真夏の夜の幻と駱駝~後編~(1989)

前編からの続きです。

劣勢から転じた高田延彦のローキックを、

船木優治(現・誠勝)はローブローと訴えましたが、
船木はローブローを主張

高田の場合、相手の正面から打つローは、

腰を返さずに最短距離の直線軌道で蹴るので、

どうしても下腹部に入りやすいんでしょうね。

高田は意に介さず、ここから猛ラッシュで追い上げます。

膝蹴りからフック気味の張り手、
高田の右フックから、

右ハイでスネをぶち込んでおいて、
右ハイキックは顔面!

首相撲からの膝蹴り!!
さらに膝蹴りも顔面に!

倒れ込みながらも足を取りに来たところへ、

追い撃ちの左は顔面直撃!!
沈みながら足を取りに行くところ追い撃ちの左!

たまらず船木は2度目のダウン。
たまらず船木も2度目のダウンです

ここら辺から非情な高田が出てきました。

船木はカウント9でゆっくり立ち上がると、

すぐに反撃に出ました。

掌底の連打からバックブロー。
船木のバックブロー

高田も打ち返すと、

それを嫌った船木は片足タックルへ、

これは高田が難なく潰して上からの張り手。
上から張っていく高田

連打からサッカーボールキック、

そして腕ひしぎに来たタイミングで船木は上になります。

ロープ際でブレイクがかかる中、

高田は下から張り手、
下からも張っていく高田に、

対する船木も上から…これナックルに見えますね。
船木は上からナックル(?)

スタンドから再開すると、

ここで船木は豪快なダブルアーム・スープレックス!!
豪快な船木の人間風車

そのままダブルリストロックを狙いますが、

高田のかいな力を極め切れず、

照準を足に転換して逆エビ狙い。
船木は逆エビ狙いから、

裏返すとレッグロックで潰してから、
レッグロックで潰しておいて、

ガッチリとフェイスロックに絞り上げます、
ガッチリとフェイスロック

これも言い方変えりゃキャメルクラッチなんですけどね。

極め切れずに船木は技を解くと、

打ち合いから船木もう一度片足タックル、
船木の片足タックルをこらえて、

ここも高田はこらえると、

ガラ空きの顔面へ膝蹴り。
高田は顔面への膝蹴り

船木3度目のダウン…しかしすぐに高田が蹴りに行ったため、

ダウンとしてカウントされません。
船木も3度目のダウン

スタンドから高田ががぶって船木の首を取り、

そのままフロントネックロックへ。
高田のフロントネックロックで、

これもガッチリ入って船木はたまらずロープエスケープ。
船木がロープエスケープ

完全に回復した高田は、

張り手から左ハイ、

そしてソバットを挟んで、
高田のソバットから、

すぐさまニールキック!!
すぐさまニールキック

このコンビネーションで船木は3度目のダウン、

ダウン数がタイとなりました。
船木3度目のダウン

船木は立ち上がると左腕をロックしてのバックドロップから、
船木は左腕をロックしてのバックドロップ

当時はオリジナルと言ってもいいアンクルホールドへ!!
ここで出た船木のアンクルホールド!!

高田が裏返るとそのまま裏アキレスの形で絞り上げますが、
裏アキレスの形で絞り上げる

高田は蹴りで脱出に成功し、

すぐさま頭部へのキック。
脱した高田は頭部へローキック

これで船木が4度目のダウン、逆転です!!
船木が4度目のダウン

しかし起き上がりざまに船木は、

不用意に近づいた高田に高速の浴びせ蹴りをヒット!!
船木もすぐさま返礼して、

高田もこれが4度目のダウンです!!
高田も4度目のダウン

これで両者ともに後がない状態、

期せずして打ち合いが始まります。
両者とも後がない状態での打ち合い

手数が多いのは高田、

これを嫌った船木は両足タックルから持ち上げますが、
船木が両足タックルから持ち上げるが、

高田は冷静に重心を乗せて潰しておいてから、

胸板へ左ミドル!
左ミドル、

さらに豪快なバックドロップで叩き付け、
高田が豪快なバックドロップから、

最後は力任せにキャメルクラッチで、

船木は無念の涙を飲みました。
そして最後はキャメルクラッチ

死力を尽くした削り合いを制したのは高田でした。
苦戦の末、高田が一本勝ち

敗者船木はさっさとリングを後にし、

高田も勝利者セレモニーを残して、

すぐに降りようとしましたが、

この試合に両者とも満足出来なかったのでしょうか?

試合後、高田はこう言っていました。

 夢のいる場所―新U.W.F.伝説 高田延彦エースへの物語(板橋雅弘 著)

「おもしろかった」
どうでしたという、試合の感想を求められての応えだ。まだ試合が終わって五分と経っていなかった。顔には船木の掌底を受けた跡がくっきりと残っていた。苦戦だった。それなのに、高田はおもしろかったといった。

(略)

「今日はうまいビールを飲むつもりだったのに、頭をやられたからダメだな。右側が熱いんですよ」
助手席で小さくなっている高田はそういった。あまり残念そうないいかたではなかった。ハンドルを握りながら、ぼくは船木についてたずねてみた。
「船木は、UWFに新しいものを運んできてくれたんです」


当時、高田にとって船木との対戦が、

実に意義深いものだった事は、

言葉の中から察しがつきますね。



キャメルクラッチで終わったのが真剣勝負としてはありえない?

それは単に(その時点における)自身の経験値である、

レスリングと柔道を基準とした考え方に過ぎない訳で、

プロのリング、ましてやUWFというプロレスリングを経験していない、

あくまでも素人の思い込みに過ぎない訳です。

無理矢理例えるならアマ相撲の選手が大相撲を観て、

「200キロ近い人間がうっちゃりで宙に舞うなんて絶対ありえない」とか言う様な…。

しかも、これ試合時間5分の中での出来事じゃなく、

12分間闘い抜いた末のキャメルクラッチですからね。

ただこれについては、

そういう想いを抱いてUに別れを告げた中井氏に非はありません。

むしろ中井氏は北海道民の誇り、間違いなく偉人ですよ。

私が腑に落ちないのは中井発言を隠れ蓑にして、

当時を知らない読み手の人々に、

この試合が“悪”みたいな情報操作をする柳澤氏の手法ですね。

UWFスタイルである以上、

こういう作品が残されるのは充分にあり得る事なんです。

私の想いの中ではこの試合はラクダ固めによる高田の一本勝ち、

この一年後の再戦は流血アクシデントによる船木のTKO勝ち、

それ以上でもそれ以下でもありません。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 高田延彦 船木優治

comment

Secret

No title

1984年のuwf僕も読みました。佐山さんがmmaに果たした功績を再評価するために、uwfを下げる。考えが浅いなと思います。佐山さんが果たした役割以上にu系がmmaの歴史の中で果たしてきた役割は大きいのに。桜庭さんのufc殿堂入りがその証明です。でももし、1984年のuwfがもう一人の候補だった平直行視点で書かれていたら違ったのかなとは思います。平さんは前田さんとシーザーさんは絶賛してますけど、佐山さんに対しては結構辛辣な評価をしてますし。柳澤さんは次は「2000年の桜庭和志」を書くという話ですが、一体どうなることやら。

No title

キャメルクラッチなんて、身体を真っ二つにしたり気絶させてラーメンにしちゃう技ですからね。

それはさておき、話はあれかもしれませんが小学生の喧嘩なんかではキャメルクラッチは人道的に禁止的な風潮がありました。
逆エビも然り。
そもそも、世の中には使えない技なんて無くて、桜庭が出したモンゴリアンチョップや相手がかかってしまえばそれは使える技です。
アレクが高田に決めたようにフィッシャーマンズスープレックス(バスター?)は使える技です。
ヘッドロックでも相手が痛くてギブアップすれば使える技です。
まぁ、同じく中井選手に非はありませんが。



柳澤氏は「これが八百長だ」と言いたい事ってのは何か説得力が薄くて。
例えば、
複雑な判定のあった村田選手の世界戦後に、対戦相手と仲良く記念撮影したこと。
違法賭博で競技に1年もブランクがあったのに、復帰後のバドミントン大会で優勝。
卓球で13歳の子が、オリンピック銅メダリストに勝利。
棋聖デビュー以来、23連勝の14歳。

これぜ~~~んぶ、プロレス嫌いに言わせたら
「ほら見ろ!
こんなのおかしいだろ、ありえないことばっかり。
だから八百長なんだよ!」
のような扱いされる事柄ばかり。


何の理由にも証明にもなってません。

>18歳のプロレスファンさん

1984年のuwf僕も読みました<読みましたか。

佐山さんがmmaに果たした功績を再評価するために、uwfを下げる。考えが浅いなと思います<MMAの歴史において、佐山の場合はプレイヤーとしての功績よりオープンフィンガーグローブとかヒクソン招聘とか、そういう部分のアレですよね。

桜庭さんのufc殿堂入りがその証明です<桜庭自身はUWFというものにそれ程の想いはないみたいですけど、プロの始発点がUWFインターであった以上、ファンはそこにUWFの勝利を見ても罰はあたらなかったはずです。

1984年のuwfがもう一人の候補だった平直行視点で書かれていたら…前田さんとシーザーさんは絶賛してますけど、佐山さんに対しては結構辛辣な評価をしてます<平氏は佐山の弟子だった時代もあったんでしたっけ?
技術を磨いたのはシーザージム時代、メジャーに躍り出たのは前田氏のおかげ…という具合に考えているんじゃないでしょうかね?

次は「2000年の桜庭和志」を書くという話ですが<中邑・棚橋も含めて、このくらいの時間軸だと今までの様な捏造は許されないでしょうから、もっと事実に副った作品になる事と思います。

>ナリさん

身体を真っ二つにしたり気絶させてラーメンにしちゃう技<男は黙って残虐ラーメン!!

小学生の喧嘩なんかではキャメルクラッチは人道的に禁止…逆エビも然り<普通に鍛えてないと危ないですからね。
そういう意味でトライアングル・スコーピオン最強説もありました。

そもそも、世の中には使えない技なんて無くて…相手がかかってしまえばそれは使える技<むしろ柔術家やアマチュアレスリングベースの選手には、元々プロレス技であるダブルフットスタンプやスライディングキックなんか防御する術がわからないでしょうし。MMAが画一化されてマニュアル化していった中で、桜庭やアレクの様なある種トリッキーな技術は十分通用しましたからね。

アレクが高田に決めたようにフィッシャーマンズスープレックス(バスター?)は使える技…ヘッドロックでも相手が痛くてギブアップすれば使える技<バスター系の技はルールで禁じられる事もある訳で、特にMMAの硬いマットでは必殺技にもなり得る危険技です。
ヘッドロックはグローブのあるMMAでは威力が半減してしまいますよね。でも桜庭はハイアン戦でフェイスロック使いましたよね。あれは効いていました。

柳澤氏は「これが八百長だ」と言いたい事ってのは何か説得力が薄くて<ナリさんにもぜひ記事中の方が書いたコラムを一読頂きたいです。
柳澤氏は日本のアマレス史についても一冊書かれていますが、その記述や発言についても事実誤認がある様です。
恐らく調べたものを裏付けまではしないライターさんなのでしょう。

柳澤健「レスリングとオリンピック まだらのルーツ」について
http://www7a.biglobe.ne.jp/~wwd/PW150926/

ぜ~~~んぶ、プロレス嫌いに言わせたら「ほら見ろ!こんなのおかしいだろ、ありえないことばっかり。だから八百長なんだよ!」<そうなると、もはやクレーマーと代わらないですからね(笑)。むしろスポーツ界よりも世の中にプロレス的事象は多々ある訳で。

だってナリさん、『どんな仕事だって死ぬ可能性あるじゃねーか』ってね、誰かの名言にありますからね(そのまま仰向けにダウン)。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード