THE BLOGER

今一番面白いブロガー、それは駒シバさん

間違いなく。
駒沢シバティストさん(c)

こんなブログを書いてみたい。

たった一度でいいから。

 ~柴田勝頼 未公認応援 ブログ~ 今日のブログ後のテーマは、「○○」です。 より
スーパー・ササダンゴ・マシンが言ったこと

誰がいくら金を落とすとか、マーケティングしたところブームを作るのは女性でコンテンツに金落とすのが女性でとか、いやいや30代~40代で金稼ぎ始めた男がガッツリ金落とすとか、んなことどうでもいいんですよ。
オンナとかナオンとかどうでもいいんですよ。

いっぱい金落とすやつが偉い。
それだけっすよ。

もっと言えばこれからプロレス界が発展してほしいとか、ゴールデンタイム復活してほしいとか全く微塵も思ってないですからね。
私はまったく興味なし。
それは今もこれからも変わらないでしょうね。


この記事読んだとき、

自分の中で忘れかけていた何かが沸々と甦ってきました。

この感覚は今年のG1最終戦で、

柴田勝頼のアレ(参照:テレ朝ch2でG1両国三連戦を観た~後編~)を観た時の気持ち良さと非常に酷似。
柴田に猪木が憑依

記事中のスーパー・ササダンゴ・マシン(以下S・S・マシン)氏Twitterによる一騒動(?)は、

これを読むまで全く知らなかったんですけど、

読んだら…確かに生き辛ぇな! と。

選手が団体と契約書を交わして試合出場という仕事をさせてもらっている以上、

大切な顧客様の機嫌を損ねる様なうかつな発言はしてくれるな、と。

そういう事ですよね?

アングラでやってたときには、

某団体の選手やファンをさんざんネタにして来たDDTという団体が、

現在、女性を中心としたファン層によって人気を博している以上、

そこを刺激する様な失言は慎んでくれたまえ、と。

そういう事なんですよね?

プロレスラーが暴言を吐く事も許されない時代になってしまってるんですね、今は。
暴れる客に一喝する小沢

そりゃマナーの悪い客に喰らわす事なんか以ての外でしょうな、今や。

…え? そういう事ではない?

じゃあ難しいからこの話はもういいや。



何か違うんじゃねえかな? とか思いつつ、

現在のリングを見つめてる時があります。

試合が始まっても中盤~終盤までTシャツを着てるヒールユニット多々、

単にTシャツ売るための宣伝に試合が使われてるんじゃないの? とか。

大一番におけるフィニッシュまでの攻防が、

お互いの必殺技をかわす事だけに集約されてたり、

或いは、最後って絶対に必殺技で終わらなきゃダメなの? とか。

どっちもプロレスとしては正解であり、

どっちもプロレスラーとしては不正解であり、

これも難しいからどっちでもいいや。

柴田勝頼がIWGPヘビー級チャンピオンになる

後藤と防衛戦をする

オカダ・カズチカをぶちのめす


それしか興味ないですから(笑)。
スーパー・エゴイスト・マシン上等!


駒シバさんの柴田ファンとしての関わり方、

これは間違いなく大正解!!

これからのプロレス界の為に…とか、

かつてのファンが戻って来れるきっかけになれれば…とか、

そういう想いは無理矢理作っていくもんじゃなく、

自分が好きなプロレスのあれこれを綴っていけば、

自ずとまたつながっていくんじゃないかな? と。

だから改めて、私のブログでは、

果てしない夢を見ていきたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 柴田勝頼 駒沢シバティスト

comment

Secret

No title

自分のところでも少し触れたのですが、ファンもそうだしレスラーも団体もそれぞれの主張なり考えで行っていいと思うんですよね。

今の新日本の取り上げ方を良しとするのも悪しきとするのも間違いじゃないし、特に選手にはファンがこうだからとか世間がこうだからとかじゃなくて、「貴方が」どうなりたいか、どうありたいかを持っていてほしいと。団体に所属云々ではなく、やはり個人商売なんですから。

ササダンゴ選手の発言もなまじっか取り消して謝罪とかしなければ、ああそうなんだで済むことだったと思います。

確かに!

レガさん連日ブログ更新されていますね‼︎
お疲れさまです。

駒沢シバティストさんのブログ確かに面白いです‼︎
オブラートに包まずストレートな表現!

私はコメントなどでこんな風に ” 自分の思っていることが言いたい言えたらな ”…全てありのままの自分の言葉で。
と思った事があります。

でも実際は「もっと強く表現したい」(コメント)時も批判が怖くて丸〜い表現に留めたり(^^;;

本来は(例えば)批判とかにも自分の中でうまく対処できる
術を身につけられたらいいのですが。。。

No title

これ読んで、
「あぁ、そうか。
オラは日本人レスラーで好きなのずっと、ずぅ〜っといないんだなぁ。」
と思いましたわ。

だから長い事
「ゴールデンに戻るためには…」
「もっとプロレスが世間に届くためには…」
とか考えていたんだなぁ〜、と。

それこそプロマニの時とかずっとそんな事ばっか考えてたんだよなぁ。


本当改めて思い返すと、猪木以外にハマった日本人レスラーいなかった。

今も、いない。

でも、プロレスは好きなまま。

困ったもんだ(^_^;)


いいな~

いろんなプロレスブログがあって、そこではいろんなスタイルで、いろんなことが書かれていて・・・そしてそのブログにコメントを書く人がいて、みんなでプロレスのことを話していく。

プロレスが好きな人がこの世にいるからなんですよね!こんなにうれしいことはないです(^^)

これからも果てしない夢に全力でいきましょう!!

励みになります!

わざわざ記事にしていただきありがとうございます!
プロレスラー個人(?)応援ブログ派の開祖にして今だトップを走り続ける腕ひしぎ逆ブログ。

やっぱり大先輩に認めていただけるってのは嬉しいです!
おこがましいですが、少しだけレガさんの後ろ髪くらいは見えたかなと。

田村vsヒクソンと柴田IWGP戴冠、どっちが先か真剣勝負です!!
いつか必ずサミット参戦させてくださいね!

No title

駒シバさんという方、本当に良いことをいうな!
レガさんも見習わないと(笑)。

K-1心中のweb新さんも同じことを仰っていました。屁理屈たれる暇があったら身銭きって試合を観に行けと。

いまどき蘊蓄垂れたり、したり顔で批判ものしたりなんて、わたしでもできますから。
本当に業界を愛するなら、まずはチケットなりDVDなり、あるいはグッズひとつでも購入して貢献しないとね。
選挙にも行かずに政治批判を垂れる輩と同じなんですよね。

悪口や批判は生で観てからいうべき!……なんて偉そうに書くわたしは、片田舎に住まいのこととて、とんと生観戦にはご無沙汰なんですけどね(汗)。

>第4代IWA世界ヘビー級チャンピオンっち

今の新日本の取り上げ方を良しとするのも悪しきとするのも間違いじゃないし、特に選手には…「貴方が」どうなりたいか、どうありたいかを持っていてほしい<極端に言えば、媚びているレスラーには魅力がないという事ですよね。突き放されるくらいが丁度いい。その最たる例が今の内藤じゃないですか?
かつて中邑がよく言ってたんですよね、「選挙じゃない」って。リングの上でやっているのはプロレスだけではない…って今読み返すと、これも深い言葉ですね。

ササダンゴ選手の発言もなまじっか取り消して謝罪とかしなければ、ああそうなんだで済むこと<選手側から発信しやすくなった現状において、逆に撤回もし辛い時代ですよね。残っちゃいますから。
昔っからプロレスってのは「やってしまった事」や「起きてしまった事」をむしろ転がしてリングに転化していった方が良い結果が出てるんですけどね。どんなにアンタッチャブルな事象であっても。

>みーちゃん

みーちゃんこそ、お疲れさまです。

駒沢シバティストさんのブログ確かに面白い…オブラートに包まずストレートな表現!<読んでて爽快ですね。逆に不快な方もいらっしゃるかも知れませんが、それでこそ! 賛否両論あってこその柴田ブログですよ。みーちゃんもぜひコメしてきて下さいな!!

こんな風に”自分の思っていることが言いたい言えたらな”…実際は「もっと強く表現したい」(コメント)時も批判が怖くて丸〜い表現に留めたり<そうですね~、そこは私みたいないいオッサンとみーちゃんみたいな可憐な女の子ではキャラの違いもあって難しいかも知れませんが、みーちゃんはみーちゃんの思う通りに書いたらいいと思いますよ。
顔の見えないWEB上においては人を傷つけない程度なら何言ってもいいと思うんですよね。

批判とかにも自分の中でうまく対処できる術を身につけられたらいいのですが<そこは…年の功でしょうかね?(笑)

>BKっち

「あぁ、そうか。オラは日本人レスラーで好きなのずっと、ずぅ〜っといないんだなぁ。」と思いましたわ<それもまた衝撃の事実ですね!!
あれだけ広く深くプロレスを知り尽くすBKっちが…実際には象徴的日本人レスラーの存在がいなかった、と。

「ゴールデンに戻るためには…」「もっとプロレスが世間に届くためには…」…プロマニの時とかずっとそんな事ばっか考えてた<プロレスが低迷に向かっていく中で、マニアたちはことさら真剣に考えていましたよね。でも結局、今こうなる事まで予期した方っていたんですかね?

今も、いない。でも、プロレスは好きなまま<それはそれで素晴らしい事と思いますよ。
ジャンル自体に愛着持たれるものって、プロレスと高校野球くらいじゃないですか?

>流星さん

いろんなプロレスブログがあって、そこではいろんなスタイルで、いろんなことが書かれていて<本当ですね~、右に並んでるリンク先のブログも一つ一つ全部違いますからね。

プロレスが好きな人がこの世にいるからなんですよね!こんなにうれしいことはないです<プロレスラーが好き、団体が好き、技が好き、マスクが好き、コスチュームが好き、テーマ曲が好き、ストーリーが好き、受けが好き、ベルトが好き、相関図が好き、写真が好き、裏話が好き、会場が好き、その他諸々…。
本当に他に比類なき世界がプロレスだと思いますね。

>駒シバさん

こちらこそ、わざわざコメして頂き恐縮です!!
…あ、トップは走っておりません(笑)、駒シバさんの後ろからそーっとやらしてもらいます。

田村vsヒクソンと柴田IWGP戴冠、どっちが先か真剣勝負です!!<これ見果てぬ夢と現実的な悲願…かなり不利な展開ではありますが、奇跡はあると思いますんで、I BELIEVE!! …と。

いつか必ずサミット参戦<ぜひぜひ!! これは夢とか悲願じゃなく、必然です!!
今後とも宜しくお願い致します。

>し~まさん

レガさんも見習わないと<いや本当です。ちょっと私自身勘違いしてる部分もありました。

いまどき蘊蓄垂れたり、したり顔で批判ものしたりなんて、わたしでもできます…まずはチケットなりDVDなり、あるいはグッズひとつでも購入して貢献しないと<いや、そこは蘊蓄もしたり顔も全然OKだと思うんですよ。それが出来る方はどんどんやっていいと思っております。

悪口や批判は生で観てからいうべき!…なんて偉そうに書くわたしは…とんと生観戦にはご無沙汰<住んでる場所やライフスタイルによって観に行けたり行けなかったりはあると思うんです。
ただし生で観てたら案外、悪口と批判だけにはならないんですよね。不思議と。
逆に冷静にテレビ桟敷や動画なんかを観ていた方がツッコミどころたくさん見つかりますから…。
どっちが楽しいかは、その方その方の自由でしょうけど。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード