払い腰、再び(1996)

第1試合で至高の回転体が見られ(参照:カッコつけてられない試合)、第3試合でキムケンの哀愁が見られた(参照:杜の都で稲妻)日。

1996年 3.23 宮城県スポーツセンター

この日のメインはUWFインターvs平成維震軍の大将戦として、

高田延彦、佐野友飛vs越中詩郎、小原道由のタッグマッチが行われました。

高田、佐野vs越中、小原

一見何の変哲もないタッグマッチなのですが、

小原のバックボーンが柔道であり、

それも後に石井慧を生み出した名門・国士舘大の主将だったということで、

面白い場面がいくつかあったので、ついでですがUPしてみました。

開始早々、なかなか見せることのないカニ挟みなどを出す小原。

明らかに対UWF仕様の技術です。

小原のカニばさみ

ただ越中が絡むと、いつものラフ中心に。

場外戦はお手の物

興味深いシーンは高田との局面で見られます。

ファーストコンタクトから高田は必殺の腕十字。

小原は基本通りのディフェンス。

最初の十字はキッチリ凌ぐ

しかし蹴りにはなす術ありません。

蹴りは身体ごと受ける

後年PRIDEに参戦した小原ですが、打撃に対する恐怖感から持つ力の半分も出すことが出来ませんでした。

胸を出して受けることに慣れてしまっていたのだと思われます。

2度目の十字の仕掛けには、

2度目の十字は、

後転から、

後方回転で、

ロープエスケープ。

これは柔道にはあまり見られない防御です。

エスケープ

当時の小原は新日道場における“道場チャンプ”という一面もありました。

裸体の極めっこでもずば抜けた力を持っていたのでしょう。

勝負どころ、高田は頑丈な小原の顔面を蹴り抜き、

顔面蹴りから、

力でぶっこ抜くバックドロップ。

高角度のバックドロップ

そしてダメージの残る小原をきれいに払い腰。

腰の入った、

払い腰から、

すかさず、

ハシミコフ戦同様、あくまで腕十字へつなぐ投げです(参照:プロレスラーのテイクダウン)。

十字を極め、

きっちり動きを止めて一本。

一本!!

この一試合を持って、「柔道技で高田は小原を破った」などというつもりは毛頭ないのですが、

小原の様な体型をしっかり腰で投げるというのは、

並みの選手にはなかなか出来ない事だとも思います。

快勝

信じるも信じないもあなた次第…

関連記事
スポンサーサイト

tag : 高田延彦 佐野友飛 越中詩郎 小原道由 平成維震軍 払い腰

comment

Secret

No title

こんにちは!小原の道場最強論ありましたよね。それだけにPRIDEの試合は残念でした。やはり寝技だけできてもダメですね。高田は総合的にこなせましたよね!

>H.Tさん

こんばんわ。

PRIDEの試合は残念でした<打たれ強さはないわけがないんですから、あとは藤田や中邑のような飛び込む度胸を持っていなかったことが残念ですよね。
2回やって2回とも同じような負け方ってのが…精神的に向いてなかったんでしょうね。

No title

サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
oY1Meg16
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード