酒と泪と男と男と男と男と男と…

一国の大臣が職務中のお酒で大変な事になりましたが

この酒量は…

酒にまつわるエピソードといえば、格闘技界ではUインターが他の追随を許さないでしょう。

やっぱりこの人が

大会後に繰り広げられる酒宴では高田を中心に一致団結して、店の酒がなくなるまで延々と一気飲みが続いたといわれます。

また、この酒の席での団結がUインター選手間の絆を強めていたといいます。

U.W.F.最強の真実 (BLOODY FIGHTING BOOKS)U.W.F.最強の真実 (BLOODY FIGHTING BOOKS)
(2003/06)
宮戸優光


 U.W.F.最強の真実 より

宮戸
一度、店の酒を全部飲んでしまったこともあった。そこはよく行くカラオケスナックだったのだが、Uインターからは高田さんと私、あとはたしか桜庭、それと寺尾関とその下の若い力士の方が2名の計6名だったと思う。ビールから始まって、あっという間にビールが3ケースほど空いた。そして焼酎が5~6本、日本酒が2~3升空いた。このへんまでなら、少々酒の強いグループならなんてことはないと思うのだが、ここからが凄まじかった。
ブランデーのヘネシーに変わったところで、高田さん好例の一気飲みがついに始まったのだ。高田さんに「乾杯!」と言われたら、一気に飲まなくてはならない。ここからが、プロレスラー、お相撲さん入り乱れての楽しい(!?)一気飲み大会になったのだが、それは凄絶だった。
(略)桜庭はすでに潰れ、若いお相撲さんも潰れていた。それでも高田さんは「ボトル、もう1本!」と叫んでいた。店の人が「もうヘネシーないんですけど」と言いに来たが、すかさず高田さんは「じゃあ、ワイン!」と言って、その店に数本しかなかったワインをすべて空けてようやく終了。高田さんもベロベロなのだが、「もうないの? それじゃあ、しょうがないか…」という渋々の終了だった。

私たちはいつもの通り、高田さんの横に呼ばれ「じゃあ、これ行ってみろ」となった。大ジョッキになみなみと日本酒が注がれる。私も日本酒は嫌いではないが、お猪口で飲む日本酒の味とジョッキで飲む日本酒の味はまったく違う。


もうね…楽しい酒ではないですよね、常人なら(笑)。

しかし、これがプロレスラーの飲み!! Uインターの酒!! なんですよね。

若い衆にも確実にその魂は継承されていきます。

プロレス狂の詩 夕焼地獄流離篇 (Kamipro Books)プロレス狂の詩 夕焼地獄流離篇 (Kamipro Books)
(2006/12/15)



 プロレス狂の詩 夕焼地獄流離篇 より

金原「どこ行っても凄かったよねえ。飲み会でもさ、遅れたりしたら駆けつけ3杯飲まされるじゃん。あれが嫌だったねえ!」

高山「『早く追いつけ!』って飲まされるんだけど、追いつくどころか追い越すほど飲まされるんですよ(笑)」

金原駆けつけビール大瓶3本とかさ。腹タップンタップンだよ!(笑)」

高山「オレなんて、駆けつけでジャックダニエルでしたからね(笑)

―ガハハハ! 『駆けつけジャックダニエル』(笑)。

高山駆けつけでボトル一本空けるんだから(笑)。ブッ倒れましたよ」


もうね…拷問ですよね、常人なら(笑)。

しかし、これこそがUインター!! なんですよね。

極めつけはカッキーのこのコメントです。

バトル×トーク (TOEN MOOK NO. 93)バトル×トーク (TOEN MOOK NO. 93)
(2007/01)



 バトル×トーク vol.001より
垣原賢人インタビュー

垣原
「飲みですか? ああ、これも本当に凄かったです。夕方、合宿所に高田さんから電話がかかってくる。『今、六本木いるから、すぐ来て』と。タクシーでいくんですよ。だって遅れたら大変な事になるから(笑)。でもね、その前にしなきゃいけないことがある。コンビニでチーズと牛乳をしこたま買い込んで食べるんです。そうです、胃に粘膜を作るために(笑)。飲みが凄いのはわかってますからね。『何はなくとも粘膜だ』と(爆笑)。
でも効果がないんですね(笑)。着くと、高田さんはすでに酔っていて、目が座ってる。そして『じゃ、まず一杯』と、ビールをピッチャー大のジョッキで一気させられる。たまに瓶ビールの時もあって、あれ炭酸が抜けないからキツイんですよね(苦笑)。そして席に着くと『じゃ垣原来たから、今度は皆で乾杯』。
僕は一気したばかりだから、僕以外かな~と思ったら高田さんが、『お前、何で一気しないんだ。今いなかっただろ?』って、さっきのピッチャー大ジョッキに、今度はドボドボと日本酒が…。そしてもちろんそれも一気。そんな感じで延々繰り返される。
少々品のない話ですけどね。戻すとね、これがまた大変なことになる。トイレで吐いて、涙目で戻るでしょ。(もう吐いたのだから、飲まされずに済むだろう)と思うわけですよ。でも席に着いた途端、泥酔状態の高田さんから『バチーン!』と強烈な張り手が(笑)。『お前! レスラーたるものが、何を吐いてるんだ! 殺すぞ!』とか言われて、(ええ~っ! 吐いちゃダメなんだ?)って。それからはトイレで吐いても、何事もなかった様に戻ってくる術を身につけました(笑)。
寝てもダメなんですよ。寝たらですね、これがまたとんでもない事に繋がるんで(苦笑)。だから、寝るのは高田さんが帰られた後ですよね。帰られた途端に、皆バタバタと倒れて(笑)」


もうね…殺人未遂です、常人ならずとも(笑)。

しかし、これぞUインター!! なんです…よね?(汗)

いくら飲んでも仕事に支障はきたさない(笑)

最後に深イイ話として、おなじみ(?)Uインター恒例の連れション話で締めましょう。

 バトル×トーク vol.001より
垣原賢人インタビュー

垣原
「高田さんはね、トイレに行く時は皆率いての連れションだったんです。高田さんをはじめにね、皆で一つの便器に用を足すんですよ(笑)。え? 普通じゃない? いやいやUインターの選手は皆そうでしたよ(笑)。僕と田村さんのときもあるし、僕と高山のときもあったし。で、その態勢で40分くらい語るんですよ。もう、アッツイアッツイ話をね。大の男が泣きながらね、『僕は絶対、強くなりますよ~!』『俺も絶対強くなるぞ~!』って(笑)。
そういえば、よくお店の方から『トイレにこもり過ぎないように』って苦情がきてたなぁ…(苦笑)。何にせよ、あの時は本当、青春でしたね~」


飲む

私はこんなプロレス団体が大好きだったんです。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 高田延彦 宮戸優光 垣原賢人 金原弘光 高山善廣

comment

Secret

No title

偶然ですね、今日、私は"UWF最強の真実"の、そのお酒の
くだりを丁度読んでいました^^
お酒に限らないかもしれないですが・・・
いやお酒に関して特に??
超人でないとやっていけない世界ですね。

>YYさん

そのお酒のくだりを丁度読んでいました^^<なんという偶然でしょう!!
酒に関してはやはり力道山から始まってプロレスラーには豪快なイメージがありますね。
今のレスラーはどうなんでしょうね?

桜庭は今でも試合後には飲みまくってるそうです。
以前、高山にたしなめられてました(笑)

No title

いつもありがとうございます!こんばんは!自分は酒弱いので、高田とは飲みたくないですねえ笑。殺されそう笑。
 高田の酒伝説はよく聞きます。写真の空瓶も凄まじいです。これもある意味記憶に残る団体Uインターですね!

>H.Tさん

こちらこそ、いつもありがとうございます。
こんばんわ。

高田とは飲みたくないですねえ笑。殺されそう笑。<いや本当に殺されますね(笑)

写真の空瓶も凄まじいです<これは前田と寺尾関と益荒雄関と琴ヶ梅関と(だったかな?)で旅館借り切って一晩に飲んだ量です。
翌朝、何もなかったかのように丼飯でタマゴかけご飯をおかわりしたそうです(滝汗)

うわぁ〜〜〜

こんなに呑むんですかΣ(・□・;)

私は、ビールに日本酒がやっと。
しかも量は呑めないから、あの空瓶を見ただけで気分が悪くなりそうです(笑)

高田さん、スケールが違いますね。
皆さんもお酒強いとは思うけど、この飲み方が尋常じゃない!



あっ、YouTubeで観た前田日明さん対談しながら やっぱり呑んでた!

>みーさん

こんなに呑むんですか<凄まじい量ですよね。アスリートとしては絶対に間違っていますね(笑)。

私は、ビールに日本酒がやっと<みーさんイケる口ですね!
私は日本酒ダメなんですよ。

前田日明さん対談しながら やっぱり呑んでた!<その辺は何でしょうね?
藤原イズムでしょうかね。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード