FC2ブログ

Lingering scent of strong style.2(2016)

1の続きです。

意地剥き出しで、

互いの背中を蹴り合った結果、

蹴り勝ったのは柴田勝頼の方でした。
石井vs柴田@20160104~45

しかし頑丈さこそが石井智宏の神髄。

身体を起こしていくと、

待っていたのは柴田の逆水平チョップです。
石井vs柴田@20160104~46

そうなると、そこは石井の土俵、

立ち上がって同じ技を返していきます。
石井vs柴田@20160104~47

相手の土俵に乗ってなお、

妥協しないのも柴田の神髄。

胸を突き出して『打って来い』アピールです。
石井vs柴田@20160104~48

決してスカさない二人、

石井は腰の入った逆水平を追撃!
石井vs柴田@20160104~49

さらに一発、もう一発!
石井vs柴田@20160104~50

後方のレッドシューズ海野レフェリーの目に映るのは、

石井の師である天龍源一郎の幻影でしょうか?

最後は充分に腰を落とした一発で、

柴田をなぎ倒しました!
石井vs柴田@20160104~51

ところが後方にバンプを取った直後、

柴田はヘッドスプリングで跳ね起きると、
石井vs柴田@20160104~52

予備動作なしのエルボーバット一閃!

当然ノーガードだった石井のアゴ直撃!!
石井vs柴田@20160104~53

膝から崩れ落ちた石井は、

柴田の足元にしがみつきました。
石井vs柴田@20160104~54

一瞬で戦慄が走るドーム内に、

柴田はギラついた視線を送ってから、
石井vs柴田@20160104~55

引き起こして、

追撃を狙ったところで、
石井vs柴田@20160104~56

隙をついた石井は組み付くと、
石井vs柴田@20160104~57

一気に抱え上げて、

ひねりを加えたバックドロップ!!
石井vs柴田@20160104~58

これは石井のもう一人の師である、

長州力直伝の大技ですね。

石井は柴田の頭部を蹴飛ばして、
石井vs柴田@20160104~59

ニュートラルコーナーに追い詰めると、

改めて逆水平をぶち込み、
石井vs柴田@20160104~60

すかさずテンプルにエルボーバット。
石井vs柴田@20160104~61

これを連続で放つのが、

やはり師・天龍仕込みのチョップ&グーパンチの応用、

石井アレンジによるチョップ&エルボーバットです。
石井vs柴田@20160104~62

崩れ落ちた柴田を引き起こすと、

石井はコーナー対角線に振って、
石井vs柴田@20160104~63

自ら追走しての串刺しラリアート!
石井vs柴田@20160104~64

これをモロに食いながらも、

柴田は気合と共に石井へ詰め寄ると、
石井vs柴田@20160104~65

形勢逆転して串刺しエルボーバット連打。
石井vs柴田@20160104~66

最後に弓を引いての一発をお見舞いして、
石井vs柴田@20160104~67

今度は自らコーナー対角線に走り、

助走距離を確保せんとしたところ、
石井vs柴田@20160104~68

すぐに追走してきた石井でしたが、

柴田も瞬時に対応してカウンターのフロントキック、

そのフォームはほぼライダーキック!!
石井vs柴田@20160104~69

ムチ打ち状態で食らった石井のダメージは大、

しかし柴田も胸板にダメージが残ります。
石井vs柴田@20160104~70

ここで柴田はスリーパーホールドへ、

早くもPKへの布石か?
石井vs柴田@20160104~71

そうはさせまいと石井は起き上がりますが、

柴田はそのまま左足をグレープバインに絡めて、
石井vs柴田@20160104~72

左腕のフックを切り替えてのコブラツイスト!
石井vs柴田@20160104~73

この技、

平成のレスラーの中では指折りの使い手です。

石井が何とかロープに手を伸ばそうとすれば、
石井vs柴田@20160104~74

柴田は速攻で足のフックを変化させて、
石井vs柴田@20160104~75

一瞬のうちに卍固めが完成しました!!
石井vs柴田@20160104~76

この技もいまだ使い手は多いですが、

残念なのは元祖であるアントニオ猪木(参照:アントニオ・スペシャルの神秘)と、

ほとんどの選手は仕掛ける手順が違うという部分です。

柴田は猪木と一緒です。

ちなみに鈴木みのるも名手なのですが、

猪木と違う手順です。

さらに特筆すべきは、

何とか石井がロープエスケープした画像です。
石井vs柴田@20160104~77

グレープバインに極められた石井の左足が、

ほぼ動いてないんですよ。

これ何度も書いてきましたが、

“卍固めの達人”の条件(参照:至高のプロレスリング~episode・Ⅷ~)満たしています。

続いて柴田は一転して静から動へ、

コーナーポスト前に石井を設置して、

横から走り込むと顔面ウォッシュ!
石井vs柴田@20160104~78

柴田のシューズは底がラバー状ですね、

これで顔面をしごかれるとキツイでしょう。
石井vs柴田@20160104~79

起き上がれば石井のお株を奪いかの様に、

グーパンチ!
石井vs柴田@20160104~80

そして逆水平!
石井vs柴田@20160104~81

柴田にとっても天龍は特別なレスラーなのです。

しかし面白くないのが石井、

『お前が使うなよ!』とばかりに詰め寄ります。
石井vs柴田@20160104~82

すると柴田も、

『しゃらくせえ!』とばかりにエルボーバット。
石井vs柴田@20160104~83

打たれながら前に出るのは、

何と石井の方!
石井vs柴田@20160104~84

インパクトのタイミングで顔を突き出すという、

独自の防御法で柴田のエルボーを封じていくと、
石井vs柴田@20160104~85

再び弓を引いて打って来たところに、
石井vs柴田@20160104~86

マッハの返しで鋭い一発を見舞って、
石井vs柴田@20160104~87

柴田からダウンを奪いました!
石井vs柴田@20160104~88

今度は石井が顔面ウォッシュ!

“目には目を”古代ハムラビ法典並のお返しです。
石井vs柴田@20160104~89

さらには身体ごとぶち込んでいくエルボー!
石井vs柴田@20160104~90

一発一発に体重の乗った荒技ですが、

これにも柴田は回復を待たずスタンドアップ!

石井の顔に額を押し付けていきます。
石井vs柴田@20160104~91

石井はカチ上げ式にエルボーを打ちますが、
石井vs柴田@20160104~92

柴田は微動だにせず、

雄叫びを一発上げると、
石井vs柴田@20160104~93

打ち抜く形でエルボーバット!
石井vs柴田@20160104~94

今度は石井が自軍コーナーに倒れ込みました。
石井vs柴田@20160104~95

シンプルな打撃戦による削り合い、

まさしくブルファイトの闘い模様は3へと続きます。

関連記事

tag : 柴田勝頼 石井智宏 NEVER無差別級

comment

Secret

紫レガとは?

紫レガ

Author:紫レガ
47歳のプロレス話


「昔はインターネットを旅してましたからね。毎晩ブログでね、今みたいにSNSがいっぱいある訳でもないし、終わったらみんなブログでね、一日の終わりにUPして。今こんなこと言ったらエラいことになりますけどね、よく寝不足になったね、部屋でPCを打ったりね。…いや、そういう歴史はちゃんと教えとかないとね」

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
ISM (1)
AWA (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード