FC2ブログ

テレ朝ch2で『nbg』を観た後襲ってきたイカバカ感

一日遅れてしまいましたが、

昨夜“自宅でテレビにて録画観戦”した(参照:つぶやきピロートーク20200202)、

『釣り★スタpresents THE NEW BEGINNING in SAPPORO~雪の札幌2連戦~』

2020年2.2 北海きたえーる大会の観戦記であります。
2020年2.1、2.2きたえーる2連戦

最初に書いておきますが、

まさしく『行か馬鹿』。

プロレスファンで、北海道に住んでおいて、

しかも札幌で仕事していて、

尚且つ行く時間もあって、

みすみす見逃してしまったという。

全試合観終わったあとに襲ってきた感情が、

『この大会を観に行かなかったなんて…本当、馬鹿だな!!』と、

…気付いたときはもう23時を回っていました。

序盤で気になったことは、

オープニングマッチ、辻陽太の身体は既に武者修行明けの趣、

風貌はまだ固めて欲しくはないなぁ。

北村の例もあるし。

第2試合、中西学最後の札幌。

敢えて真壁刀義を担いでいったのも凄いし、

終盤のラリアート合戦3発は迫力ありました。

あれこそプロのラリアッター同士の打ち合いです。

引退は肉体の限界というより神経系の限界、

さて、同様の状況にある選手たちが、

今後どう決心するのかですね。

現在選手層は超分厚いですから。

第3試合、第4試合は早送りでした。

…あ、これがロン・ミラー・スペシャル(参照:団塊Jrのプロレスファン列伝 / 新時代へのパスポート)ってやつなのね?

第5試合は『さすが!』というアレでした。

鈴木みのるが描きたい様に描いて、

ジョン・モクスリーという稀代のスーパースターを翻弄し、

思う様に動かして、

会場中をヒートさせるという、

まさに理想的な前哨戦の姿でした。

このプロレスの巡業特有の前哨戦ですが、

何年か前に週プロの記者が否定していたんですよね。

『年に一回か数年に一回しかプロレスを観られない土地で、

大会場前の前哨戦を観せられる身にもなってみろ!』的な。

でも私、前哨戦って結構好きなんですよ。

札幌は昔から、

両国とかへの前哨戦のクライマックスが多かったというか。

前哨戦ってある意味、本戦より燃えません?

第6試合もこれまた前哨戦、

特にこっちは一週間後のメインであるIWGP二冠戦。

内藤哲也もドームのダメージは癒え、

調子上がってきてそうです。

何となくKENTAの方が少し疲れ気味に見えました。

そりゃあんだけSNSとかで逐一対応してりゃ、

頭の休まる時間もないでしょうし、

試合は変わらずハードヒット調ですしね。

一つズレると凡戦になる恐れもありますが、

今の内藤なら何とか形になるでしょう。

何よりロスインゴの3人、

今一番プロレスが楽しいんでしょうね。

気が付けば、第8試合…もうセミです。

何だかテレビで観てて久々に時間が経過するの速いなと。

ザック・セイバーJrvsウィル・オスプレイの、

ブリティッシュ・ヘビー級選手権試合です。
ザック・セイバーJr vsウィル・オスプレイ

始まる前は例の如く『オスプレイの試合はいいかな?』と、

早送りする気満々でしたが、

1.4の高橋ヒロム戦の記憶もあったので、

『ちょっと重厚感も観られるかな?』と気を取り直し、

フルで飛ばすことなく観終えました。

母国が一緒ながら真逆のスタイルを持つ二人、

見せ場は互いに出し切りつつ、

ザックは決してオスプレイの飛び道具をスカさず、

オスプレイはグラウンドにも長けていることを証明。

最後はマジシャンの様なザックのテクニックで終わりましたが、

私みたいな人間が「これ今年のベストバウトじゃね?」と思ったりしました。

現代プロレスの模範試合でしたね。

ザックは試合後、悪態ついていましたけど、

その顔には「ウィル、ありがとう! 最高の試合が出来たね!」と書いてありました。

それと皮肉抜きに改めて鈴木秀樹戦が観たくなりました。

これだけ暖まった会場で、

次のメインは気持ちが楽なのか? またはハードル挙げすぎたか?

色々考えながら、オカダ・カズチカvsタイチを迎えました。
オカダ・カズチカvsタイチ

まず今回このカードが、

2日間の締めに設定された時点で、

大会のハッピーエンドは約束された様なものでしたが、

それにつけてもドーム仕様の発光ガウン、

これまで“無事是名馬”を地でいっていたオカダが、

首に大きなテーピングを施して試合するだけでも、

かなりのレアケース。

これらの条件で私は既に、

“行か馬鹿”感が滲み出て来ましたが、

そういう枝葉が一切どうでもよくなるくらいに、

試合内容が凄かったです。

「今回は行くつもり」と言いつつ、初めから行かない。

…じゃなくて「行かなくていい」と決めてたのに、

速攻「これ行かなかった俺は馬鹿だな!」という後悔。

そこにはタイチの執拗なまでの“ひとり全日本”もあります。

「人生はチャレンジだ」

115キロに増量、

拷問コブラ、

「オー!」からのバックドロップ!

これら全部、今のファンにはあまり関係ないことで、

その矛先には我々世代以上のファンがいました。

そういうタイチを出し切らせて、

それらを全部受け切って、

レインメーカーでトドメを刺すオカダ。

NJPWファンの目にも、

ベルトは失ったけど一番強いのはオカダだな、と伝われば、

今の状況も全く無駄じゃない。

むしろベルト保持してるのとほぼ変わらない立ち位置です。

最後に持ってきた「アントニオ猪木ーー!!」

これもまた我々世代以上のファンへのメッセージでしょう。

プロレスで数年ぶりに鳥肌立ちました。

1.6に率直に感じたことの、

そのままのアンサーにドキッ! としましたよ。

話が飛躍し過ぎで申し訳ないんですけど、

「ここ数年後にはオカダが社長エースになってもいいんじゃないか?」と。

…いや早とちりしないで見守りましょう。

オカダが猪木の名を出すことに、

異論などあるはずもありません。



最後に…G1秋開催の恩恵として、

突如巡ってきた7月の北海道巡業復活。
夏は北海道巡業!!

これも含めて完全復活に等しい新日ですが、

あと一つ!!

地上波のタイムラグが解消されれば、

もう万全です。

2週間も遅れて放送されるのは、

やっぱり北海道民として寂しいです。

贅沢ですかね?

元々は首都圏と同日だっただけに悔しいんですよ。

地上波なんてどうでもいい、ってのなら別ですが、

いまだに地方のプロレスの要は地上波ですから。



最後にもう一丁、

この大会を会場で観なかった、

俺は本当に馬鹿だな!!

おやすみ!!

関連記事

tag : オカダ・カズチカ タイチ ザック・セイバーJr ウィル・オスプレイ 内藤哲也 KENTA

comment

Secret

No title

北海道巡業、一番近くて札幌なのが残念です。組もうと思えば組めるんですね。ちょっと倶知安、期待したんですけどね。やっぱり出なかった。

タイチはハッスルの時から考えると少し隔世の感が、ありました。よく、この位置まで来たもんだと。

ライガーいないと寂しいというか違和感が、ありました。

No title

>俺を含む北海道のプロレスファンは、
>みんな馬鹿だな!!
そうです馬鹿ですね
(※レガさんのみで他の道民ファンの方は無関係です。)

もうずっと言いたかったんです実は。
馬鹿と言いたかったわけではなく(笑)
まぁ~なにかしら理由付けて会場に行かないですよねぇ~^^
サボってないで行きなさい。
地上波云々に話をそらさないで行きなさい(笑)

もっとも時間とか経済的な問題もあるでしょうけど、レガさんがここに書かれている事は左記の事ではない事を書いてますよね。

自分がなぜ会場へ行くか?
結局何があるかわからないから行き続けてるんです。
まぁかなり頻度は減りましたけどね。
行っても何も無い事の方が寧ろ多いですがそんなの当たり前です(笑)

で、録画したの見たかと思えば得意の早送り(笑)
正直自分ですら退屈になるので気持ちはわかります^^

本当はお会いした時にでもガンガン突っ込もうかと思っていたのですがなかなかそういう機会もないので(笑)
今や訪問者も多いブログになってしまいましたし、だれもレガさんにこんな事言う人もいないでしょうし、誰からも望まれてはいないですが、ここしかない!という勢いで書きました(笑)

お許しを~

誤解しないで下さいね^^
あなたの才能が勿体無いのです。


いつもありがとうございます。
今年も宜しくお願い致します!!

>aliveさん

北海道巡業、一番近くて札幌なのが残念<我が街にも来るかな? と期待して見守りましたが、最寄は札幌でした。ただし逆に考えれば、近年G1開幕戦が多かったので観れない選手も存在しましたが、今年は夏巡業本来のマッチメイクが観られると思います。

タイチはハッスルの時から考えると少し隔世の感<先日BKっちも話していましたが、ハッスル当時に会場で観た石狩太一を思えばここまで伸し上がったことは感慨深い…とまでは言っていなかったけど、驚きだそうです。

ライガーいないと寂しいというか違和感<やはり我々世代にとっては居て当たり前の選手で、90年代以降は象徴と言ってもおかしくないですからね。時の流れは無情です。

>たかさん

そうです馬鹿です<あらら!

なにかしら理由付けて会場に行かない…サボってないで行きなさい<たかさんに指摘されると、さすがに耳が痛いですな。

自分がなぜ会場へ行くか?…結局何があるかわからないから行き続けてる<そこに関して私はたかさんに絶対的な敬意を持っています。様々な団体、中でも新日本については伝説の田コロに始まり、その浮き沈みの全てを会場で生で感じて来てらっしゃる訳ですから。
私はポッカリと空いてる時期がいくつも点在していますので、偉そうなことは本来書けないですよ。
あとブランク明け以降、俄然プロレスに対する嗅覚は落ちました。

録画したの見たかと思えば得意の早送り(笑)<これは…もうしょうがないんですよ。今のガイジンのジュニアとかを観ててもプロレスリングとは思っていませんから。
それもプロレスの一部かも知れませんし、鍛え抜かれて高度なレスリング技術を持った者のパフォーマンスかも知れませんが、こればっかりはしゃあないのです。

お会いした時にでもガンガン突っ込もうかと思っていた<久々にお会いしたいですね、本当に。…というかお会いしなきゃダメでしょうね、本当。

誰からも望まれてはいないですが、ここしかない!<とんでもない。私が一番望んでいたかも知れません、たかさんのそういう言葉を。

こちらこそ、今年もどうぞ宜しくお願いします。

このコメントを読ませてもらって、しみじみと「あ~、そうか。これ今の私って昔のア○ラ氏とさほど変わらんなぁ」と思い知った次第です。ろくすっぽ会場に足も運ばずに、「あーしろこーしろ」と無責任な意見ばっかり書いて(苫笑)。
「とにかく会場に観に行け」って、20年前の自分に怒られてる気分でした。

たかさん、ありがとうございます!!
紫レガとは?

紫レガ

Author:紫レガ
47歳のプロレス話


「昔はインターネットを旅してましたからね。毎晩ブログでね、今みたいにSNSがいっぱいある訳でもないし、終わったらみんなブログでね、一日の終わりにUPして。今こんなこと言ったらエラいことになりますけどね、よく寝不足になったね、部屋でPCを打ったりね。…いや、そういう歴史はちゃんと教えとかないとね」

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
ISM (1)
AWA (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード