FC2ブログ

新緑の導夢の想い出(1990)

懐かしい~!

新日公式動画で28年前に観戦(参照:逆ブログ以前、みてきたもの)した、

夢のタッグマッチがUpされていますね。

この試合を観れたのはプロレスファンとして、

ちょっとした自慢かも知れません。

とにかくこの日の興行はいろいろありました(参照:月寒ドームは…グリーンだよ!!)。
サマーフェスティバルINグリーン導夢

大会を締めくくるメインが、

超豪華なこのカードでした。

1990年7.22 月寒グリーンドーム

武藤敬司、蝶野正洋vsザ・ロード・ウォリアーズ

武藤蝶野vs暴走戦士1

いつもの通り入場と同時に相手チームを蹴散らすのが、

ザ・ロード・ウォリアーズの定番スタイル。
武藤蝶野vs暴走戦士2

リングを占拠すると、

これもいつも通りの筋肉ポーズ。
武藤蝶野vs暴走戦士3

若きIWGPタッグ王者、武藤敬司蝶野正洋は、

早速、主導権を奪われた模様です。
武藤蝶野vs暴走戦士4

ゴングが鳴って仕切り直すと、

会場は一斉に大きな武藤コール。
武藤蝶野vs暴走戦士5

当然、私も大声で叫んでいましたよ~。

ロックアップから武藤が手始めにサイド・ヘッドロックに入ると、

アニマル・ウォリアーは軽々と抱え上げて、

そのまま前へ放り投げます。
武藤蝶野vs暴走戦士6

ならばバックを奪ってフルネルソンに入りますが、

アニマルの大きな僧帽筋に阻まれて、

両手をクラッチで結ぶ事が出来ません。
武藤蝶野vs暴走戦士7

やがてバックエルボーで突き放されます。
武藤蝶野vs暴走戦士8

力の攻防では敵わないと見た武藤は、

ロープ際の隙をついてフロントキックから、
武藤蝶野vs暴走戦士9

ロープに振りますが、

すんなりと切り返されての、
武藤蝶野vs暴走戦士10

強烈なパワースラム!!
武藤蝶野vs暴走戦士11

このカウンター式パワースラムの名手は、

言わずもがなアニマルとバズ・ソイヤーの二人ですよね。

ソイヤーのそれは相手がジャンプするのをキャッチして、

その勢いに乗って叩き付ける技ですが、

アニマルの場合はロープのリバウンドこそあれど、

自らの体勢をマットと平行にして、

上半身の横回転で投げ切る超人技なんですよね。

現在では真壁刀義辺りが継承していますけど、

やはりこの回転力と速度は不可能ですね。

アニマルは返す刀で、

コーナーに控える蝶野を挑発していきます。
武藤蝶野vs暴走戦士12

続けて得意のリフトアップから、
武藤蝶野vs暴走戦士13

下に誰もいないのを確認しつつ、

武藤を場外へポイ捨て!!
武藤蝶野vs暴走戦士14

投げた後は「俺、知ーらね」。
武藤蝶野vs暴走戦士15

受け身の巧い武藤ではありますが、

若手が並んで構えていた訳ではないので、

ダイレクトに床に落ちるのは膝がキツイですね。
武藤蝶野vs暴走戦士16

何とか回復を図ってリングへ戻ると、

両チームともに交代です。

蝶野と対峙したホーク・ウォリアーは、

右手を差し上げて力比べの申し出です。
武藤蝶野vs暴走戦士17

蝶野も堂々とそれに応えましたが、
武藤蝶野vs暴走戦士18

この展開ではホークの思うツボ。

それにつけても、この上半身の張り!!
武藤蝶野vs暴走戦士19

蝶野、切り返しからのチョップも全く効かず。
武藤蝶野vs暴走戦士20

今度はホークがリフトアップ!

しかも100キロ以上の蝶野を何度も上げ下げするのです!!
武藤蝶野vs暴走戦士21

持ち上げ切った高い位置からスラムすると、

これも得意技、高々とジャンプしてのフィストドロップ!
武藤蝶野vs暴走戦士22

カバーの体勢は蝶野が難なくキックアウトすると、

ホークはロープに振りますが、

蝶野が逆に切り返して振ると、
武藤蝶野vs暴走戦士23

カウンターでスライディング・レッグシザース。
武藤蝶野vs暴走戦士24

これ猪木流(参照:猪木流ローシングルとは何か?)の型ですね。

そしてSTFに入りますが…すぐにアニマルがカットします。
武藤蝶野vs暴走戦士25

タッグ屋として7年もやってますから、

どの場面にどういうタイミングで救援するかというのは、

阿吽の呼吸以上のものがありますね。

ホークは蝶野を場外へ、
武藤蝶野vs暴走戦士26

一転してラフに持っていきます。
武藤蝶野vs暴走戦士27

ここら辺りのペース配分も絶妙ですね。

リングに戻れば、

ロープのリバウンドを利した、
武藤蝶野vs暴走戦士28

ジャンピング・ショルダータックル。
武藤蝶野vs暴走戦士29

これは蝶野も得意としていますが、

ホークの場合は高く跳んで体重を浴びせる形ですね。

次に見せたドロップキックは、

体重をものともしない打点の高さです。
武藤蝶野vs暴走戦士30

さらにはアニマルと一緒にロープへ振っての、
武藤蝶野vs暴走戦士31

強烈無比なツープラトン・ドロップキック!!
武藤蝶野vs暴走戦士32

初来日時とは比較にならないくらい、

技のバリエーションが増えていますよね。

一旦、足を取ってグラウンドで休みにかかりますが、

そこをチャンスと見た蝶野が立ち上がり、
武藤蝶野vs暴走戦士33

ジャンピング・ハイキックを放ちますが、

これをすんなりとスカすアニマル。
武藤蝶野vs暴走戦士34

代わったホークも、

休憩気味のサーフボード・ストレッチに取ります。
武藤蝶野vs暴走戦士35

苦虫を噛み潰した様な蝶野の表情が印象的ですね。

充分にスタミナを回復したホークは軽々と、

サイドから蝶野をリフトして、そのまま投げ捨てます。
武藤蝶野vs暴走戦士36

速いタッチプレーで交代したアニマルは、

自らロープに走ってフライング・ボディソーセージへ!
武藤蝶野vs暴走戦士37

これを蝶野が膝を突き立てて回避!!
武藤蝶野vs暴走戦士38

やっと巡ってきたチャンスで、

蝶野はエネルギー満タンの武藤につなぎました。

勢い良く武藤はドロップキックから、
武藤蝶野vs暴走戦士39

コーナー対角線振っての、
武藤蝶野vs暴走戦士40

スペース・ローリングエルボー!!
武藤蝶野vs暴走戦士41

カバーに入りますが、

ここも即座にホークがカットプレー。
武藤蝶野vs暴走戦士42

さらにリングインしてきた蝶野を場外へ。
武藤蝶野vs暴走戦士43

チャンスから一転してピンチを迎えた日本勢、

ここで飛び出したのが必殺のダブルインパクト!!
武藤蝶野vs暴走戦士44

万事休したか!?

…のタイミングで蝶野のカットが間に合いました!!
武藤蝶野vs暴走戦士45

そして蝶野は逆に、

ホークをドロップキックで蹴散らして分断に成功。
武藤蝶野vs暴走戦士46

千載一遇のチャンス到来で、

武藤と蝶野はツープラトン・ブレーンバスター。
武藤蝶野vs暴走戦士47

リングの中央、ベストポジション!!

蝶野が両足を固定して、ここはもちろん、

武藤のムーンサルト・プレスです!!!
武藤蝶野vs暴走戦士48

しかし待っていたのがホークのイス攻撃…。
武藤蝶野vs暴走戦士49

武藤の直後、蝶野にも一撃。
武藤蝶野vs暴走戦士50

速攻、レフェリーのタイガー服部はゴングを要請します。

「あ~あ…」というどよめきの中、

次々とリングに上がってくる若手のうちの一人に、

ウォリアーズはロックオン!
武藤蝶野vs暴走戦士51

もう一丁! ダブルインパクト炸裂!!!
武藤蝶野vs暴走戦士52

食ったのはデビュー間もない小原道由でしたが、

見ていた私らは「あ! 死んだ!?」と。

文字通りの“インパクト”で、

不透明決着のモヤモヤが一気に吹っ飛んで行っちゃいました(笑)。
武藤蝶野vs暴走戦士53

でも、これきっとワンマッチ契約だったんでしょうね。

確かこの時点でWWFに上がる事が決定していたはずです。

のちにホークがレギュラー参戦してから、

新日で再びウォリアーズが結成されましたが、

アニマルの体調は全盛期に程遠かったですよね。
武藤蝶野vs暴走戦士54

ですから、この時代のウォリアーズまでが、

“ギリギリ全盛期”だったのではないかと。

さらには武藤と蝶野もこの年から一気に上昇気流。

“全盛期の入り口”だったのではないかと。
武藤蝶野vs暴走戦士55

当時の私は高校3年、

実に贅沢な、旬のマッチメイクを堪能させて頂きましたよ。

 新日公式YOUTUBE動画 より
【毎週1本無料配信】 武藤敬司&蝶野正洋 vs ロード・ウォリアーズ レスリング・スクランブル 1990年7月22日 月寒グリーンドーム


動画は28日までの限定公開の様です。

関連記事

tag : 武藤敬司 蝶野正洋 ザ・ロード・ウォリアーズ 小原道由

comment

Secret

ありがとう

今日はお休みをいただいていて用は
済んだので見てみます!

母にも見せようかな〜〜

No title

記事とはズレますが当時、大学生の兄が警備のバイトをしていてウォリアーズの2人は通路口から橋本の格闘技戦を見ていたそうです。

ああいうスタイルの人達も、その手の試合に関心あるんですね。

この試合、確か長州曰く「あいつらが逃げたんだ」と武藤・蝶野に言っていた様な気がします。

いいですね~(^o^)

いいプロレスですね~(^○^)

まず、日本では全日本でしか戦ってないウォリアーズが新日本に来て試合するという、これがいいですね(^-^)

試合はウォリアーズ、武藤、蝶野。みんなうまいですね。短い時間ですが、それぞれがいいところを出して、それがマッチしてて、見ていておもしろかったです。さらにウォリアーズのことを猪木が解説するのが、んも~たまりませんでした(^^)v

レガさん見に行かれたんですね。これは本当に自慢できますね!!うらやましいですよ~(*´∀`)

追記

よーく考えてみたらウォリアーズの2人は出番待ちしてただけで、ついでに見ていたぐらいのものだった様な気がしてきました。

>みーさん

こちらこそ、ありがとうございます。

お休みをいただいていて用は済んだので見てみます!母にも見せよう<珍しく平日にお休みだったんですね。お母さんもプロレスファンになったのかな???

>aliveさん

兄が警備のバイトをしていてウォリアーズの2人は通路口から橋本の格闘技戦を見ていた…考えてみたらウォリアーズの2人は出番待ちしてただけで、ついでに見ていたぐらいのものだった様な気がしてきました<そこは最初のコメントの観方の方がいろいろ想像力を働かせられて良いと思います。貴重な場面を目撃されたのですね。

>流星さん

いいプロレス<様々な角度から観る事が出来る試合ですよね。それでいてわかりやすいという。

日本では全日本でしか戦ってないウォリアーズが新日本に来て試合するという<当時は本当に「これは絶対観なきゃダメだ!」と思いましたね~。しかもこの2日前がUWFだったんですけど、そっちも観に行きました。奇跡的な数日間でした。

みんなうまいですね…さらにウォリアーズのことを猪木が解説するのが、んも~たまりませんでした<自分の見せ方を熟知した4人でしたし、その中で蝶野の受けの強さが際立ちますね。
猪木は案の定「好きじゃない」と(笑)。小鉄さんのフォローも含めて良いですよね~。

これは本当に自慢できますね!!<いやぁ歴史的な試合の目撃率では遥かに流星さんの方が上ですよ。私の場合はたまたまでしたねぇ。

No title

聞いた事は有りますがこういう試合内容でしたか。
タッグとしては横綱相撲な。一試合のみだったか。
WWEに移籍して後に因縁のSWSに参戦して天龍さん達と激闘を繰り広げる訳で。

闘った武藤さんとアニマルは12年後に全日本プロレスの世界最強タッグリーグにタッグを組んで参戦しました。

動画を少し見ましたが、猪木さんはロードウォリアーズ好きじゃないんですね。ハンセン、ホーガン、ベイダーとは違うのかしら?。

aliveさんのコメントで思い出しましたが前に日刊H.TさんでホークがUインターとの対抗戦を見てエキサイトしてたと言うのを思い出しました。

No title

このブログにウォリアーズが出てくることに初対面感があります。
過去にあったのでしょうか?


僕はこの試合はオンタイムではなく、だいぶ後年になって見ました。
高校の頃、古本屋で買った週刊ゴングを見ると武藤・蝶野がウォリアーズを圧倒して、alive さんの言うとおり長州は「あいつら逃げた」といって久しぶりの来日となったウォリアーズに
『時代は変わった』
と見せつけたような内容だった…という書き方。
なので、実際に試合を見ると
「そうでもないじゃん」
という感覚でした。

そういう事もあり、自分の中ではウォリアーズはすでにピークを過ぎていたという感覚があったのでSWSでも、ヘルレイザーズも今ひとつ乗り切れませんでした(実際ヘルレイザースの頃のホークはかなり痩せていましたし)


しかし、キャプ画を見ていてもわかりますし、映像を見ていてもそうですが、パワーもスピードも躍動感もあります。
実際の試合を見ると全日本よりも落ち着いて試合をしている感もあります(キャリアを積んだから?)

格闘技戦の話も出ましたが、新日vsUインターとの対抗戦の頃に
「あいつらに何かされたら俺らにいえ!」とノートンと2人で新日勢に言っていたエピソードは大好きです。
ホークやノートンと、オブライトの試合なんかも見てみたかったですね。

No title

おお!懐かしいです。

これ実際に動画見るの初めてかも。
確かノーTVでしたよね?

新日本に突然来たウォリアーズに驚かされたと共に、プロレスファンとして恥をかかされたカードでした^^;

アメリカのプロレスラーって、実はMMA的な試合好きなんですよね。
テイカーはUFC大好きで自らオープンフィンガーグローブをはめ、三角締めをフィニッシャーに使った事もありますし、WWE版格闘スタイルとでも言うか、「ブロール・フォー・オール」と言う試合形式があった時、スパスタ達が皆注目して観ていたそうです。



>スライディングDさん

タッグとしては横綱相撲な。一試合のみだったか<ビル・ロビンソンの時と同じで数試合出た様ですね。北海道巡業だけの限定だったのかな?

武藤さんとアニマルは12年後に全日本プロレスの世界最強タッグリーグにタッグを組んで参戦<両者とも全盛期には程遠いコンディションでしたが、2ショットになるだけで充分だったでしょうね。

猪木さんはロードウォリアーズ好きじゃないんですね<基本的にボディビルの身体が好きじゃないんでしょうね。あとはブロディもそうですが、自分勝手なレスリングは嫌いだと思います。

ホークがUインターとの対抗戦を見てエキサイト<ワークとシュートの境目が日本人とアメリカ人では少し誤差あるんでしょうね。

>ナリさん

このブログにウォリアーズが出てくることに初対面感<そうですか? 案外書いてた様な記憶があるんですけど。

武藤・蝶野がウォリアーズを圧倒…長州は「あいつら逃げた」<ナリさんもよく覚えてらっしゃいますね~。

実際に試合を見ると「そうでもないじゃん」という感覚<結果的な部分では逃げたという事になるんでしょうか。あとは動けるうちにやりたい事だけやって、自分らが受けに回った途端に終わらせるというのがイコール逃げた、だったのかな?
現地で観てた当時高3の私は小原のダブルインパクトが文字通りインパクト強すぎて全部吹っ飛んじゃいました。

すでにピークを過ぎていたという感覚があったのでSWSでも、ヘルレイザーズも今ひとつ乗り切れませんでした<もう一つには初来日の衝撃が薄れて見慣れてしまった事もあるかも知れませんね。

新日vsUインターとの対抗戦の頃に「あいつらに何かされたら俺らにいえ!」とノートンと2人で新日勢に言っていたエピソードは大好き<ホークはマサさん、長州と六本木で飲んでて、警察沙汰起こしたのも有名ですね。ノートンとは高校時代の不良仲間だったとか。

オブライトの試合なんかも見てみたかった<ゲーリーvsノートンは私も夢のカードでした。

>HBKさん

確かノーTV<三銃士のDVDで初めて映像化されたはずです。

新日本に突然来たウォリアーズに驚かされたと共に、プロレスファンとして恥をかかされた<恥? なぜゆえ??

アメリカのプロレスラーって、実はMMA的な試合好き<CMパンクの例もありますが、レズナーみたいに向いていなくてもやってみたい思いがあるんでしょうね。そういう意味ではもしかすると日本より格闘技志向の選手が多いのかな?
あとは以前、GA9さんからお聞きしたSWSのホーガンのエピソードみたいな。

あとは…例の件どうですかね???

No title

どもっす。

恥をかかされたってのは、以前にもここで書いたような気がするのですが、
プロレスに全く関心のない友人から
「ウォリアーズは来ないの?」
と聞かれ、
「来るわけねーじゃん!」
と答えたら、
WCW離脱→WWE合流決定→WWE参戦前のオフに急転直下の新日本電撃参戦となり、
「ウォリアーズ来てんじゃん」
とプロレスに全く関心のない友人に突っ込まれ
恥をかいたと言う…。

例の件、どうやらなんとかなりそうです!

>HBKさん

こんばんわ。

「ウォリアーズは来ないの?」と聞かれ、「来るわけねーじゃん!」…急転直下の新日本電撃参戦となり、「ウォリアーズ来てんじゃん」<はい、思い出しました!!
我々高校生でしたね~。当時は40代になってプロレスの話を肴に酒を酌み交わすなんて想像もつきませんでしたよ~。

なんとかなりそう<ありがとうございますーーーーっ!!
紫レガとは?

紫レガ

Author:紫レガ
48歳のプロレス話


「昔はインターネットを旅してましたからね。毎晩ブログでね、今みたいにSNSがいっぱいある訳でもないし、終わったらみんなブログでね、一日の終わりにUPして。今こんなこと言ったらエラいことになりますけどね、よく寝不足になったね、部屋でPCを打ったりね。…いや、そういう歴史はちゃんと教えとかないとね」

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
ISM (1)
AWA (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード