FC2ブログ

G1CLIMAX29最終戦を観たこと

昨夜のつぶやきから一夜過ぎて、

『HEIWA Presents G1 CLIMAX 29』をテレ朝ch2で観ました。
G1CLIMAX29

今日は録画しておいて、

帰宅後フルで観たのですが、

これは久々に新日本プロレスが観れました。

まず第一試合ですが、

現在前座の目玉カードである、

野毛道場vsLA DOJOの対抗戦。

やはり若手が意地をむき出しにして、

技術そっちのけで張り合う姿は面白い。

そして美しいですね。

これがあるから新日本。

成田は成田で、辻は辻で、

それぞれ足りない部分がわかったでしょうし、

そこを補っていく過程が見られるからプロレスは面白い訳です。

第2試合はガイジン勢が良かったです。

ランス・アーチャーはロープ渡りからのムーンサルトとか、

素晴らしいんですけど、

今ここで出すタイミングだったのか?

注目を浴びるためのアピールは良いのですが、

器用貧乏になるのはもったいないと思います。

フィニッシュ前、コブが金丸のローリングクラッチを、

スッとネックハンギングで持ち上げた瞬間、

ノートンが見えました。

いまだにああいった体型のガイジンを見ると、

知らず知らずのうちにベイダー、ノートンを求めてしまう私がいます。

第4試合、

海野は粗さが目立ちます。

あのインディアンデスロックはないでしょう。

モクスリーの技が丁寧なだけに、

付いて行くのならそこを一番見習うべきです。

ついでにテレビもリバース・インディアンデスロックとかって、

実況席も粗かったです。

第5試合を観て、

L.I.Jの凄さを再確認しました。

コミカルな流れでもしっかりと試合を運んでいました。

あと、内藤の入場はいつ観てもテンションが上がります。

のちの蝶野みたく出オチにならないでもらいたいものです。

そして衝撃が走ったのは第6試合でした。

試合では誰の目から見ても一番頑張っていた石井智宏が、

KENTAの裏切りによって、

BULLET CLUB全員の集団リンチに遭うという結果から、

何と柴田勝頼が登場!!

ソウルメイトの顔面を蹴りまくった挙句、

返り討ちに遭い、KOされるという…。

これはテンション上がりました。

ちょっと気が早いですけど、

復帰間近なんでしょうかね!?

それともリングには本来上がることなど許されない柴田が、

リングインしてしまう程の緊急事態だったということでしょうか。

セミは豪華なタッグマッチでしたが、

完全に主役は鈴木みのるでした。

あのエルボーはやはり説得力ありますね。

そしてZSJと二人がかりで、

棚橋の各関節を次々と極めていく連係は圧巻でした。

ただ一人のG1不出場者でありながら、

オカダ・カズチカから完全フォール勝ち。

これ新しいパターンですね。

通常は公式戦で勝ったSANADAが、

次の防衛戦相手でしょうから。

で、大会終わったので書いておきます。

私が今年のG1札幌大会行かなかったのは、

鈴木の不参加が大きいです。

私なんかが行かなくたって、

今の新日の会場は埋まります。

だからそんなこと小さな話なのかも知れません。

でも私以外にもオールドファンの方で、

そういう思いで観戦をパスされた方も、

意外と多かったのではないかなぁと思います。



そしてメイン、優勝決定戦ですね。

飯伏幸太vsジェイ・ホワイトは、

大会屈指の名勝負でした。

ボマイェで終わっても良かったと思いますが、

それではダメなんでしょうね。



第1試合、第6試合、セミファイナル、

完全にあの空間は新日本プロレスでした。

これでまた新たなストーリーが始まっていく訳ですね。

何より今日は柴田の闘う姿が嬉しかったです。

関連記事

tag : 飯伏幸太 ジェイ・ホワイト 鈴木みのる 柴田勝頼 G1クライマックス

comment

Secret

No title

柴田ですけど「暴れるとこ見れるの嬉しいけど止めて❗怖い、怖い。」と思いながら見てました。

あれ見たら誰もが復帰間近、KENTAと抗争開始と思いますけど私は、箇所が箇所だから、やっぱり賛成できないなぁ。

ジェイですけど、やっぱり巧いですね。間の外しかたなんて絶妙な感じを受けました。

昨日は負けたけど新日におけるレイス、フレアーになれる人材の様な印象です。

>aliveさん

あれ見たら誰もが復帰間近、KENTAと抗争開始と思いますけど…やっぱり賛成できない<そこはやはり重く受け止めなきゃならないですね。私も無責任にはしゃいだりして申し訳なかったです。しかしながら柴田があれ程まで躍動出来るようになったのは理屈抜きに嬉しかったです。

ジェイですけど、やっぱり巧い…新日におけるレイス、フレアーになれる人材<あの年齢とキャリアで本当に末恐ろしいですね。
ジュースやフィンレーに対してかなり差を付けた感があります。

No title

私のジェイのイメージは、
ヒール時代のヒットマンです!

No title

柴田に復帰してもらいたい気持ちも分かりますが、
福田雅一選手の事を絶対忘れてはいけないと思っています。

>HBKさん

ジェイのイメージは、ヒール時代のヒットマン<かっこいいヒールとしての像はヒットマンから始まったのかも知れませんね。そう考えると今のジェイこそアティチュード時代の正統後継者なのかも。
これから尚更ヘビーとジュニアの境界はなくなりそうですので、団体としてのWWE化には欠かせない存在かも知れません。

>ドックマンさん

福田雅一選手の事を絶対忘れてはいけない<確かに。改めて軽言をお詫びします。

福田選手の最後の相手が、その柴田ですしね。
紫レガとは?

紫レガ

Author:紫レガ
47歳のプロレス話


「昔はインターネットを旅してましたからね。毎晩ブログでね、今みたいにSNSがいっぱいある訳でもないし、終わったらみんなブログでね、一日の終わりにUPして。今こんなこと言ったらエラいことになりますけどね、よく寝不足になったね、部屋でPCを打ったりね。…いや、そういう歴史はちゃんと教えとかないとね」

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
ISM (1)
AWA (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード