Uの歴史、Uの笑顔

東北の悪天候とJR貨物脱線事故によって、

北海道では村上春樹の新作が発売延期。

週末の雑誌発売日もずれ込んだため、

TSUTAYAでは明日発売との事で、

コーチャンフォーに出向き、

『KAMINOGE Vol.63』買ってきました。
KAMINOGE63~1

いきなりインパクト満点の表紙ですけど、

今号は藤原喜明インタビューに始まって、

桜庭和志インタビュー、

田村潔司高坂剛坂田亘のリングスジャパン同窓会、

鈴木みのるのふたり言まで、

色んな角度からUWFの歴史を再確認出来ました。

KAMINOGE63表紙
 KAMINOGE vol.63 より

藤原
「この顔と身体が俺の生きてきた証だからね。胃がんの手術痕だって勲章みたいなもんだよ。だから俺は絶対にTシャツを着たままリングに上がったりはしない」


いきなり出だしっから掴まれましたね~。

今回の内容、まさしく組長の半生記。

少年期から今に至るまでです。
KAMINOGE63~2

桜庭インタビューは現在が話の中心ですが、

父親論とか桜庭らしさがいいですね。

つくづく田村とは対極だと思い知らされました。
KAMINOGE63~3

リングスジャパンの三人は、

あの頃の話と今の事。
KAMINOGE63~4

TKの極端な考え方が気持ち良くもあり、

田村のベクトルはやっぱり二人の愛息なんだなぁ、と。

鈴木はオカダ戦の翌日に語った、

“Uにおける足関節技の歴史”。

特に組長とのスパーの話は、

お互いのインタビューにリンクして最高でした。

それより何より、

みんな笑顔が素晴らしい!!

それぞれのUの戦士に、

それぞれのUの歴史があるという事ですね。

そして、現在の立ち位置から思想から、

全く異なる6人それぞれが、

強くなるためにUに踏み込んだ…という共通項、

それが嬉しい。
最強軍団UWF

今号も面白いですね。
関連記事

tag : 藤原喜明 桜庭和志 田村潔司 高阪剛 坂田亘 鈴木みのる

comment

Secret

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード