FC2ブログ

750頁、それぞれの真実。

遂に明後日、書店に並びますね。

これまで衝撃の出版を重ねてきた、

『証言UWF』三部作(参照:ほとんど真実DOKURYO“U”史観の変遷四文字をめぐるUインターの人間模様私にとっても最終作いよいよ一週間後腑に落ちた日)の集大成。

Uインター関連だけを拾っても、

完全版証言UWF表紙
 完全版 証言UWF 1984-1996 より

あの「10・9」から24年目の再会!
髙田延彦と武藤敬司の初対談を特別収録

プロレスか、格闘技か―
前田、髙田、藤原、山崎、船木、鈴木…
28人が告白する葛藤、暗闘、醜聞の全真相!

全750ページ超、大ボリュームの完全版!

猪木の不参加、佐山と前田の対立、新生UWFのブームと崩壊、3派分裂…1984年の第一次UWFの設立から1996年のUWFインターナショナル崩壊まで、プロレスと格闘技の間で漂流し続けた男たちの葛藤、暗闘、醜聞の全真相!!
単行本「証言UWF」シリーズ3冊に登場した28人の証言に加え、伝説の「10・9」を語る髙田延彦と武藤敬司の初対談を特別収録。大ボリュームのシリーズ完全版!

目次
■コンテンツ

「激突!! 新日本プロレスvsUWFインターナショナル全面戦争」から
24年後の“10・9”に初めて実現─
特別対談 髙田延彦×武藤敬司

第1章 第一次UWF「原点」の真実

髙田延彦
「Uインタ―の後期は、すべてを手放し、一人になりたかった」

中野巽耀
「前田さんは力任せ。スパーリングで一番だったのは髙田延彦」

宮戸優光
「前田さんと若手の分断を画策していた神社長が許せなかった」

安生洋二
「前田さんが宮戸さんを『新弟子』と呼び続けたことがすべて」

田村潔司1
「選手全員が神社長から興行の売り上げデータを見せられている」

垣原賢人
「道場の練習をそのまま出してはいけないのか」?という葛藤

田村潔司2
クビ覚悟だった髙田への「真剣勝負してください」発言

金原弘光1
“真剣勝負”を絶対に許さなかったUインター

山本喧一1
リングスに要求した移籍の条件は“田村との真剣勝負”

安生洋二×髙阪 剛
「誰も止めないから」起こった安生の前田殴打事件

金原弘光2
「髙田道場に誘われなかったのは、正直ショックだった」

山本喧一2
「Uインターで“神様”だった髙田さんは孤独だった」

鈴木 健
「田村の『真剣勝負してください』発言で髙田さんは人間不信に」


このボリューム感!!

何せ“750ページ”の文庫本ですからね。

私にとっては高田延彦の証言こそが全てなのですが、

そこを軸としたそれぞれの立ち位置による“言葉”が、

私の中でのUWF三派分裂から今に至る答えです。

正義はそれぞれの中にある訳ですが、

私にとっての正義は高田の言葉に他なりません。

さらに加筆部分もあるというので、

これも心して読み解きたいと思います。

そして今回の目玉は高田と武藤敬司の特別対談。

本のサブタイトルに『1984-1996』とある以上、

『ユニバーサル旗揚げ~Uインター解散』までの時代ですよね。
旧UWF旗揚げ

これ即ち『高田伸彦~高田延彦』の時代なんですよ。
Uインター解散

ほとんどのUWF信者にとって、

UWFの象徴は前田日明だと思います。

或いは佐山サトルでしょう。
前田vsS・タイガー2

でも1996年の翌年にUの宿命を背負って、

グレイシーという黒船に向かっていった以上、

私には高田以外に象徴は考えられない。

それが表紙にも表れていると思います。
完全版証言UWF表紙

この表紙の高田、IWGPヘビーのベルトを巻いていますね。

1996年、ある意味UWFファンが、

幸せでいられた最後の時代です。

それぞれの証言から、

それぞれの答えを弾き出すのが、

この一冊の意義でしょう。

「750ページだろうと、とにかく読むだけだ!!」
鈴木健の弁明

関連記事

tag : 高田延彦 武藤敬司 堀江ガンツ

comment

Secret

No title

お久しぶりです
これは買いですね~。
越中戦の高田が表紙ってのもいいですよね~。
是非じっくり読みたいと思います。
レガさんお感想も楽しみにしてます!!

No title

注文しました。 楽しみです。

「堀江ガンツとプロレスと札幌メンバーと」も楽しみで、これは聞いておきたい事を忘れないようにメモに残しました。

>Fさん

ご無沙汰しております!!

越中戦の高田が表紙ってのもいい<さすが! あの1ショットで越中戦と見極めるのはFさんならでは!

是非じっくり読みたい…感想も楽しみにしてます<一度読んだ内容ですが、こうやって全部を並べて読むと、一つの事柄に対してそれぞれの見解が読めて興味深いです。
私としてみれば、やっぱり高田寄りになっちゃいますね。

>aliveさん

注文しました。 楽しみです<もう読まれましたね?
内容はほぼ一緒でも過去の三冊と表紙を並べておきたい一冊です。
紫レガとは?

紫レガ

Author:紫レガ
47歳のプロレス話


「昔はインターネットを旅してましたからね。毎晩ブログでね、今みたいにSNSがいっぱいある訳でもないし、終わったらみんなブログでね、一日の終わりにUPして。今こんなこと言ったらエラいことになりますけどね、よく寝不足になったね、部屋でPCを打ったりね。…いや、そういう歴史はちゃんと教えとかないとね」

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
ISM (1)
AWA (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード