地上最強最美の頑固者(2005)

現状においてはこの興行が、

“日本でUの名を掲げたリング”における田村潔司最後の試合でした。

川田利明の参戦で話題を呼んだ(参照:デンジャラスK-STYLE Axis)、

2005年11.23 有明コロシアム

U-STYLE Axis

U-STYLE Axis

ジョシュ・バーネットにとっては少年時代からの憧れ、

念願叶ってのU初参戦です…って、このマニアックなTシャツっ!
憧れのUに見参、ジョシュ・バーネット

田村潔司vsジョシュ・バーネット
田村潔司vsジョシュ・バーネット

あぁ…田村のショートタイツもこの日が最後でしたね。

握手から始まった一戦、

先手を取ったのはジョシュの片足タックルでした。
ジョシュはこの日タックルを多用

そのままアキレス腱固めに入ります。
まずはアキレス腱固め

卓越したグラウンド技術に体重差も加味されて、

ジョシュは上のポジションを取り続けます。
常に上をキープするジョシュ

アームロックの仕掛けから腕十字に来たところを、

田村は凌いで立とうとしますが、

ジョシュはもう一度片足タックルから、
腕十字を凌いで立つ田村にもう一度タックル、

軽量の田村を持ち上げると、

そのまま大きく後方へ投げ捨てました。
そのまま後方に投げ捨てます

寝れば体重を乗せた強烈な袈裟固めで、

早くも田村ファーストエスケープ。
強烈な袈裟固めで早くもエスケープ奪取

スタンドに戻ると、

正面から胴タックルに入るジョシュに対し、

田村は腰を落としてディフェンス。
ジョシュの胴タックルに田村は腰を落としてディフェンス

グラウンドに入ればまたジョシュが上のポジション、
腕を極めに行くジョシュ、

ここを田村は回転しながら脱すると、
田村は回転しながら脱すると、

ジョシュは再度、片足タックルへ。
ジョシュはまたタックル、

執拗なまでの低いタックル狙い、

いつものMMAでの戦術とは異なる、

ジョシュなりのUWFスタイルなのでしょう。

なかなか離してくれないジョシュの顔面めがけ、

田村は跳び膝蹴り命中!!
立っても離さないジョシュの顔面に飛び膝でダウンを奪う

これには堪らずジョシュが最初のダウンを喫します。

さぁ、ここから打撃に活路を見出したい田村、

得意の左ミドル連射に行きます。
ここで田村の左ミドル連打

ジョシュは敢えて受け止めて、

蹴り足を捕まえると、
蹴り足を捕えると、

胸を合わせてから一気に、

裏投げ風味のベリートゥベリーで投げ落とし、
裏投げ風ベリートゥベリーから、

さらにバックを取ると、

必死にロープを手繰り寄せに行く田村を、
ロープを掴もうとする田村を、

力ずくでぶっこ抜き、
そのままぶっこ抜いて、

ジャーマンで叩き付けました!!
投げっ放しジャーマン!!

Uインターヲタのジョシュはこの試合のテーマとして、

自らをゲーリー・オブライトに見立てた闘い模様を描いていましたが、

まさにゲーリーばりの怒涛のスープレックス・ラッシュ!!

これには思わずダウンの田村、

どうやら頭を打ったというより、

胸が詰まった様子です。
田村ダウン! 胸が詰まったか?

それでも立ち上がると、

こだわりのミドルキックをジョシュにぶち込みます。
それでもミドル連打、

ジョシュはここでもタックルからの入り。
タイミングを計ってタックルへ、

そこからバックに回りもう一度ジャーマン狙いに、

田村は冷静に対処してのダブルリストロック。
田村はバックを取られても冷静にダブルリストロックへ、

“私的U-STYLEベストバウト”藤井克久戦(参照:STYLEの中のSPIRITS)を思い出す攻防です。

そこから腕十字を狙った瞬間、

すぐにポジションを取り戻すジョシュはさすがです。
すぐに上になるのはジョシュ

サイドポジションからV1アームロック、
腕を極めに行くジョシュ

終始いいポジショニングのジョシュに、

田村のスタミナも奪われていく様です。

何とか脱出すると、
田村が脱出すると、

ジョシュは力任せにカレリンばりのリフトから、
そのままリフトして、

また田村を投げ捨てます。
放り投げ、

立て続けに狙ったベリートゥベリーは、

田村が巧く体重移動して回避。
追撃のベリートゥベリーは崩れる

そのまま横転して絶好の形になりましたが、
今度は上になった田村、

回転体でジョシュの上を移動しながら隙を狙うも、
回転しながら狙うも、

ここも極めるまでには至らず、

一旦離れてスタンドへ、

ジョシュはここでも片足タックルによるテイクダウン。
ジョシュまたもタックル

一度バックを許しますが、

サイドポジションを奪った田村はダブルリストロックの仕掛けから、
上になった田村はダブルリストロックで撒き餌して、

一気に腕ひしぎ逆十字へ!
腕ひしぎ逆十字へ!

渾身の力を込めてクラッチを切ったと同時に、

ジョシュの右手がロープを掴みました。
クラッチが切れた途端にジョシュはエスケープ

何とか打撃で形勢を変えたい田村は、

声を上げながら左ミドルを連打していきますが、
左ミドルの連打には、

ジョシュも蹴られながら声を出し、

前に前に出て田村を威圧します。
「モット蹴ッテ来イヨ!!」

そして重いミドルでの返礼から、
ジョシュも重いミドルで返礼

いきなり右ハイキック!

…これは幸いかすっただけでした。
ハイキックが顔面かすめる、危ないっ!!

激しく打ち合う中で、

ジョシュは思い出したかの様に両足タックル、
田村蹴り返すとジョシュはカウンターで両足タックル

これはきれいにテイクダウンを取りました。

一度足首を極めにいっておいて、

袈裟固めに移行、
胸が詰まった後だけにこの袈裟も強烈

体重差があると、これだけでも必殺技になり得ます。

田村、ここも巧く脱出を図れば、

ジョシュはバックに回ってぶっこ抜き狙いに。
さらにバックを取ってぶっこ抜き狙いも、

持ち上がったところで、

田村はまたも体重移動による回避から、
田村が防御から、

膝十字固めを極めて、

ジョシュからロストポイント奪取。
足を取っての膝十字でロストポイント奪取

この時点での持ち点は、

田村 3-2 ジョシュとなりました。

ここが打開のチャンスとばかり、

田村の左ミドルにも気迫が込められますが、
ミドルの連射を、

ジョシュはガッチリとキャッチして、
ガッチリ受け止めて、

キャプチュードで田村を脳天からキャンバスへ!!
キャプチュードで脳天から落とすが、

しかし田村はカウント7で事もなげにファイティングポーズを取るんですよね。
すぐに起き上った田村

これだけの大技を食いながらスッと起き上がる姿に、

私なんか高田延彦vsサルマン・ハシミコフ(参照:男が惚れる男)の1シーンを思い出す訳です。

これにやや焦ったか?

ジョシュはボディパンチから膝蹴り2発を挟んで、
ジョシュはボディパンチから膝蹴り2発を挟み、

不充分ながら、もう一発キャプチュード狙い!
もう一度キャプチュード狙い!!

これを田村は冷静に、

持ち上げられた空中で重心を移行しての切り返し!!
田村が上手くバランスを崩し、

キャンバスに着地すれば絶好のポジション!
上になると同時に、

そのまま当然の様に腕ひしぎ逆十字で一本!!
腕ひしぎ逆十字で一本!!

これぞUWF!!
田村、ジョシュに勝つ

『FLAME OF MIND』が鳴り響く中で、

笑顔で握手を交わす勝者と敗者。
握手を交わす田村とジョシュ

花道を帰り際、カメラに叫ぶんですよね、

ジョシュ
「UWF死ンデナイゾ!!」
って。



そもそもこの有明大会は、

PRIDEを主催しているDSEのプロモートでした。

その理由は単純に田村を大晦日に引きずり出し、

桜庭和志と試合して欲しい…という、

その為だけに田村に敢えて貸しを作る形で、

スポンサーからブッキングから何から何までまかなって、

1年弱中断しているU-STYLEを「やってあげた」と。

それを誰もが理解している空気の中で、

“それでも出ない”というのが田村でした。

そんな田村が私は大好きでした。

プロとして、わかりやすい言葉で、

闘う理由を述べる田村も有りなのかも知れませんが、

身も蓋もない位に迎合しない田村が私は大好きでした。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 田村潔司 ジョシュ・バーネット

comment

Secret

この試合商品化されないか今でも思っています!

レガさん!いつもお世話になります!当時この試合ユーチューブで何とか見ることが出来、ジョシュ選手はやはりUスタイルの試合の方がいい試合するなあと思いました。新日やIGFでのプロレススタイルでの試合で正直良かった試合はありません。今でも商品化してほしいと思っています!。無理か( ´∀` )

なんと!

レガさん更新お疲れさまです。

今日たまたま動画サイトで田村選手VSへゾン グレイシー選手の
動画を観ていて、と言っても田村選手の入場の所のみの映像でしたが、Uのテーマ曲で入場してきた田村選手ときの会場の熱気、歓声が物凄くてもうあんな光景を目にすることは無いのかな〜と思っていたところなんです。


ブログの内容と関係なくてすみません(^^;;

ジョシュ選手との試合動画観ますね。

>タキトさん

こちらこそ、いつもありがとうございます。

ジョシュ選手はやはりUスタイルの試合の方がいい試合するなあ…新日やIGFでのプロレススタイルでの試合で正直良かった試合はありません<そこは異議なしですね。
ジョシュ自身が崇拝するロビンソン同様、従来のプロレスのリングにおいては“自分の強さを見せつけるだけ”の試合がほとんどなんですよね。
MMAではノゲイラ戦を筆頭に名勝負を数多く残してるんですけどね。
パンクラスの近藤戦なんかも素晴らしかったですし。

今でも商品化してほしいと思っています!<これDVDなっていないんですか?
DSEでやった事が関係してるんでしょうかね。サムライの再放送も少なかった記憶があります。

>みーちゃん

たまたま動画サイトで…田村選手の入場の所のみの映像<かの有名な『Uの魂を云々』ってやつですね?
あれ入場シーンだけで白ごはん3杯イケますね。

歓声が物凄くてもうあんな光景を目にすることは無いのかな〜と思っていた<あの試合を含めて高田vsヒクソン、桜庭vsホイスとの3試合の入場シーンは鳥肌三部作ですね。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード