前高山+2の衝撃力測定

いつもコメント下さるH.Tさん日刊H.T の記事、

橋本真也の蹴りと高田延彦の蹴りの威力 での衝撃力測定の記録を読んで、

書棚からこのビデオを下ろさずにはいられませんでした。

その名も『新格闘技伝説~これがU.W.F.のバイブルだ~』

新生UWFの全盛期に収録されたこのビデオは、主にルールブックの役割を果たしたものでしたが、

最も記憶に残ったのは前高山の三人と、若手二人の打撃の衝撃力測定です。

東大の先生による、

東大教授の協力により、

最新機器での測定は、

当時の最新機器で、

意外な結果をはじき出しました。

UWF戦士の打撃の威力を測定

まずはミドルキック。

トップバッターは前田からです。

前田の蹴り

ナレーション「衝撃力674キロ。ヘビー級プロボクサーのストレートのおよそ3倍に匹敵する。しかも前田選手の場合、衝撃力の持続時間が最も長く、キックの重さを証明した」

高田「前田さんのキックなんですけど、えー…とにかく見てわかる通り重いんですね。あと、前田さん僕らの中で一番スネが硬いんで、ローが怖いっすね
(←ダジャレ!?)

その衝撃は?

つづいて高田のミドルキック。

高田の蹴り

ナレーション「ミドルキックの衝撃において最も高い数字を叩き出したのが、高田選手だった。前田選手を凌ぐ690キロである」

山崎「高田さんは、えー、バット。木のバットですね、衝撃が。速いし、えー、最近どんどん重たくなっています」


その衝撃は?

三番手は山崎。

山崎の蹴り

ナレーション「山崎選手のミドルキックは立ち上がり時間が飛びぬけて速い。これは切れ味の鋭いキックである事を物語っている」

前田「振り抜くような。そういうスピードというか、キレというかありますね。割ととんでもないところから山ちゃんの場合飛んでくる気がするんで、あのー、うかつにパッと入れないですね」


その衝撃は?

蹴りの最後は宮戸のソバット。

宮戸のソバット

ナレーション「体を回転させる遠心力に全体重を乗せる宮戸選手のソバット。(略)このソバットの衝撃力は、まさに驚くべき782キロを計測した。しかも波のピークに至る線はほぼ垂直。これをまともに受ければ、10カウントも当然である」

その衝撃は?

前高山、それぞれの特性がある蹴りの破壊力ですね。

それでも映像では高田が最も力を抜いて蹴ってるように見えます。

それでこの数値。

相手が機械とはいえ凄まじい威力が感じられます。

そして宮戸のソバット。

まともに受けたら死にますって…

今度はパンチ力、

前田からです。

前田のパンチ

ナレーション「空手からプロレス入りした前田選手が、パンチの衝撃力において319キロと圧倒的な数値を叩き出した。これはヘビー級プロボクサーを凌駕する数値である」

その衝撃は?

つづいて高田。

高田のパンチ

ナレーション「ジャブ気味に繰り出した高田選手のパンチは242キロ。立ち上がり時間の速いのが目に付く。ボクシングの練習を取り入れていただけにパンチは際立って速い」

その衝撃は?

次に山崎。

山崎のパンチ

ナレーション「体重で押すタイプのパンチを打つ山崎選手は衝撃持続時間が最も長い。キックの鋭さとは一転、パンチでは重さを見せた」

その衝撃は?

大トリは船木の掌打。

船木の掌打

ナレーション「高田選手をして『船木恐るべし』と言わしめたこの掌打の破壊力には目を見張るものがあった。前田選手のストレート、319キロを上回る実に330キロ。しかも立ち上がり時間は12.9ミリ秒。驚異的な数値を記録した」

その衝撃は?

パンチの打ち方にも個性が出てます。

前田は空手特有の打ち抜く正拳、

高田は打ってすぐ引くボクシング流、

山崎が体重を乗せたプロレス流。

それより何より船木の掌打です。

体重的に10キロ以上差のある前田を遥かに凌ぐ衝撃力。

これ当時は幻想広がりましたね。

パンチよりも掌底の方が凄いみたいな。

いや私は今でも信じてますよ。

関連記事

tag : 前田日明 高田延彦 山崎一夫 船木誠勝 宮戸優光 衝撃力 測定 日刊H.T

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

橋本真也の蹴りと高田延彦の蹴りの威力

 最近、昔に録画したビデオを探ってるんですが、そこで見つけたのがこれ。番組内で当時、新日本プロレスの橋本真也とUWFインターナショ...

comment

Secret

No title

こんばんは!おー!これが例のビデオですか!興味深く読ませて頂きました。

若い頃の山ちゃんの蹴りは速かったですよね。科学的にも証明されたんですね。あとやっぱり宮戸ですよ~。最強の威力じゃないですか。ベイダー倒せますって笑。

船木の掌打恐るべしですね!山田恵一が喜びそうな結果ですねえ笑。そこまで威力があるとは驚きですよ。現在MMAはオープンフィンガーグローブで殴るのが当たり前ですが、グローブ装着で掌打はダメなのかなあ。誰かにやって欲しいです。

>H.Tさん

こんばんわ。

お陰さまで何とか記事に出来ました。

若い頃の山ちゃんの蹴りは速かったですよね<変則的でしたしね。独特のカカト落し、けっこう好きでした。

あとやっぱり宮戸ですよ~…ベイダー倒せますって<ただクリーンヒットはほとんど無かったですね(笑)。新生U時代の鈴木みのる戦のが一番凄かったかな?

船木の掌打恐るべしですね!<実際高田戦なんかはビデオでも映像が追いついてませんでしたからね。

グローブ装着で掌打はダメなのかなあ<太刀光が突っ張り行きましたが、全く通用しませんでしたね(笑)。
これもUWFの遺産なので中村大介あたりにやって欲しいところです。

このビデオ大好きです!

紫レガ様!いつもお世話になっております。
自分もこのビデオ持ってます。たまに引っ張り出して昔の思い出に浸っています。このキックやパンチの測定の他に、前田選手の「キャプチュード」、鈴木実(当時)選手の「リバースフルネルソン・スープレックス」(※ダブルアームスープレックスとは違い、アマチュアレスリングのリバースフルネルソンホールドの型からブリッジして投げるもの)のようなオリジナルスープレックスと藤原選手の関節技紹介などあり、今、見てもとても興奮する内容です。このような技紹介ビデオが自分は大好きなので、他にお勧めは、藤原組のビデオ「ザ・プロフェッショナルレスリング藤原組」、船木選手のビデオ「JAPANESE BOY」、Uインターのビデオ「ベストファイト・ザ・ムービングオン」の3点がお勧めです。それぞれ選手特有のテクニックが紹介してあります。(打撃、スープレックス、関節技)

おおお!

これこれ!!このビデオーぉ!!ああ、なつかしい・・・

いやぁーあらためてキックの数値を見るとすごいですね!
しかし威力もそうですが、3人の打撃のそれぞれの特徴がデータによく現われていて実におもしろいです(^^)

そうそう、宮戸と共にすごかったのが船木の掌打でしたね~。早い上に重かった。掌打、実戦的な技なので総合なんかで復活してほしいですねぇ(^^)

いやぁーそれにしてもこのビデオ、すごく見たくなってきました。しかし・・・見つからないィィィー!!
あーどこにしまっちゃったんだぁー(T_T)

>タキトさん

こちらこそいつもありがとうございます。

このキックやパンチの測定の他に…<ありますあります。
前半はルールの説明に終始してますが、後半は本当面白いです。

他にお勧めは、藤原組のビデオ「ザ・プロフェッショナルレスリング藤原組」、船木選手のビデオ「JAPANESE BOY」、Uインターのビデオ「ベストファイト・ザ・ムービングオン」の3点<タキトさん、持ってますねぇ!!
私も船木以外はありますよ。後々UPしていきますからね。

>流星仮面二世さん

あらためてキックの数値を見るとすごいですね!<こういったハッキリと数値に出るものがあれば、ごまかし効きませんからね。
時にはこれも必要ですね。

宮戸と共にすごかったのが船木の掌打<神業の部類です。
あの速さ…パンチの比じゃないですよね。

いやぁーそれにしてもこのビデオ、すごく見たくなってきました<私も確かに録ったのに出てこない試合数知れず…こういうのって、ひょんな時に見つかるんですよね。

No title

一度、現役のころ、ある場所で、下段蹴りを測定したところ、786kgありました。

黒澤浩樹選手や数見肇選手や八巻健志選手や松井館長の高名な空手家は2000kg

超えてたそうです。少なくとも、バット4本は折れないと、空手家失格と大山倍達総裁から、教わったことがあります。

ちなみに、みなさん、蹴りと手技の時、ガードがしてないので、カウンターでやられますよ。
普段から癖をつけなければ。

脛でける方法もありますけど、背足か足の親指の膨らんだ部分で、相手の足の関節のくぼみに、下段を入れると、一撃で倒れます。

経験者より。見るのと実際やってるのと違いが分かりますよ。

>極真上がりさん

ど素人の何も知らない私なんぞに詳しく教えて下さりありがとうございます。

2000キロってのはまた桁外れですね!!
測定する機械によっても左右されるとは思いますが、空手の打ち抜く蹴りだとやはり数値に表れるんでしょうか?

バット折りといえば、全女の選手やケロちゃんもやってましたね(笑)。

No title

本と℃素人ですね。(爆)
打ち抜くのではなく、打ち振り抜きとおす。の間違いです。

>バット折りといえば、全女の選手やケロちゃんもやってましたね(笑)。

自分がやれてから、発言では?(大爆笑)

爪楊枝でも自分で折れてから笑ったら。恥をさらけてますよ。

最近この手が多くて困る????????????????????????????????????????????????・????????????????????????????????????????????????????????????????????・・・

No title

http://www.youtube.com/watch?v=4yun5HrewEc&NR=1

↑この画像、ひざ入れてから、正拳でなく、目に指入れてたらと思うと、テー抜いていますね。

痛がってる暇があれば、仕返せばいいのに.........

それ以上に、小笠原選手、残心とってるからもっとむごいことに。(爆)

>極真上がりさん

重ね重ねありがとうございます。

打ち抜くのではなく、打ち振り抜きとおす<これまた勉強になります。

爪楊枝でも自分で折れてから笑ったら。恥をさらけてますよ。<???
ちょっと言葉の意味は良く分かりませんが、とにかく凄いということですね。感服いたします。

動画まで上げていただいて、感謝します。
今後ともさまざまな所で極真の素晴らしさを説かれることを期待いたします。

本当にありがとうございました。

おぉーーーー

これもまた興味深い!

レガさんの仰る通り、それぞれ個性があるんですね。


イイ!いいですね〜〜‼︎実に良い‼︎‼︎

前田選手(^-^)/



失礼いたしました(笑)

>みーさん

これもまた興味深い!…それぞれ個性があるんですね<今、こういうの少なくなりましたもんね。
オカダの50m走くらいかな?

イイ!いいですね〜〜‼︎実に良い‼︎‼︎前田選手<スネが硬いんで、ローが怖いっすね。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード