FC2ブログ

サムライTVでカッキーライドが観れた

本日、第一日曜日…即ちスカパー無料デーにつき、

サムライTVで20時より放送された、

8.14 後楽園ホールにおける、

『カッキーライド』を観る事が出来ました。
カッキーライドポスター

注目は当然、垣原賢人復帰戦(参照:必聴&必読)でしたが、

大会通して面白い場面がいくつも見られました。

画像なしで感想を綴らせて頂きます。



オープニングの全選手入場式は、

各入り口から客席を通って入ってくる、

まさしく“Uインター方式”でしたが、

どの選手も顔色がいいんですよね。

コンディション重視…これぞゴッチイズムの原点です。



第1試合から主役のカッキー登場、

当然聴こえてきたのは『レガリテート』です。

UWF道場スパーリングマッチって、

どういうアレかな? と思っていたら、

本当のスパーなんですね。

セコンドには同期の長井、Uインターの同志である大江、

そして桜庭和志!!

相手は藤原喜明…とにかく強い。

ここもまたゴッチちょく伝の『ボーン・トゥ・ボーン』ですね。

MMAとは違う極めの強さ、とにかく強さ。

とことんまで強さ。

何本取られたんですか? 結局は。

でも「もう一丁」「もう一丁」って何度もね、

行く度に最前列の奥様の表情が気になって見てたら、

カッキーは悶絶してタップするんですけど、

闘う姿に心から嬉しそうなんですよね。

良いもん見せてもらいました。



第二試合から船木誠勝

結果だけ読むと「ああパンクラスだから秒殺ね」と思われがちですが、

これUWFですよ。完全なUWF。

田中稔って基礎がしっかりしてるのに、

いつも“ファッションUスタイル”に見えちゃうんですよ。

もったいないなぁ、と。

そこを見透かした様な攻め方で船木の圧勝は良かった。

この人もとにかく強いし、

もう『RED ZONE』かかった瞬間に観る方のスイッチ入りますからね。

あと“黄緑”っていうのが、

新生U時代の“深緑”から少し季節変わりしたみたいで、

何か良かったです。



第三試合は、これまた贅沢なカードですねぇ。

中野巽耀に向かうは、

生粋のUインターっ子である中村大介とは!

細かすぎる様な「この場面!?」っていうのが幾つか出てきて、

一個だけ拾うと、

タックルにカウンターの膝っていうのは、

91年札幌中島の田村vs中野オマージュかな? とか。

最後は当然の様にシャチホコ固めでしたが、

中村も十字職人の名に懸けて、

飛びつき十字で爪痕残していましたね。

直後からずっと肩の辺り押さえていましたが、

試合後に中村を労う中野の表情見てたら、

心から「かっこいいな」と思いましたね。

「極められた俺の方が悪いんだから気にすんなよ」みたいな。

そういう中野の格好良さがわかってきた私も、

いい歳の取り方してんのかな? って自画自賛してたり(笑)。



カッキー興行で恒例のバクステ外神田一丁目登場。

カッキーのお嬢さん垣原綾乃さんが読み上げる手紙に、

引退試合の姿(参照:還って来るカッキー)をダブらせ、

「大きくなったなぁ」という束の間の親戚のおじちゃん気分味わいながら、

そのままミニライブ~山ちゃんの挨拶ときて、

前田日明登場でドカーン!

退場時の『キャプチュード』が新日バージョンってのも、

ここは音楽担当の創史くんさすがです!!



第四試合は大会唯一のU系が絡まないカード、

主役は鈴木秀樹でしたが、

対戦した野村卓矢!! いいですね!!

こんないい選手いたなんて全く知りませんでした。

大日本の選手なんですか? 今や凄い団体になっているんですね。

今後、注目していきたい選手です。

試合内容は実際のところ、

これが最もUWFらしかったという印象があります。



セミは鈴木みのるの登場で、

会場の空気が一気にメジャー色となります。

相手は同門とも言えるロッキー川村でしたが、

実力がありながらこういうキワモノやっていくって、

相当な覚悟がないと不可能ですよね。

しかしながらこの試合、

ピュアな意味で最もプロレスを体現していました。

これは現在の新日やDDTや、

その他の団体がやっているプロレスとは違うものです。



さてメイン!

最初に丸藤正道って聞いた時、

実は嫌な予感しかしなかったんです。

U-STYLEに宮本和志が上がった時みたいな。

「これがカッキーの大会のメイン?」みたいなね。

でも!! この試合を観て改めて、

「あぁやっぱりこの人は天才なんだな」と思い知りました。

そりゃ宮本とは格が違いまさーね。

元々、そういうベースは持ち合わせていましたが、

キーロックとか変形足4の字の出しどころとか、

掌打を打つ際の踏み込み方とか、

パチン! もフィニッシュの一回しか使っていませんし。

一個だけダメだったのは左耳?

ピアスとかしていませんでした?

見間違いだったならごめんなさい。

あとね、もちろん冨宅祐輔の闘い方、

カッキーとはデビュー戦で凌ぎを削った間柄ですからね、

色んな意味を背負ってメインのオファーを受けたのでしょう。

それと冨宅の構えにも一瞬だけ、

いにしえの藤原組長が見えました。

あのアップライトの型がU-COSMOS頃の藤原組長っぽく見えた。

思い込み? またそれも良いでしょうよ。



最後のセレモニーではスーツ姿のカッキー。

大会の成功や自分の事もそこそこに、

涙を流しながら高山善廣へのエール!!

全く湿っぽさのない大会でしたが、

これは最後の最後でジーンときました。

結局、これもまたノスタルジー的な興行なんでしょうけど、

選手たちの満足感(一部自己満足)と観る側の満足感が、

深い部分で合致するなら、

私は全然ありだと思うんです。

出場してるほとんどの選手の頭に、

白いものが見えてて…。

観終わった後に歯を磨こうと、

洗面所の鏡を見たら、

そこにも同じく白いものが写ってて…。

そういう事なんですよ。

改めてカッキー、復活おめでとうございます!!
カッキーパフォーマンス2

tag : 垣原賢人 藤原喜明 船木誠勝 鈴木みのる 桜庭和志 丸藤正道 冨宅祐輔 中野巽耀 鈴木秀樹

comment

Secret

No title

野村卓矢選手、今は大日本プロレスに上がりつつ(全日本だったかな?)北原光騎のキャプチャーインターナショナルにも上がっております。
実際に見たことはないですが、北原も
「いい選手だ」
とホメてました。

そして、高山善廣・・・。
恐れていた発表がありましたね。
選手生命を脅かす怪我、くらいなら良かったのですが日常生活まで奪われるとは。
有名選手の高齢化に伴う、こういった事故の危険っていうのはどうしても気になります(先日もベイダーの失神がありました)

ひょっとしたら救いがあるとすれば
「誰かの技で怪我をした」
というのではないことかも知れません。

やっぱり、いまだに斎藤彰俊、高岩竜一の試合を見るといまだに消えない過去が頭に浮かびます。

>ナリさん

野村卓矢選手…キャプチャーインターナショナルにも上がっております…北原も「いい選手だ」とホメてました<結構な修羅場でもまれているんですね、素晴らしい。
私は観てて思ったのが、「小鉄さんご存命ならかわいがられただろうなぁ」と。

高山善廣…日常生活まで奪われるとは<高山の場合は前回も一歩間違えると日常生活を奪われる事態でしたしね。
今回ばかりは「リングに戻ってきて欲しい」などと軽々しく言えませんが、ファンの前に姿を見せられるくらいまでには回復して欲しいです。もちろん長いスパンで。

救いがあるとすれば「誰かの技で怪我をした」というのではないことかも<いずれにせよ、プロレスというジャンルが『命を懸けたもの』という“至極当然の事”を今更ながら思い知らされる事故が続いていますね。
紫レガとは?

紫レガ

Author:紫レガ
47歳のプロレス話


「昔はインターネットを旅してましたからね。毎晩ブログでね、今みたいにSNSがいっぱいある訳でもないし、終わったらみんなブログでね、一日の終わりにUPして。今こんなこと言ったらエラいことになりますけどね、よく寝不足になったね、部屋でPCを打ったりね。…いや、そういう歴史はちゃんと教えとかないとね」

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
ISM (1)
AWA (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード