「オーちゃん見とけ!!」(1991~1992)

 見たくない奴は見に来るな! より
小川襲撃予告!「俺は宮戸をボコる!!」三冠・高山の指名は拒否!石井はノゲイラ、LYOTOと合体

小川
「3冠?興味ないね。荷物になるだけだから、わざわざ広島までベルトを持ってくることないよ。ベルトうんぬんという奴の次元の低さに返す言葉もありません。俺は違うレベルで勝負している。アンタ(宮戸さん)が来てからIGFはグチャグチャになった。いつまでも上から目線で言うんじゃない。そもそもお前の現役時代を俺は知らねえぞ。IGFを小さい世界にしてしまった張本人をボコらなきゃな」


宮戸優光の現役時代。

小川のみならず、現役時代の宮戸がイメージ出来ない方は大勢いらっしゃるでしょう。

なにせ、もう14年間もリング上でタイツ姿の宮戸を見ていない訳ですから。

意外や意外、宮戸はUWFの基本線である“打・投・極”それぞれをそつなくこなすテクニシャンなのであります。

特に印象深いのは、若い田村相手にノンストップで10分弱もの時間を動き回ってた2戦です。

1991年8.24 静岡産業館

宮戸優光vs田村潔司


田村vs宮戸

現在U-STYLEを実践する唯一無二の存在、それが田村です。

宮戸のダブルリストロック

当時は若手の成長株。そして宮戸は安生、中野と並ぶUインター中堅層の一角。

田村のスリーパーは

Uインターという団体において宮戸は設立から裏方にまわる事が多く、一方の田村は選手として伸び盛り。

足首固めで切り返す

ただ少数精鋭の中、団体としては高田と山崎の人気だけに頼っていくのは負担が大きかったんです。

宮戸の右ミドル

私はこの静岡でのシングルバウトは、田村の成長を肌で感じた宮戸が、安心してフロント業務に力を注ぐきっかけになった試合だったと確信してます。

…にしても当時、宮戸のソバットは凄かった。

必ず相手のミゾオチかレバーをとらえてましたから。

宝刀ソバット

うずくまる田村

スープレックスと、柔道流の投げのキレもありました。

フロントスープレックスも鮮やか

サブミッションのレパートリーも多彩でした。

宮戸の逆片エビ

宮戸vs田村といえば忘れられないのが、このスリーパーをめぐる攻防。

田村が締めて、

2度目のスリーパー

宮戸が極め返す。

またも足首固めで返す

さらに締め上げた田村が、

田村、執拗にスリーパー

宮戸から初勝利。

宮戸たまらずタップ

この宮戸からの初勝利を皮切りに田村は中野も撃破。

田村初の先輩越え

後に山崎も降して、一気に序列を崩しました(参照:我がUインター・ベストバウト)。

ちなみに安生だけは倒せませんでした(参照:Yoji Anjo Is Alive vol.2【隠れ名勝負数え歌~前編~】Yoji Anjo Is Alive vol.3【隠れ名勝負数え歌~後編~】)。

さらに半年後の1992年1.9 後楽園ホール

田村潔司vs宮戸優光
の再戦。

再び宮戸vs田村

スロースターターの宮戸が序盤からスパート、田村も応戦します。

序盤から打ち合い

しかし打撃なら宮戸が一枚上手。

打撃なら宮戸

ソバットの3連発で早々にダウンを奪う。

ソバット連打で、

ダウンを奪う

そしてこの日も田村はスリーパーを仕掛ける。

田村今回もスリーパー

そこからノンストップの回転体へ…

回転体1

回転体2

回転体3

回転体4

ただそれはハイスパートなんかじゃなく、極め合う攻防が昇華したものです。

強烈なダブルリストロック

田村のアキレス腱固め

宮戸の得意技の一つバックドロップは急角度…テーズ式でしょうか?

宮戸きれいなバックドロップ

負けじと田村も得意の逆片エビ。

田村逆片エビ

流れるような攻防は立ち技になると再び宮戸ペース。

宮戸の打撃の、

膝蹴りが入ると、

餌食か…?

田村は抱え挙げて、そのまま前方へ叩きつけ、

タックルから抱え挙げて

一気にアキレス腱固めで絞り上げて、宮戸はタップアウト。

叩きつけると一気にアキレス腱

田村連勝で完璧な先輩越えです。

田村連勝

ここから田村はマシュー・サード・モハメッドとの他流試合、そしてメインエベンターへ。

宮戸は選手としてよりもフロントとして、若手の教育係として、そして高田の参謀としての仕事に力を傾けていきました。

勝者を讃えるのもUWFイズム

この2戦が、その後のUインターの輪郭を形成したといっても過言ではないでしょう。

小川直也が再びファンの心をとらえるプロレスラーに戻るためには、バラエティ番組に出る時間以上にこういう試合を観るということも大事だと思います。

決して宮戸優光は口だけの男じゃありません(参照:宮戸語録vol.1vol.2vol.3)。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 宮戸優光 田村潔司 小川直也 IGF

comment

Secret

No title

宮戸さんのソバットは凄いですね。佐山さん仕込でしょうか?
小川選手に絡まれたら宮戸さんは怒るんでしょうか?小川選手vsUインターは興味ありますね。宮戸さんはいなかったですが、一度、キングダムの会場に小川選手が来たことありましたよね。

No title

こんばんは!田村の痛がり方凄いですね。宮戸のソバットは強烈ですね!あと雑誌とか本を読むと宮戸の言葉には説得力があって驚かされます。
小川にソバット見舞って欲しいですね。小川の悶絶する姿が見たくなってきました。

>123daさん

佐山さん仕込でしょうか?<そうですね。タイガージム創設時からの関係ですもんね。
軌道の低い宮戸のソバットは他のプロレスラーにはないものだと思います。意外と佐野のソバットも凄いですよね。

小川選手に絡まれたら宮戸さんは怒るんでしょうか?<どうでしょうね。宮戸自身は表舞台に出てくるつもりないと思いますが…

>H.Tさん

おはようございます。

宮戸のソバットは強烈ですね!<新生U時代の企画で衝撃測定したら確か1㌧ありました。

宮戸の言葉には説得力があって驚かされます。<今後も過去の発言を拾っていきますんでご期待下さい!!

小川にソバット見舞って欲しいですね<見たいです(微笑)
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード