続々・本人の証言を元に

今号の格通、面白いです。

kamiproのとは一味違った田村のインタビューは主に技術的観点から、試合を忠実に振り返ってます。

格闘技通信 2009年 03月号 [雑誌]格闘技通信 2009年 03月号 [雑誌]
(2009/01/23)



この試合について、私が思ったことはある部分ドンピシャ(古っ!)で、ある部分全くの的外れでした。

それでもこうやって本人の口から語られると嬉しいですよね。(参照:本人の証言を元に続・本人の証言を元に )

 格闘技通信 3月号 より
田村潔司「殴ってやろうと思ってましたから(ニヤリ)」

田村
「僕はサクのカウンターのタックルがすごく苦手。今回もあれは全然防げなかった。以前、Uインターで3連戦した時も『なんで入られるのかな?』と頭の中でずっと引っかかっていましたよ。今回もカウンターのタックルは変わらずうまかったですね。その部分ではすごくやりにくかった。こっちが仕留めようとした時に決められちゃうと、そこでこっちの動きを止められちゃうじゃないですか。サクのタックルはスピードではなく、独特のタイミングが持ち味。僕が前に出て行こうとしたら、出会い頭に入ってくる感じなんですよ。だから入られるたびに、あ~、やられたという感じになってしまいましたね」

 田村冷静に対処

「(最初のローは)狙っていました。ローといってもいきなりドスンというのではなく、やわらかく入るローです。強いローやミドルを一発目に当てるというパターンもある。でもサウスポー同士でローに対しては軽くパンチを振ってからローを当てる。一回感触を掴んでから2発目でドスンと入れる。立嶋さんの指導がなかったら、パンチもローも力任せに打つだけだったかもしれない」

 先手は田村のロー、桜庭ステップバック

「(パウンドと鉄槌は)全然普通に落としました。殴ってやろうと思っていましたから(ニヤリ)。スタンドでもグラウンドでも。ちょっとだけ僕の脳裏に、向こうが提案した時間無制限とか素手という言葉が残っていたのかもしれない。カチンとはこなかったけど…。極端な話、殺人予告があった時に警戒しない人はいないわけじゃないですか。だから心の準備という部分ではずっと心に引っかかっていて、いつでも殴る用意はできていましたね」

 田村凌いで再びパウンド

「(試合後どんな会話を?)たぶん活字になっている通りです。サクはずっとメインを背負っていた選手じゃないですか。彼は彼なりに人にいえない悩みがあったんだと思う。やっぱり新弟子の時代から知っている奴なので、知っているがゆえに心の中で『サクも人にはいえない重圧を抱えているんだな』と会話していたような気がします」

 深々と礼

「ルールはわからないけど、僕は10回連続で桜庭とやりたいという気持ちがある。10回やるとしたら、こっちも結構気が楽ですから。そうしたら、ひとつは絶対いい作品ができると思います。そのひとつの作品を求めて、10回やりたい」


最後の部分はkamiproのと重複します(参照:本人の証言を元に)が、全体的に勝ったことで見えてくる余裕が感じられます。

これは桜庭と対極ですね。

負傷している(参照:その後の田村、その後の桜庭、そしてU)のも関係してくるのか、非常に力が抜けてます。

試合内容に関して言えば、やはり警戒していたのはタックルで、

今では大多数の人が「桜庭のタックルは昔のようなスピードがない」と言ってますが、大事なのは総合における絶妙なカウンターの合わせ方。

これは12年経っても田村には攻略できなかったようです。(参照:徹底比較・田村vs桜庭)

他にも高田戦以来に試合後、数日間寝込んだらしく、取材中も咳が止まらなかったそうです。

最後に私が気になった部分です。

田村
「僕がつまらない試合をしたと思っても、お客さんとしたらホントに感動しましたという人もいるでしょう。料理と同じですよ。『ほら、俺が作った料理だ。うまいから食え』と言われちゃうと、どうしても引いてしまうじゃないですか。美味しいだろと迫られたら、勢いでハイと言ってしまうかもしれない。だから僕の方からは求めない。食べた人から素直な感想を聞けばいい」


これって、宮戸イズム(参照:宮戸語録 vol.3~宮戸味徳編~)ですよね。
関連記事
スポンサーサイト

tag : 田村潔司 桜庭和志 Dynamite!! 格闘技通信 布施鋼治

comment

Secret

桜庭選手のタックル

へっぽこですが・・・ボクも一応レスリング経験者なのでタックルのお話は田村選手の意見、なんとなくわかります(^^;

普通タックルって前に出てくる相手に対し、自分が下がりながら入れるもんじゃないんですよね。
タックルって技の性質上、入る方は前に出るのが前提で、タックルを受ける、いわゆる切る方というのは基本後ろに下がりながらなので・・・カウンターで入られたらセオリーのまったく逆です。経験者でもまったく未知の動きです。こうなったらまずタックル切れないと思いますね~。しかもこれを実戦でやるというのがホント凄いと思います。思ったからって誰でもできることじゃないですよね~。

だから・・・おそらく世界でもこのタックル使えるの桜庭選手だけなんではないでしょうか?

相手が前に出てくるタイミングに合わせて下がりながらスッと沈んで入るタックル・・・プライド全盛の頃も桜庭選手このカウンタータックルよく使っていましたよね。田村選手は以前にもこれを受けた経験があるからわかっていましたが、初めて対戦する相手だったらあれは桜庭選手が一瞬視界から消えるような感じに見えるんじゃないかなぁ~。

とにかく田村選手も桜庭選手も格闘技術は天才ですよね(^^)

なんて・・・散々えらそうなこと言っちゃってすいませんです、ホントに(^^;

>流星仮面二世さん

いやぁ~ありがとうございますっ!!!!!!!
目から鱗です。大きな大きな鱗です。
私自身、技術的な検証が大好きなんですけど、いかんせんレスリング技術については聞きかじりの程度ですんで…今回の流星さんの講義は嬉しいです。

やっぱり桜庭のタックルは世界基準ということですね。
もともと総合の黎明期で両足タックル全盛の頃から桜庭は片足タックルの有効性を言ってきました。
相手の前進に合わせると言うのは投げのタイミングですよね。そこを打撃を潜り抜けてタックルですから…改めて凄いことなんですよね。

おそらく世界でもこのタックル使えるの桜庭選手だけなんではないでしょうか?<そうですか!!…はい。
一部にはストライカーみたいな意見も目にしますが、田村だってタックル技術高い方だと思います。違ってたらすみません。

散々えらそうなこと言っちゃって<とととととんでもない!! また技術的なご教授お願い致します
m(_レ_)m
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード