真夏の夜の幻と駱駝~前編~(1989)

まずはこちらを読んで頂きたい。

 柳澤健「1984年のUWF」について より
序章 北海道の少年 /第1章 リアルワン

柳澤健の最新作は、筋書きに合う資料だけを連ねる偏りがあって、結果として佐山聡を持ち上げ、前田日明を貶めている。以下に検証する。

序章 北海道の少年
(P21)
試合開始早々、船木は掌底を次々に繰り出して高田をリングに這わせた。レフェリーの空中正三はダウンを宣言、リングアナウンサーがダウンカウントを数え始める。
10カウントがコールされた時、高田はコーナーポストに寄りかかったままだった。
当然、船木に勝利が宣言されるはずだったが、意外にもレフェリーの空中は試合を続行させた。

1989年8月13日、第2次UWF・横浜大会のセミファイナル。
さすがに10カウントがコールされたらゴングが鳴らされる。ビデオを見ればわかるが実際は、高田が立ち上がったところでカウントは9で止まっている。


「週刊プロレス」(ベースボール・マガジン社、1989年8月29日号、No.334)
しかもダウンカウントはナイン。高田はファイティング・ポーズを取らず、コーナーを背にして、ボウ立ちになっている。
ボクシングなら、これで高田はKO負けを取られても、しかたがないように見えた。高田、最大のピンチである。


ボクシング並みの厳格なルールの適用が必要である、との意見ならわかるが、「10カウント行ったのに試合続行」と書くのは嘘である。


詳しくは存じ上げませんが、

この方の柳澤氏への反論はプロアマ問わずナンバー1じゃないですか?

膨大な資料を基に一個一個検証しての反論が鉄壁なんですよ。

私の様な感情に任せたアレじゃなく(苦笑)。

ぜひ全章読んでみて下さい、これ凄いです。

では…1989年8.13 横浜アリーナ

高田延彦vs船木優治
を観ましょうか。
高田延彦vs船木優治

開始ゴング早々、

船木優治(現・誠勝)が躍動します。
中間距離から、

いきなり直線に伸びてきた掌打を、

モロに顔面へ食った高田延彦が、
船木の掌底が伸びてきた!

足元から崩れる様に後退すると、
足元から崩れる高田に、

そこを逃がさず飛び膝蹴り!
船木は飛び膝

さらに顔面めがけて追撃!!
さらに顔面を蹴り上げて、

そして掌底のラッシュ!! ラッシュ!!
掌底のラッシュラッシュ!!

防戦一方の高田は伏せる様にその場でダウン!!
高田がダウン!!

予想以上に早いダウンシーンに興奮の館内、

カウントはどんどん進む中、高田は動きません!!
うつ伏せに倒れて動かない高田、

何とか起き上がるも足元がおぼつかない高田、
何とかカウント9で立ち上がりました

空中レフェリーのカウントは9で止まりました。

これが世に言う“幻のKO”ですか?

ダウンカウントが意図的に9で止められたとやらの。

このダウンシーンに疑問を抱くのなら、

一連の前田vs高田でよく見られた、

コンタクトレンズのくだりなんかはどうなってしまうのか?

あれこそ選手と興行の都合を優先して、

カウントを止めて試合続行していたじゃないですか。

しかも本来格闘技に許されない「タイム」まで挟んでね。

この場面、船木も高田の体勢が整うのを待っています。
船木は高田の回復を待つ

これがルールの“あや”なんです、ええ。

冒頭のコラムにも書かれてある様に、

UWFをボクシングルールのフレームにはめちゃダメなんですよ。

知らない人を騙す様な嘘ついちゃダメなんです。

場内がざわつく中での試合再開ですが、

明らかに高田の下半身に力が入っていません。
フラ付きながら向き合う高田

船木はミット打ちの如く、

高田の顔面に右の掌打を打ちます。
船木は右の掌打から、

後年、船木は高田の特徴をこう語っています。

UWF→PRIDE―総合格闘技20年史表紙
 UWF→PRIDE―総合格闘技20年史 より

船木
「力は強い。スネも固かった。ただパンチが一番のネックでしたね。目を瞑ってしまうんですよ」


高田は早い段階からボクシングジムへ出稽古に行ってましたが、

パンチに目を瞑るという防御面での欠点があったのです。

それをこの試合中に見切った船木は、

面白いくらいに掌打を当ててきた訳です。

さらにダメージの残る高田へ飛び膝蹴り。
飛び膝蹴り、

もはや立っているのもやっとの高田、

完全に脳が揺れている模様です。
足元おぼつかない高田に、

そのままコーナーに寄りかかったところへ、

船木はモーションの大きな浴びせ蹴り。
コーナーに詰まったところへ船木の浴びせ蹴り

これは当たりが浅く、

高田はすぐさま組み付いてグラウンドへ、

だが動きの良い船木はスルリとすり抜けて、
高田はグラウンドへ持ち込むが船木はすり抜けて、

スタンドで向き合うと、

再び掌打!!
再び掌打!

高田のガードが全く追いつきません。

腰から落ちつつ何とか持ち堪えると、
ガクンと沈む高田に、

猛然と船木は右ハイから左ミドルキック。
船木の左ミドル

再びコーナーに追い詰めて膝蹴り、

さらに掌打が入ると高田2度目のダウン!!
高田2度目のダウン

カウント9直前で何とかファイティングポーズを取った高田ですが、

まだ足元はフラフラとしています。
まだフラつく足元

手四つで組みに行きますが、

そこへ船木の膝蹴り。
船木は猛然と膝蹴り

高田は組み付いて、

やや強引ながらもバックドロップ狙い、
組みついてやや強引にバックドロップ狙いの高田、

船木は腰を落として対処すると、

ショートレンジからのヘッドバット一発。
船木は腰を落としてヘッドバット

掌底ラッシュで崩しておいて、

膝蹴りを突き上げて顔面を空けてから、
顔面への膝蹴りから、

超ショートレンジの掌底!!
ショートレンジの掌打!!

モロに入ったこの一撃に、

高田は大の字でダウン!!
高田3度目のダウン!!

館内が一際騒然となる中で何とか立ち上がるも、

ファイティングポーズさえままなりません。
何とか起き上がる高田

それでも声援を受けて、

高田は気合で持ち直していきます。

声を発しての掌打から、
高田も掌打から、

インロー気味に右からの蹴りがヒット。
右の蹴りがミゾオチか下腹部にヒットし、

これが鳩尾から下腹部付近に入り船木が崩れると、

追い撃ちの蹴りをもう一発、
崩れ落ちた船木にもう一発

この試合初めて船木がダウンを喫します。

高田もここら辺から徐々に立て直してきます。

立ち上がった船木はローキックの連打ですが、
立ち上がった船木の右ロー

高田は動じずに顔面を張ってから、
高田は顔面に張り手

もう一度インロー気味の蹴り。
高田のインローに、

船木はバックステップでかわすと、

レフェリーにローブローを主張します。
船木はローブローを主張

すぐに高田も反論しますが、

高田のインローは下腹部に入りやすいんですよね(参照:7年半の引退ロード)。

違う見方をするならば、

高田に余裕がない表れでしょうか?

とにかく後編へ続きます。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 高田延彦 船木優治

comment

Secret

前田選手のストレート、319キロを上回る、実に330キロ

この試合!!ビデオテープの映りわるくなるほど見ました。ボクの骨法好きがピークを迎えた試合です(^^)

これ見て、実戦は手技が重要なんだな~と、当時しみじみ思いました。

後半も楽しみにしています(^-^)

船木さんのコメントが興味深いです。

レガさん


船木
「力は強い。スネも固かった。ただパンチが一番のネックでしたね。目を瞑ってしまうんですよ」


このコメントについて、間接伝聞からの連想イメージではありますが、石川さん(トーイ)に似たような話を聞いたことがあります。

「俺がトーワ杯に出る際、船木さんが真っ先にしてくれたアドバイスが『石川は視野がここから、ここまでで、ここ辺りからの攻撃は死角になるから気を付けろ。
相手はお前の目の動きで視野の範囲をつかんでくるよ。
そういう意味でも打撃の専門家なんだからな』
だったんだけど、俺の視野について正確に把握していたからね、そんな話をしたことなかったのに…あれはびっくりした。
船木さん、さすがだな、凄いなって思ったよ」

だから船木さんは恐らく、相手の視野を含めた打撃戦術については、色々と試行錯誤を繰り返していたんだと思います。

もっとも、この頃はまだまだその境地まで至っていないでしょうけど…

さて、この試合の宿題は

・プロのエンターテイメントの部分をどこまで許容するのか?
・観客の満足度をどこに設定するのか?
・競技としてのルールに遊び(グレー)はどこまで必要か?
・この試合でルール改正をするのか?

ということでしょう。

ぶっちゃけ、UWFインターの

「関節でもキックでも、入っちゃったらそれはそれでよし」

はこの試合の教訓を生かしたのだと私は思っています。

>流星さん

前田選手のストレート、319キロを上回る、実に330キロ<Uのビデオのナレーションですね!? さすがっ!!

ビデオテープの映りわるくなるほど見ました。ボクの骨法好きがピークを迎えた試合<とにかくあの構えと足運び…特に高田の3度目のダウンシーンなんか発勁みたいに見えましたから。一気に神秘性が高まりましたよね。

これ見て、実戦は手技が重要なんだな~と<流星さんの場合はやはりそういう風に見るんですね。私の場合はもっぱら見るだけの人間なので、画面観ながら「すげー! すげー!」言ってるだけのアレですよ~。

>オーエンさん

石川さん(トーイ)に似たような話を聞いたことが…『石川は視野がここから、ここまでで、ここ辺りからの攻撃は死角になるから気を付けろ<自分の身体を実験台にして肉体改造したり、近藤や謙吾を自分が作ったマニュアルに副って最短距離でメインエベンターに育て上げたり、独自の育成法ですよね。

この頃はまだまだその境地まで至っていないでしょうけど<ロベルト・デュランのパンチをウェービングでかわして行くんだから凄いですよね。

ぶっちゃけ、UWFインターの「関節でもキックでも、入っちゃったらそれはそれでよし」はこの試合の教訓を生かしたのだと私は思っています<それがあるのとないのとでは緊張感が段違いですよ。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード