FC2ブログ

これは面白い!

遂にスタートした(参照:この冬、満を持しての解禁)、

『至高の昭和プロレス名勝負列伝~力道山・BI砲 伝説の貴重映像一挙公開~』の、

昨日放映された初回分を観終えました。
日テレG+『BI砲』

これは…本当に面白い!!

まずいきなりの馬場さん2連発。

vsゴリラ・モンスーンから、

vsジン・キニスキーとのインターヘビー防衛戦。

ダイジェストながら当時のジャイアント馬場さんの防衛戦を、

初めて真面目に観たかも知れません。

印象としては、

投げ技とか当時は本当に少なかったですが、

特にキニスキーと大阪球場60分フルタイム+延長5分の死闘は、

チョップとキックの“殴る蹴る”が軸。

対する“荒法師”は老獪かつ隙がない。

私には初代ブラックタイガーの闘い方がダブりました。

フルタイム後、延長の開始と同時に放たれた、

32文ロケット砲が出たときに思わず、

「おおっ!!」と…これオカダのドロップキックを観る時と、

全く同じリアクションしちゃいました。

さらにはキニスキーの頭部に連発していたストンピング、

これイッテンヨン事変の小川直也と同じアレ(参照:イッテンヨン事変~後編~)ですよ。
後頭部踏み付け!!

そして猪木絡みのタッグマッチ二つ、

対戦相手も関係してアメリカンスタイルなんですよね。

表情やアクション、受け身の取り方までも、

躍動感溢れていて本当にかっこいいんです。

特にストンピングのフォームなんて、

他のレスラーと比較してもずば抜けていますね。

当時、私が少年ファンだったとしても、

やっぱり迷わずに猪木ファンになっていたと思います。

「大人のヒーローがジャイアント馬場、少年たちのヒーローがアントニオ猪木」という、

古舘節は本当に言い得ていたんだなぁ…と。
猪木vsマードック@UN戦3

あと気になったのは、

吉村道明の力強さ!!

むしろパートナーの猪木よりも際立っていました。



いちいちブラインドを衝かれて、

イライラさせられるトルコ氏のレフェリングも、

馬場さんを助けるべくリングまで来ては、

ロープを揺すってコーナーのキニスキーを落とさんとする観客も、

リングサイドのところどころからのぼるタバコの煙も、

どこか懐かしい日本の風景。

ここから半月はプロレス史のみならず、

昭和を振り返るノスタルジックな日々が送れそうです。

関連記事

tag : アントニオ猪木 ジャイアント馬場 吉村道明

comment

Secret

No title

これは、かなりの良質番組ですね。猪木なんか体パンパンだし、貴重映像の宝庫で古いのに新鮮というか。

欲を言えば、猪木・星野VSニック・クインが見たいですけど、今回は満足しておきます。

こんな映像を見続けていたら7時間の睡眠時間が4時間になってしまう。

それでも私は見続ける。

過激なセンチメンタリズムを感じる今日この頃です。

>aliveさん

かなりの良質番組…貴重映像の宝庫で古いのに新鮮<まさに仰る通りです。

欲を言えば、猪木・星野VSニック・クインが見たい<映像残っているんでしょうかね? NWAタッグリーグはNET主導だったそうですね。

こんな映像を見続けていたら7時間の睡眠時間が4時間になってしまう。それでも私は見続ける<映像部長にとっては意地でも負けられない15日間と言えますねぇー!
紫レガとは?

紫レガ

Author:紫レガ
48歳のプロレス話


「昔はインターネットを旅してましたからね。毎晩ブログでね、今みたいにSNSがいっぱいある訳でもないし、終わったらみんなブログでね、一日の終わりにUPして。今こんなこと言ったらエラいことになりますけどね、よく寝不足になったね、部屋でPCを打ったりね。…いや、そういう歴史はちゃんと教えとかないとね」

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
ISM (1)
AWA (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード