FC2ブログ

海賊亡霊あらわる episode.1(1987)

夏ですので、

今宵は少しだけ恐怖映像を…。

それは今から32年前の冬の出来事でした。

『ワールドプロレスリング』の番組冒頭において、

突然、古舘伊知郎アナが切り出しました。

古舘アナ
「先だっての10日、日本時間では11日でありますけども、フロリダ遠征中でありました、あの武藤敬司がフロリダはタンパに於きまして謎の海賊ルックに身を包んだ男に襲われるという、そういった事件が勃発した訳であります」
古舘アナから海賊情報

それは1987年2.10(現地時間) フロリダ州タンパ・スパルタンスポーツアリーナでの出来事。

日本でのシリーズのオフに、

度々フロリダへ遠征していた“スペースローンウルフ”武藤敬司ですが、

前年12月の会場駐車場での襲撃事件に続き、

突如リングに現われた大男によって、
武藤を襲撃1

手にしていたステッキでの暴行に遭ったのです。
武藤を襲撃2

この構え、攻撃の際のスタンス、

…これは只者ではないですね。
武藤を襲撃3

何度も武藤の頭部を殴りつけて、

ステッキは真っ二つに折れてしまいました。
武藤を襲撃4

身長は武藤と遜色なし、

むしろ肩幅は武藤よりも広い様に見えます。
武藤を襲撃5

正体は蘇生した死神か? どこかの部族の酋長か? はたまた…???

映像を見た山本小鉄さんが推理します。

小鉄さん
「この前の日にですね、お祭りがあったんですね。それでこういう衣装着た人が何人かいたらしいんです。まぁそういう人が出てきたんじゃないかって感じしたんですけど、やはりちょっと大きい訳ですね。大男ですね」

小鉄さんも推理

さらに古舘アナは補足します、

「フロリダはカリブ海の海賊の本拠地。武藤の活躍に恨みを持った者の犯行か?」と。

ここで“海賊”のキーワードが浮上してきました。

そして翌週、3.2 草加市スポーツ健康都市記念体育館からの生中継。

武藤敬司vsジェリー・グレイの試合中に、

衝撃の第二波が訪れます。

典型的な曲者中堅ガイジンのジェリー・グレイを追い込んだ武藤は、

シュミット流バックブリーカーから、
シュミット流バックブリーカーから、

フィニッシュを狙ってコーナーポストへ登りますが、

グレイは起き上がって淡々とタイツを掴み阻止。
ラウンディング狙いは阻止、

そのままトップロープに登ると、

今度は武藤がセカンドロープに登って、
コーナーに登る武藤の傍らから、

雪崩式ブレーンバスターを放った瞬間、

背後には海賊の姿が!!
雪崩式ブレーンバスターを待って、

またしても武藤めがけて襲撃。
再び武藤を襲撃、

メッタ打ちする姿は、

フロリダで見た海賊男と似た背格好ですが、
ステッキの使い方はこっちの方が巧い

そのステッキ捌きはフロリダの男より上手です。
喉元を一突き

武藤を打ちのめすと、

プロボクサー顔負けの軽快なステップでリングを降り、
ボクサーの様な警戒なステップで、

稲妻が夜空を斬り裂く様に、

そのまま駆け足で逃走していきました。
駆け足で逃走

「マジかよ」という表情の武藤、

精悍な無精髭が印象的です。
面食らった武藤はこの表情

海賊男はその後、FAXによる声明文で、

『新日プロ壊滅』を宣言します。

そして翌週、3.16 岡崎市民体育館で、

『姿ヲ現ワシテ実行シテヤル』と犯行予告。

生中継の番組冒頭、

改めて放送席の二人が推理します。

古舘アナ
「一部の噂で新日マットに姿を現していない木村健吾ではないか? いや馳(浩)ではないか? 様々な憶測が飛んでいますが、一つ言えることは武藤と同世代の若い人間が武藤を狙ってるのかな? という説と、もう一つは年代は関係ないと、武藤の後ろに新日全体を見ている。もっと大掛かりな組織がらみのことだという説、ちょっとこれがわかりづらいんですけどね」

小鉄さん
「まぁ皆目わかりませんけどね、ただ言えることは素早いことと、レスラーってことが言えますね。身体も大きいですし、レスラーという気がします。
(略)僕はね、正直言ってウラにワカマツいるんじゃないかなって気がします(微笑)。敢えてどうしてワカマツ出てこないかなってことも不思議に感じます、はい」
小鉄さん改めて推理

否が応にも注目が集まる中、

メインで武藤の登場を迎えます。
武藤入場

IWGPタッグ王座決定リーグ戦

藤波辰巳、ジョージ高野vs武藤敬司、越中詩郎
で、

試合前の花束贈呈を終えた瞬間、
花束を受け取る藤波、

突如、危険を察知した藤波辰巳の身に、
!!??

襲い掛かるこの“いでたち”は海賊男だ!!
これは!?

しかも襲撃と同時に、

会場の照明が落ちるというハプニング発生!!
会場の照明が落ちる

暗闇の中、カメラのフラッシュだけ不気味に光っていましたが、

リング上の状況はほとんど窺うことが出来ず、
暗闇の中から、

数秒後に照明が復旧した時、

リング上に藤波と海賊男の姿がなく、
照明が復旧すると、

拍子抜けした武藤が追い掛けると、

すぐに海賊男は駆け足で逃走していきました。
海賊は駆け足で逃走

それにしても本当に逃げ足が速い。

襲われた藤波はリング下で左肘を押さえて悶絶。
うずくまる藤波

放送席の古舘アナは海賊の姿を見て、

「これまでの海賊よりも小柄」と分析し、

小鉄さんは失笑まじりに「ワカマツが尾を引いてるんではないか」と改めて推測。

いずれにせよ武藤、藤波の順で襲撃してきたということは、

次にもっと大きな存在を狙っていることは明白です。
ワールドプロレスリング 終

ちなみに、この生中継での会場照明が落ちたハプニングは、

1984年6月16日の『8時だヨ!全員集合』と並び、

“昭和2大停電事件”と呼ばれて…いませんね、ごめんなさい。



この海賊亡霊アングルは一部で茶番視されていたんですよね。

当時はバリバリのストロングスタイル信者から、

「またマシン軍団みたいなの始めやがって」みたいな。
ストロング・マシンズ

以前書いた通り、

私もストロング・マシン軍団で一時的に離れました。

でもこの海賊亡霊には乗っかっていたんですよ。

なぜだろう?

UWF軍も観ていたから、

マシン軍団の時期よりも、

さらに頭が固かったはずなのに…。
ミドルキック①

続編は、またいつか。

関連記事

tag : 海賊男 海賊亡霊 ガスパー 藤波辰巳 武藤敬司 山本小鉄 古舘伊知郎

comment

Secret

No title

これ、よく猪木は承認しましたよね。フロリダの正体は猪木説が濃厚ですけど。というか猪木の仕掛け?

私は88年雪まつり決戦で海賊男、生で見ました。
海賊というかビリー・ガスパーを。

ちょうど前田が長州のアレで欠場中だったので「あの海賊、前田だよ。」と言っていたファンも、いました。ちなみにミスター・パートナーは週プロがアップで写していて口元から小林邦昭だと確信しています。

昭和2大停電事件!!

昭和2大停電事件、ツボりました。久々に昔の盲腸のあとが痛くなりました。おもしろい~助けて~(*≧∀≦*)

いやしかし、これは素晴らしい特集ですね!!海賊男フルコンプはこれまでないですから、これは続編が楽しみですよ~(^o^)

「正体は蘇生した死神か? どこかの部族の酋長か? はたまた…???」

山本さん、噂によればですね、この最初の海賊ルックの男はジャングルの中で「ジャーンボー」と叫んで、何かソーセージのようなものを食べてたという目撃談もあるので、死神や酋長の他にですね、ターザンではないかと、そういった憶測も立てられますね(°▽°)

そういえば4月にお会いしたとき、ミュージックステーションにチャゲアスが出たときに猪木と武藤が中継で映って、飛鳥が猪木に海賊男のこと聞いていた話が出ましたが、映像はさすがに現存してないかなぁ・・・これはプロレスファンでなく、もはやチャゲアスファンの知識に期待ですね。って、勝手に話を歩かせるなジャーンボー!!

No title

マシン軍団の時は、まだファンじゃなかったので、
この系統は海賊男が最初でした。
世間では不評のようでしたが、
週ゴンや週プロ見てワクワクしていました。
レギュラー出場するようになってトーンダウンしましたが(笑)
こういうネタ大好きです。
マッドマックス
スーパーマリオマン
サムライウォリアー
ミッドナイトソルジャー
ザ・ジャガー
ザ・タイガー
等のネタがあれば……
マニアックすぎてすみません(^_^;
ちなみにサムライウォリアーのフロントスープレックスは、
レッドブル軍団より今でも優れていると思っております。



>aliveさん

よく猪木は承認しました<これは猪木発案説が濃厚ですね。ブレーンはいたでしょうけど、迷走期ならではのアングルだったと思います。

88年雪まつり決戦で海賊男、生で見ました<白い粉を撒いたアレですね。あの時の猪木、長州とのタッグマッチで頭に裂傷負っていましたね。

「あの海賊、前田だよ。」と言っていたファンも<もしも前田氏が海賊だったら衝撃でした。

ミスター・パートナーは…口元から小林邦昭だと確信<さすがに試合をしてしまうとモロでしたもんね。独特のフォームの喉への突きで私も気付きました。

…いや確証はありません!

>流星さん

昭和2大停電事件<どちらもゴールデンタイムに起きたハプニングですね。
全員集合の方はオープニングと同時に消えたので演出説もありますが、新日の方は間違いなく海賊亡霊が巻き起こしたアレでしょうね。

海賊男フルコンプはこれまでないですから、これは続編が楽しみ<やれる限りはやりたいと思いますが、いかんせん資料は限られているんですよねぇ。

最初の海賊ルックの男はジャングルの中で「ジャーンボー」と叫んで、何かソーセージのようなものを食べてたという目撃談もある<古舘さん、その辺は今の若い方はご存知ですかね? むしろ僕なんかは「ギガーー!」って叫んでる王様って言うんですか、そんな感じもありますね。どちらにしても汗かかない方でしょうね。足首細いですけど物凄くつおいですよっ!

ミュージックステーションにチャゲアスが出たときに猪木と武藤が中継で映って、飛鳥が猪木に海賊男のこと聞いていた話<80年代はそういった共演もよく見ましたよね。プロレスファンの芸能人もたくさんいましたし。
チャゲつながりだと石川優子もプロレスファンでしたね〜。
ちなみにチャゲはコンポラ先生みたいな髪型してましたね…ってこれ全然関係ないですね、すみませんっ!

ジャンボーーーー!!

>ドックマンさん

世間では不評のようでしたが、週ゴンや週プロ見てワクワク<まさにファンタジーの極みでしたからね。

マッドマックス
スーパーマリオマン
サムライウォリアー
ミッドナイトソルジャー
ザ・ジャガー
ザ・タイガー
等のネタがあれば…<なかなかハードルの高いお題ですねぇ(笑)。80年代後半のB級ガイジンは非常に味わい深いです。レイ・コブラもお忘れなく。

サムライウォリアーのフロントスープレックスは、レッドブル軍団より今でも優れている<ヒロ・マツダの秘蔵っ子でしたね。あのチョップ意外と好きでした。あと藤原組長にサブミッション仕掛けていった向こうっ気の強さも。

そういう「俺だけの○○」目線、大好きです。
私にとってはハクソー・ヒギンズがそれですね。

No title

【稲妻が夜空を斬り裂く様に】
ロマンチックな比喩ですねぇ。
クスッと来ました(^.^)

>風天のヒロさん

ロマンチックな比喩<ありがとうございます。
受け身を取って下さると嬉しいです。
紫レガとは?

紫レガ

Author:紫レガ
47歳のプロレス話


「昔はインターネットを旅してましたからね。毎晩ブログでね、今みたいにSNSがいっぱいある訳でもないし、終わったらみんなブログでね、一日の終わりにUPして。今こんなこと言ったらエラいことになりますけどね、よく寝不足になったね、部屋でPCを打ったりね。…いや、そういう歴史はちゃんと教えとかないとね」

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
ISM (1)
AWA (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード