札幌中島史上最大の危機~前編~(1991)

今夜、テレビ見てて驚きました。

若いことは当然知ってましたが、石川遼くんって1991年生まれなんですね!!

改めてびっくりしました。

誕生日は9月17日。

その9日後に、私は有給取って、札幌中島体育センターでUインターを観戦していました(汗)。

中島公園の白樺並木

今はなき札幌中島体育センター別館

1991年9.26

今じゃ見られない満員御礼

ちなみに現在の田村の打撃コーチ、立嶋氏(参照:至近距離からの証言を元に)は当時、大江のセコンドとしてUインターのリングに上がっていました。

大江のセコンドとして立嶋氏

メインはUインター初の大物外人登場。

ボブがやってきた!!

迎え撃つのはエース高田です。

高田もきた!!

まさしくこの日が最初の“紫レガース”

恒例のガンつけ

高田延彦vsボブ・バックランド

高田vsバックランド

3年前に新生UWF大阪大会で行われた同カードのリマッチです。

ガッチリ握手

開始と同時にお得意の低いタックル。

ボブお得意のタックル

高田も軽いローから入る。

高田はローで先手

バックランドは一気に打って出る。

一気に詰めてエルボーバット

Uではアトミックドロップじゃなく、バックドロップ。もちろんハイアングル。

ハイアングルのバックドロップ

ブリッジのない技にもかかわらず、勢いでスープレックス・ポイント奪取!!←ごめんなさい。ダウンポイントの減点3でした。

なぜかスープレックスポイントとなるが、すぐに高田は起き上がる

さらに畳み掛けていく。

再びボブのエルボー

さらにニーリフト

一瞬の隙に高田は右の掌打から、

高田は右の掌打から

ミゾオチ付近に強烈な蹴り!!

ボブのミゾオチにミドルキック

別角度から

バックランドはのたうちまわり、カウント10!!

高田はいつものようにコーナーで勝ち名乗りを上げるが…

カウント10が入り、高田秒殺勝利

下腹部を押さえてのたうちまわるバックランドに場内は「金的だろ!!」、「急所蹴りだ!!」と騒然。

しかし下腹部を押さえてのたうちまわるボブに場内騒然

バックランドは悶絶。

金的か!?

どうなってしまうのか!?

当時、新日とUはほとんどこの会場で見てましたが、後にも先にもこの日以上に緊迫した事はありません。

後編へつづく~
関連記事
スポンサーサイト

tag : 高田延彦 ボブ・バックランド WWF 札幌中島体育センター

comment

Secret

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード