FC2ブログ

雨はこわれたピアノ

今日も雨、

今年の北海道は7月が猛暑でしたが、

8月に入って気持ちよく暑い日が少ないのです。

そして盆が過ぎればそろそろ夏も終わりで、

除雪機やらストーブのCMが始まります(涙)。

夏の終わりに聴きたくなるアーティスト、

今回は稲垣潤一です。
稲垣潤一1

懐かしいけど、

名曲揃いですね。

まずですね、

この季節の夕暮れなんかに聴きたい一曲です。

稲垣潤一『夏のクラクション』


仕事帰りにふと夕日浴びながら、

この曲聴いてると本当に切なくなるんですよね。

続いてはこの曲なんですが、

私、稲垣氏って昭和のCMソング王の様な気がするんです。
YOKOHAMAゴムCM1

たくさんのタイアップ曲がありましたよね。

まず『カナダドライ』のCM曲なんですが、
カナダドライ・ジンジャーエールCM

このCMの印象からか私、

今でもコークよりジンジャーエール派なんです。

あと高校時代の中村あゆみの曲の影響(参照:いつかメインストリートへ)も。

稲垣潤一『思い出のビーチクラブ』


♪ステイゴールド…の部分とジンジャーエールの色がリンクして、

実に爽やかですね。

この曲もどこか夏の終わりっぽく…。

さてお次は、

差支えなければ“代表曲”って言っていいのかな?

土砂降りの雨が実に哀しい、

この詩と稲垣氏の囁く様な歌声がハマっています。

稲垣潤一『ドラマティック・レイン』


別れの歌ですよね。

どうしてこんなに別れの歌が好きなんでしょうね。

…知るか!! って?(笑)。

最後にもう一丁です。

これも思い出深いCM曲、

『ヨコハマゴム』ですね。
YOKOHAMAゴムCM2

作り手も松本隆と大瀧詠一、

昭和の黄金コンビじゃないですか~。

そりゃ名曲にならない訳がない!!

稲垣潤一『バチェラー・ガール』


余談なんですけど、

高校時代の友人が無類の巨乳好きでしてね、

よく書店でエロ本乞う乳…じゃなかった購入に付き合わされて、

その時によく買ってたのが『BACHELOR』っていう、

洋物の巨乳グラビア誌だったんです。

だから私、この曲名の翻訳って“巨乳娘”だと思ってたという(笑)。

ま、これも若気の至りという事で。

あともう少し、

夏よ終わらないで…。
稲垣潤一2

関連記事

tag : 稲垣潤一

comment

Secret

No title

レイン
もっと強く降り注いでくれ
濡れて2人は〜〜んん〜〜
レイン
もっと強く求めてくれ
冷えた身体で〜〜んん〜〜
雨の音さえ隠せぬ罪
(ピアノ、、チャラッチャチャラッチャ…)


そんな事より稲垣潤一さんってCM王⁈
初めて聴く曲もありましたが雨のイメージ
かな。

3枚目の写真…
あれtomoさんならもっと格好良くって
最高ではなかろうか。。。

と、ふと思いました。


…高校時代の友人が
…購入に付き合わされて

Σ( ̄。 ̄ノ)ノあ〜〜あ、
まだそんなこと言ってる。

手元にあって大切に保管、たまに
見てるんですよね(`・∀・´)笑

最近毎日 明菜ちゃん聴いているから
今夜は稲垣潤一さん聴いてみよう。


>みーさん

そんな事より稲垣潤一さんってCM王⁈<そうですね、80年代…私が小中学生の頃はかなりかかっていましたよ。

初めて聴く曲もありましたが雨のイメージ<雨音に似合う歌声…かな?

tomoさんならもっと格好良くって最高では<あぁ、tomoさんの北海道ツーリングも読まれたのかな?
tomoさんはダンディでスーツも似合うし、本当の愛妻家だし、お嬢さん二人とも大切にしてるし…みーさんの理想にかなり近い方ですね。

手元にあって大切に保管、たまに見てる<はい。…いや見てない見てない(笑)。
ガイジンさんの巨乳は苦手です。色、形ともに日本製が最高だと思います。特にGカップくらいの。

今夜は稲垣潤一さん聴いてみよう<ぜひぜひ! でも、みーさんのところはまだまだ夏真っ盛りかな?

No title

稲垣さんは地元宮城県が生んだシンガーの1人ですね。

「夏のクラクション」は8月下旬から9月上旬に掛けての夕暮れ時に聞くとしっくり来るんですよね。
だから、ラジオ番組のリクエストで7月頭ぐらいに流れると何か違うなあと思います。

バチェラーはたまに立ち読みで観ますが、国内外の巨乳、爆乳の女性達が・・・。ただ、アメリカのポルノを見ると整形の女優が多くて残念無念。

>スライディングDさん

稲垣さんは地元宮城県が生んだシンガーの1人<Dさん杜の都でらっしゃるんですね?

「夏のクラクション」は8月下旬から9月上旬に掛けての夕暮れ時に聞くとしっくり来る<まさにこの季節ですね。クールダウンにもってこいの一曲です。

バチェラーはたまに立ち読みで観ますが…でも高いんだよね<えぇえっ!? まだあの雑誌あるんですか!!?? 本当に当時の友人が大好きな雑誌だったんです。
正真正銘の巨乳専門誌ですよね。
紫レガとは?

紫レガ

Author:紫レガ
47歳のプロレス話


「昔はインターネットを旅してましたからね。毎晩ブログでね、今みたいにSNSがいっぱいある訳でもないし、終わったらみんなブログでね、一日の終わりにUPして。今こんなこと言ったらエラいことになりますけどね、よく寝不足になったね、部屋でPCを打ったりね。…いや、そういう歴史はちゃんと教えとかないとね」

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
ISM (1)
AWA (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード