最強ノ男、覚醒スル。(1991)

昨日の記事(参照:プロレスとプロボクシングとルール)が独りよがりだったので、

あまりこの試合の意義が伝わらなかったと思います。

反省します。

1991年 12.22 両国国技館

格闘技世界一決定戦

高田延彦vsトレバー・バービック
(参照:本当の意味での真剣勝負)

この試合の最も大きな意義、それは“高田延彦の覚醒”にあったと思います。

高田「NO!!」

今では有名なこの試合のエピソードとして、試合数日前、スパーリング・パートナーとしてUインターが呼んだ世界ランカーのゴーディ・ラセットのボディ打ちによって高田が肋骨を折ってしまったという話があります。

U.W.F.最強の真実 (BLOODY FIGHTING BOOKS)




 U.W.F.最強の真実(宮戸優光) より

私としては高田さんの仕上がり状態を見た上で、彼(ゴーディ・ラセット)とのスパーリングを行うタイミングを計っていたのだが、たまたま私が所用で道場を空けているときに、安生さんが連れてきて、勝手にスパーリングをやらせてしまい、高田さんがあばらを骨折するという事態になってしまっていたのだ。その時のグローブというのが、彼自身が持ってきた、もうペラペラの使い込んだ12オンスのグローブだった。


前回も書いた通り、団体の運命に関わってくる大一番を前にして致命傷を負ってしまった高田。

医者からも、同門の山崎からもストップがかかっていましたが、

高田の答えは「やる」

理由はもちろん「団体を守るため」、「プロレス最強を証明するため」。

そして…

泣き虫




 泣き虫(金子達仁) より

高田
「いまから思えば不思議なんですが、肋骨のこと、ほとんど完全にといっていいぐらいに忘れられるような精神状態になってました。俺はこの日のためにプロレスラーをやってきたんだ、この日のために強さを磨いてきたんだって


若手の頃から強さに対して貪欲に歩んできた高田が、“初めて”外部からの敵を迎え撃つ試合だったからです。

新弟子の頃から、道場破りに備えて磨いてきた技術と覚悟を開放する日。

それが実はこの1991年12月22日だったのです。

試合は前の記事を読んで頂く(参照:本当の意味での真剣勝負)として、

最も大きな意義は、この試合を乗り越えたことを境に“覚醒”した高田延彦の“強さ”。

 U.W.F.最強の真実(宮戸優光) より

崖っぷちの興行をエースとして乗り切り、さらにあのケガによって高田さんの中の眠っていたプロレスラーとしての本当の力が目覚めたと思う。
(略)あの試合を機に、高田さんの表情は変わった。あの試合の表情ももちろん違うが、あれ以降のリング上の高田さんは、別人のごとくもの凄く変わった。逆に言えば、あのケガがなかったら、ああいう高田さんになっていなかったかもしれない。非常に勝手なことを言うようだが、そういう意味では高田さんがひとつ化けるというか、日本のトップに高田延彦ありという選手になるためには必要なケガだったような気もした。


この試合以前までの高田の表情と、

ボブとの再戦前の表情

バービックとの調印式での表情

この試合における高田の表情は、こうも違います。

高田入場

野次を睨みつける

毅然とした態度

これは高田自身も自覚しており、当時のインタビューで悟りの境地にも似た感覚を語っています。

 週刊ゴング№396 より
巻頭核心インタビュー

高田
「これは余談ですけど、あの両国の試合前、僕自身、自分のパワーがパーッて燃焼しているようなものが、凄く感じられたんですよ。何かを考えているんだけど、どこかが無で外のものを寄せつけないっていうか、戦う相手だけに頭の先から指の先まで全部集中出来たっていう、雑念のない真っ白な状態でいられたんです。あんなに完璧な状態になれたのは初めてですね。毎回の試合で常にこういう状態に持ってこれたら、人間は凄いものになるだろうなって、本当に思いましたねえ(苦笑)」


この状態でその後の大一番全てに臨んでいたなら、

中村大介の言葉じゃないですけど、

ヒクソンもミルコも、ヒョードルでさえも高田延彦にかなわなかったと思います。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 高田延彦 トレバー・バービック 格闘技世界一決定戦 泣き虫 U.W.F.最強の真実 週刊ゴング

comment

Secret

リクエストです。

毎回すごい総括ですね!
UWFインター最強伝説というDVDにもこの試合は入ってなかったと思います。
知らなかった時代の事が知れてとても楽しいです!
前からずっと気になっていた試合で、神宮球場で行われた川田VS高山の初対決(おそらく映像化もされてないと思うのですが)も総括できたら見てみたいです。

>フエルト布よしゆきさん

初めまして。御来訪ありがとうございます。

UWFインター最強伝説というDVDにもこの試合は入ってなかったと思います<そうなんですか。確かあのDVDは2巻出てましたよね。

知らなかった時代の事が知れて<それこそがこのブログの意義です。私のほうこそ嬉しいです!!

神宮球場で行われた川田VS高山の初対決<これはねぇ…
ちょっと無理ですね。映像化されてませんし、見たことすらないんで。
プロレスには会場でしか体験できないものがたくさんあって、この試合の目撃者というのはその最たる例ですね。

代わりといっちゃなんですが、神宮の試合でちょっとやってみます。
期待ハズレに終わったらお許し下さい。

リクエストにまで答えていただきありがたいかぎりです!
僕は新日本VSUインターから、Uの事を知りだしたので高田の異種格闘技戦とか興奮しながら総括読ませていただきました。
今のように総合が競技化していなかった頃の異種格闘技戦には、胸が高鳴ったもんです。
今、あの頃の気持ちで見れる試合は少なくなりましたねー。
個人的には垣原がPRIDEとか出てたら、マシンガン掌低とかキックでバチバチにKOしてくれたかなとか勝手に幻想いだいてます。
またUの事いろいろ教えてください。楽しみにしてます!

No title

こんばんは!若くして団体を背負っている男の責任感を感じます。
中村はUを愛していますよね。もし高田が万全な状態で最初のヒクソン戦をやっていたらと思いことがありますよ。あの勝敗が違ってたら現在のプロレス、格闘技界、全然違っていそうですよね。

>フエルト布よしゆきさん

僕は新日本VSUインターから、Uの事を知りだしたので<そうでしたか。ぜひ知っていただきたいです。

今、あの頃の気持ちで見れる試合は少なくなりましたねー<確かに。感情移入して見れる試合がないですね。
私は大晦日が最後だったかも知れません。

個人的には垣原がPRIDEとか出てたら、マシンガン掌低とかキックでバチバチにKOしてくれたかなとか<カッキーはUインター時代、フィジカル面が素晴らしかったですよ。
アントキの太腿の太さなんて半端なかったです。

>H.Tさん

こんばんわ。

若くして団体を背負っている男の責任感<そうですね。
当時29歳…今、29で団体背負った人間いませんよね。

もし高田が万全な状態で最初のヒクソン戦をやっていたらと思いことがありますよ<当時の風潮から言ってバーリ・トゥードは浸透しなかったでしょうね。

No title

忙しく、なかなかPCを明けられなくて・・・今頃コメすいませんです(^^;
“プロレスとプロボクシングとルール”の方のとまとめてこちらでコメします。重ね重ねすいませんです!!

さて、この試合のときパンフのバービックのプロフに“空手”というのがあったんですね。もちろん経験があるという意味のようです。ま、どんな空手かわからないしどれくらいやったのかもわかりませんが・・・こう書いてあったから、この両国はボクが見ている席の周りのファンからは試合後

「空手経験あるわりに蹴りにずいぶん抵抗なかったなぁ」

なんて声が漏れていたのを思い出します。バービックがヒザにサポーターしていたので、これで多少蹴りをガードしたらかなりドキドキものだったと今にしても思いますねェ(^^)

この頃の高田選手、確かに覚醒のような・・・なにかパワーというかオーラがありましたよね。
高田選手ってあまり打撃系の選手と試合で交えたことがなかったのでこのバービック戦を見てボクはゴルドーとかモーリス・スミスとか・・・もっと打撃のすごい選手とやったら熱いのになぁーと当時思いました。

>流星仮面二世さん

お忙ししい中、コメントありがとうございます。

この試合のときパンフのバービックのプロフに“空手”というのがあったんですね<おそらくアメリカによくある“忍術”とか“○○道”とかの類でしょう(笑)

バービックがヒザにサポーターしていたので、これで多少蹴りをガードしたらかなりドキドキもの<そうなったら高田はどうなったでしょうね。面白いですね。

高田選手ってあまり打撃系の選手と試合で交えたことがなかった<確かに。
後にやった相手では、キックボクシングのボブチャンチン、K-1のベルナルドくらいで…あと空拳道の北尾か(笑)
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード