追悼・松方部長

また一人、名優が天国に旅立ちました。

 朝日新聞デジタル より
俳優の松方弘樹さん死去 74歳、「遠山の金さん」

「仁義なき戦い」などのヤクザ映画や「名奉行遠山の金さん」などのテレビ時代劇で知られる俳優の松方弘樹(まつかた・ひろき=本名目黒浩樹)さんが21日、脳リンパ腫で死去した。74歳だった。葬儀は近親者で営んだ。


父が無類のヤクザ映画ファンだったので、

幼い頃から松方弘樹さんを、

目にする機会が多かったのですが、
松方弘樹@仁義なき戦い

その強面のイメージよりも、

後年務めた、遠山の金さんの姿よりも、
松方弘樹@遠山の金さん

大好きだった『天才たけしの元気が出るテレビ』の中で、

ビートたけしの隣に座り、

甲高い笑い声を発しながら額の汗を拭く姿が、

最も印象に残っています。
TAKESHI&HIROKI

だから…この曲が聴きたくなりました。

TAKESHI&HIROKI『I'LL BE BACK AGAIN…いつかは』


普通に良い曲ですよね。

いっそ今夜はこのまま80年代にタイムスリップして、

この番組から生まれた名曲を続けましょうか。

次は番組レギュラーの高田純次兵藤ゆきのデュエット、
高田純次&兵藤ゆき

今聴いても全く違和感ないんですよ。

兵藤ゆき&高田純次『CHANCE!心ときめいて』


もう一丁行きますよ~、

これはさすがに飛び道具ですね(笑)。

歌うは川崎徹高田暢彦(たかだのぶひこ)
湘南マタンゴ娘

…って青春のエスペランサじゃない方ですよ!

高田暢彦&川崎徹『私・湘南マタンゴ娘』


演歌? ムード歌謡??

シメの「マタンゴ!」の部分はよく口ずさみましたね~(笑)。

で、番組から生まれた曲はここまででして、

最後は番組のヘビメタ企画から有名になったバンド、

AURAのメジャーデビュー曲です。
AURA

この曲、当時大好きだったんです。

もちろんCDも買いましたよ。

AURA『ドリーミングナウ』


冷静に聴いてると、全くヘビメタじゃないんですよね。

それにしてもこの番組、

BPOなんてなかった時代に存在した、

週末の名番組でしたよね。

素人を使った企画が中心でしたけど、

その中から超有名バンド、女子プロレスラー、お笑いコンビから、

世界的なダンサー、ボクシングの世界王者、

国会議員まで輩出したんだから驚きです。

もう、あんな破天荒な番組は不可能でしょうな。
元気が出るテレビOP

松方弘樹さんのご冥福をお祈りします。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 訃報 松方弘樹 ビートたけし 高田純次 兵藤ゆき 川崎徹 高田暢彦 AURA

comment

Secret

No title

わたしも“元気"のイメージが先にあって(苦笑)、だからこそ金さんや「仁義なき戦い」にシュートな魅力を感じたんです……ってのは言い訳かな(汗)。

松方さんに限らず東映スタアというのは、プロレスラーぽいとゆーか、役より前に本人を演じつづけることが求められるんですよね。とくにゴッドファーザー・岡田茂社長が求めるところの「不良感度」ってやつを大真面目に追求していけば、そりゃあもう安岡力也さんが頭を下げるくらいのド迫力が身につくわけです。
ただね、松方さんが演技下手という評価は一面的だとは思います。「仁義なき戦い」における三役演じ分けは大したもので、サラブレッドかと思いきや、封建的現場の叩き上げだとの自負が滲み出ているんですよ。坂井鉄也のカッチョ悪いカッコ良さなんか最高だしね!!
そういや、「天地人」に家康役で出演されていたとき、秀吉役の笹野高史さんとステラで対談されてて、演劇畑かつ大部屋出の(本当はメチャ怖い!)正統派名優である笹野さんを前に遠慮しながら、芝居への拘りを熱く語っておられましたっけ。
その「仁義なき戦い」を借りようと、さっきレンタルショップにいったら、ケースが全部空になっとりました(笑)。辛うじて「修羅の群れ」を借りてきて、いまから見るところ。

wikiによれば、清原や千代の富士を酔い潰した一方、天龍には勝てなかったとあり、東映とプロレスの異種とゆーか同種?の格闘技戦が勃発してたんだなって。そりゃもう橋本真也が兄貴と慕うだけの大器ですよ、松方さんは!


晩年は自主制作の映画を出前上映する活動をされていましたが、右太衛門や千恵蔵が毎年(現在の貨幣価値で)20億の年収を得ていた黄金時代に銀幕の世界に飛び込んだ松方さんは、最期まで日本映画の復活に賭けていたんです。昭和者の矜持を感じるなぁ。

合掌。

No title

松方さん・・・凄く恐いイメージだったので、元気が出るテレビに出てきた時は、
『何故?何故?」
って感じでしたわ。

たけしとのデュエット、バックがシュークリームシュなんですよね。
この時は(米米クラブ)ってテロップになってて、米米クラブの事、女性コーラスグループだと思ってました。


他の2曲はほとんど曲調覚えてませんが、マタンゴ娘はだけはさびを覚えてます・・・。

R.I.P.

No title

松方部長、お亡くなりになりましたね…。
金曜8時伝説に次ぐ私のコンプレックスなのですが、我が家の家風の都合で、元気が出るテレビのようなバラエティ番組を見るのは我が家では厳禁だったのです…。
級友の話を介して、こういう面白い番組があったことを知るというのが現実でしたね。
早朝バズーカとか、今にして思えば狂ってるような企画も沢山ありましたけど(笑)今の規制だらけのテレビ界では到底真似出来ない面白コーナーは沢山ありましたよねー。

級友に松方部長のそっくりさんが居まして、皆から部長部長と言われてたのを懐かしく思い出しますよ。天パーの女子を大仏魂とか揶揄したりしてね(笑)。

東映の大スターの逝去にはふさわしくないかもしれませんけど、夢を与え続けてくれた豪放磊落ぶりに敬意を表して、献杯したいですね。

改めてご冥福をお祈り致します。

>し~まさん

わたしも“元気"のイメージが先にあって<世代にもよるのでしょうが、銀幕のスターというイメージは薄い印象です。

松方さんに限らず東映スタアというのは、プロレスラーぽいとゆーか、役より前に本人を演じつづけることが求められる<破天荒が当たり前というか、カネ使いだけではなく凡人には決して真似出来ない世界でしょうね。

秀吉役の笹野高史さんとステラで対談されてて、演劇畑かつ大部屋出の(本当はメチャ怖い!)正統派名優である笹野さんを前に遠慮しながら、芝居への拘りを熱く語っておられました<笹野さんご自身も年齢に関係なく役者間におけるリスペクトを大切にされてる印象です。松方さんは新参者に対しての面倒見が物凄く良かったらしいですね。

清原や千代の富士を酔い潰した一方、天龍には勝てなかった…そりゃもう橋本真也が兄貴と慕うだけの大器<そうですね。天龍と破壊王がそれぞれ理想の男像に掲げていたんですよね。

晩年は自主制作の映画を出前上映する活動をされていました…最期まで日本映画の復活に賭けていた<そういう役者さんがたくさんおられるんですね。
良い時代を知ってる方程、そういった思いが強いんでしょう。時代錯誤といえばそれまでですが、ロマンという言葉がしっくりきますね。

>HBKさん

松方さん・・・凄く恐いイメージだったので、元気が出るテレビに出てきた時は、『何故?何故?」<すっかりいじられちゃいましたもんね、たけしに。

バックがシュークリームシュ…米米クラブの事、女性コーラスグループだと思ってました<やけに似合ってるんですよね。あの時代、米米CLUBも一つの文化だったかも知れません。

マタンゴ娘はだけはさびを覚えてます<なぜかしら一度聴いたら忘れられないフレーズですよね(笑)。

>亀熊さん

我が家の家風の都合で、元気が出るテレビのようなバラエティ番組を見るのは我が家では厳禁だった<厳しいお父様ゆえのアレでしょうけど、だからこそ亀熊さんみたいな骨太の漢が育った訳でしょうね。

早朝バズーカとか、今にして思えば狂ってるような企画も沢山ありましたけど(笑)今の規制だらけのテレビ界では到底真似出来ない<早朝シリーズはコーナーポストもありました。寝てる上からニードロップを落とすという、ささの…あ、ストコバがやっていましたね~。

級友に松方部長のそっくりさんが居まして、皆から部長部長と言われてた…天パーの女子を大仏魂とか揶揄<一歩踏み外したらイジメなんでしょうけど、当時はあだ名ってのが当たり前に存在していましたよね。
今の小学校じゃあだ名が禁止なんですよ。で、男子も女子も○○さんなんですね。凄い時代ですよ。

夢を与え続けてくれた豪放磊落ぶりに敬意を表して、献杯<酒のエピソード、読めば読む程凄まじいです。亀熊さんと重なります(笑)。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード