屈辱の日(2006)

連日、WBCが熱いですね。

今日の韓国戦勝利で連覇が見えてきましたが…まだまだ油断できません。

日韓戦に絡めて猪木vs大木(参照:昭和の日韓戦)はピンと来なかったようで…

やはり日本のヒーローと韓国の英雄が相まみえたといえば…

彼が現れた…

我々Uインター信者のみならず、全てのUWF信者、全ての総合格闘技ファンを怒りに震えさせた、

ホイスとの再会

あの日の屈辱を忘れることは出来ません。

悪夢への序曲…

2006年 12.31 京セラドーム大阪

桜庭和志vs秋山成勲


桜庭和志vs秋山成勲

ボディチェックを終え、ルールの確認を済ませてからゴング直前に、

は自身の“象徴”を、「その時のインスピレーションで」脱ぎ捨てました。

彼は当たり前のように象徴を脱ぎ捨て…

桜庭はローキックから入りました。

先手は桜庭のロー2発

も自信のあるローで返します。

秋山もロー

蹴った直後に俊敏に距離を取ります。

この時、桜庭のグラウンドのスキルを察知したのではないでしょうか。

ん…?

案の定、早い時間から“宝刀”ローシングルに行きます。

踵から膝裏を捕えるのですが…

案の定ローシングル入った

は野生的な勘でスルリと切ります。

んん…?

途中、蹴りが金的に入るアクシデントを挟み、

金的に入る

シュートボクセ仕込みの二段蹴りから、

ジャンピング・ミドルは強烈

2本目のタックルへ。

2本目のローシングルは入っ…

さっきと同じくはスルリと…

んんん…??

ならば逆の足を、

ならば逆足を…

これまたスルリと…?

んんんん…???

しかし桜庭の手には不自然な感触が…

ぼく…。ぼく…。




 ぼく…。(桜庭和志) より

桜庭
「あっれ~?」
「何これ?」
「いま滑った?」
「ヌルっとしたぞ?」
たくさんの疑問がぼくの心を埋めつくした。(略)戦意がだんだんと低下していくのが自分でもわかった。ぼくの集中力は、ここで断ち切られた。


普段格闘技を見ない人達までもが画面に向かう大晦日。

日本人同士のプロフェッショナルとして、心が通った試合で魅せるつもりでした。

ならその相手に相応しいと思っていました。

しかし、日本人名を持つとは心が通じ合うことはありませんでした。

「タイムタイム!!」

秋山猛然とラッシュ

萎えてく闘志の中で桜庭は最後のタックルに行きます。

3本目こそ…

またしてもはスルリと…否。

“ぬるり”とすり抜け、

これは…

ガッチリとバンデージで固められた拳を何ダースも桜庭の顔面に叩きつけました。

ぬるりと…

秋山のパウンドラッシュ

桜庭は下からレフェリーに抗議しつつ、ヌルヌルに滑るの足を取りにいきます。

食いながらも足を取りに行く

レフェリーの目線は既にリングにはありませんでした。

レフェリーの目線は…

ストップのゴングが鳴り響くと、桜庭は我々が既に見慣れてしまったパツンパツンの顔での不正を訴えました。

セコンドという名の桜庭ファンはただ汗を拭くことぐらいしか出来ませんでした。

このとき、私は桜庭和志が一人ぼっちになってしまっていた現実を知りました。

「すっごいすべるよ!!」

そして、の後ろにはたくさんの仲間がいました。

…!!

2009年の今、幸せの絶頂の中、UFCというMMAの最高峰に旅立ちます。

例えの旅がどこに向かおうとも、

桜庭が、の腕か足をヘシ折らない限りは、

我々Uインター信者の旅は足踏みのままです。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 桜庭和志 秋山成勲 ヌルヌル 「すっごい滑るよ!!」 HERO'S

comment

Secret

田村ファンとしては、田村にリベンジしてほしかったんですが、残念ながらもう対戦する機会はなさそうですねー。
秋山がヌルヌルしていなかったら桜庭とかなり好勝負が期待できたと思うのですが。
ネットで調べたら秋山には柔道時代にも¨前科¨があるみたいで。誰かがリベンジしないとスッキリしないです!

No title

あの時・・伝家の宝刀がかかりそうになって数回、テレビの前で
叫びましたが・・・何で、何でひっかからないんだろう・・・と
???と思っておりました。
終わってみてあの結果。一回の試合の重み。
大事なものを失うのは本当に辛かった。
そして、桜庭選手は孤独でした、確かにー。
その後の我々ファンの熱には素直に喜んでくれていましたが。
とにかく疑念が晴れないまま、止まっているのですよね。

No title

こんばんは!秋山の戦法、例のクリームなどの行動を見て思ったのが「桜庭の寝技をすっごい警戒してるんだなあ」ですね。秋山も柔道家なので寝技優れていると思うんですが、秋山をそこまでさせる桜庭の寝技スキルって恐ろしいなあと思った自分がいましたよ。
プロレスラーに秋山を倒して欲しいですね。柴田は歯が立たなかった・・ので、やはりU系の桜庭、田村頼みですね!

No title

試合が試合だったので
あんまり気にしてませんでしたが
この時の桜庭の身体の張りも悪くないような気がしますね
コンディションは悪くなかったようにおもえますよね
本人も言うとおり「TIME、TIME]で集中力は途切れましたね!
個人的には船木が秋山と試合してほしいですね
最近は全然船木の情報がないんですが・・・相当練習してるだろうと思います
テーマある試合を消化してほしいもんです

No title

これ以来、秋山の顔見るのが本当に嫌になりました(^^;
三崎選手が勝ったときはざまぁーみろ!!と思いましたがやはり気持ちはモヤモヤデス・・・
やっぱり桜庭にやっつけてほしいな・・・

>フエルト布よしゆきさん

田村にリベンジしてほしかった<私もですよ。
金泰泳戦で何もかも流れちゃいましたね。

秋山には柔道時代にも¨前科¨があるみたいで<結局、彼にとっては勝ち負けだけが重要であって、それって全部自分の為だけなんですよね。
アマならばれないように不正して勝つのも有りだと思います。結果しかない訳だから。
ただプロ総合格闘家を名乗るのなら、もっと大事なものを知るべきでしたね。
UFCでどんな道のりが彼を待っているのか…どうでもいいっちゃどうでもいいんですが。

>YYさん

あの時・・伝家の宝刀が~何でひっかからないんだろう・・・と<あそこから逃げられるというのは過去の試合ではなかったですからね。

大事なものを失うのは本当に辛かった<お察しします。
桜庭も大晦日の大舞台で、日本人同士の対決で、あんなことされるとは予想もしなかったでしょう。

大晦日の舞台、選手の敵は相手であり、紅白であり…

秋山の敵は目の前の桜庭しかいなかったわけですね。

>H.Tさん

こんばんわ。

「桜庭の寝技をすっごい警戒してるんだなあ」<これは吉田、瀧本にも共通して言えるんですが、総合に転向した柔道家のほとんどは柔道現役時代、それほど寝技を得意としてなかったんですよね。
秋山は得意だった方ですが、桜庭のレベルと比べればかなりの差がありました。

プロレスラーに秋山を倒して欲しい<そうですね。
でも、やっぱり桜庭自身が返さないかぎりは霧は晴れませんね。

>Fさん

この時の桜庭の身体の張りも悪くないような気がしますね<この年、試合でタコ殴りに遭ったり、練習中に倒れたりで、最悪でした。
そんな中、コンディションを整え近年にないベストで仕上げたのが…全てぶち壊されました。彼に。

個人的には船木が秋山と試合してほしいですね<このカードですね、実は船木に近い方に私もメールしたんですよ。賛成して下さいました。
ミノワ戦のアンクルなんか見たら…まだまだ試合見たいですよ。

>流星仮面二世さん

三崎選手が勝ったときはざまぁーみろ!!と思いましたがやはり気持ちはモヤモヤデス・・・<やはりねぇ、誰あろう桜庭本人に行ってもらいたいですよ。
正直スキルが全然違うと思います。道着なしで寝たら子供扱いですよ。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード