FC2ブログ

2018.5.5大日本横浜大会を録画観戦したのだ

先日のスカパー開放デーに録画しておいた、

大日本プロレス『~Endless Survivor~2018』

2018年5.5 横浜文化体育館を観ました。
大日本2018.5.5横浜文体ポスター

お目当ては先日の生観戦(参照:4000円のVIP席で初大日本、初鈴木秀樹)の続きである、

セミのBJW認定世界ストロングヘビー級選手権試合

鈴木秀樹vs関本大介
だけでしたが、

オープニング映像でいきなり心持っていかれちゃいましたね。

メインのBJW認定デスマッチヘビー選手権試合

蛍光灯&五寸釘ボード&フォークボードデスマッチ

竹田誠志vsアブドーラ・小林
の煽りVなのですが、

これが大日らしい肩の力が抜けた内容ながら、

王者の竹田誠志が高校生時代に、

アブドーラ・小林からサインをもらってる映像からのプロローグです。

アブ小
「耳変形してんな。何かやってんの?」

竹田
「レスリングやってます」


しかし特にアブ小ファンだった訳でもなく、

竹田
「友だちと
『頑張って下さい』って言ったらシカトされて、その後に女子高生が『頑張って』って言ったらニコニコしながら『ありがとう』って」

アブ小
「…塩対応しちゃったのかな(笑)」



竹田
「その時点で嫌いになりましたね(笑)」



この重苦しくない煽りこそBJWクオリティなんでしょうね。

試合の方で気になった部分は、

まず第1試合は野村卓也を中心に観ていたのですが、

加藤拓歩! 凄いですね。

練習量だけではなく持って生まれた肉体的資質と、

何よりリング上での気迫が凄いです。

先輩を先輩と思わないでぶち込んでいます。

現在の新日の前座のイメージで若手を見ていると、

カルチャーショックが大きいですよ。

そのぐらいのインパクトありました。
fc2blog_201805110020371a6.jpg

一個飛ばして第3試合、

各選手のキャラが立ってて面白かったです。

こういう試合は絶対に必要です。

第4試合、ヘビーvsジュニアのタッグマッチ。

語弊を恐れず書けば、

“正しい形の弱いものイジメ”なのですが、

これ普通に凄え試合でした。

青木優也の鋭さと思い切り良さ、

エルボーバットの打ち方一つとっても、

誰が見たって力一杯打ってるのがわかる。

“駒シバさんの推しメン”橋本和樹も昔のイメージと全然違うんですよね。

見ていると何となくノア時代のKENTAを思い出します。

神谷英慶は必ずクラスに一人いたでしよ?

服装とか髪型とかそういうのに全く興味なくて、

とにかく図体でかくて喧嘩のバカ強い奴。

『あいつだけは絶対に怒らせるな』みたいな(笑)、

そういうイメージですね。

でかいし当たりも強いし、

ノアとか行ったらすぐにチャンピオンなれるんじゃないかな。

そして橋本大地

ベルトは失ったけど本当にたくましくなりましたね。

青木とのエルボー打ち合いなんかは、

お世辞抜きに親父そっくりの貫禄。

かつて天山とか小島に食らわす破壊王の姿そのもの、

フィニッシュのライジングDDT入る前の表情なんかも幻影ですね。

あぁ完全にプロレスラーになれたんだなぁと、

大日に入って大正解だったんですね。
fc2blog_20180511002135a55.jpg

第5試合は…私ごときが余計なこと書けません。

ホッチキスとか安全ピンとか竹串とかもう、

アイテムが進化(深化)しすぎてて。

そんな血みどろの光景の中でも、

実況席は実にゆるいんですよ(笑)。

この緩急は凄いよなあ…。

煽りVの件でも書いた様に、

あくまでも重苦しくさせないこの感じが、

デスマッチの残虐性を和らげているんでしょうね。



ここから後半戦なのですが、

第6試合のBJW認定タッグ選手権試合

蛍光灯&TLCタッグデスマッチ

宮本裕向、木高イサミvs伊東竜二、関根龍一


これぞハードコアといった趣ですね。

木高イサミの血の流れ方なんて、

先日の内藤の件より凄まじいですよ。

それでも15分近く試合するんですから。

しかも最後は3メートル超えのラダー上からダイブって…、

「ジャンルが違う」って言われたらそれまでですけどね。

それと宮本裕向みたいなレスラーって、

昔ならとっくに引き抜かれて新日でも行ってたでしょう。

インディーでああいう試合して成り上がったら、

デスマッチなんか卒業してメジャーで食っていくと思います。

でも今はインディー渡り歩いて充分に食っていけるんですよ。

それより何よりデスマッチが好きだから、

それを辞める訳がないんでしょうね。

良いレスラーですよ、本当に。
fc2blog_20180511002218db6.jpg

そして再注目のセミ、鈴木vs関本のチャンピオンシップです!!

一言で言ってしまっていいですか?

今年のベストバウトです。

昨年もそうですが、

今年も上半期の時点でベストバウト決定です。
fc2blog_20180511002254c99.jpg

内容の方はもう圧巻と言うか、

ネックロックとボディスラムの攻防だけでも、

ひと記事書けますよ、ええ。

例えば鈴木秀樹のネックロックの角度の持っていき方、

関本大介の身体の角度に応じて、

何回も微調整を重ねていってるんです。

そしてボディスラムで投げてるのに外れない…なぜか?

鈴木がロックをガッチリ固めてるから、

関本はマットに叩き付けることが出来ないんですよ。

よって鈴木は受け身取らなくてもダメージがないんです。

あと鈴木の技に入るまでの指の極め方とか、

ZSJの場合は技に入ってから次々と展開して、

リストを捻ったり指先を捻じったりしますが、

鈴木の場合は極めに行く過程での“嫌がらせ”なんですよね。

技に入ったら、もう余計な事しなくていい訳です。

一方の関本の方も見ていると、

「ああ、この人のスパーリング量も豊富だなぁ」と。

もちろんウェイトに多くの時間を割いてるとは思いますが、

道場でちゃんとスパーリングしてるのはすぐわかります。

強いのがわかるんです、不器用でしょうけど。

鈴木のレスリングは理詰めで“極力リスクを回避するもの”、

関本のレスリングはフィジカル重視で“無理してでも押し込むもの”。

対極で最高でしたね。

だいたい20分過ぎて、

この試合唯一のロープワークがショルダースルーって、

いつの時代のプロレスですか!?(笑)

中盤の関本のアームロックも80年代によく見た光景です。

繰り返しますが、最高でしたね。

しまいに二人でノーフィアーポーズ…。
fc2blog_201805110023446be.jpg

そしてメインは冒頭で書いた竹田vsアブ小でしたが、

これも…デスマッチ事情に疎い私が、

ああだこうだ書くのはルール違反でしょう。
fc2blog_20180511002724fd3.jpg

思った事は、

かつて大仁田とかポーゴとか動けないレスラーが、

プロレス頭を駆使して生み出したデスマッチと言うスタイルが、

今は第5世代っていうんですか?

身体能力の高い、鍛え抜かれた選手が、

尚且つプロレス頭をフル稼働して斬り付け合うという…。

観たい方だけ何とかして観て欲しいです。

『デスマッチはどうも…』とか、

『あんなのレスリングと関係ないよ』という方は、

ちょっと角度を変えて見て頂くと、

違うものが見えてくるかも知れませんよ。
fc2blog_20180511002531546.jpg

さて、

鈴木秀樹の次戦は誰でしょう。
fc2blog_201805110026388dc.jpg

関連記事

tag : 鈴木秀樹 関本大介 竹田誠志 アブドーラ・小林 BJW世界ストロングヘビー BJW世界デスマッチヘビー

comment

Secret

No title

実は竹田君は、Uファイル時代の練習仲間です。
元々総合やっていたのに、惜しまれながら自分の夢を優先して、デスマッチの世界に行きました。

その竹田君が、僕が新日マニア時代からブログを見てたレガさんに誉められるようになって、感無量です!

>平田さん

実は竹田君は、Uファイル時代の練習仲間<常々、???と思っておりましたが…平田さんは格闘家の平田さんでいらっしゃるんですね!? いつもコメント下さいましてありがとうございます。

元々総合やっていたのに…自分の夢を優先して、デスマッチの世界に<将来デスマッチファイターを目指してレスリングと総合をやってたというのはかなり異質な経歴だと思いますが、5.5のコメントで「レスリングが出来て尚且つデスマッチが出来る」みたいに言ってた部分も物凄く説得力がありました。リバーサルのリングコスチュームが誇らしいですよね。

竹田君が、僕が新日マニア時代からブログを見てたレガさんに誉められるようになって<とんでもないです。私ごときのド素人が言える立場にありません。
ただ私が知るデスマッチの究極レベルは00年代のBJWvsCZWでしたが、竹田のそれはゆうにそれを飛び越えていますよね。FREEDOMSのタイトルマッチの模様を週プロで読んで戦慄を覚えましたよ。

今後とも宜しくお願い致します。

No title

ベストバウトですか!
...そそられますね。観たいな〜‼︎

>てつさん

ベストバウトですか!…観たいな〜‼︎<新日で観られる30分越えの試合とは一線を画した内容で、私らの世代にはやや懐かしさもある攻防でした。
本当に強いプロレスラーがベルト賭けて闘っているんだなぁ…みたいな。

あとメインの竹田なんかも格闘技の技術を持ったプロレスラーがデスマッチのトップにいるという私にとっては衝撃的な事象でした。

No title

恐縮です。

以前、上山龍起さんの記事を書かれていたのを本人に見せたら、とても喜んでいました!

武さんもいつの間にか柔術家になってしまい(笑)、私が昔から見ているブログはレガさんののみです。

今後とも、よろしくお願いします!

バック トゥ レスリング

Wアーム、欧州式脳天、ワンハンド背骨折りくらいしか大技を出さず30分惹き付ける試合をするのは近年のプロレスでは希な存在ですよね。

想定外の切り返しの連続で細身でトップ戦線にいるザックも凄いですけど。

ザック、鈴木軍離脱して、こっちと新しい鈴木軍やらないかなぁ~。

冒険してほしいなぁ。

>平田さん

こちらこそ恐れ入ります。

上山龍起さんの記事…本人に見せたら、とても喜んでいました!<ありがとうございます。ご本人に読んで頂けるとは!! 勝手に紫のレガース正統継承者だと思っております。

武さんもいつの間にか柔術家になって…昔から見ているブログはレガさんののみ<武さんは当初、店長さんだったんですよね。遠い世界に行ってしまいました…。

こちらこそ、引き続き宜しくお願い致します。

>aliveさん

Wアーム、欧州式脳天、ワンハンド背骨折りくらいしか大技を出さず30分惹き付ける試合<品評会ではなく勝ちを取りに行ってるんですよね、両者ともに。

ザックも凄い…鈴木軍離脱して、こっちと新しい鈴木軍やらないかなぁ~<個人的な好き嫌いの話になってしまうのですが、ザックの場合は技術をたくさん持っていて、それを知らない相手と知らないファンに見せつけつつ出し続ける…かつてのノーマン・スマイリー的なにおいを感じています。
例えば、4人くらいで居酒屋トークしていても3人の流れを無視してどんどんどんどん話し続ける1人みたいな。誰かが相槌打とうが、反論しようがお構いなしに自分の言いたい事は最後まで喋らないと気が済まない人みたいな。強いのはよくわかりますが、引き出しの開け方が一方的ですよね。
複合技のバリエーションは素直に凄いと思います。

No title

鈴木vs関本戦はプロレス大ファンの「東京03」の豊本さんが「スポーツナビ 格闘技」にコラムを書いてますが、この試合をベタ褒めしてました。

竹田選手が今が一番輝いてますな。
飛びつき腕ひしぎ逆十字か。Uらしさを出したけど、大日本の選手からするとこういうサブミッションに対して苦手な感じ。だから鈴木選手も苦手なレスラーに入るかな?。
アブ小選手は竹田選手に腕ひしぎにやられたが、前に一騎当千リーグ戦では馬乗りマウントパンチでしたからな。

>スライディングDさん

鈴木vs関本戦は…「東京03」の豊本さんが…ベタ褒め<ちょっと斜め方向のインディが好きだと思っていましたが、こういった試合も好まれるところに豊本さんの幅広さを知りました。

竹田選手が今が一番輝いてます…Uらしさを出したけど、大日本の選手からするとこういうサブミッションに対して苦手な感じ<身体の捌きだけではなく、サブミッションと凶器というアイテムを融合させるとは思いもしなかったです。

アブ小選手は竹田選手に腕ひしぎにやられたが、前に一騎当千リーグ戦では馬乗りマウントパンチ<腕ひしぎ逆十字withノコギリですもんね。見ながら自分の肘の裏側がザワザワっとしましたよぉ~。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
46歳のプロレス話


「紫レガのブログは少し滑る感じになってるんです。ですから今、スライディングしながらね。下ネタも使ってですね、巧く腕極めましたね」

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
ISM (1)
AWA (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード