FC2ブログ

2019年10.14 両国 ライガーvs鈴木のこと

昨夜、呑みの誘いを断り帰宅。

追っかけ再生にて、

『保険見直し本舗 presents KING OF PRO-WRESTLING』、

2019年10.14 両国国技館大会を、

テレビ観戦致しました。

ざっくりと感想綴ります。
2019.10.14両国国技館

まず通常ビッグマッチでのOPは、

当日カードに沿った煽りVなのですが、

台風19号の余波でジョン・モクスリーザック・セイバーJrが来日出来ず、

カード変更に伴って阿部リングアナがマイクで発表。

何だか懐かしい感じで良かったです。

欲を言えば最後に締めで、

「最後まで思いっ切りNJPWして下さい!」って言って欲しかった。



試合の方は第1試合、

今回はヤングライオンなしでオープニングマッチ、

RPG3Kvs鈴木軍Jr…デスペの復帰戦から。

SHOのブレーンバスター、云わば“見せ場”で、

またカメラワークのミスありましたね。

いまの撮り方を続けていく以上、

余程キレっキレのスイッチャーじゃない限り、

技の撮り逃しは出るでしょうねぇ。



第2試合は棚橋の20周年試合。

ベテラン揃いのタッグマッチなのに、

終盤のグダグダはいただけなかったです。

あれだとインディーで観るベテランの初っ切りと、

ほぼ変わらないです。

新日がメジャーであるなら、

勝負論の薄いマッチメイクでも、

それなりのものをやっていないとマズい。

そう思って観ていました。

あと…井上亘はいつまでも変わらないですね。



次はタイチと内藤の絡みですか、

タイチはいつ見ても自信満々ですね。

試合中に「あぁ全日出身らしいなぁ」と思った場面があったのですが、

…忘れちゃいました(笑)。



そして第4試合…私的には今大会のメイン、

獣神サンダー・ライガーと、
獣神サンダー・ライガー

鈴木みのるの、
鈴木みのる

“殺し合い”ですね。
獣神サンダー・ライガーvs鈴木みのる

もちろん実際には殺し合ってはいませんでした。

でも私が思い描くプロレス、

創業者が礎を築いた新日本プロレスが、

そこにはありました。

関節を極める時は“逆”を取る。

殴る時はインパクトに力を込める。

心の内は表情と目で全て表現する。

ライガーの掌底は一発だけ顎を打ち抜き、

鈴木のエルボーは乱発せずに、

しかしながらいつもに増して的確に。

17年前のパンクラスでの一戦のリベンジマッチとしての側面なら、

ライガーも引退前の身ですし、今回に限っては、

私闘的なアレも許されたと思うんです。

でも二人は今回NJPWのリングで、

若いときに猪木から、小鉄さんから、藤原組長から教わった、

新日本のプロレスを体現して見せました。

鈴木は途中、打ち合いの中で一瞬だけ、

『何でここまで怒らせたのに顔に入れて来ねえんだよ!?』的な表情を見せた、

…気がしたんですけど、

そのときライガーの目には、

『だから! 俺は総合よりもUよりも、新日本プロレスが好きなんだよ!!』って書いてあった、

…気がしました。

リバプールで船木と別れる時に言ったセリフと同じですね。

私はこの一戦に技術的なものは求めていませんでした。

前段でライガーが鬼神になったのも、鈴木がマスクを破ったのも、

さらに言えば今回“戦闘用(対ヘビー級)”ライガーになったのも、

言ってしまえばパフォーマンスであって、

ゴングが鳴ってからの二人の姿こそ、

まっさらな、ピュアな、本能的な、闘うレスラーだったと思います。

ついでに最後、鈴木の座礼、

ほんの一瞬だけの“感傷”でしたよね。
全てが込められた礼

50歳過ぎても青春してるんですよね…。

プロレスラーってやっぱりいいですね。



そっからの試合は画面見てても、

ほぼほぼ入ってこなかったです。

強いて言えばモクスリーの代役で出て来て、

US王座を奪い取ったランス・アーチャーの意地!

破れかぶれ感もあって、

実にかっこ良かったですね。



さすがにセミはちゃんと観ようと思いまして、

『MADE IN NEW JAPAN』というEVILの言葉に、

ちょっとだけ反応しましたが、

やはり…順当でした。
飯伏幸太vsEVIL

そのドームの主役となるべき飯伏幸太ですが、

本来の奇天烈な魅力が、

私にしてみればマンネリに見えてしまってるんです。

当然、あんな技術は飯伏にしか出来ないものなのですが、

飯伏の試合を観ていると、

その高度な技の展開が全て読めてしまうという。

不覚にも寝かけてしまいました。



そんな状況で迎えたメイン、

オカダ・カズチカvsSANADAの、

IWGPヘビー級選手権試合
オカダ・カズチカvsSANADA

お互いに「ライバル」「ライバル」言いながら、

むしろこっちの方こそマンネリ感あるカードなのですが、

開始と同時にオカダ・カズチカのドロップキック波状攻撃と、
オカダ・カズチカ

それを全てかわしていくSANADA
SANADA

この攻防でパッチリ目が開きました。

互いに出していく技はほぼ見慣れたものばかりですが、

攻防が途切れずに噛み合っていますし、

二人ともフィジカルが高いから、

切り返す際にも無理がないんですよね。

これライガー鈴木の新日イズムと真逆に、

NJPWの最高水準でしょうね。

結局、最後はまたしても、

王者の“ボーナストラック”でしょうか、

あれは…みちのくドライバー? ファルコンアロー?

ひとつだけ大きなインパクトを残すというのが、

オカダの凄さだと改めて思いました。



飯伏を呼び込んでのセッションにおいては、

内藤から始まった「IWGP獲って、次の日にインタコンチ獲って」という、

“史上初の○○宣言”に対し、

現実にベルトを巻いてる者として、

オカダの本音が出ましたね。

確かに歴史から言っても、

防衛戦の密度から言っても、

頂点にあるIWGPヘビーを他の3つと横一線に並べられたら、

オカダは黙っていられないでしょう。
次はオカダvs飯伏

それって永田にしても、橋本にしても、

同じことを言うでしょうね。

「IWGPヘビーとインタコンチ両方巻いたらプロレスがもっと上に行ける」でしたっけ?

私にはその根拠がよくわからないんですけど、

オカダにしてみれば10.14時点においては、

『まだ飯伏なんか顔じゃないよ』ぐらいの認識かも知れませんね。

関連記事

tag : 獣神サンダー・ライガー 鈴木みのる オカダ・カズチカ SANADA 飯伏幸太 EVIL IWGP

comment

Secret

No title

鈴木VSライガーは入場から注目してました。鈴木は黒、それとも大一番用の白で来るか?ライガーは、どんなコスチューム?

いわゆるバトルライガーで出てきた時は「ウォー」となりましたね。

奇襲も無い、場外戦は少し、あったけど、ほとんどがリング上での技術戦だったので「この二人の試合、こういうのが見たかったんだよなぁ。ヨシヨシ。」と思いながら熱くなりました。

ライガーは昔、猪木がナガサキに決めた鬼殺しまで出して。
これでヒロに勝った事、あったんじゃないかなぁ。

素晴らしい試合だったと思います。二人ともプロ中のプロでしたね。

プロレスは、やっぱり点で見るより線ですね。

No title

…忘れちゃいました(笑)

えーー
レガさんでも忘れる事があるんで
すか??

驚きと笑い‼︎
なんだかちょっと安心したような。

いつもまともなコメントではなくて
すみません。

No title

鈴木はゴッチ式の体勢の時、「終わりだ、終わりだ。」とアピールした後マイクは拾ってなかったけど口元が「バイバイ」と動いた様に見えました。これ安生の引退試合でも、やってたんですよね。

戦友に対する鈴木流の餞別なんですかね。

色々とファンに考えさせる鈴木は一流のプロレスラーだと思います。格闘家は、ただ勝てばいいだけですからね。ファンの事まで考えませんから。

>aliveさん

鈴木は黒、それとも大一番用の白で来るか?ライガーは、どんなコスチューム?<そういった出で立ち一つでも、いろんな想像力を掻き立てられるのがプロレスの素晴らしいところでしょうね。私も鈴木は白を予想しましたが、現在の立ち位置においては非情ながらも白を穿く意味はなかったのかも知れません。

バトルライガーで出てきた時は「ウォー」<これまでのいきさつから、ライガー的には戦闘モードそのものだったでしょう。

こういうのが見たかったんだよなぁ。ヨシヨシ<最近の新日からすると完全に異空間でした。座礼と土下座の違いぐらい異空間でした。

鬼殺しまで出して。これでヒロに勝った事、あった<さすが映像部長は脳内ライブラリーも豊富ですね。猪木のは後楽園ホールでしたっけ?

二人ともプロ中のプロ…やっぱり点で見るより線<出ましたね! 名文句。
そういう意味では永く観て来た人間にとって、かつての藤原教室での山田の姿を知っていることが誇らしいです。

>みーさん

忘れる事があるんですか??<ありますね~。最近は特に…アラフィフになってかなり物忘れ激しいです(笑)。

なんだかちょっと安心<またまたぁ! そうやってディスってるんでしょう~。もう~。

まともかまともじゃないかなんて、ここでは関係ありませんよ~。プロレスが好きなら何の問題もありませんっ。これからも宜しくお願い致します。

>aliveさん

ゴッチ式の体勢の時、「終わりだ、終わりだ。」とアピールした後マイクは拾ってなかったけど口元が「バイバイ」<やはりaliveさんも気が付きましたか。安生の時と一緒でしたね。

戦友に対する鈴木流の餞別<ちなみに点を指差すのはゴッチさんに対してなのですか? 無知ですみません。

色々とファンに考えさせる鈴木は一流のプロレスラー<確かに超一流ですし、日本のプロレスラーの中で最も頭を使っているとも思います。
…でもaliveさん、格闘技の中でも観客のことを考えて試合してる選手もいますし、プロレスラーの中にも自己満足みたいな試合する選手いますからね。要するに選手個々の考え方とスキルによる部分が大きいかと。
紫レガとは?

紫レガ

Author:紫レガ
47歳のプロレス話


「昔はインターネットを旅してましたからね。毎晩ブログでね、今みたいにSNSがいっぱいある訳でもないし、終わったらみんなブログでね、一日の終わりにUPして。今こんなこと言ったらエラいことになりますけどね、よく寝不足になったね、部屋でPCを打ったりね。…いや、そういう歴史はちゃんと教えとかないとね」

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
ISM (1)
AWA (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード