杜の都で稲妻(1996)

哀愁漂う名レスラー、木村健吾(以下、キムケン)。

彼がUインターのリングに登場していた事を覚えている方は、もう少ないでしょう。

場所は仙台。

青葉城

1996年 3.23 宮城県スポーツセンター

そうです。第1試合では、あの名勝負(参照:カッコつけてられない試合)が行われた日です。

宮城県スポーツセンター

UWFインターvs平成維震軍対抗戦の第一戦、

金原弘光vs木村健悟

金原vsキムケン

金原は3週間前にチャンプア・ゲッソンリットとのキックルールの試合を終えたばかりで、プロレスラーの体には戻っておりません。

しかし最初の仕掛けは少し高めの両足タックル。

タックルから入る金原は珍しい

あっさりテイクダウンを奪うと、躊躇せずパウンドを落とします。

パウンドを落とす

ブレイク後も積極的な金原はハイアングルのソバットも見せます。

打点の高いソバット

下がる一方のキムケンに金原はふてぶてしく挑発する。

下がるキムケンを挑発

そこで黙ってるようなキムケンじゃありません。

きっちりアキレス腱固めでお返しします。

キムケンも意地のアキレスで返す

力を見切ったのか? 金原は得意のカカト落しにから、

カカト落しから、

助走をつけての飛び膝で、

飛び膝で、

ダウンを奪います。

ダウンを奪う

倒れるキムケンの後方で睨みを利かせる後藤達俊が…怖い。

後ろで後藤が睨みを利かせる

起き上がったところへ再び強烈な飛び膝にいきます。

起き上がったところへもう一発

しかしキムケンの打たれ強さも“すっごい”

ストンピングで金原を場外に蹴落とし、

ストンピングで返す

上がってきたところにDDTです。

さらにDDT

さらにフェイスロックを狙いますが、

グラウンドに行くが、

これまたあっさりと切り替えされます。

返される

ここから金原のラッシュが始まります。

前蹴り、

入って

左ミドル、

入っての

右ハイでダウンを奪います。

さらに入る

さらに猛蹴、

これまたダウン。

これまた入って

キムケン大ピンチ。

もう駄目か…

だがここでも脅威の回復力です。

起き上がりざま放ってきた左ミドルをキャッチすると、

しかし打たれ強い。起き上がり様キャッチすると

強烈な逆片エビで返します。

藤波戦で苦汁を舐めた因縁深い技です。(参照:哀しい気分で稲妻)

逆片エビで仕返す

さらにショートレンジからのラリアート。

ショートレンジのラリアートから、

なぜか維震軍全員の得意技(?)であるパワーボムでカウント3!!

パワーボムで逆転勝利!!

勝利のポーズ…キマってます。

「やったー」

本当に嬉しそうです。

この会場、藤波とのタッグで初めて猪木からピンフォールを奪った時もこのような笑顔でした。

「勝ったぞ~!!」

そして金原は言いました。

「おじいちゃんに負けちゃいました」

「おじいちゃんに負けちゃいました(苦笑)」

おじいちゃんて!!

しかし当時のキムケン…

この赤袴といい、

ラリアートからのパワーボムというノートンみたいな勝ちパターンといい、

いつもと違う打たれ強さといい、

らしくもないぜ。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 木村健吾 金原弘光 平成維震軍

comment

Secret

No title

こんばんは!このカードは・・・凄いというか、まさかの遭遇ですね!負けた金原の笑顔も印象的です。キムケンと交わったことが嬉しかったんですかね。しかし、ラリアット笑・・・らしくなさ過ぎですね笑。

>H.Tさん

おはようございます。

まさかの遭遇<その通りですね(笑)、なぜこのカードなのか?
恐らく余り者同志だったんでしょう(笑)

負けた金原の笑顔<完全になめてますね…でもきっちり畳み掛けるキムケンの実力も侮れません。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード