FC2ブログ

目に焼き付いたキラー猪木~後編~(1997)

前編からの続きです。

佐々木健介の逆一本背負いで、

思わぬダメージを負ったアントニオ猪木は、

すぐに自軍へ戻ってタイガーキング(佐山聡)と交代しました。
タイガーにつなぐも頭を押さえる

リングインするやタイガーは、

スーパー・タイガー時代を彷彿とさせる、

低い軌道のバックキックをボディに一発!
タイガーは低いソバットから、

返す刀で左ハイキックを顔面にヒット!
左ハイキックを挟み、

さらに打点の高いローリングソバット!!
高打点のローリングソバット!!

このコンビネーションは、

いつ見ても胸が高鳴りますね。

さらにフロントネックチャンスリー、いわゆる佐山式のタイガードライバー!!
タイガードライバーはスッポ抜ける!

これは投げの途中でスッポ抜けたため、

健介は身体を返せずに投げられましたが、

カバーに入ったタイガーをカウント2で跳ね除けました。
カウント2で跳ね除けた健介

この“かいな力”に関しては、

当時、師であるマサ斎藤さんも評価していました。

タイガーは先に起き上がると、

健介の体勢が立つのを待ってドロップキック!
タイガーのドロップキック、これも高い

フォームも高さも威力も群を抜いていますね!

一方的に食らってばかりいられないと、

ここで健介はロープに走り、

身体が重なる角度で横殴りのラリアート!
健介はロープに走って横殴りのラリアート

高々とリフトアップしてからのスラム!
リフトアップスラムから、

そして藤田和之に交代です。

藤田は飛び込みざまエルボーバットの連打から、
代わった藤田はエルボーのラッシュ

またしても高速の両足タックルでタイガーを持ち上げて、

振り子の原理で前方に叩きつけるヌカドーラ。
得意のヌカドーラ

足を捕えたまま裏返すと、

ボストンクラブに入ります。
逆エビ固めからハーフボストンで追い込む

さらに片足を手離し、

ハーフボストンクラブで締め上げてから、

再びエルボーバット連打。
藤田はヤングライオン式エルボー連打

ヤングライオンにとって打撃技は限られていますね。

だがこれで、またもや佐山のスイッチが入り、

カウンターで強烈な張り手!
一瞬スイッチ入ったタイガーが強烈な張り手!

間髪入れず右のハイキック!!
すぐさま右ハイキック!!

藤田は完全にダウンしてしまいましたが、

まだここで終わらないのがプロレスです。
藤田は完全にダウン

スイッチした猪木は容赦なく、

トップロープから藤田の後頭部へ急降下爆弾!!
容赦なく猪木の急降下爆弾!

お得意のポーズで「立て」と促します。
「立て」

藤田のバックに回り、
藤田のバックに回り、

フラフラと起き上がったタイミングで、
起き上がるのを待って、

ガキッ! と左腕を巻き付けて、
魔性のスリーパー!!

魔性のスリーパーホールド炸裂!!
一瞬で締め落とすか!?

グイグイと猪木の左腕が、

藤田の太い首に食い込んでいきます。
藤田は太い首で耐える

猪木の表情を見ると、

無駄な力が一切入っていませんね。

新日本プロレス技BOOK表紙
 新日本プロレス 技 BOOK より

猪木
「俺の腕が(スリーパーを極めるのに)凄く合ってんですよ。結局、筋肉モリモリの腕だと、自分の腕がクッションになってしまう。だけど、俺の場合は逆に言えば、腕がそんなに太くないんでね、入っちゃうとヒモで絞めるような感じになる」


藤田はもがきながら、

何とかロープエスケープしました。
何とかロープへ

ここで再び登場のタイガーは、
代わったタイガーは、

助走をつけてのジャンピング・スピンキック!

藤田の左顔面をモロに捕らえました!!
スピンキックをヒット!

藤田は前のめりにダウン! 危険な倒れ方!
藤田危ない倒れ方!

タイガーもまた妥協することなく、

藤田を引きずり起こすとツームストンパイルドライバー!
尚もツームストンパイルドライバーから、

脳天がキャンバスに突き刺さったのを確認し、

タイガーはトップロープに登ると、
トップロープをうかがい、

飛行距離抜群のダイビングヘッドバット!!
飛行距離抜群のダイビングヘッドバット敢行

すかさずフォールに入りましたが、

藤田はカウント2でキックアウト。
藤田はキックアウト!

充分なダメージを与えたタイガーは、

猪木にフィニッシュを託しました。
猪木につないだ

猪木はトップロープから雪崩式リングイン、
猪木は雪崩式リングイン、

体勢が整う前に、

藤田は両足タックルで猪木を捕らえました!
藤田はすぐさま両足タックル!

それを食いながら猪木は、

右足で藤田の身体をコントロールし、

巴投げの要領で後方に転がします。
食いながら猪木は後方回転、

そのままマウントを取って弓を引くと、
そのままマウントを取って弓を引くと、

ナックルパートの軌道で藤田の顔面めがけ、

右肘を落としました!
右肘を落とす!

間を置かず次は左肘!
間を置かず左からもエルボー!

さらに弓を引き、

右からコメカミめがけ三発目!!
躊躇なく右から3発目!!

私はスタンド席で観ていたのですが、

リングからは近くない距離でありながら、

ガツン! ガツン! という音がそこまで聞こえました。

怒りの表情とは一味違い、

淡々と無表情で肘を打ち落とす猪木に、

観ていてゾクゾクしましたね。

ここでやっとレフェリーが制止。
さすがにレフェリーが制止

プロレスのインサイドワークの一つに、

『反則スレスレの…』というものがありますが、

通常はスレスレ手前のことですね。

それが猪木の場合は時として、

反則を“スレスレ超える”ことがありました。

簡単にそれを反則負けにはさせない、

神通力も持ち合わせていたんですよね。

猪木は一旦離れますが、

藤田は顔を押さえて動けません。
猪木は一旦離れて、

やっとの思いで起き上がると、

狙いを定めた猪木は、
藤田を引きずり起こすと、

パーフェクトな角度で延髄斬り一閃!!
完璧な延髄斬り!!

若き日の藤田に、

これを返す余力は残っていませんでした。
カウントはもちろん3つ

立ち尽くす健介の目前で、

金曜8時黄金時代の師弟コンビは、

堂々と勝ち名乗りを上げます。
猪木、佐山のUFO師弟コンビ快勝

今思えば藤田が、

初めてプロの洗礼を受けた試合だったかも知れません。

のちにいろいろなことがあった師弟が、

試合で向かい合った最初で最後の日。
「またアンタが仕掛けたのかい!!」

繰り返しますが、

猪木“現役最後の札幌”でそれを観れたことは、

プロレスファンとして私の財産です。

関連記事

tag : アントニオ猪木 タイガーキング 佐々木健介 藤田和之

comment

Secret

初めて見たアントニオ猪木とタイガーマスク

この試合、私がプロレスを見始めて最初かその次の週のワールドプロレスリングで見た試合です。
もちろん生ではありませんが、私にとってもこの試合は『財産』でして。

プロレスに興味を持つ前から『信者』の父親から伝え聞いていた伝説の2人と、まだ誰かもよくわからないムキムキのアンちゃん2人の織りなす攻防に深夜2時頃うおーっ!うおーっ!した思い出。
なんですか、あのマウントエルボーという名の暴力は!あんなん最初に見せられちゃったらもうムリです(笑)。

真っ向から対応し続けた藤田和之が、後にヤングライオンという役職であることと、その役職の意味を知ったときはウソつけ!と駒沢少年(中1)は思いました(笑)。

しかしこうして見ると、プロレスってのは格闘技なんだなって思いましたね。
もはやココでしか言えないような発言ですが、私はやっぱりこういうプロレスが心地いいです。

No title

猪木もタイガーも、容赦無さすぎですね。。

それだけ藤田の末恐ろしさを感じた、という事と、健介にかつての新日本を見せつける意味もあったのかな・・・?

>駒シバさん

プロレスを見始めて最初かその次の週のワールドプロレスリングで見た試合<うわぁ~、それは大きな意味を持つ試合でしたね。

『信者』の父親から伝え聞いていた伝説の2人と、まだ誰かもよくわからないムキムキのアンちゃん2人の織りなす攻防<世間が寝静まった真夜中の時間帯にこそ、そういう素晴らしい出会いは起こりがちですね。この日の会場は冬季オリンピック会場として建てられた当初は国立の室内競技場でして、さらに日曜の昼下がりという日常空間だったのですが、あの殺伐感で一気に非日常に雪崩れ込んだ感もありました。

マウントエルボーという名の暴力…あんなん最初に見せられちゃったらもうムリ<これはもう、駒シバさんだからこそ敢えて高貴な表現使わせてもらいますが、いわゆる『童○を捧げた姐御肌のヤリ○ンが、余りに名器だったもんだから、その後のアレがほとんどアレに感じてしまう日常の中、いつまでもデビュー戦の衝撃を探し求めてしまう感』ってやつですね。それは40代以上の佐山タイガー信者によくありがちなアレでもあります。

藤田和之が、後にヤングライオンという役職であることと、その役職の意味を知ったときはウソつけ!<まあ半分嘘ついてた訳ですもんね確かに。時代が時代ならギブアップブギみたいな売り出し方も出来た凄玉です。

こうして見ると、プロレスってのは格闘技…私はやっぱりこういうプロレスが心地いい<やはり原点はレスリングありきなんでしょうね。それはアマチュアレスリングのみならず。
ただ…ある意味、駒シバさんが行ってきた天龍×猪木トークショーもまごうことなく格闘技でしたね。

>平田さん

猪木もタイガーも、容赦無さすぎ<きっとサブミッション以上に当時の藤田にとってはキックやマウントエルボーなんて異次元の技術だったはずですからね。それでも容赦なく入れていくというのがプロとして当然の儀礼なんでしょうね。

健介にかつての新日本を見せつける意味もあったのかな・・・?<バリバリ90年代トップレスラーの健介に対し、一線を退いた猪木、タイガーがやることといったら、そこは黄金時代のプロレスだったのでしょうね。この日の健介も持ち味出し切って良かったと思います。

お怪我の具合いかがですか? 欠場残念です。
でも平田さんポジティブに! ご家族と美味しいもの食べて、束の間このブログで息抜きして下さい。
どうぞ、お大事に!!

No title

レガさん

ありがとうございます!!

痛いです(笑)。

お言葉に甘えて、こちらのブログを堪能させて頂きます!!

>平田さん

痛いです(笑)<ええ、画像を拝見させて頂き、まるでミルコ戦後の高田の足を思い出しました。まだまだ! もう一丁です!!

こちらのブログを堪能<せめてもの暇潰しになれれば幸いです。
紫レガとは?

紫レガ

Author:紫レガ
47歳のプロレス話


「昔はインターネットを旅してましたからね。毎晩ブログでね、今みたいにSNSがいっぱいある訳でもないし、終わったらみんなブログでね、一日の終わりにUPして。今こんなこと言ったらエラいことになりますけどね、よく寝不足になったね、部屋でPCを打ったりね。…いや、そういう歴史はちゃんと教えとかないとね」

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
ISM (1)
AWA (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード