いをされてました<田村がいないのでカッキーを良いポジションに持ってこないと対抗戦自体が成り立たなかったですもんね。
その健介の表情が全てを物語ってました。
「武藤も橋本もチョシュさんも勝つのに、何で俺がこんな小さいのにジョブしなきゃなんねぇんだ」みたいな。

長州とのシングル<あれは切なかったです。

No title

こんばんわ。
早速、リクエストにお応え頂き、有難う御座います!
(感想、ちょっと長くなります・・・)

いやぁ、面白いっす!
掟破りの、カットプレーやミサイルキック。
盛り上がっただろうなぁ。

長州さんは、もう超越してますね。存在感・力・技術。

永田選手、若くてシェイプされてて、U側の選手でもイイ感じに見えました。
(逆に、大谷選手は、プロレスラーって感じのシルエットに見えました)

安生選手については、紫レガさんのエントリーを読むまでは、ハッスルのイメージしかなかったので、見直したというか、誤解していたというか、スゴイ選手ですね!

垣原選手は、全日にいた時だけちょこっと見たことがある程度だったのですが。。
長州にして、そこまで言わせるとわ。

> 長州とのシングル<あれは切なかったです。
とても気になります・・・

>buta-tanさん

こんばんわ。

掟破りの、カットプレーやミサイルキック<またそれらを出すタイミングと言うのがね…やはり長州は一流ですよ。

永田選手、若くてシェイプされてて、U側の選手でもイイ感じ<元々Uに入る予定だった男ですからね。

安生選手については、紫レガさんのを読むまで…誤解していたというか、スゴイ選手ですね!<そういったご意見を頂けると、ブロガー冥利に尽きます。

長州とのシングル<あれは切なかったです<いずれ…はい。

No title

<元々Uに入る予定だった男ですからね。
そうだったんですか!?

橋本や健介がUWFに誘われてたって話は何かで読んだことあった様な気がしましたが
永田にもそういう話があったんですねぇ。全く知りませんでした。。

紫レガさん、なんでも知ってるんですねぇ。
ビビッてタジろいでます!

>buta-tanさん

橋本や健介がUWFに誘われてたって話<橋本は新弟子時代に高田に追随しようか迷ったんですよね。
健介は新生Uから声がかかったみたいです。
あと武藤もそんな話あったようです。

永田にもそういう話が<永田は大学卒業時にUインターに入るつもりだったみたいです。
馳の一声で新日に決めたみたいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>○○さん

対抗戦での永田は面白いですよ。

あとは上の人間と当たった時の闘い方ですね。

ええ。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード