高山vs小川、初対決

昨日のIGF広島大会。

注目はもちろんタッグマッチながら高山と小川の初対決にありました。

かなりの乱闘になった模様です。

 スポナビ より
IGFプロレスリング「GENOME8」
第8試合 Battle of Super heavy weight Tag
高山善廣、●モンターニャ・シウバ(12分48秒・キングコングニー→体固め)小川直也、○ザ・プレデター


高山、小川と初遭遇

試合終了後の乱闘

■試合後のコメント

小川
「シングルでもタッグでも何でもいいよ。そういうことじゃないんだよ。高山ごときにゴチャゴチャ言ってる場合じゃねぇんだよ」


高山
「まだ向こうが様子見てる感じだね。もっと来るかと思ってた。(シングルで対戦する可能性)そういう時期が来れば、なくはないだろうけど」

「(IGFはどうだった?)分かんないよ。分かんないからおもしろいんじゃないの。分かんないから、確認しにお客さんが来てるんじゃない」

「(継続参戦はある?)それは、IGFが俺に何を出すかだよね。偉そうにいえば俺もきのうチャンピオンになったわけだから、それなりのものを出してくれないと、来る意味がない」

「(小川とのシングルは?)それは、向こうに聞きたいね。俺と戦いたいのか、もっと」

「(ベルトは?)あんなもん、壊れちゃうから運べないよ。きのうのリング降りてから持ち運ぶだけで壊れそうなのに、危なっかしくてしょうがない。だいたい、このリングにベルト争う必要のあるやつがいる? いるんなら言ってみてよ」

「(小川戦は?)楽しみだったね。ちょっとがっかり。遠慮してんのか、様子見てんのかって気がしたね」

「(小川のイメージは?)やってみて、さらに分からなくなったね。俺のイメージは真っ暗で、もっと巨大だったから。きょうの小川直也は、その真っ暗さが縮まった感じ。どうしてもさ、橋本さんとの試合のイメージが未だに残るんだよね。だいぶ大人しくなっちゃったんじゃないのかな。慣れちゃったのかね」


高山が相手なら、小川もかつての橋本戦の迫力を取り戻せると思います。

次はシングルしかないでしょう。

次はシングル!!

関連記事

tag : 高山善廣 小川直也 モンターニャ・シウバ ザ・プレデター

comment

Secret

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード