暴風雪の選手権試合~中編~(2017)

前編から続いて来ました。

ほぼ挑戦者のワンサイドな試合運びに、

王者であるオカダ・カズチカは防戦一方から一転、

魂に火が点きました。
オカダの怒りに火が点いたか?

エルボーバットで前に出ていきます。
エルボーで反撃に出るが、

しかしこの展開に絶対の自信を持つ鈴木みのるは、

脳を揺らす鋭角的な打ち抜き方で、

倍返ししていくのです。
鈴木はここも打ち抜き、

そして顔面めがけたビッグブーツ、

これはオカダがガッチリと受け止めて、
ビッグブーツはオカダが受け止めると、

同じ技で返していきます。
同じ技でお返しして、

この技ではオカダの方に分があるのか。

続いてクロスアーム式のネックブリーカー。
クロス式ネックブリーカー

もう一度主導権を取り戻すべく、

ここから徐々にオリジナル技を繰り出す構えです。

下半身の踏んばれないオカダは、

鈴木にロープへ振られますが、
鈴木はロープに振っての、

カウンターのビッグブーツを軽くかわすと、
ビッグブーツに行くがオカダはかわして、

反対側から走り込んでのバックハンドエルボー。
走り込んでのバックハンドエルボー

コーナーに振っての串刺しエルボーから、

流れる様にDDT。
コーナーでの串刺しエルボーからDDT

いつも通りヘッドスプリングで起き上がりますが、

右膝に痛みが走ります。
いつものヘッドスプリングは、

これ半分は普段のパフォーマンスもあるのでしょうが、

半分は試合途中で膝の具合をセルフチェックしたものと見てます。
膝のダメージのセルフチェックか?

ランニング式のエルボースマッシュはいつ見ても豪快。
ランニング式のエルボースマッシュから、

矢継ぎ早にトップロープへ登りますが、
トップロープに登るが、

これを待っていた鈴木がコーナーに向かって突進。

オカダは高々と飛び越えての回避から、
鈴木の突進にオカダは跳躍エスケープ、

キャンバスに着地しますが、

これは大ダメージです。
しかし膝に負担が

鈴木はここを見逃さずに串刺し式のビッグブーツをヒット。
鈴木は見逃さずに串刺しビッグブーツから、

投げで転がしておいて、

ロープに走り込んでからの、
一気に走り込んでの、

サッカーボールキック!
サッカーボールキック

この技、鈴木の場合は走り出す瞬間まで、

相手の頭部を固定しておくんですよね。

フォールの体勢はカウント2でキックアウト、

そのまま再びエルボー合戦突入です。
オカダはカウント2で返してエルボー合戦へ、

オカダの方も意地になってるきらいがありますが、

ここで膝に蹴りを入れてくる鈴木。
鈴木は虚を突いて膝への蹴り

文字通り忘れた頃に…全く、したたかなレスラーです。

ロープに振る鈴木を切り返して逆に振るオカダ、
ロープに振る鈴木を切り返したオカダだが、

リバウンドしてきた鈴木は“抜ける片足(参照:猪木流ローシングルとは何か?)”から、
返ってきた鈴木は潜り込んでの、

テイクダウンと同時にアキレス腱固め!!
再びアキレス腱固め!

ダメージが蓄積された中盤でのこの展開は、

オカダにとってはかなり厳しいものがあります。

必死に顔面を蹴りつけて脱出を図りますが、
顔面を蹴って脱出を図るも、

これに対して鈴木は離す事などせず、

逆に全身を使って強烈な締め込みに!!
ここで鈴木は強烈な締め込み!!

かなり長時間にわたって耐え抜いたオカダは、

何とかロープに手が届きました。
何とかエスケープしたオカダ

再びコーナー際で崩れるオカダへの、

鈴木の厳しい膝攻めが繰り出されますが、
鈴木は非情な膝攻め

レフェリーのチェックによって一旦ブレイク。

その鈴木の一瞬の隙をついて、

オカダは両足タックルで抱え上げてコーナー上に。
一瞬レフェリーに気を取られる隙を捕えて、

そして“ベスト・オブ・ザ・チェンジ・オブ・ペース”とも呼ぶべき、

打ち上げ式のドロップキック!!
チェンジ・オブ・ペースのドロップキック!!

いつ見ても素晴らしい跳躍力ですね。

鈴木は場外に転落しますが、

ダメージの深いオカダは追う事なく回復に努めます。
鈴木は場外転落、オカダもダメージが深い

ゆっくりと戻ってきた鈴木に対して、

トップロープに登ったオカダは、
鈴木がリングに戻るのを待って、

長距離のミサイルキック!!
長距離ミサイルキック

高さだけが評価されがちなオカダですが、

飛距離という部分でもずば抜けたものがあります。

しかしながら、この日は膝の伸びが不足していますよね。

片エビ固めもカウントは2。
カウントは2

ボディスラムから、

今度こそダイビングエルボードロップを決めて、
21世紀の急降下爆弾

レインメーカーポーズだぁ!!
そしてレインメーカーポーズ、

一気にケリをつけんとレインメーカーにいきますが、
レインメーカー狙いは、

オカダの引く力を逆利用した鈴木が、

前方回転と共に、
鈴木が逆利用しての、

またも膝十字固め!!
膝十字固め!

これを皮切りに長い長い足関節地獄が始まりました。

ヒールホールドからオカダの右手も捕えて、

絶対にロープには逃がさない構えです。
さらにヒールホールドから右手も捕まえに行く鈴木

そして右手のフックを掛け変えると、

オカダの右膝が伸び切った状態を持ってきてヒールホールド!!
「ヘシ折るぞ!」

これは危ない角度で捻り上げられていきます。

オカダの右手が何度もキャンバスを叩きかけては止めての繰り返し、

鈴木は外道に向かって「ヘシ折るぞ!!」のアピール。

ここで外道の手にはタオルが!!
外道タオル投入か!?

やっとの思いでオカダの手がロープに!!
何とかエスケープしたオカダ

冬という季節の中で、

北国に住む私たちにとって本当に怖いのは、

空から降り積もる雪よりも横殴りの猛吹雪、

さらに怖いのは地吹雪によるホワイトアウトです。

視界0メートルという世界では五感は全く機能しません。

オカダはこの足関地獄を受けている間、

まさしくホワイトアウトの中にいたのだと思います。

鈴木の暴風雪が止むまで、

ひたすら耐えて待つしかなかったのです。

会場で観ていたときは、

「何かリバースする術がないのかオカダには!?」と思っていましたが、

改めて観てみると、そんな甘いもんじゃなかったですよね。

鈴木がロープに振ると、

オカダは踏ん張りが利かず転倒してしまいました。
鈴木がロープに振るとオカダは走れずにダウン

それを見た鈴木の次の手が足4の字固め。
今度は足4の字固め

手を変え品を変えオカダの膝を壊しにかかる鈴木、

全く先の読めないプロレスがそこにあります。

ここも耐え切ったオカダは必至のエスケープ。
オカダ必死のエスケープ

鈴木は一転して、

オカダの顔からボディから蹴りまくって行きますが、

そのミドルキックをキャッチしたオカダは、
膝蹴り連打からのミドルキックをキャッチしたオカダは、

ヘビーレインを繰り出してここから解氷に乗り出します。
ヘビーレインで解氷に乗り出す

一気呵成のエルボー連打から、
一方的にエルボーを受ける鈴木

ツームストンドライバーを仕掛けていきますが、

今度は鈴木が踏ん張って耐えます。
オカダのツームストン狙いは耐えきって、

一旦諦めてオカダがロープに走ると、

鈴木は近くにいたレフェリーを盾にオカダを迎撃!!
ロープに飛んだところで鈴木は海野レフェリーを盾にする

昏倒するレフェリーを尻目に、

ここで遂にタイチが上がって来てしまいました!!
そしてリングに飛び込んだのはタイチだ

ダウンするオカダに猛然とストンピングの乱打です。

長期戦もここへ来て乱戦の様相を呈してきました!!

誰もが忘れかけていた“事件”の始まりなのでしょうか!?

ラストの後編へ参りましょう!!

関連記事
スポンサーサイト

tag : オカダ・カズチカ 鈴木みのる IWGP

comment

Secret

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード