FC2ブログ

“長”(1985)

長州力の全日参戦時代におけるシングルマッチで、

私が最も好きな試合は、

以前も書いた通り(参照:日本人メジャーリーガーの意地。そして長州は猪木になった。~前編~同~後編~)キラー・カーン戦です。
ジャパンの大将が勝利

もう一つベストバウトとは言い難いのですが、

非常に印象深い試合があります。

それが1985年6.5 愛知県体育館

長州力vsタイガー・ジェット・シン

長州力vsタイガー・ジェット・シン

非情な血生臭い流血戦なのであります。

黒いジャージ姿で、

先に入場したのは長州力
長州はジャパンのジャージ姿

背中には“JAPAN PRO WRESTLING R.CHOSHU”の文字です。

そしてタイガー・ジェット・シンの入場ですが、

何やら丸めた新聞紙を咥えています。
新聞紙を咥えてシン登場

まさに“インドの狂える虎”そのもの。

既に臨戦態勢を整えた長州を見据えて、
リングに上がると同時に、

リングインすると同時に、

早速、襲い掛かっていきました。
襲い掛かるシンを、

しかし長州は冷静にかわしながら、

花束を叩きつけての応戦。
花束で応戦する長州

シンのサーベルが当たることなく、

リング下へエスケープしました。
そのままリング下へエスケープ

かつての新日での対戦時の様な、

ガイジントップと中堅の間柄ではありません。

おずおずとシンに、

主導権を渡す訳には行かないのです。

しかし百戦錬磨のシン、

長州の意識が一瞬だけ逸れた瞬間に、
一瞬の隙を逃さず、

一気に飛び掛かるとサーベルの柄で一撃!

さらに頭部を執拗に攻め込んでいきます。
執拗に額を攻撃すると、

何とかリングには戻ったのですが、

早くも長州の額が割れました。
大流血

試合前から絆創膏を貼っていた、

傷口が開いた形となったのです。

シンもリングへ戻ると、

いつの間に手にしたのか、

ゴングを叩く木槌で額に一撃!
木槌で額を攻めるシン

さらには噛み付きで畳み掛け。
さらに噛み付き

反則カウントでブレイクすると、

今度はコーナーに詰めてのナックルパート。
ナックルパート

それでもやはり団体を背負った長州は違います。

身体を入れ替えると、

今度はシンをコーナーに詰めてトーキック。
身体を入れ替えた長州のトーキック

コーナー対角線上に振って、
コーナー対角線に振って、

何かを仕掛けんと近寄ったところで、

シンは猛然と凶器攻撃!
不用意に近付くとシンの凶器攻撃

全く一瞬の隙も許しませんね。

シンはレフェリーのブラインドを衝いて、

凶器をシューズに隠し、
シューズに隠したか?

…たはずが、さらにもう一撃!
いや!さらに一撃

間髪入れずロープに振ると、
ロープに振って、

早くも必殺のコブラクロー!!
コブラクロー!!

あくまでもシンにとっての長州は、

グリーンボーイのジョバーに過ぎないのでしょう。

改めてロープに振ると、
もう一度ロープに振ると、

もう一度コブラクロー!!

…は長州がくぐり抜けて、
再度コブラクロー…は長州がかわして、

返す刀でリキ・ラリアート炸裂!!
リキ・ラリアート!!

ドーっと湧き上がる愛知のお客さんに、

右拳を振り上げての雄叫び一発!!
気合一発

さらにストンピングの連発から、
ストンピングから、

シューズの紐部分でシンの顔面を攻め込む長州。
シンの顔面を攻め込む長州

シンがエスケープする形で、

再び場外戦に突入。

長州は猛然と追いかけて、
場外戦へ

お返しとばかりに、

鉄柱攻撃でシンの額を割りにいきますが、
鉄柱へ一撃

すぐにシンも反撃して両者リングへ、

目まぐるしい試合展開です。
リングに戻ると、

そして主導権は再びシン、

執拗なチョーク攻撃です。
シンは執拗なチョーク

この流れを変えんと、

長州は逆を突いていきます。

自らリング下に降りて、
リング下に降りながら、

シンの左足を引っ張っていき、

今度は足への鉄柱攻撃。
長州は再び鉄柱攻撃

ここもシンは黙って受けに甘んじることなく、

自らも降りると、

そのままリングの下に潜って物色。
リング下に潜るシン

見つけたのは何とリングサイドのカメラマンのカメラ!

ためらうことなく長州の傷口に一撃ぶち込みます!!
今度の凶器はカメラ!

とても重そうな、

当時の大きなカメラですね。

これで長州も怒りに火が点いたか、

シンをコーナーに追い詰めると、

パンチとチョップの連続攻撃。
長州怒りのパンチとチョップ

一瞬怯んだ様に見えたシンでしたが、

ここも隙を見て一気にマンハッタンドロップ敢行。
シンのマンハッタンドロップ

またしても戦場が場外に移ったところで、

遂に長州の怒りは頂点に達しました。

シンの髪を鷲掴みにすると、

本部席の机に力いっぱい叩きつけ、
また場外戦

止めに入る樋口レフェリーをも吹っ飛ばし、
樋口レフェリーを吹っ飛ばす長州

机の上でもみ合う中、

ゴングの音色が響き渡ります。

無情にもノーコンテストの裁定が告げられました。
机の上でもみ合い

すると阿吽の呼吸で、

ジャパンのセコンド勢はもつれ合う両者を、

そのままリングへ押し戻しました。
そのままリングへ押し戻すジャパン勢

長州はシンの足をすくって転がすと、

流れる血もそのままにスコーピオン・デスロックの体勢に!
サソリ固めだ!!

樋口レフェリーの制止も、

乱打されるゴングもお構いなしに、
樋口レフェリーが割って入るが、

ガッチリとステップオーバー!!
構わずステップオーバー

名古屋のファンの溜飲も下がると、

シンは何とか脱出すると同時にリング下へ。
シンは何とか脱出

追い掛けんとする長州を、

ジャパン勢、今度は必死に押さえます。
追い掛けようとする長州

シンは最後っ屁とばかり、

客席のパイプイスをリングへ投入!
シンはパイプイス投入!

のちに輪島大士デビュー戦(参照:輪島の瞳)でも見られましたが、

このシンのイス投げって結構危険なんですよね。

長州の真横をかすめたところで、

シンはそのまま控室に姿を消しました。
やりたい放題やって退散するシン

一瞬だけ納得のいかない表情を見せた長州でしたが、

満員の会場を見渡すと雄叫び一発!

もう一度、右の拳を高く突き上げました。

隣りで長年のパートナー、アニマル浜口も呼応します。
長州は雄叫び一発

試合時間はほんの6分弱、結果は無効試合。

そこだけ聞くと絵に描いた様な消化不良ですが、

なぜかこの試合の長州からは、

団体を背負う“長”としての覚悟を感じましたね。
大きな背中で退場

全日でのシンは猪木との抗争から比較すれば、

全く輝きがなかったと思います。
ジャイアント・コブラ1

上田馬之助と別れた後は尚更に。

そのシンが全日で最後に光った試合が、

長州との2度のシングルマッチだと思うのです。
長州vsシン再戦

さらにシンの輝きが元に戻ったのも、

1990年の新日復帰以降、

長州との抗争だったと思います。
長州vsシン@ドーム

こうして振り返ると、

この一戦はむしろ長州ではなく、

全日でのシンのベストバウトではないか、という気もします。

関連記事

tag : 長州力 タイガー・ジェット・シン

comment

Secret

お疲れ様です!

ちょっと記憶には無くなってましたが

入場時の口にくわえる丸めた新聞紙!!

サイコーじゃないですかジェット・シン!!

全く意味不明で観客に

「何だありゃ?」と思わせる物凄いインパクト

これぞジェット・シンだ(=^▽^)σ

中島もドームも観に行きましたが長州がシングルでシンを相手にするとめちゃくちゃやられまくるんですよね〜まさに師匠・猪木譲りのヤラレっぷり

全日時代の長州力のシングルで僕のベストはカーン戦なんですがこの試合も気になってきちゃいました

このあたりの頂点に登り詰めた長州力と、その後に急激に色あせてくる長州力も僕らは見てきましたが、今月ついにリングを去るのですよね

頑張って江別には行こうかなと思っております


いつも面白いブログありがとうございます!!

>ヨンペイさん

入場時の口にくわえる丸めた新聞紙!!…全く意味不明で観客に「何だありゃ?」と思わせる物凄いインパクト<そこですよねー。ある時は過剰に、巌流島なんかはテント燃やしちゃいましたもんね。

長州がシングルでシンを相手にするとめちゃくちゃやられまくる<中島はシングルマッチのみの大会でしたね。私も行きましたよ~。
あの日の藤波vs木戸から本格的な木戸ブームが始まったと記憶しています。

全日時代の長州力のシングルで僕のベストはカーン戦<おー! 一緒ですね。

頑張って江別には行こうかな<イオンシネマで観戦されるんですね? ぜひぜひ楽しんできて下さい!!
紫レガとは?

紫レガ

Author:紫レガ
47歳のプロレス話


「昔はインターネットを旅してましたからね。毎晩ブログでね、今みたいにSNSがいっぱいある訳でもないし、終わったらみんなブログでね、一日の終わりにUPして。今こんなこと言ったらエラいことになりますけどね、よく寝不足になったね、部屋でPCを打ったりね。…いや、そういう歴史はちゃんと教えとかないとね」

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
ISM (1)
AWA (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード