THE ROOTS OF SIGN

昨日、流星仮面二世さん(from 団塊Jrのプロレスファン列伝)からのメールに、

私は驚きを覚えずにいられませんでした。

このサイン、
高田伸彦のサイン

80年代前半、新日のパンフレット、

『闘魂スペシャル』に掲載された、

当時、若手の高田伸彦のものですが、

恐らくこれが一番最初の字体なのだと思います。

何となく“世界のホームラン王”王貞治氏のにも似ていますね。

そういや高田のサイン…いくつか持っていたな、と。

ちょっと時間軸を追って振り返ってみましょうか。

まずは『プロレスアルバムNo.1 高田伸彦 俺の征く道』から、


時は1986年の秋、

IWGPジュニア王者時代の高田本の、

表紙の裏に直筆されたサインです。


これ確かリングパレスで行なわれたサイン会だったか?

当時、購入した親友が、

私にプレゼントしてくれたものなのですが…、

崩し気味の字体で、

丸みがありますね。

“彦”の部分が原型と似てるかな?

ま、サインらしっちゃサインらしいですけど。

お次は以前も何度かご紹介した(参照:Uインターグッズ追加!)、

Uインター時代のファンイベントでパンフを買って、

握手と共に書いて頂いたサイン。
Uインターグッズ3

1995年の秋ですが、

初期からの丸みがなくなり、

かなり角ばった字体になっています。

“高田”の部分がハッキリ読める感じですね。

その同日にUインターキャップも購入し、

もう一度サインを頂いたのですが、
Uインターグッズ7

これキャップには書き辛かったんでしょうね、

こういう感じになりまして…。
Uインターグッズ8

“高田”と“延彦”って、

普通に記名しただけですね、これ(笑)。

本人曰く、

「これ世界に一つだけのサインだから…ノー問題!」だって(笑)。

最後は引退後ですね、

これ直筆ではないのですが、

亀熊さんから頂戴したCD(参照:ファイアーバードサミット 2016冬)、

『高田延彦スペシャルテーマ曲集』のラベルに、

プリントされたサイン。


これ…一番読みやすいですね。

高田延彦って、すぐにわかります。



こうやって振り返って見ますと、

つくづく人に歴史ありという言葉を痛感しますな。
高田のIWGPジュニアベルト姿

ヤングライオン時代から、

脚光を浴び始めた時代。

プロレス界の頂点を極めた時代から、

引退後、タレントとしての現在のサインまで。

もちろん一つ一つが私の宝物であります。

流星さんからのメールがきっかけで、

こんな素敵なひと時を過ごす事が出来ました。

流星さんっ!

今日はどうもありがとざしたっ!!
大成功!!

関連記事

tag : 高田延彦 高田伸彦

comment

Secret

No title

いえいえ、恐縮です(*´∇`*)

しかし、この帽子のは最高ですね!!エピソードもいいなぁ~。こういうのがファンにはたまらないですよね(^o^)

こちらこそ!ありがとうございました(^-^)v

No title

楽しそうな流星仮面さんとレガさん♪

お宝サイン持っていらっしゃいますね‼︎

もっと早く見せてくだされば。

>流星さん

この帽子のは最高ですね!!エピソードもいいなぁ~<高田の横に安生のサインもあるのですが、そっちはきちんと当時のサインになっているんですよね~。
「ノー問題!」のくだりでは安生も隣で笑っていました。

とんでもございません。こちらこそ、ありがとうございます!!

>みーさん

お宝サイン…もっと早く見せてくだされば<お宝…ですかね? 普通に失敗なんですけど(笑)。
この手のアイテムがほとんど手元にありませんので、これで終わりだと思います。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
ISM (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード