封じられた“伝家の宝刀”~前編~(1995)

いつも当ブログを読んでくださってる方からリクエストがありましたので、

この試合について記事を書かせていただきます。

1995年 10.9 東京ドーム

新日本vsUインター全面戦争

永田裕志、石沢常光vs金原弘光、桜庭和志


メインにプロレス史に残る大一番(参照:歴史は10月に作られる~平成編~)を控えた第一試合です。

金原、桜庭組

永田、石沢組

今では伝説となっている若手同士のタッグマッチ。

なぜこの試合が伝説となりえたのか…

今一度考えてみましょう。

とにかくこの試合の“キモ”は、『殺伐感』です。

とある書籍で、『この日の全試合の結果は事前に記者には知らされていた』旨の記述がありましたが、

そんなものは吹っ飛んでしまうくらいに両軍の攻めはハードヒットでした。

この対抗戦に臨むにあたってUインターは内部分裂と言う事態を招きました。

田村は新日と絡むこと自体を否定し、宮戸は団体を去りました。

垣原は悩み抜いた末、出場を決意し、他の若手もUのスタイルに対するこだわりから複雑な思いで追随しました。

しかし、一人だけ意識の違う人間もいました。

ぼく。―桜庭和志大全集ぼく。―桜庭和志大全集

桜庭和志


 ぼく。 より

桜庭
「ところが、ぼくはというと『やったー、長州力と闘える!』くらいにしか思っていなかった。(略)ぼくの頭のなかでは、わけのわからないこだわりよりも、つねに『面白そうなこと』のほうが優先される。ちょっぴりウキウキしながら、秋の訪れを待った」


そしてドーム大会のオープニング。

この一人を除いた3選手の意識は「隙あらば潰してやる」、「潰されてなるものか」だったと思います。

現在、桜庭を慕っている柴田勝頼もこの試合が好きですが、この4人の中で後に桜庭を師事するとは夢にも思わなかったでしょう。

試合は金原の一発からスタート。

金原のローからスタート

石沢は高速のタックルで迎撃。

タックルは速い

上になる技術も素晴らしいですが、グラウンドにも自信を持つ金原は余裕のボトムポジション。

金原曰く「全然大丈夫ポジション」

代わった永田は打撃に戸惑いながらも組み付いてテイクダウン。

ミルコ戦(参照:獲物)の立ち上がりもこういったテクニックを狙っていたんでしょう。

永田はやはりグレコ式投げ

クイックタッチで入れ替わると、石沢は低い体勢からタックル狙い。

金原は涼しい顔でハイキックを振り切る。

金原のハイは宙を切る

また代わった永田は体格差を生かして胴タックルからスープレックス狙い。

金原はロープを抱え込んでディフェンスすると、

スープレックス狙いの永田に金原はトップロープを抱えてディフェンス

永田も石沢も猛抗議。

場内もブーイング。

猛抗議

ここで満を持して桜庭登場。

いきなりのローシングル、だが石沢の反応が速い。

桜庭登場、早速タックルに行くが石沢も反応速い

逆に永田も入ってダブル・アキレス腱固め。

ダブルアキレス

とにかく石沢はタックル一辺倒。

石沢のタックルが冴える

離れると、お見合い。

この展開を嫌った(?)桜庭は石沢を挑発。

桜庭挑発

一瞬我に返った石沢も返す。

石沢も返す

それでも石沢の攻め手は変わらず。バックを取る。

そう来れば…!!

石沢がバックを取る、

後にPRIDEで連勝を築いたUインター道場“伝家の宝刀”に行く!!

桜庭が“宝刀”狙い、

しかし石沢の反応が異常な程速い。

石沢の反応速い!!

お互いにスイッチして、再び金原の蹴撃が始まる。

永田が鋭いミドルをキャッチすると、

金原のミドルをキャッチする永田、

すかさず軸足から顔面めがけてバックキック。

ハイキックじゃなく、バックから打つというところが金原らしいなぁ(笑)。

金原は顔面狙いの蹴り、

空振ったところへ永田が覆い被さると、

全身の力で蹴り上げる。

上になる永田を蹴り上げ、

今度は金原が“伝家の宝刀”に行くが…

金原も“宝刀”を狙うが…

永田は強靭な背筋力でジャーマン!!

永田の強烈ジャーマン

代わった石沢は細かいパンチを落としていく。

石沢がパンチを落とす、

ガードポジションに移行せんとした金原に、

レフェリーはフォールカウントを取り始める!!

下になる金原にフォールカウント!!

カウント2で返したが、予期せぬ展開に金原は思わず桜庭につなぐ。

執拗に離れない石沢に、金原は桜庭と交代

後編に続けましょう。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 金原弘光 桜庭和志 永田裕志 石沢常光 UWFインターナショナル 全面戦争

comment

Secret

No title

貴重な試合画像をありがとうございます!
一気に拝見しました、後半が楽しみです^^
それにしても、アームロックか!?ジャーマンか!?というような、
そんな攻防、せめぎ合いがよかったのですよね。

No title

こんばんは!これはまさに伝説ですね!緊張感が素晴らしいというか。対抗戦としての緊張感+対抗戦最初の試合という緊張感+スタイル違いの緊張感というんですか。

自分、この試合は永久保存版殿堂入りにしてます笑。

>YYさん

それにしても、アームロックか!?ジャーマンか!?というようなそんな攻防<けっこう互いに受けないようにしてたり、下手したらKOしちゃいそうなの打ったり…駆け引きという範疇を越えた場面が、多々あります。

そんな中で桜庭だけがサソリ狙ったりしてリラックスしてるのが印象的ですね。

>H.Tさん

こんばんわ。

対抗戦としての緊張感+対抗戦最初の試合という緊張感+スタイル違いの緊張感<まさに緊張感の三重奏ですね。
本文にも書きましたが、とにかく「隙あらば…」っていうのが垣間見えます。
石沢はノーガードで低いタックルばかり行くし、金原はガンガン顔狙って蹴ってるし…本当、無茶しよりますね(笑)
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード