海の向こうの二大ニュース

WWE(=NXT)移籍以来の活躍をスルーしておいて、

今さらアレ感もありましょうけど(笑)、

SHINSUKE NAKAMURA遂に連勝ストップですか。
WWENXT TAKEOVER2016

今回、遂にサモア・ジョーに初黒星を喫すると同時に、

虎の子のNXT王座も明け渡してしまいました。

WWEを追ってらっしゃる方のブログへ飛びましょう。

 WWEファンブログ より
NXTTakever:Toronto(テイクオーバー トロント) 試合結果 後編

シンスケナカムラvsサモア・ジョー NXT王座戦

(略)
場外で審判の注意を逸したすきに中邑にローブロー。
さらに休場へと追い込んだ時のように鉄階段に中邑の体を叩きつけると、
リングに戻りマッスルバスターでトドメを刺し3カウントを奪った。
中邑はNXTでの初黒星。ジョーが新王者となる。


4.1のデビュー以来、

実に7か月以上も無敗街道を走って来たんですね。

何だか初代タイガーみたいだなぁ。

でも負けるところから、

再び物語が始まるのがプロレスラーですからね。

いくつか転がっている動画を観ましたが、

この入場シーンは強烈ですね。
ナカムラvsサモア・ジョー@20161119~1

Kayさん(参照:VIOLINIST Kay Suzuki同 Ⅱ)の姿を探してみましたが…いませんでした。

でもってNAKAMURA、

完全にNXTの中で特別な存在になっている様です。

元々感情表現の伝わりやすい選手でしたが、

日本でやってた時の何十倍も、

表情豊かになっていますよね。
ナカムラvsサモア・ジョー@20161119~2

対戦相手と向い合っても、

オーラの出方が段違い…ですよね。

今回ベルトを失いましたが、
ナカムラvsサモア・ジョー@20161119~3

そのまま12.3 エディオンアリーナ大阪の目玉にスライドしていくのでしょう。



もう一丁、WWE。

こっちは一軍…11.20 PPV『サバイバーシリーズ2016』から、
WWE SURVIVOR SERIES2016

連勝記録といえば?…そう、テーズ! …じゃなくって、

これです! “超人類”ビル・ゴールドバーグ12年ぶりの復帰戦です!!

しかも相手はブロック・レズナー!!

入場シーンの荘厳さはそのままでしたが、

トレードマークの髭が真っ白になっちゃってますね。

でもあのスピアーは健在、
ゴーバーvsレズナー@20161120~1

日米問わずこの技をコピーする選手が、

90年代後半にうじゃうじゃ存在しましたが、

本家の威力に勝るものは現れませんでしたよね。

フィニッシュ前に固定カメラに向かって叫ぶのも、

元祖はゴーバーのはずです。
ゴーバーvsレズナー@20161120~2

最後は必殺技の中の必殺技! ジャックハマーで秒殺!!

次々と新しいヒーローが登場してくるWWEですが、

やはりこういう選手が出て来た時、

最も胸が高鳴りますね!!
ゴーバーvsレズナー@20161120~3

ジ・アンダーテイカーも戻ってくるとかで、

ここにハルク・ホーガンも加われば…すっごい事になりますね。

ゴーバーに話を戻すと、

印象に残ってる場面がいくつかありまして、

一つは2004年1.4 さいたまスーパーアリーナの、

『ハッスル1』ですね。
高田モンスター軍始動

メインでハッスルの最初の主人公である小川直也と、

シングルマッチをやったのですが、

まぁ、ドしょっぱいメインだったんですよ。

ところが入場シーンは本当にかっこよかった(試合はしょうもなかった)。

結局のところあの試合が、

日本におけるゴーバー最後の試合ですか…。

あとはやっぱりデビュー当時の173連勝ですか?

『WCWワールドワイド』っていう番組が、

北海道でも放送されていたんですよ。

MCでケロちゃんが自分の嫌いな選手の暴言ばっか吐いて、

日本一のリングアナが株を落とした番組でもありますが(笑)。

あれでほぼリアルタイムに連勝街道を追えたので、

当時のWWFのスーパースターズよりも思い入れがあるんです。

あと、ゴーバーって入場する時に煙の中から出て来るんですけど、

その煙が消えた瞬間に鼻からブフーッ! って煙吐くんですよね。

あれも良かったです。

試合は常に秒殺で、

スピアー→カメラに咆える→ジャックハマー、というワンパターンなのですが、

これを当然の様に“新巨人”ザ・ジャイアント(現ビッグ・ショー)に決めた時には、

鳥肌が立ちましたね~。
ゴーバーのジャックハマー@ジャイアント

さらにホーガンにも決めてベルト強奪。
ゴーバーのジャックハマー@ホーガン

この頃はサムライTVで『WCWマンデーナイトロ』を観てたのかな?

ちょっと記憶が曖昧ですけど。

最も印象に残っているのは、

試合ではなくバックステージの映像で、

リムジンのガラスを叩き割るシーンがあったんですよ。
ゴーバー@ガラス割り1

そこで仕込みのガラスと間違えて(?)本物のガラスを叩き、

当たり前ですけど、なかなか割れないもんだから、

血しぶき飛び散らせながら拳を叩き付けて、

終いには割ってしまったんですよ!!
ゴーバー@ガラス割り2

当然、重傷を負ってしまい、

挙句に決まってた1.4の初来日が中止(笑)。

とにかくゴールドバーグの雄姿は記憶にしっかり刻まれています。

願わくば今のビジュアルが維持されているうちに、

もう一度、日本に来て欲しいなぁ、と。
ビル・ゴールドバーグ

その相手はオカダでどうでしょうか?

関連記事

tag : 中邑真輔 ビル・ゴールドバーグ

comment

Secret

No title

中邑負けましたねぇ〜。
日本公演での奪回なのか、それともベルトを失ったイコール1軍昇格なのか、気になるところですねぇ。

ゴーバー、今頃WWEであんなに人気出るなんて…わからないもんですなぁ。

秒殺だったからアレですが、全盛期とあまり変わってなくてよかったです。
本当、173連勝中のゴーバーはよかったなぁ。
そのちょい前に同じく無敵キャラのグレイシアってのがいたんですが、全然売れなかったっけ。

驚き!

レガさん こんばんは。

ベルト奪取して約3ヶ月位 保持してい
ましたが今回 初黒星、王座陥落・・・

12月に大阪で試合がありますが
どうなるのか益々目が離せないですね。

No title

中邑としては夢のレッスルマニアへまた一歩といったところか。
ゴールドバーグは、たしかストンコ人気に対抗するためにWCWが用意した絶対王者だったかな?違ったかな?まぁいーや。
窓ガラスがなかなか割れなくて、わたしもヤバい!と思いながらみてましたけど、レスラーの意地で割ってみせましたよね。結果、自分の拳も割るという(笑)。空手の試し割りなら、間違って厚い瓦を置いちゃったみたいな笑うに笑えない滑稽さ。

むかし国立で開催されたK-1ダイナマイトにゴールドバーグが来賓として呼ばれたとき、格通だかファイトだかは忘れましたが、記者がずいぶん失礼な質問をしたんですよね。
これだけ多くの観衆に囲まれて緊張しないかと。
するとゴールドバーグ、多少気分を害したのか、自分は毎週、全米数百万人の視聴者の前で闘っているから、どうってことはないと言い返していました。

レスラーとしてアスリートとして、なによりメジャーリーガーとしての意地が彼の鼻っ柱を強くしていったんだなーと。

中邑が一軍で本当の成功を収めればね、TAJIRIやカーンどころか、馬場、武藤に並ぶ真のメジャーリーガーになれることでしょう。


それはそうとして、トランプショック冷めやらぬなか、彼の大タニマチであるマクマホン一家からリンダ夫人がホワイトハウスに入閣(笑)などと噂される昨今、いろんな意味でワールドワイドなレスリングエンターテイメントを展開してくれるWWEなのでした!

うわああ、さすがハートブレイク!!

グレイシア!(◎_◎;)


記憶の遥か彼方に消えてました


グレイシア見てー!!


映像どっかにないですかね(笑)

>HBKさん

日本公演での奪回なのか、それともベルトを失ったイコール1軍昇格なのか<そういう見方も出来るんですね? 腰を据えてNXT観てる訳じゃないんですが、あの入場時の雰囲気や試合中のファンの声を聞いてると、NAKAMURAの存在が一時期のストーンコールドやロックのそれに見えたり見えなかったり。

ゴーバー、今頃WWEであんなに人気出るなんて<散々茶化されまくってた訳ですもんね。でもそれはそれでアメリカらしいっちゅうか…。
あのカート・アングルでさえ、デビュー当時はブーイング飛ばされまくってた記憶があります。

173連勝中のゴーバーはよかったなぁ…ちょい前に同じく無敵キャラのグレイシアってのがいたんですが、全然売れなかった<WCWでですか? アメフト出身でしたっけ? 覚えてないなぁ~。
確かゴーバーが倒した時期のザ・ジャイアントだって結構な位置に居た頃ですよね?

>みーさん

こんばんわ。

約3ヶ月位保持していましたが今回初黒星、王座陥落<持っているという事は必ず失う訳ですが、中邑の場合はまたそこに特別感を感じずにいられませんね。

12月に大阪で試合がありますがどうなるのか益々目が離せない<今回はNXT単体では初の日本公演とか?
その主役がもちろんNAKAMURA…凄い存在になっていますよね。

>し~まさん

夢のレッスルマニアへまた一歩といったところか<はぁ~そういう見方も出来るんですね。

ゴールドバーグは、たしかストンコ人気に対抗するためにWCWが用意した<私もその様に聞いています。とにかく当時の月曜TV戦争では仁義なき戦いが繰り広げられていましたもんね。

わたしもヤバい!と思いながらみてましたけど、レスラーの意地で割ってみせましたよね<一瞬拳を見つめて、「あ、やっちまった」みたいな表情をするんですよね(笑)。
でも割ってしまうところは凄いなぁと思いました。

K-1ダイナマイトにゴールドバーグが来賓として呼ばれたとき<これまた懐かしいですね。最初のレッスル1がK-1主導で開催される前のプロモーションでしたかね。
それにしてもゴーバーやムタなんかをアンダーカードに据えて、メインでサップとホーストのプロレスごっこを見せるという…今考えたら相当な力技でしたね。

自分は毎週、全米数百万人の視聴者の前で闘っているから、どうってことはないと言い返していました<桁が違いますもんね。そういやオタービオが武藤に秒殺された敗因も横浜アリーナの大観衆にビビッてしまった事だったかと。

中邑が一軍で本当の成功を収めれば…馬場、武藤に並ぶ真のメジャーリーガー<ですよね。本当の意味で。
何憶も稼いでから、40歳頃にカープの黒田みたいに日本に帰って来てもらいたいものです。

申し訳ございません、政治に関してはノーコメントでお願いします。

>ヨンペイさん

グレイシア!<って覚えてるんだ!?(笑)

映像どっかにないですかね(笑)<案外YOUTUBEには転がってるんじゃないですかね?

No title

グレイシアありましたよ^^

https://www.youtube.com/watch?v=ouYrGh1YSis

ゴーバーがWWEで売れなかったのは、その契約内容とそれに見合わない試合内容でした。
カートへのブーイングとは意味合いが全然違いますね。

そうそう、ジャイアントもいい位置でしたね。
ですが、ゴーバーに秒殺され、ナッシュにジャックナイフでやられ、DDPにまでフォールを許してましたね。

個人的にナイトロやWCWのPPV観てて思ったのは、ストンコのような人気ぶりだったのはゴーバーよりもDDPでしたね。(と言うか、GBは外見、DDPはキャラが似てた)
WCW崩壊後は活躍できませんでしたが、今で言えばディーン・アンブローズのような感じかなぁ。
セルフ・ハイファイヴ、ダイアモンド・カッター出した時の会場は大盛り上がりでしたよ。

思えば、月曜テレビ戦争、日本でも観れてたんだよなぁ~。懐かしい・・・。

No title

お返事ありがとうございます。

「持っているということは…失う」

追われるもの立場ですね。

勝ち続けることも大変ですが負けて
ここから【どう這い上がるのか】そこに
しか興味が無いので今回の負けをどう
次に繋げるかにかかっているような…
負けを知って今まで以上に技とか色々
な工夫が始まる気がします。

というか…
負けたのではなく今回は勝てなかった。

また奪い取ってほしいです。

ヒャー!!

ハイライト動画凄い!!


グレイシア最高!!!


この動きはまさに

20年後のジャパニーズスタイルを

予見したようですよね(>_<)


グレイシア本人もビックリですね〜

元気なんでしょうかね

>HBKさん

グレイシアありましたよ<わざわざ貼って下さり、ありがとうございます。
こういう時に改めて感じます、良い時代ですなぁ~。

ゴーバーがWWEで売れなかったのは、その契約内容とそれに見合わない試合内容…カートへのブーイングとは意味合いが全然違います<なる程、勉強になります。
アメプロの事となると、HBKさんに教わる事が多いですね。
私の場合、アングルのデビューをリアルタイムで観た訳ではなく、当時買っていたファイトの記事での刷り込みですね。『金メダリストのさんざんたるデビュー戦』みたいな記事でした。

ジャイアントもいい位置でしたね<元々はヒガンテがいた位置でしたか?
ヒガンテはでかかったですけど、どちらかといえばコミカルなキャラでしたもんね。

ストンコのような人気ぶりだったのはゴーバーよりもDDP<ブルーカラー層のヒーロー的な存在でしたか。
私もDDPは好きだったなぁ。洗練された90年代のマットにおいて、どこか70~80年代の匂いがする名選手でした。

ダイアモンド・カッター<継承者の一人がコジコジカッター? あれもうちょっと何とかならんすかね。

月曜テレビ戦争、日本でも観れてた<サムライで放送してたのがWCWマンデーナイトロだったので、どちらかと言えばWCWの方に思い入れあります。WWEは当時からJ SPORTS(当時はJ-SKYでしたか?)だったので私は観ていないんですよ。
アフターバーンでスマックダウンはダイジェストを観れてたのかな?

>みーさん

こちらこそ、ありがとうございます。

勝ち続けることも大変ですが負けてここから【どう這い上がるのか】<そこがポイントでしょうね。やっぱり独走は許されないという事でしょう。

負けを知って今まで以上に技とか色々な工夫が始まる気が<そう。ここまではコスチュームだけではなく、技自体も新日時代の貯金でやって来た様なものですから、新日ファンにとっては痛快でもありましたが、ここから先、SHINSUKE NAKAMURAとしてアメリカで開発した新技術を加えて行って欲しいです。

また奪い取ってほしい<お? みーさん的にはまだまだNXTでやり残している事があるんですね?

>ヨンペイさん

グレイシア最高!!!<確かにヨンペイさんがお好きな要素満載のレスラーですね。

20年後のジャパニーズスタイルを予見したよう<そうでしたか!? でも異様に的確なトラースキックを放っていますよね。

元気なんでしょうかね<今も現役なのか、はたまたとっくにリングから離れてしまっているのか? HBKさん、どうなんでしょう???

No title

さ、さすがに現在のグレイシアの事はちょっと…。

でも99年には引退してるようでしたね。


ジャイアントはホーガンが見つけて来て、
「アンドレの息子」
としてデビューさせましたから、最初の頃はかなりいい位置…と言うか、ゴーバーのような最強路線でしたよね。

札幌でのスティング戦、健介戦はとても印象深いです!

No title

あ、それからオラが最初パーフェクTVでWWEロウを観てのは、スタープラスでした。
アジアのドラマや歌番組、バラエティが中心のチャンネルでした。

そこでの和訳が
ビンスはマックマン、
ダンスバーンがダンセベラン、
スコットホールはスカラ
でした^_^;

有名な
「ロック様の妙技を味わえ!」
もスタープラスの和訳で、
スカイスポーツでWWEが始まった時は当初字幕なしだったんですよ。

それがフミ斎藤さんが和訳するようになって、
「ロック様の魂の叫びが聞こえるかい?」
になったんですよね。

この件に関しては、
「ロック様の妙技を味わえ!」
の方がしっくり来ちゃうんですよね^_^;


あの頃はロウもナイトロもPPVも全部チェックしてたなぁ〜。

懐かしい!

スタープラス!

懐かしい話ばかりだ(笑)

字幕ね〜プロレスに詳しくない人がやってるんで名前やら技やら 所々おかしいんですが、それがまた味わいがあるんですよね

そうそうマックマン!

スタープラス終了した時は悲しかったなあ


あれ?

本題から外れました?


飯伏幸太や中邑がボマイエ(キンシャサ)決める前の動きなんかは完全にグレイシアムーブですよね

これも本題じゃないか

失礼しましたσ(^_^;)

No title

てっきりトランプ関連かと。

中邑選手は残念でしたが、いずれ負けるだろうとは思ってましたけど。しかし獲られた相手が日本プロレス好きのサモア・ジョーとはねえ。

ゴールドバーグ復帰はここで知りました。びっくりです。おまけに相手は因縁のレスナー。
この対決はお互いが退団が決まっててWWEは伏せてたけど何故かネットでバレて拡散して、会場はブーイングの嵐でおまけに試合は噛み合わず試合後に特別レフェリーのストーン・コールドが両者にスタナーを決めて観客の溜飲を下げましたな。

ゴールドバーグが車の窓を壊して手を怪我して来日が中止に成ったのは残念でしたね。初の来日が全日本プロレスでした。小島選手と太陽ケア選手と闘ったが強すぎたのか、共に5分前に終わってジャックハマーどころかスピアーも無し。
レッスル1でようやく披露したけど。小川さんとの試合は確か、最初にコールマンやジャイアント・シルバ達が小川さんにダメージを与えてから試合したような。
ゴールドバーグは最初にWWEに所属した時はVIP扱いでしたが今回は果たして・・・。

>ホーガン
居たら最高ですが、去年の7月に過去の差別発言が原因で解雇されちゃいましたからね。まあ、娘の友達に手を出す人ですからね・・・。(苦笑)

No title

スタープラスではアジアのトーク番組にジャッキーチェンがゲストで出てたり、なかなか興味深かったです(奥さんの話とか不倫について突っ込まれてた)。

あ、あと、ホーガンの不倫についてですが、著書「わが人生の転落」で書かれてました。
娘の友人と言うか、元々ホーガンのカウンセラーだったんですよね。
その時ブルックとも友人になったので、娘の友人に手を出したってのはマスコミが面白おかしく書いたのでしょう。
詳しくはこの本を図書館で借りてください^^;


しかし人種差別発言でホーガンを解雇した会社が、トランプを支持してると言うのはおかしな話だな・・・。
失礼しました。

>HBKさん

ジャイアントはホーガンが見つけて来て、「アンドレの息子」としてデビュー<それずっと信じてましたから、私。
ヒガンテの緩さの後だけに、ジャイアントの強さには「本物来たー!」と思いながら観てましたもん。

札幌でのスティング戦、健介戦はとても印象深い<どっちも観に行きましたよ!
特に健介、あれパワー・ウォリアーでしたっけ? 最後のチョークスラムの高さにはビビりましたね。「凄いのが出て来たなぁ」と。
スティング戦は…さほど覚えていないですが、当日のライガーvsマッチョマンの入場が忘れられません(笑)。

最初パーフェクTVでWWEロウを観てのは、スタープラス<そうそう!! 思い出しました。
WWEって、そのチャンネルでやってた時にまだ流行る前の韓流とか見てた層が見つけたというか。結局『プロレス知らないけどWWEだけ見る』みたいな層が今でもたくさんいるのは、そこ由来じゃないですかね?
結構、当時は会社でもスカパー観てる女性社員からチャイナの事とか聞かれた覚えありますよ。もちろんプロレスなんて全く知らない人から。

「ロック様の妙技を味わえ!」もスタープラスの和訳…フミ斎藤さんが和訳するようになって、「ロック様の魂の叫びが聞こえるかい?」になった<全く語感からないから変わっちゃうんだもんなぁ…。古舘さんが最近言ってたけど、「俺たちは海外の映画を見てセリフに酔ってるんじゃなくて、実は戸田奈津子に酔ってるんじゃないか?」と。
プロレスの場合もド素人が和訳した方が逆に伝わるものあるのかも知れませんね。

あの頃はロウもナイトロもPPVも全部チェックしてた<PPVは私も観なくなりましたね~。PRIDEは5から、ほぼライブで観てたもんなぁ…。

ちなみに私が最初に入ったchは、2500円の頃のサムライとフジテレビ721、ファミリー劇場、そして今はなき北野チャンネルでした(笑)。

>ヨンペイさん

プロレスに詳しくない人がやってるんで名前やら技やら所々おかしいんですが、それがまた味わいがある<そこは私もそう思いますね~。やっぱり先入観あると自分の中である程度変換してしまいますもんね。

スタープラス終了した時は悲しかった<消えていったチャンネルたちもBSスカパーあたりで再放送してもらえませんかね?
私、北野チャンネル入ってたんですけど、ハチミツ二郎氏がバトラーツの入門テスト受けて落ちるやつとか、当時編集長辞めたばかりのターザンに長州の汗つきロンTよろしくウ●コつきブリーフ持っていって激怒させるやつとか…ああいう馬鹿馬鹿しいのって衛星波ならではで良かったですよね。

飯伏幸太や中邑がボマイエ(キンシャサ)決める前の動きなんかは完全にグレイシアムーブ<そうでしたか! なる程…。
本人に聞いてみないと何とも言えませんが、あのタメの始祖はグレイシアだったんですね。

>スライディングDさん

中邑選手…しかし獲られた相手が日本プロレス好きのサモア・ジョーとはねえ<思えばサモア・ジョーもほぼオリジナルでやっていますから、NXTにおいては中邑とほぼ同格なんでしょうね。

ゴールドバーグ復帰…びっくりです。おまけに相手は因縁のレスナー<いろんな意味でレズナーの方はプロレスの枠にとどまらない存在になっていますからね。
あ、ゴーバーも映画とかそういう部分じゃそれに近いのかな?

お互いが退団が決まっててWWEは伏せてたけど何故かネットでバレて拡散して、会場はブーイングの嵐でおまけに試合は噛み合わず試合後に特別レフェリーのストーン・コールドが両者にスタナーを決めて観客の溜飲を下げましたな<詳しく教えて頂き、ありがとうございます。最後にストンコがスタナー決めりゃ万事ザッツオール!! みたいな世界ではありましたよね(笑)。

初の来日が全日本プロレス…小島選手と太陽ケア選手と闘ったが強すぎたのか、共に5分前に終わってジャックハマーどころかスピアーも無し<あれは確かギャラに不満で…みたいな話じゃなかったでしたっけ?

レッスル1でようやく披露したけど。小川さんとの試合は確か、最初にコールマンやジャイアント・シルバ達が小川さんにダメージを与えてから試合したような<あ、最後ですね。レフェリー昏倒からの…という。
あの試合、ゴーバーはロングマッチゆえにスタミナ切れちゃってましたね。フィニッシュのジャックハマーもやや不完全でした。

ホーガン…去年の7月に過去の差別発言が原因で解雇されちゃいましたから<アメリカはいろいろ難しい国ですね…。

>HBKさん

スタープラスではアジアのトーク番組にジャッキーチェンがゲストで<プロレス目的のチャンネルでもそういうおまけがありましたね。
私が加入した頃はフジテレビ721で夜ヒット見るのが楽しみでした。あとファミ劇のドリフ大爆笑がまだ荒井注だったんですよ。

ホーガンの不倫についてですが…元々ホーガンのカウンセラーだったんですよね<そうだったんですか。でも娘の友人じゃないから問題ないっていうんじゃなく、カウンセラーに手を出す方がよっぽどアレな感じしますが(笑)。
でも実際にはハメられたんでしょ? いやハメてるんでしょうけど…もうわけわからん。

人種差別発言でホーガンを解雇した会社が、トランプを支持<不思議な話ですよね。
もともと中東戦争の際にも色々ヤバいキャラクター作ってたんですけどね。あれ人種差別以上のものがあったと思うんですけど。
まぁ…その手の話は難しい!!

No title

あ、ホーガンに関しては
「我が人生の転落」を図書館で借りて…(以下略)。

ちょっとホーガンに同情しちゃいまよ^_^;

>HBKさん

「我が人生の転落」を図書館で借りて…<図書館推すなぁ(笑)。

ちょっとホーガンに同情<スーパースターの頂点に立ったが故に騙されたり利用されたりって言うスケールも桁外れだったんでしょうね。
それともカウンセラー氏がよほど魅力的だったのかな?

No title

いえ、リンダが酷い…。

>HBKさん

いえ、リンダが酷い…<怖いですねぇ…。確かかつてはおしどり夫婦でしたよね。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード