相棒Ⅱ

安生洋二宮戸優光

Uインターを内部から動かし続けた取締役コンビです。

前回の記事(参照:相棒)では二人の面白エピソードを中心に紹介しましたが、

Uインターの背骨を形成したのは間違いなくこの二人です。

新生UWF時代、長きに亘って合宿所の同室だった二人は熱くプロレス論を語り合っていたのです。

取締役コンビ

「高田延彦」のカタチ―高田延彦22年間とは?1981‐2002「高田延彦」のカタチ―高田延彦22年間とは?1981‐2002




 「高田延彦」のカタチ より
安生×宮戸 Uインター元取締役対談

宮戸「いつも合宿所で、もう5年も6年も二人相部屋だったですからね、そこで話してたことを実現したのが、Uインターだったのかなあっていう感じかな。だから本当ある意味、我々が合宿所で5年6年、一緒の部屋で過ごした、あそこで言ってた愚痴を現実化したのがUインターですよ」

― 愚痴を(笑)。

宮戸「愚痴やあるいはそこで感じたこと。『高田さんは強い怖い凄い。新生UWFはこんな形態でやってやがって』って。これをテーマにして、逆にプラスにもっていったのがUインターだったと思いますね」

安生「Uインター時代の高田さんの強さ、怖さっていうのは伝説化させたかったっていうのがあったね」


『とにかく自分達UWFの誇りである高田延彦の強さを開放したい』、

それが二人の思いでした。

その思いが結実したUインターでは最大限に高田のポテンシャルが発揮され、

数々の名勝負が生まれました。

勝者と敗者のコントラスト

しかし四六時中顔を合わせていれば、いつも共感してばかりとはいきません…

紙のプロレスRADICAL No.56 (56) (WANIMAGAZINE MOOK 216)紙のプロレスRADICAL No.56




 紙のプロレスRADICAL №56 より
安生洋二×金原弘光×高山善廣 ウィー、アー裏ゴールデンカップス!

金原「でも、ホントに安生さんは宮戸さんといる時間が長かったですよね」

安生「もう逃れたくて逃れたくて。住んでるとこも一緒だったから、一日も早く逃げ出したくて一人暮らし始めたんだから!」

高山「でも、合宿所の部屋では仲良くテレビゲームとかやってたじゃないですか(笑)」

安生「仲良くねぇよ! 喧嘩の連続だよ!」


一同「ガハハハハ!」

安生「テレビゲームやりながらも、『殺す、殺さない!』だよ! 野球ゲームで『タイム!』って言われたあとボールを投げたぐらいで、『殺す、殺さない』の話になるんだから!(笑)」

高山「それでいつも宮戸さんが『表に出ろ!』ってなるんですよね(笑)」

安生「そしたらこっちも『出てやろうじゃねぇか~~!』って(笑)」


― 何でテレビゲームでそこまで熱くなってるんですか!(笑)。

安生「ゲームならまだいい方だよ! 『UFOが存在するか存在しないか』の論争とかで殺し合いにさせられるんだから!」

一同「ガハハハハハハハハ!」


安生のベリートゥベリー

例によって、後ろには絶対引かないんですね(笑)

新生当時なら…ファミスタ? ハリキリスタジアム?

 紙のプロレスRADICAL №56 より
安生洋二×金原弘光×高山善廣 ウィー、アー裏ゴールデンカップス!

金原「安生さんはUインターに宮戸さんがいた当時、ホントに『我慢してるんだろうなぁ』って感じはしてましたね」

安生「自分を押し殺してたからね。だって記者会見での発言一つでも大変だよ。KGB並だからね!」

金原「アハハハハ! そういえば宮戸さんが会見の後よく『安生さん、あの発言はなに!?(怒)』ってやってましたよね(笑)」

安生「『「です」と「だよ」が違う!』とかって」


― そんな語尾までチェックされましたか(笑)。当時の記者会見は、実際にしゃべるのが安生さんで、宮戸さんは会見場の一番後ろで目を光らせていたらしいですね?

安生「恐ろしかったよね、ホント。俺も頭いいほうじゃないから、一語一句思い出そうとしながらだから、表情カタイカタイ!」

高山「あ、あれは凄んでたんじゃなくて、緊張してカタくなってたんですか(笑)」

安生「緊張の意味合いが違うんだよ!」


とにかくこの二人がUインターの原動力と言って、異論のある方はいないでしょう。

また二人の記事を発掘した時、お目にかかりましょう…

関連記事
スポンサーサイト

tag : 安生洋二 宮戸優光 金原弘光 高山善廣 紙のプロレスRADICAL 「高田延彦」のカタチ

comment

Secret

No title

こんばんは!宮戸恐るべしですね。安生にそんな心労があったんて知らなかったです。ゲームで殺し合いになるって笑、熱すぎですよね。あとハリキリスタジアム懐かしいです笑。

>H.Tさん

こんばんわ

宮戸恐るべしですね<この二人にさらに中野ですから…当時一番下の田村は毎日が地獄だったと思います(笑)
ハリキリスタジアム懐かしいです<古すぎてすみません。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード