続・本人の証言を元に

昨日、格通を購入したんですが、読み始めて3分後くらいに疲れて眠ってしまいました(汗)

フローリングの上に仰向けで眠ってしまい…腰が痛いです(苫笑)

格闘技通信 2009年 03月号 [雑誌]格闘技通信 2009年 03月号 [雑誌]
(2009/01/23)



とりあえず高山、垣原、金原のインタビューを読んだのですが、ここは明日以降にまわすとして(高山のコメントに共感する部分いっぱいあったなぁ)、

まずはkamiの田村と同様に桜庭のインタビューをスポナビの続きから(参照:総括は、まだ先。)。

 格闘技通信 3月号 より
桜庭和志「これで“完結”終わりにしましょう」

桜庭
(体調がいい時にもう一回?)それをやってしまうと、自分の都合を押しつけてしまうことになる。“大会”が自分の都合に合わせてくれるわけじゃないですから。自分が大会に合わせないと。ぼくはやれといわれれば、(田村とは)またやりますよ。後はその試合を、イベント側、そしてお客さんが求めるのかどうか。それが合致しないことには、できないですから」

 桜庭から握手に行き

(田村は)冒険しないんですもん。だれかが勝手に勝敗を決めてくれ、という闘い方でした。ぼく的には、嫌な試合でしたよ」

 難なく抜けてパウンドへ

(Uインター時代の最初の2戦がいい試合になったのは?)たまたまだと思いますよ。あのころのぼくは、アマレスの動きしか知らなかったですから。タックルに入ったら、普通は(相手は)仰向けには返さないんです。アマレスでは、そういう動きは100%あり得ない。でも田村さんは仰向けに返って、そのままクルクル回った。そういう動きが、当時のぼくにはわからなかった。この12年間、おたがい違うことをやってきたので、違ったものが身についている。それで、合わない部分が出てきたのかもしれないし。いまでは(おたがいに)まったく違いますから。吸っている空気も違えば、生きている世界も違う。この12年間のあいだで培ってきた、ぼくと田村さんの“真剣勝負”の闘い方は、まったく違いますから」

 苦肉の片足タックル

「今回はこれで“完結”でいいと思います。ただ、やれといわれれば、やりますよ。やるなといわれれば、やりません。PRIDEの初期のころにやっていれば、また違った試合になっていたかもしれないです。総合でも、クルクル動く試合はできるんですよ。ただ、昔のクルクル動く試合は、いまは通用しないんです」

 すばやくヒールへ

「試合中に『田村さん、強いわ』って“褒め殺し”もしたんですけど(苦笑)。それでも、まったく動いてくれませんでした。田村さん、プロレスラーですよね? あれだけ会場がシーンとなっていて、しかも“褒め殺し”までして動かないんだからしょうがないですよね」

 再び桜庭ガード、田村が何か語りかけると…

(田村に一度も勝っていないという結果には?)いいんじゃないですか。ぼくの4敗でいいです。(田村は)ぼく自身に判定で勝っただけです。ぼくが過去に対戦した相手に勝ったことを、丸ごと持っていかれたわけじゃないですから。ぼくに勝ったから、田村さんが彼らにも勝てるかといえば、それはわかりませんから」

 田村判定勝ち


完全に『感情論』になってます。

最後の部分に集約されてますが、桜庭…相当に悔しいんだと思います。

「“完結”でいい」とは言ってますが、今回の田村戦以外に、こういう形での“言い訳”って聞いた事ないです。

体調的な部分が大きいですが、何よりも試合結果に相当な憤りを感じます。

インタビュー中、この他にも例の“煽りV”のことも語られてます。

田村vs桜庭煽りV⑨

もちろん“プロレス、真剣勝負”発言についても。

田村vs桜庭煽りV⑩

連載コラムでもプロレス論に終始してます。

でも、この部分は今回は当ブログには書きません。

気になる方は、それぞれ読んで下さい。

私が感じたのは行間から滲み出ている『悔しさ』です。

戦前はどんな内容になったにせよ、もう田村には負けない、と思っていたはずです。

しかし完敗。

一方の田村の格通版インタビューは試合展開を振り返った『技術論』になってます。

こっちは勝利の余裕さえも感じる内容でした。

またこれも明日以降ということで。
関連記事
スポンサーサイト

tag : 桜庭和志 田村潔司 Dynamyte!! 格闘技通信 藤本かずまさ

comment

Secret

No title

格闘技通信、まだ買っていませんでした!

急いで買いにいってきます!

レガさんの記事を読みだけで、いつもの桜庭じゃないですよね。

連載の桜庭のプロレス論もめっちゃ気になります!!!

>☆さん

今回の格通は買いだと思いますよ。
Uインターへの想いが強い方なら各人のコメントにいろいろと思うところあるはずです。
前号でもありましたが、改めて田村はプロレスラーで桜庭は総合格闘家なんだと思いました。

No title

田村さんは仰向けに返って、そのままクルクル回った。そういう動きが、当時のぼくにはわからなかった。総合でも、クルクル動く試合はできるんですよ。ただ、昔のクルクル動く試合は、いまは通用しないんです。

よくよく見ると私にとって凄く興味深いコメントです(´∀`*)

コメンントからすると中村VS所はクルクル進化系なんでしょうね。

>ケツさん

クルクル進化形というのは言い得てますね。

当時のぼくにはわからなかった<極端に言えば、クルクル=回転体というのは勝つための最短距離とは異なりますからね。
昔のクルクル動く試合は、いまは通用しない<今はさらに見る目がシビアですから、田村がかつて見せてきた回転体も認知されないんでしょうか。
田村の回転体と、中村vs所のクルクル進化形はかなり意味合い変わってきますよね。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード