FC2ブログ

Promise Of Reunion~後編~(2016)

さあ、『レッスルマニア34』もいよいよ明日。

ノンストップの攻防戦もいよいよ佳境に入りますよ!

中編からの続きです。

やっとの思いでボマイェをヒットさせた中邑真輔ですが、

自身の負ったダメージも想像以上に深く、

すぐにAJスタイルズへの追撃に出る事が出来ません。
中邑vsAJ92

結局、両者同時に起き上がると、

足を止めてのエルボー合戦が始まりました。
中邑vsAJ93

互いに10発以上打ち合ったところで、

中邑が得意の打撃コンビネーションに行ったところを、
中邑vsAJ94

AJは掻い潜ってバックに回ると、

一気にスタイルズバスター!!
中邑vsAJ95

すぐさまエビに固めますが、

中邑はカウント2でキックアウト!
中邑vsAJ96

ここからは消耗戦の様相も呈してきました。

再びエルボーの打ち合いから、

AJの打撃コンボ、中邑のキックコンビも飛び出しますが、
中邑vsAJ97

思い切ってカカト落としを繰り出したところで、

AJはかわすと同時に、
中邑vsAJ98

オーバーヘッドキック! いわゆるペレキック!!
中邑vsAJ99

後頭部に食いながらも、

中邑はショートレンジからダッシュすると、

出ました! 右からのボマイェ!!
中邑vsAJ100

そもそも右がオリジナルバージョンなのですが、

右で打つ時というのは本当の意味で、

特別な試合だけですからね。

中邑は勝利を確信したかの様に、

背面でカバーに行きますが、

これもカウントは2!
中邑vsAJ101

中邑は続けてAJを肩に担ぎます。

これまた大一番限定のランドスライドを狙っているのか!?
中邑vsAJ102

これをAJは十字架固めで切り返して、

カウント2まで奪っていきますが、

中邑はキックアウトと同時に起き上がって、

AJに向かって飛び込んだところ、
中邑vsAJ103

待っていたのは迎撃の膝蹴り!!
中邑vsAJ104

モロに顔面に食った中邑が大の字に倒れたところへ、

AJは猛然とトップロープに登ると、

体重の乗ったファイアーバードスプラッシュ!!
中邑vsAJ105

これも中邑はカウント2で必死のキックアウト!!
中邑vsAJ106

ここが勝負どころと踏んだAJは、

一気に畳み掛けんとブラディサンデー狙いに。
中邑vsAJ107

死力を振り絞って耐え抜く中邑に、

業を煮やしたAJはバックブローから、

ラリアート気味にパンチを繰り出したところ、

これを捕えた中邑がクルクルッと空中で回転して、
中邑vsAJ108

飛びつき腕ひしぎ逆十字!!

AJにはない中邑の経験値が発揮されます。
中邑vsAJ109

ここはAJも必死に堪えると、

中邑は即座に対応して三角締めへの移行。
中邑vsAJ110

それでもジワジワと起き上がって行くAJ、

体幹の強さはプロレス界でもトップクラスに位置しますね。
中邑vsAJ111

そして! ここでまさかのスタイルズクラッシュ敢行!!
中邑vsAJ112

虚を突かれ、さらには体勢も不充分な為、

受け身は不完全となった中邑のダメージは甚大です!!

それでもカウント2で肩を上げて行くこの気力!!
中邑vsAJ113

さらにここへ来てギアをトップに入れてくるAJも凄い、

再度のトライで完璧なブラディサンデー炸裂です!!
中邑vsAJ114

脳天からマットに突き刺さった中邑に対し、

さらに引き金を引くAJ。
中邑vsAJ115

今度こそとどめを刺さんと、

スタイルズクラッシュを狙いに行きますが、

中邑は腰を落としてのディフェンス。
中邑vsAJ116

AJはロックを離すと苛立ち混じりに、

後頭部へ強烈なストンプ一発から、
中邑vsAJ117

ポーズを取って仕切り直しからの、
中邑vsAJ118

雪崩式狙いでコーナーに持っていきますが、
中邑vsAJ119

中邑は意地でも食うまいと堪えます。
中邑vsAJ120

一瞬AJのロックが緩んだところで、

中邑は脱出に成功すると、
中邑vsAJ121

無防備なAJの顔面に右ハイキック!
中邑vsAJ122

そしてセカンドロープに駆け登っての、

雪崩式ランドスライドがここで爆発!!
中邑vsAJ123

…あのですねー、ここなんですよ。

試合のクライマックス、勝負どころにおいて、

何も“トップロープから”である必要はないんですよ。

危険技である必然性はないんです。

勝負に行ってる場面なのですから、

リスクを冒すのもいいんですけど、

勝ちを取りに行くリアリティの方が、

プロレスには大事だと思うんですよ。

それが色濃く出ていたのが中邑の試合だったと思ってたりします。

…いや、感慨にふけってる暇はない、

中邑のカバーをカウント2.5で返したAJ。
中邑vsAJ124

しかしこの一発はかなり効いた様です。

中邑はコーナーで充分に距離を計ってから、
中邑vsAJ125

後頭部めがけて強烈なボマイェ!!
中邑vsAJ126

AJの首が直角に折れ曲がりました!!

さらに角度を変えて、
中邑vsAJ127

今度は正面からのボマイェ!!
中邑vsAJ128

これも完璧に決まり、

遂にカウント3奪取!!
中邑vsAJ129

死力を尽くした両者は、

ゴングが鳴ってもしばらく動けません。
中邑vsAJ130

タイムの方は24分18秒…これって短いですか?

ゆっくり上半身を起こした中邑は、

一足遅れで同じ体勢となったAJに向けて、

右の拳を差し出しました。
中邑vsAJ131

敵対するユニットのリーダー同士、

これも異例の光景です。

結局、AJも左の拳で応えました。
中邑vsAJ132

ドーム内はスタンディングオベーション、

大音量の『Subconscious』が鳴り響く中、

中邑の腰に白いベルトが戻ってきました。
中邑vsAJ133

このIWGPインタコンチのベルトは、

中邑のWWE移籍に伴う返上以降も、

王座は変遷し続け、

現在、鈴木みのるが保持し、

面白い試合、凄い試合は防衛戦として重ねられています。
中邑vsAJ134

しかしながらインタコンチならではのベルトの存在意義というのが、

少しづつ薄れてきているようにも感じます。

中邑がこのベルトに関わった3年半は、

今思い返しても刺激的な防衛ロードでした。
中邑vsAJ135

むしろ設立当初のIWGPの理念を担ってる感がありました(参照:格闘妄想☆大陸間ベルト)。

もしかすると、いまだに中邑が巻いていたなら、

鈴木秀樹石川修司らとの防衛戦はもちろんの事、

アンドレザ・ジャイアントパンダ戦なんかも実現した可能性ありますよ。
中邑vsAJ136

中邑が醸し出していたこの破廉恥さも、

2010年代に新日が躍進していく上で、

非常に大きな意味を持っていたんですよね。
中邑vsAJ137

さて時は流れて2018年春、

SHINSUKE NAKAMURAは、

祭典の主役になれんのかっ!?
NAKAMURA@smackdown初登場

関連記事

tag : 中邑真輔 AJスタイルズ IWGPインタコンチ WWWF~WWF~WWE

comment

Secret

思い出します(*´∇`*)

三部作お疲れ様でした(^^)/

あ~これ観に行ったっけなぁ~(*´∀`)

いい試合でしたね~。お互いの技と技がいい感じで交差して、三角をまさかのスタイルズ・クラッシュで返したのは寒気しました(≧∇≦)

チャンピオンベルトの価値はそれを持っているレスラーで決まるとは猪木さんの言葉でしたが、中邑が今でもベルト持ってたら、かぁ・・・いろいろ想像しちゃいます(^-^)

>流星さん

最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございます。

これ観に行ったっけなぁ~<確か三世くんとシン先生とのご観戦でしたかね?

お互いの技と技がいい感じで交差して、三角をまさかのスタイルズ・クラッシュで返したのは寒気<あの二人ならではの攻防と技でした。
猪木ハンセンの記事でも書きましたけど、名勝負には記憶に残る静止画としての名場面も大事だと思うんですよね。この試合にはそれがいくつもあったと思います。

中邑が今でもベルト持ってたら…いろいろ想像しちゃいます<ここらあたりは妄インターの面目躍如ですよね(笑)。
いや、むしろ私なんかは『はぐれ妄想インターナショナル』の類かも知れませんが(笑)。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
46歳のプロレス話


「紫レガのブログは少し滑る感じになってるんです。ですから今、スライディングしながらね。下ネタも使ってですね、巧く腕極めましたね」

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
ISM (1)
AWA (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード