突き抜けろオカダ

明日、10.10 両国国技館での、

新日本プロレス『KING OF PRO-WRESTLING』において、

IWGPヘビー級選手権試合が行われますが、

そこで雌雄を決するオカダ・カズチカ丸藤正道

何度も書いてきましたが、

新日本とNOAHの頂上決戦です。
オカダと丸藤

週プロの両選手インタビューを読むと、

丸藤の方にIWGPに対する執着心はなく、

オカダにしてみてもノアという団体にさほどの興味がある訳でもなし。

一見、淡白なテーマに見えがちのチャンピオンシップとなりました。

…が、とんでもない!!

私は目の前(参照:今年も行って来ましたG1開幕戦)で、

新日本の(本当の意味の)エースが、

丸藤という他団体のトップに敗れるシーンを目撃しましたんでね。
20160718G1開幕戦17

新日本ファンとして幾度も対抗戦を勝ち抜いて歓喜した事も、

Uインターファンとして何度も敗れて屈辱を味わった事も、

両方の出来事を体感してきた私にとっては、

IWGPチャンピオンが2タテ食らう事なんか言語道断な訳です!!
太い首にスリーパーが食い込む

幸いにしてチケットは早い段階で捌け、

このカードに絶大な集客力がある事もわかりました。

“好試合”は札幌で充分堪能しました。

明日は“名勝負”を残さなくてはなりませんよ。

その軸となるのは丸藤の“天才”を凌駕する、

オカダの“強さ”でしょう!!

2000年代初頭に必須とされた格闘技術による強さではなく、

超絶的な身体能力も含めたプロレスラーの強さ。

ドロップキックで丸藤の下顎を粉砕するくらいの、

“突き抜けた強さ”を見せてくれレインメーカー!!
“レインメーカー”オカダ・カズチカ

私は帰宅後にテレ朝ch2で見届けます。

関連記事
スポンサーサイト

tag : オカダ・カズチカ 丸藤正道 IWGP

comment

Secret

紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード