1.4東京ドームWK11をテレ朝ch2で観たが…

今年もテレビ視聴となりましたが、

プロレスファンの元旦として、

イッテンヨンをテレ朝ch2で観ました。
2016.1.4ポスター

例年、1月4日は休みを取ってのPPV観戦だったのですが、

今年から急遽、我が社は1月4日仕事始めとなり、

休む事が不可能に…。

という事で録画しておいたのを帰宅後に視聴です。

まず最初、

第一試合のタイガーマスクWvsタイガー・ザ・ダークを、

子レガと一緒に観ました。

ダークはなぜか黒人?

子レガは「日焼けしただけじゃない?」って言ってたんですけど、

明らかに日本人じゃないでしょ? あれ。

ダブルキャストで主人公の割には、

最初のプランチャ以外インパクト薄かったかな?

猛虎原爆も不完全でしたが、

変に初代からのスタイルを踏襲しなくても良いと思います。

次、ニック&マット・ジャクソンvsバレッタ&ロッキー・ロメロからは一人でのテレビ観戦ですが、

…早速早送り。

小島組vsL.I.JvsBCvsCHAOSNEVER無差別級6人タッグ戦

これは面白かったですね。

私、○WAYマッチみたいな試合形式が嫌いなんですけど、

このガントレットマッチ(勝ち残り戦?)は面白いです。

各チーム個性が発揮されていて、

特にL.I.Jの三人、この王座の申し子ですね。

一人一人のキャラが立っていながら、

あの流麗な連係は芸術の域に達しています。

ジュース・ロビンソンvsCody

流星仮面二世さん、これですね? コーディ!

ダスティ・ローデスの息子!!(参照:同じ空の下で団塊Jrのプロレスファン列伝 より)

オヤジ譲りの表現力かな?

何よりも表情が素晴らしいですね。

技も荒っぽい系が好きですね。

本当、こういう選手に常連なってもらいたいなぁ。



昨夜はここまでで寝落ち(笑)。

で、ここからは朝に思い出しながら書きます。



カイル・オライリーvsアダム・コールは、

現代のジャパニーズスタイル・アメリカンプロレスといった趣ですかね?

オライリーは本当にU-STYLEのリングで、

田村潔司とやって欲しい。

これはお互いのこれからの為に。

さて、ロア&トンガvs本間&真壁vs石井&矢野IWGPタッグ戦

私の嫌いな3WAYですが、

矢野の八面六臂の活躍(?)で大いに盛り上がりましたね。

でもいわゆるドン荒川路線の域は脱しませんから、

興行の中のスパイスでいいのか?

歴史あるベルトの価値は積み重ねられているのか?

答えは私にもわからないです。

スパイスを挟んで、ここから注目カードの目白押し。

私もここで初めてビールの栓を抜きましたよ。

IWGPジュニア戦KUSHIDAvs高橋ヒロム

ヒロムのコスチューム、いいですね!

帰国直後のあんちゃんみたいなカッコで出てきたらどうしようかと思いましたが、

あれはハマってますね。

足元のブロディ…否、ペロ・アグアヨ調もかっこいいです。

あとね、無理にマッチョじゃないのがいいんですよ。

「きっちり野毛の教え守ってますよ」的な雰囲気出さない方がいいんです。

ふてぶてしくって、何をしでかすかわからないオーラ、

ここが高橋ヒロムの最大の魅力でしょう。

でも勢いのままに暴れて最後は惜敗かな、と思いましたが、

獲りましたね。

これ一発で獲っちゃうとね…いや、止めときます。

続きましてはNEVER無差別級戦柴田勝頼vs後藤洋央紀

【レガ大賞2017】MVPの柴田勝頼登場です!!

まぁ、この二人がシングルでぶつかれば、

例によってリミッター外してのぶち込み合戦な訳ですが、

序盤、柴田の方にいつもとは違ったムーブが見られましたね。

なんだったかな? 忘れたな…あとでまた観よ。

途中、コーナーダウンの後藤に柴田がストンピングしましたよね、

あのストンプの入れ方なんて長州現場監督だったら干されかねないですよ。

30代半ばすぎてもそういうプロレスをやる柴田、いいですよね。

コブラツイストもホッとしますよね。やっぱ新日本なんだな、って。

いや、ホッとしてられないんですよ、実際には。

フィニッシュに至るまでの攻防…死にますよ普通に。

後藤のえげつなさはCHAOS入りしてから尚、深まっていますしね。

最後、ゲストの蝶野が経験上、柴田の首を懸念していましたが、

ここを区切りに一回ちゃんと休んだ方がいいですよ。

…2.5は出て欲しいけど!!(汗)

さてさてセミです、

IWGPインタコンチ戦内藤哲也vs棚橋弘至

まずですね、非常にローカルなアレですけど、

リングアナに起用された俳優の安田顕氏、

大泉洋と並ぶ北海道のスターの一人なのであります。

意外とドーム内の反応も良くって安心しました。

最前列にはリーダー森崎氏もいましたね、羨ましい(笑)。

試合の方はここがクライマックスに感じてしまったという…、

内藤哲也が仕掛けたかったのは“ここだったか!”と。

ファン投票の試合順なんていうぬるいアレじゃなく、

セミに位置されながらメインを食ってやるという、ね。

お互いに持つ技は、

プロレスならではのダイナミズム溢れるものだけなんですが、

その技のレパートリーによって勝ちに行ってましたね。

場外へのハイフライフローなんて棚橋にしては珍しい、

首から上を目がけてアタックしてましたもんね。

あのシーン見て、内藤の打たれ強さも再確認しました。

この闘いは“21世紀型四天王プロレス”かも知れませんね。

…これだけハードル挙げられてからのメイン、

いろんな意味でキツいなぁ、と思いながら臨みました、

IWGPヘビー級戦オカダ・カズチカvsケニー・オメガ

しかもここまでテンポよく進んできて、

入場時、演出に時間を掛けちゃったもんだから。

試合開始しばらくは集中出来なかったですね、何とも。

でもオカダがテーブルを持ち出したくらいから、

やっぱり引き込まれていきましたね。

前戦の丸藤にはエメラルドフロージョンでしたが、

ケニーにはテーブルを使ったスペシャル技が繰り出されるのか? と。

それでも主導権を握っていたのはケニーで、

とにかく技が的確でいて重い。

それでいて飛んだ時のインパクト。

ありきたりな表現ですが、こんな選手他にはいません。

そこにオカダもプレミアム感を出してきます、

スワンダイブ・ドロップキックは、

普段“高さ”ばかりに目が行きがちなのを、

この試合では“飛距離”で驚かされました。

終盤のラッシュにカウンターでぶち込んだ正調ドロップキックも、

ケニーの受けが相まって強烈な一発でした。

終盤ここぞというタイミングで放つ、

打点の高いオカダのドロップキックは猪木とつながってるんです、実は。

そして白熱度がMAXボルテージ(©辻よしなり)に達した所で…、

放送終了!!

何だ!? この斬新なエンディング!!

って言ってる場合じゃなしに、

テレ朝ch2の放送枠が終わってしまったんですよ。

いつ以来の感覚だろう。

これ、なぜかね…嬉しかったです(笑)。

近年、ブシロード体制以降は特に、

「新日の興行はきっちり3時間、ビッグマッチで4時間」という印象が出来上がっていましたが、

休憩なしの4時間半で枠におさまらなかったという、

エンターテイメントとしてどうなの? とか、

次の日に仕事なんだけど! とかの声も出て来るんでしょうけど、

これが日本のプロレスでしょ!? って。

時間だけに限らず、

枠におさまらないスケール感が新日本プロレスでしょ? って思う訳です。

最初のアルテイメットクラッシュなんて、

PPV観ててメインの途中で「チャンネルを200に替えて下さい」って出ましたもんね。

高校野球じゃないんだからさ。

でもそこにリアリズムがあるんです。

だから何か嬉しくなったんですよ。

…で結果は?

46分45秒!! オカダ激勝!!

凄い…ただただ凄い。

防衛成功という部分だけじゃなく、

結果的にセミで内藤が作ったクライマックス感を上書きしたんだから、

今年はこの二人が直接には闘わずして、

“世間的な格上げ”をしていく年なんじゃないですかね。

私もしばらく沈黙していましたが、

RIZIN、ジャパニーズMMAの最高峰、素晴らしい。

WWE、地球規模のエンタメレスリング、間違いなく素晴らしい。

UFC…は、ごめんなさい知らない。

新日本プロレス、私にとって揺るぎない、今や。

夢の舞台は一ヶ月後、雪の街に。
2016.2.5ポスター

関連記事
スポンサーサイト

tag : オカダ・カズチカ ケニー・オメガ 内藤哲也 柴田勝頼 高橋ヒロム 安田顕

comment

Secret

No title

今年もよろしくお願いいたします。

昨年の福岡?の内藤VS石井でサヨナラとなった時は腹立たしかったのですが不思議と昨日はならなかったです。限られた枠内で生中継で緊張感を持って見るのがプロレス中継の醍醐味だった感覚を思い出しました。私が小学生の時に見ていたら父に「これは録画か?」と聞かれた事が何度となくありました。尻切れトンボで終わるの普通でしたからね。昔は。札幌でタイトルマッチありますかねぇ?

>aliveさん

こちらこそ、今年も宜しくお願い致します。

昨年の福岡?の内藤VS石井でサヨナラとなった時は腹立たしかった<ドンタクですね? あれも素晴らしい試合でした。

限られた枠内で生中継で緊張感を持って見るのがプロレス中継の醍醐味だった感覚を思い出しました<そう。何か懐かしい気持ちになりましたよね。
思わず週プロ編集部にでも電話して結果聞こうかと思いましたよ(笑)。

札幌でタイトルマッチありますかねぇ?<やって欲しいですね!! ぜひ。
IWGPヘビーは大阪でやるのかなぁ? インタコンチの可能性の方が高いですかね。

あ、それと別にテレビCMがいいですねー!! 事件…起きたらいいですね~。

No title

遅ればせながら、新年のお慶びを申し上げます。


放送時間超えはワープロの恒例というか、どや顔のカマし方なんですよね。

「放送時間が迫ってきました!」とアナウンサーが発してからほどなく、試合途中にもかかわらず「ここで~からお別れです。それでは皆さん、さようなら」と打ち切ってしまうところに、業界の盟主っぷりを演出しようという意図が読みとれるわけでして(笑)。


しかし昭和の御代は荒っぽいものだったらしく、異人伝の記事で読んだのですが、もったいぶっているかのように、猪木の試合が放送時間ぎりぎりに追いやられることがしばしばあったそうな。時間枠内できっちり試合を終わらせた健介とは大違いだなと(笑)。

やっぱりね、メジャーはもったいぶらないと。かつての巨人戦がそうだったでしょ。ここから先が見たいでしょ?でも見せてやんなーいって(笑)。



んでもって、記事とは全然関係ないとはいえない、新年一発目の質問!

1.4事変以降、UFO小川直也を軸に新日本がプチバブルにホロ酔いした時期がありました。
印象的だったのは2000年の大阪ドーム大会。
ライガーと村上の試合がお約束の集団乱闘でミソをつけている最中いきなりのパワーホール。
エッチューさんを伴って、さっそく乱闘に参加した長州は、観客に揉みくちゃにされながら場内をさ迷う小川と村上に向かって、「お前が一番やりたいことをやってやるから(リングに)上がってこい!」と、字幕付きでやっとわかる挑発。
これって、もろにアメプロナイズされていますよね。
もしかすると新日はnwoではなく、UFOを使って新日のWWE化を模索していたのではないでしょうか?
WWEはリアリティショーを通じて、どこまでが本当か嘘かわからない至高のエンタメを形成しましたが、新日&テレ朝もまた猪木の思惑なぞお構いなしに、小川と村上を格闘技路線よりもエンタメ路線の主軸にしたかったのではないかなと。


今年も懲りずにプロレス道を突き進んでくだちゃい(笑)。

観ました!

新日本プロレス1.4東京ドーム大会
を観て初めて年が明けた様な気分です。

今年のドーム大会もとても素晴らしかっ
たです。

メインの途中でテレ朝2chでは放送終了
してしまったようで観ていた方はレガさ
んの様な方とテレ朝に殺意を覚えた方…(笑)
賛否あるかと思います。

私の見解は……
「試合途中で終わっちゃって観れないでしょ?さぁ
ワールドに加入を!」
なのかと思ったり(笑)

第0試合のスコット・ノートン選手は
もう少し観たかったし、チーズバーガー
選手が随所で盛り上げてくれて楽しめま
した。

タイガー・ザ・ダーク選手の正体が気に
なります〜〜レガさんもう分かりました?

実は私も3WAYマッチはそこまで好きな方
ではありませんが、ガントレットマッチ⁉︎
は面白かったですね〜〜
まぁ全部の試合がガチガチ、ゴツゴツした
ものばかりでなくてもいいのでしょうし
素直に楽しめたなぁ〜〜。

髙橋ヒロム選手の魅力はレガさんが記されて
いる通りだと思います。
スタミナもありそうだしこれからのJr.が益々
楽しみになりました。
ただ、若いからなのか⁉︎技も危険な感じがして
少し怖かったです((((;゚Д゚)))))))
これからですよね。

柴田選手は…残念ですが本当にきっちり身体を
治してほしい。
蝶野選手がしきりに首を気にして「止めた方が
いい」みたいに仰るから余計に心配になって。

(柴田選手札幌には「間に合わせません」から
ご了承下さい、ね。(笑)

棚橋選手VS内藤選手の試合…
観ている私の心情的な部分もあってかなん
と書けばいいのか。

メインは時間だけではなく本当に凄かった!
3カウントが入ってもおかしくないことが
何度もあり、オカダ選手は今まで観たことの
ない切り返しをしてくるし、こんな状態で
ドロップキックが出せるんだー!となったり
ケニー選手はとにかく受けが凄いのとあの
スタミナには驚愕です!
2016年のケニー選手の集大成とでも言うべ
きか。
あまり好きな選手ではありませんが仲間の
介入などが無いと本当に素晴らしい試合
をしていると思います。
46分45秒食い入るように観ていました。
この試合は両選手を讃えるだけでした。
敗者は居なかった…くらいの気持ちです。


年明け最初の興行でそけまでの派手な演出
とかではなく時間いっぱい試合を観せて
くれたレスラーの皆さんへの感謝しかあり
ません。

改めて新日本プロレス凄いな〜と思います。
新年早々こんな素晴らしい試合が沢山みれ
て心が潤わないはずがない‼︎‼︎

※大変遅くなりましたが
今年も宜しくお願いします。

キマシター!!

どうもレガさん!!

あけましておめでとうございます!!本年もよろしくお願いいたします!!

コメント遅くなってしまいまして・・・自身のブログ上げるまでテレビからの情報を入れないようにしていたので今頃になってしまいました(T▽T)

放送時間、当日嫁からLINEラインが来て最後はどうなったの?と聞かれて・・・何言ってんのかな?と思ったんですが放送時間内に終わらなかったんですね。みーさんもメールくれて教えてくれました。まさにおおーっと放送時間があと5秒となりました、それではみなさん、ごきげんよう、さようなら状態だったんですねぇー(^^)

ついでに言うと、全試合終了も遅くて、家に着いたのもかなり遅くなってしまいました。でも、とても心地よかったですよ(^▽^)

さあレガさん!1.4東京ドームから2.5きたえーるへバトン渡しましたよ~!!


>し~まさん

こちらこそ、遅ればせながら明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

「放送時間が迫ってきました!」とアナウンサーが発してからほどなく、試合途中にもかかわらず「ここで~からお別れです。それでは皆さん、さようなら」<懐かしいですね~。今ではそういうの全くなくなっちゃいましたね。

時間枠内できっちり試合を終わらせた健介とは大違い<時間内で終わらせるのもプロとしての仕事なのかも知れませんが、あの時の張本人は服部ですね。蹴った破壊王が一番戸惑っていました。

ライガーと村上の試合がお約束の集団乱闘でミソをつけている最中いきなりのパワーホール<それもまた懐かしい!! 暗黒期に突入していく前の名シーンですね。
あれ実際にはカードが多過ぎて番組の進行が最初っから押していた事で長州、越中が出て来ただけだったそうです。
当時もプロマニ界隈で「遂に新日がWWE化した! カミングアウト近し!」なんて鬼の首獲ったように騒いでた人がいたなぁ(笑)。

今年も懲りずにプロレス道を突き進んで<ご声援ありがとうございます。嬉しいです。

>流星さん

明けましておめでとうございます。
こちらこそ、本年も宜しくお願い致します!!

当日嫁からLINEラインが来て最後はどうなったの?と聞かれて…放送時間内に終わらなかったんですね<ああいう心境になったのも久々でしたね。でも冗談抜きに嬉しかったですよ。きっちり時間内に終わらない事でWWEとの違いを世界に示せたんじゃないかと思います。

全試合終了も遅くて、家に着いたのもかなり遅くなってしまいました。でも、とても心地よかった<そこですね! そこなんですよ。
自分の予定も含めて全てが予定調和で終わらない…それが新日本プロレスなんですよね。だってかつては会場時間や試合開始とかもズレまくりでしたからね(笑)、今なんてかなり修正された方ですよ。

1.4東京ドームから2.5きたえーるへバトン渡しましたよ~!!<ほいっと!! しかと受け取りましたよん!
新春はドームからきたえーる、夏はきたえーるから両国…これを恒例化したいところですね。
とりあえず雪の札幌、何かが起こりますよ~!!

>みーさん

失礼致しました。改めて本年も宜しくお願い致します。
それから、ご成人おめでとうございます。

メインの途中でテレ朝2chでは放送終了…私の見解は「試合途中で終わっちゃって観れないでしょ?さぁワールドに加入を!」<なる程ねぇ…どこまでも商売上手ですね。もし次回放送のルチャワールドでも同じ事されたら確定ですね。

第0試合<ノートンは元気そうでしたね。全盛期の動きとはかけ離れていましたが、身体つきだけ見れば今の選手と並んだって一つも見劣りしないですよね。
チーズバーガーは…毎年この第0試合にだけ来日するんでしょうかね? 正月の縁起物みたいな役どころか。

タイガー・ザ・ダーク選手の正体<全くわかんないですよ~。レッドデスマスクの正体だって流星さんのブログ読んで初めて知ったんですから。
でもアニメに忠実であるなら日本人であって欲しかったですね~。

ガントレットマッチ⁉︎は面白かった…ガチガチ、ゴツゴツしたものばかりでなくてもいい<あぁ~みーさんって本当にバランスの良いプロレスファンですね。確かに興行として観た場合、全部が肩肘張った試合だとダメなんですよね。プロレスは特に。

髙橋ヒロム選手の魅力…スタミナもありそうだしこれからのJr.が益々楽しみ…ただ、若いからなのか⁉︎技も危険な感じがして少し怖かった<GK曰く「技の失敗が2回あった」そうですが、そんなの忘れる位に弾けまくっていましたね。
あのふてぶてしさでどこまで行けるのか…見ものですね。

柴田選手は…残念ですが本当にきっちり身体を治してほしい…札幌には「間に合わせません」からご了承下さい<本人的にはベルト失って良かったんじゃないですかね? これで次に進んで行けるというか。
KENTAとか中邑とは違った形で海外に打って出たいのかも知れませんよね。イギリスだけじゃなく。
でもね…札幌は出てきて欲しいです(笑)。

棚橋選手VS内藤選手の試合<心情に訴えるものがあったという事ですね。
私は四天王テイストを感じたんですがね。メインもそうなんですけど、実はこのセミにも危険な場面多々ありましたから。
この試合が終わった時点では内藤「してやったり」だったでしょうね。

メインは時間だけではなく本当に凄かった!…2016年のケニー選手の集大成とでも言うべきか。…この試合は両選手を讃えるだけでした。敗者は居なかった…くらいの気持ち<実際に同業者、ライバル団体のスーパースターたちも最大限の敬意を表しているみたいです。んあ~これでまたビッグマネー積まれるとアレですね~!!
オカダの方はボロボロになって勝利を掴んだ試合でしたね。翌日の後楽園、翌々日の記者会見と、あんなオカダの姿初めて見ました。
次は鈴木ですか…振り幅は既に日本最大になっていますね。

改めて新日本プロレス凄いな〜と思います<潤いましたか~!! 何よりです。
みーさんがお好きなオライリーとフィンレーも敗れたとはいえ動きが良かったですね。
もう他の団体が全く気にならない位になっていますよ。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード