宮戸語録 vol.5

今宵はお馴染み宮戸語録です。(参照:vol.1vol.2vol.3vol.4)

2006年大晦日の桜庭の敗戦(参照:屈辱の日)は本人の抗議と、主催者側の検証の結果、

クリーム塗布による反則で無効試合となりました。

試合が行われた大晦日の翌日、元旦早々からネットの世界では大変な秋山バッシングとFEG、TBS非難が渦巻きました。

当時、自身の携帯サイトで小さな声で主張していた私も、このときばかりは連日怒りで掲示板を埋めていました。

とにかくこれまでの桜庭の功績を土足で踏みにじったの存在が許せなかったのです。

とり急ぎ、は謝罪会見を開きましたが…

これは…

ファンの想いはただ一つ。「の永久追放」でした。

「もうリングには上げてくれるな」と。

しかし、この人の意見は違いました。

宮戸優光②

kamipro 108 (2007)―紙のプロレス (108) (エンターブレインムック)kamipro №108




 kamipro №108 より

宮戸
「多くの視聴者というのは『桜庭が負けた』というふうにしか観てないわけだから、桜庭がプロとして失った商品価値の大きさといったら、もの凄すぎますよ! そこで『クロになりました』と発表されたところで、あの日の視聴率以上の中で、そのことが証明されなければ、あの代償は返ってこないわけですから! (略)本来、桜庭としたらこれは損害賠償モノですよ!」


まず謝罪会見の意味を全否定。

それは簡単に(桜庭との)再戦に置き換えちゃうのは違うと思う」ということであり、「かといって『秋山選手を追放』という終わらせ方もどうかと思う」

要するに肝心なのは「じゃあ、誰が成敗するのかという」ことなのです。

そのルーツは14年前に遡ります…

高田vs北尾調印式

そうです。

日本のプロレス史上稀代の大ヒール、北尾光司です。

 kamipro №108 より

宮戸
「あれについては、今回とはちょっとケースが違うと思うんですよ。あのときは(SWSが下した)追放という処分がおかしいよね。『八百長野郎』と言ったから追放なんて、団体側が半ば八百長を認めたようなもんじゃない! リングで起こったことをリング外で収めちゃったからね。だから『そこの団体が白黒つけないのであれば、Uインターがやりましょう』ということで、北尾参戦に至ったわけです」

「怖くはなかったですね。あのときはその発言の是非も問われたし、だからこそ、そのことを含めてリングで決着つけようと思ってましたから。逆に自信を持ってやれましたね。でも、それで飲み込まれちゃったらという怖さはありましたよ」

「だからどの団体も賭けはしたくなかったんでしょう。リングで北尾選手を誰かが成敗できるかもしれないけど、できないかもしれない。でも、ウチは当時イケイケでしたから」


当時の北尾の憎々しさは、現在のの比じゃありませんでした。

横綱という最高位にいながら、相撲協会と揉めて廃業。

新日でデビューし、ブーイングの中ビッグマッチに出場しつづけ、現場監督の長州に楯突いて喧嘩別れ。

SWSで天龍に拾ってもらうも、試合中の“問題発言”で追放処分。

空拳道という名の得体の知れぬ武道と出会い、修行の途中に辿り着いたのがUWFインターナショナルのリングでした。

その結果、高田vs北尾というプロレス史上5本指に入る他流試合(参照:10月最後の夜に…カタルシスを)が、実現したわけです。

十字はならず

右ハイ炸裂!!

そんな中でリスクだらけの北尾参戦を決意したUインターの責任は重大でした。

まさに、『一寸先は闇』。

 kamipro №108 より

宮戸
「でも、それがプロレス団体なんですよ! だからUインターもそうだけど、昔の新日本プロレスだったら乱闘になってるよ! もし猪木さんが『油塗ってる!』って抗議してたらセコンドみんな出てくるよ!」


そこは個人の闘いでありながら、

団結力も重要な要素なのです。

「すっごいすべるよ!!」

そして、こういう闘いにおいてはセコンドの役割というのが勝敗の50%以上を占めているのかも知れませんね。

鉄壁のセコンド陣

関連記事
スポンサーサイト

tag : 宮戸優光 桜庭和志 秋山成勲 Dynamite!! ヌルヌル

comment

Secret

No title

ホンットーーーーーーーーーーーーーーーにご無沙汰です。
久々にUインター板の“当時の”自分の書き込みを読ませて
いただきました。今でも思い出すだけで、あまりの悔しさや
腹立たしさで目頭が熱くなります。一生忘れない………。

>聖戦士さん

ホンットーーーーーーーーーーーーーーーにご無沙汰です<ホンットーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

今でも思い出すだけで~一生忘れない<あの時、真剣でした。お互いね。

>聖戦士さん

↑眠くて変なレスになっちゃってますね(汗)

Uインター板…紫レガインター設立からのお付き合いはもう聖戦士さんくらいになっちゃいましたよ。ホント、感謝いたします。

悔しさを晴らすには…やっぱり私らインターをリアルタイムで通過した人間にゃ、桜庭本人がどんな手を使ってでも復讐すること以外の結末はありえません。
もう一回、ゾクゾクする感動をリングから感じたいです。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード