FC2ブログ

金曜日に鬼軍曹を

楽しみにしていた『Gスピリッツ』最新号(参照:表紙買い間違いなし。)が、

本日、手に入りました。


アラフィフ世代の私らにとっては、

まぎれもなく毎週金曜の8時に、

レスリング技術のみならず、

人生訓と道徳をも教わった先生、

それが山本小鉄さんなのであります。
ブロディ敵前逃亡を伝える放送席

早速、表紙を開くと、

まず目に飛び込んできたのは、

中野巽耀著『U』の告知!!


いきなり脱線して恐縮なのですが、

まさか中野が著書を発刊するなんて!!

恐るべきG SPIRITS BOOKシリーズ…。

ある意味これはこれで、

一連の国際本のスピンオフなのかも知れません。

いやいや、本題に入りましょう。


Gスピリッツ53表紙
 Gスピリッツ Vol.53 より

【特集】
山本小鉄と昭和・新日本

[証言]
大塚直樹
藤波辰爾
栗栖正伸
北沢幹之
高杉正彦

[特別企画]
ヤマハ・ブラザーズの
アメリカ武者修行


冒頭の大塚直樹インタビューでは、

これまでの聖人君子イメージとは異なる、

団体設立から取締役役員としての山本勝が語られていますね。

小鉄さんのキャデラックのこととか、

若手への臨時ボーナスのこととか、

そしてクーデター事件のこと…。

まず最初にある1986年8.26 大宮スケートセンターでの、

一枚の写真が衝撃的です。

大塚氏
「今になって考えると、アントニオ猪木への愛情…LOVEは新間(寿)さんと甲乙つけがたいものがありましたね。ある種、恋愛感情みたいな…」


うーーん…私なんかは思う訳ですよ、

やっぱり昭和新日とUインターは似ているよなぁ、と。

小鉄さんのアントニオ猪木に対する想いと、

坂口征二新間寿との四角関係。

さらには小鉄さんだけが知る“猪木の弱み”。


まだ大塚氏のインタビューしか読んでおりませんが、

小鉄さんの人間性、

日プロ時代と新日プロ時代の違い、

若手コーチとしてのゴッチさんとの違い、

愛社精神とお金、

そして星野勘太郎とのアメリカ武者修行。


賛否両論かも知れませんが、

私はどういう小鉄さんの姿も大好きなのであります。

さてさて読み進めましょうか。



…あぁ、

もしも小鉄さんが生きてたら、

今年の4.26 後楽園ホール(参照:平成の最後、昭和への旅Ⅳ~四十路半ば過ぎの青春紀行~)には、

奇跡の4ショットが観られたのかも知れませんね。
20190426ドラディション38

関連記事

tag : 山本小鉄 大塚直樹

comment

Secret

ずいぶん前からの疑問。

大塚氏のところだけ読みましたけど、クーデターですが、私、以前ホテルの経理課で働いていて年に2回、東京から公認会計士を呼び会計監査というのをしていたんですよ。不正が無いかチェックするのに。

直接、売上に関わる部署なんて会計士滞在中、戦々恐々としていて。不正してなくても何か聞かれてスムーズに説明できるか不安だから。

クーデター派は会社は会計監査をやっているのを単に知らなかっただけじゃないのという気がします。

Uインターの宮戸と鈴木健の不信感も安生引退本を読んだ時に同じ事、思いました。

「ん?普通に考えて会計監査やっているよな。これ宮戸の勘違いだろう。ん、じゃあ新日本のクーデターも同じか」と。

大体にして金絡みでパクられた人、プロレス界は0だから。石井館長はパクられたけど。

これ結構前のGスピリッツでも田中ケロが話していて私と同じ見解でした。

「ハイセルへの流用は経理上、監査が入ったら無理じゃないか」と。

82年くらいだったかな。猪木、スポーツ選手長者番付1位だったはずだからケチとか金に汚いというイメージが無いんですよ。

>aliveさん

東京から公認会計士を呼び会計監査…直接、売上に関わる部署なんて会計士滞在中、戦々恐々<会計監査、税務調査…嫌ぁ~な響きですよね(苦笑)。本当に『この人たちは粗探しのプロフェッショナルだなぁ』という。

クーデター派は会社は会計監査をやっているのを単に知らなかっただけ<新日本プロレスリングも株式会社ですからね。しかるべき会計士も当然いたでしょうし。

「ん?普通に考えて会計監査やっているよな。これ宮戸の勘違いだろう。ん、じゃあ新日本のクーデターも同じか」<結局、所得に対して各企業は税金対策というのを普通にやってる訳ですよね。そこを対策ととるか、流用ととるかは立場によって大きく変わってくる部分なのでしょうね。

田中ケロが話していて私と同じ見解…「ハイセルへの流用は経理上、監査が入ったら無理じゃないか」<昨年でしたっけ? 新生UWFの鈴木専務が出版した書籍でもお金の流れのことが書かれていたみたいですけど、本当に会社って立ち位置によってお金の意味がかなり変わってきますもんね。情熱と理想だけでは本当に難しい。

猪木、スポーツ選手長者番付1位だったはずだからケチとか金に汚いというイメージが無い<今では聞くことがなくなった『長者番付』…夢がありましたよねぇ。その中でプロ野球選手、プロゴルファー、競輪選手らを差し置いて日本一だった猪木という存在が我々プロレスファンの誇りでしたよね。これもこれで企業努力の結晶だったそうですが。
紫レガとは?

紫レガ

Author:紫レガ
47歳のプロレス話


「昔はインターネットを旅してましたからね。毎晩ブログでね、今みたいにSNSがいっぱいある訳でもないし、終わったらみんなブログでね、一日の終わりにUPして。今こんなこと言ったらエラいことになりますけどね、よく寝不足になったね、部屋でPCを打ったりね。…いや、そういう歴史はちゃんと教えとかないとね」

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
ISM (1)
AWA (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード