テレ朝ch2で11.5大阪大会を観た

本日も仕事を終え帰宅し、

諸々の用事を済ませてから、

録画しておいた新日の大阪大会を観ました。
新日2016.11.5大阪大会ポスター

前半…はちょっと飛ばして、

BUSHIvsKUSHIDAIWGPジュニア戦から。

と思いながら観てはいたのですが、

全然集中して観ていなかったのか、

あまり覚えていないんですよ(汗)。

健忘症か???

いつもよりエグイ技が出ていた気はします。

そして試合後に時限爆弾が爆発して、

カマイタチが挑戦の名乗り出。

春の重大発表の事もあったので、

正直言ってこの時限爆弾には、

私、さほど期待していなかったんですよ。

高橋広夢という選手の予備知識もほとんど持っていない。

桜庭、柴田が乗り込んで来た時に、

最初に出てきた若手…っていう印象くらいで。

でもちゃんと見続けてるファンの方には期待大なんでしょう。

ドームぶっつけ本番はキツイかも知れませんが、

強烈なインパクト残してほしいですね。

次は8人タッグ

オカダ、後藤、外道、オスプレイvsオメガ、ヤングバックス、コールですか。

オスプレイもあのテーピング…結構ダメージ蓄積していますね。

それでも自分の出番は表情に出さずガンガン行っていました。

でも場外に跳んだ後の一瞬のカメラワークに、

表情が映った時、無意識にキツそうな顔していました。

大怪我しないでもらいたいですけどね。

最後はオカダがオメガの必勝パターンに討ち取られましたか。

でも前哨戦らしい前哨戦ってこの試合くらいなのかな?

結果的には“お互いにとって”いい終わり方だったと思います。

NEVER選手権柴田勝頼vsEVIL

あのスタイルで行く限りはコンディション次第になっちゃいますよね。

だって、あんだけのケガしてて柴田が勝つというのは、

矛盾しちゃいますもん。

でも先の潮崎戦でも繰り出しましたが、

あのスリーパー・スープレックスはいいですね!!

あと柴田にしては珍しくコブラツイストの際、

両手をロックしてたんですよ。

あれも良かったなぁ…。

技観ててゾクゾク来るのって今は柴田くらいだもんな。

いつも同じ事書いてるけど、

柴田の試合観ていたら、

ここが新日本のリングだという事がわかるんですよね。

でもね、今回のEVILの畳み掛け、アッパレでしたよ。

あれでこそヒールですよ。

「せっかくそれまで良い試合していたのに…」なんていう意見には、

唾吐きかけるくらいじゃないとあのビジュアルが泣きます。

セミは棚橋弘至vsSANADA

これも札幌のリベンジマッチですか。

これまで気に留めていなかったんですけど、

確かに欠場以降の棚橋の上半身って、

以前ほどビルドアップされていない感じがします。

もうじき40歳とか…。

動きだけ見てたら全然衰えていませんが、

実際肌を合わせる対戦相手からはどうなんでしょうね?

後半見せたスモールパッケージ系の連続に、

「おおっ」と思ったんですけどね。

あの勝ち方が許されるのって棚橋の特権だと思うんですよ。

ハイフライもいいんですけど、

丸め込みで勝つ試合も見たいなぁ、と。

さてメインはIWGPインタコンチ戦

内藤哲也vsジェイ・リーサル

いい選手ですよね、リーサル。

若いときはもっと跳んでたという事ですが、

今くらいが丁度マッチしてるんじゃないでしょうかね?

あと放送席が言っていましたけど、

内藤…客席とも闘ってるんですよね。

かつてあれだけブーブー言われた大阪府立で、

今や声援とブーイングが半ばしてるんですもんね。

選手Tシャツに反比例してノンポリが当たり前の現代の会場にあって、

あれだけガッチリ支持層を押さえているのは凄いですよ。

そして「棚橋に引導を渡す」発言と、

「今はまだドームよりワールド・タッグリーグでしょ?」って。

言ってる事がまずブレないんですよね。

カマイタチの取り込みと、

イッテンヨンのメイン強奪が今後のテーマなのかも知れませんが、

気がつけば大会場のメインを締める大役にも、

何の違和感も感じない存在になっていましたね。

内藤みたいなレスラー人生を見てると、

「だからプロレスは面白いんだよ」っていうのが、

つくづく身に沁みますね。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 内藤哲也 ジェイ・リーサル 棚橋弘至 SANADA 柴田勝頼 EVIL オカダ・カズチカ ケニー・オメガ KUSHIDA 高橋広夢

comment

Secret

観ました!

レガさんも観たんですね(^ー^)

なんだかんだ大阪特有の⁈
良い大会、不思議な大会だな〜と思いました。

前半の感想を飛ばすあたりはレガさん特有
ですね(^^)

六本木バイス…ではなく道頓堀バイス(笑)
仲間割れせずベルトをとれましたし、
カルマを切り返したタマ・トンガ選手も
良かったですしアダムコールベイベー♪
も一緒にやりました(笑)
後半戦はロス・インゴ勢のシングル戦。
やはり勢いを感じずにはいられません。。


※BUSHI選手VS KUSHIDA選手

KUSHIDA選手と闘ってる時のBUSHI選手
は1番ギラギラしているように感じますし
最後はBUSHI選手の腕が折れたんじゃないか
と思って心臓に悪かった。
…直後の時限爆弾で高橋広夢選手登場!
もう何がって、高橋広夢選手が登場する前の
予想外の爆発音に驚き過ぎて「あぁ…カマイタチ」
ワンテンポ遅れて反応(笑)
次の挑戦者になった高橋広夢選手がBUSHI
選手とはどう違う景色をみせてくれるのか
期待しています!

※柴田選手VS EVIL選手

容赦なく荒々しい攻撃をするEVIL
選手!
特に前半は柴田選手また怪我をした
のではないかと思うくらいの技?
まさにヒールのラフ殺法。
柴田選手少し休ませてあげてほしい。
今はそれだけです。

※棚橋選手VS SANADA選手

新日に参戦してから1度もベルト無し
この大会もノンタイトルでしたけど、
脚への攻防やスカルエンドをめぐる攻防
は良かったのですが、私も棚橋選手の丸め
込みと絡み観たいですね〜〜。

※内藤選手VSリーサル選手

リーサル選手急遽の代役で大変だったはず
ですが頑張っていましたが、時折みせる表情が
戸惑っているようにも見えました。

技のキレが良かったですがそれ以上の印象が
あまりないのは内藤選手と噛み合ってない様に
私には映ってしまっていたのかな…

内藤選手は入場から試合に至るまで観客
や実況席まで巻き込む凄さ(笑)
試合があっさり終わったように思えてしま
ったかな。。

試合後、太陽の天才児と神ってる男の対峙。
さらりとキツイ言葉を並べるんですね棚橋選手。
まさか立場が逆転するなんて本当に分からない
ものですね。
リングをおり花道を歩く棚橋選手の後ろ姿が
疲れている様に観えたのは気のせいですよね?
ドーム楽しみだな。

歓声とブーイングが入り混じる独特な
大阪大会でしたけど「とりあえずブー
イング」みたいな感じなのかな〜(笑)
(とりあえずビールみたいなノリ?)笑

なんだかんだありながら最後にあの
セリフでしめた内藤選手さすがですね。


長くなり失礼しました。

>みーさん

なんだかんだ大阪特有の⁈良い大会、不思議な大会<客層が明らかに違いますよね。そういう雰囲気も含めて、昔の熱気に戻っているかと思います。

BUSHI選手VS KUSHIDA選手<KUSHIDAは元々高田道場生ですから、ああいったサブミッションに説得力が大有りなんですよね。
今はわかりませんが、かつては巡業中に飛び込みでMMAのジムに道場破り仕掛けていたとか。
BUSHIはこのL.I.J入り~IWGPジュニア奪取で確実に上昇しましたよね。

高橋広夢選手が登場する前の予想外の爆発音に驚き過ぎて<着ぶくれなのかも知れませんが、ヘビーの体格にも感じました。でもあれだけの動きですからジュニアであばれない手はないでしょうね。

柴田選手VS EVIL選手<今回もみーさんにはつらいシーンが多々あったでしょうね。
でも途中まであれだけの好試合しておいて最後だけ悪い事しまくって価値をかっさらうってのもある意味新しいのかも知れませんね。

柴田選手少し休ませてあげてほしい。今はそれだけです<でも連戦は続くみたいですね。早速ドームでのリマッチも決まりましたし。
なぜか海外オファーが多いというのも新日ファンとしては誇らしい限りです。

棚橋選手VS SANADA選手<ノンタイトルでしたけど、脚への攻防やスカルエンドをめぐる攻防は良かった<GKも言っていましたが、SANADAのストーンフェイスはいいですね。
ベビーのままだと身体能力から言って“器用貧乏”になる可能性もありましたが、L.I.J入りしたのは大成功ですね。

私も棚橋選手の丸め込みと絡み観たい<ね? それが許される貴重な存在ですよね。
矢野とは違った意味で(笑)。

内藤選手VSリーサル選手<ちょっと因縁はあったみたいですけど、唐突感のある中でいい攻防ではありましたよね。

内藤選手は入場から試合に至るまで観客や実況席まで巻き込む凄さ(笑)<解説の真壁まで巻き込んでいましたからね。今やる事なす事全てうまく行ってる感じです。

さらりとキツイ言葉を並べるんですね棚橋選手<あ、私は逆にですね、内藤の顔には「貴方には出来ない事を俺はやってるんですよ」って書いてあった様に見えましたよ。
棚橋はもし本人が望んだとしても、あの内藤の立場は今さら出来ませんからね。

「とりあえずブーイング」みたいな感じ…(とりあえずビールみたいなノリ?)笑<相変わらず上手い表現ですね~。でもあのノリこそが大阪! っていう感じもありますね。

なんだかんだありながら最後にあのセリフでしめた内藤選手さすがですね<賛否両論全部ひっくるめて観客を掌の上に乗っけていますね、今の内藤は。
かつて猪木が言ってた事を最も体現しているレスラーかも知れません。

こんばんは。

お返事ありがとうございます。
連日コメントすみません。

気になった事をいくつか。。。

…SANADA選手 器用貧乏になった
可能性もあった。

そうなんですかΣ(・□・;)
来年あたりプッシュされるん
ですかね⁈

…柴田選手は挑戦者が途切れる
事無くモテモテですね。
ただ、今の身体の状態が…ねぇ。

…とりあえずビール

は、酒好きのレガさんの為に
寝ずに考えました(笑)
あっ、褒めてますよね?

…真壁選手

良い解説している場合では無い
と思うので(笑)
内藤選手と何かしらあるのかな⁈

>みーさん

連日コメントありがとうございます。本当に嬉しいです♪

SANADA選手 器用貧乏になった可能性もあった<全日本でオーバーしていった頃はセンスだけで上がっていきましたからね。周りに諏訪魔とか大和ヒロシみたいのがいれば、個性も出辛かったと思いますし。
海外で初期ムタのコピーやってるのを見たら、何か可哀想にも思っていました。

柴田選手は挑戦者が途切れる事無くモテモテ<一年間、実はIWGPヘビーよりもインタコンチよりも幅広い防衛戦内容でNEVERに箔付けしてきましたよね。
「これは俺の物だ」くらいの気概で1.4に奪回してもらいたいです。
でも駒シバさんが記事にしていた藤田戦みたいなのが見たいんですけどね、実際には。

とりあえずビールは、酒好きのレガさんの為に寝ずに考えました(笑)<(笑)。お褒め頂き光栄です。

真壁選手
良い解説している場合では無い<そうなんですよ、そうなんですけど…解説上手いですよね(笑)。高山調ですけど、これ二人とも解説が上手いんですよね。
かつての名レスラーはみんな下手でしたけどね(笑)。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード