違う、そうじゃない

今日、田村潔司の試合が行われました。

対戦相手は元WBFボクシング世界王者・エルヴィス・モヨ
田村@巌流島20160731~1

…誰? という恒例のアレではあるのですが、

今回の一戦に関しては自分でも驚く程、

勝敗にも内容にも興味が湧きませんでした。

猪木アリルールという設定にも当初は疑問を持ちながら、

田村の試合という事だけで胸は高鳴ったのですが(参照:凡戦予告)、

日に日に醒めてしまったというか…。

案の定、結果は予想通りと言いましょうか、
田村@巌流島20160731~3

 イーファイト より
【巌流島】田村、4度のダウンを奪われボクサーにKO負け

▼第6試合 フリーウェイト 特別ルール 3分5R
○エルヴィス・モヨ(ジンバブエ/ボクシング)KO 5R 32秒 ※パウンド●田村潔司(U-Style/プロレス)

40年前に行われた「アントニオ猪木vsモハメド・アリ」のルールをベースとした異種格闘技戦として、プロレスラー田村と元WBFボクシング世界王者モヨが対戦。

試合は3分5Rで行われ、田村は素手にプロレスシューズ着用のプロレススタイル、モヨはグローブとリングシューズを着用したボクシングスタイルで戦う。

田村は腰から下へのタックル、ローキック(床に手を着いたアリキックは有効)、顔面へのパンチなどが禁止され、腰から上への蹴り、顔面への張り手・掌底が認められる。寝技による攻撃は30秒までとされ、ロープ(土俵の俵の部分)エスケープ、スリーカウントによるフォール勝ちもあり。


ルールを読めば読む程、

今の時代にこの様なルールを実行する意味と、

そのルールの中に田村が入っていく意味が、

全くわからなくなってしまうのですが、

とりあえず内容も読んでみましょう。

1R、モヨはジャブを放ってけん制。田村は十分な距離をとって左ミドルを蹴る。右ストレートを首の下やボディにもらった田村は一瞬動きを止めるが、すぐに左ミドルを蹴り返す。しかし、右ストレートで後方へ吹っ飛ぶようにしてダウンを喫する。

2R、左ミドルを蹴っていく田村にモヨはジャブから右ボディストレート。モヨのパンチに掌底で打ち合う田村。パンチを正確にヒットさせるのはモヨの方だ。田村は離れて左ミドルを何発も入れるが、モヨは構わず前へ出てジャブを打つ。モヨのパンチをかわすため、田村は場外へ逃れる。

3R、モヨのジャブに下がり続ける田村。左ミドルを蹴り続けるが、モヨのジャブ、左フック、右アッパーで直撃はないが押され気味。右フックからの連打をもらってグラつく田村。ガードはしているがパンチをもらう場面が増え、右フックでスタンディングダウンを奪われる。

4R、ついにスライディングしながらの蹴り=アリキックを放った田村は、尻をマットに着けての猪木アリ状態に。場内は大いに盛り上がるが、立ち上がったところで右フックをもらってまたもダウン。逆転を狙って左ハイキックを放つも不発。モヨのフック、アッパーの連打をもらって4度目のダウンを喫する。

5R、左ミドルを蹴り続ける田村だが、パンチをもらって転倒。立ち上がろうとするところに右フックをもらって倒れ、ここでモヨがパウンドを連打。

モヨが離れても田村は寝転がったまま立ち上がることが出来ず、レフェリーに立つことを促されるが四つん這いになったまま。レフェリーが試合続行不可能と見てストップし、モヨのKO勝ちとなった。


またしても完敗じゃないですか、これ。

いや、負ける事がダメな訳じゃないんですよ。

勝負なんですから、勝つか負けるか結果は出るんですから。

ただしこのままじゃ“ただ負けてる”だけじゃないですか、

沸きどころは作ったのかも知れませんが…。
田村@巌流島20160731~2

これをきっかけにモヨというファイターが、

一気にスターになるなんて事も考えられませんし。

あとに何かつながって行くものもない敗戦を重ねていくだけじゃ、

6年半ものブランクを経て、わざわざ実戦の場に戻ってきた意味がないでしょう。

これじゃ谷川氏の都合の良い様に名前を使われてるだけですよ。

2016年にもなって、まだ黒魔術にかかってる選手がいるの? って。
谷川黒魔術

繰り返しますが、負ける事がダメではないんです。

事実、高田延彦も負け続けながら現役末期を全うしました。

しかしながら、高田が相手にチョイスした選手は、

その時点におけるトップファイターばかりでした。
さあ高田の入場です

格闘技側のファンからは「身の丈以上のマッチメイク」みたいに揶揄されながらも、

我ら高田ファンにしてみれば「高田ならやってくれるかも知れない」とか、

「あの時の高田に戻れば絶対に勝てるはずだ」と、

期待と願いを込めて最後まで応援出来た事が一番の誇りです。
高田ファンを語る2

何より高田自身がそういうファンの想いに応えるべく、

コンディションを作って、モチベーションを上げて、

リングに姿を見せてくれたと思います。
高田ファンを原因を語る3

田村が現役にこだわる理由が、

ご自身のご子息さんたちに“父が闘う姿を見せたい”からなのか、

病と闘い続けるカッキーの為なのかはわかりませんし、

或いはその両方かも知れません。

でも田村が一時代を築いたプロフェッショナルならば、

貴方を応援し続けてきたファンの想いも忘れないで欲しいです。

デビュー以来、田村潔司の試合を見続けてきて、

こんなにテンションが上がらない試合は、

最初で最後にしてもらいたいです。
雄叫び一発

関連記事
スポンサーサイト

tag : 田村潔司 エルヴィス・モヨ

comment

Secret

No title

こんばんは
僕もこの試合はいまひとつ乗れませんでした
しかしこの試合を通じて、田村潔司のオフィシャルサイト?が出来ていることを知ることができました
紫レガさんは既にチェックされてましたか?
技やトレーニングの解説とかしてて、新しい一面を見た気がしました

No title

更新お疲れ様です。

”テンションが上がらない試合”・・・

田村選手自身もファンの方がそういう風に思うかもしれないのを察して観てほしくないという発言に繋がったのでしょうか⁈
あと、やはりこのルールや体重差でこの試合を受けたのが分からないですね。

今回の画像では分かりづらいですが、田村選手 大胸筋や三角筋など自然な作りで綺麗だな〜〜と思います。

>夢U病者さん

こんばんわ。

僕もこの試合はいまひとつ乗れませんでした<大多数の田村ファンが乗れなかったんじゃないでしょうかね?
だとしたら尚の事、もったいないですよね。
巌流島公式の試合レポートなんて、読んでて腹立たしかったです。

田村潔司のオフィシャルサイト<それ見つけられなかったんですけど、逆にU-FILE公式に飛んでみたらよくわからない感じになっていました。閉鎖してるんですか?

技やトレーニングの解説とかしてて、新しい一面を見た気が<WEB上での技術講座って、ある部分、前田氏の念願を受け継いでるじゃないですか?

>みーちゃん

こちらこそ読んで下さってありがとうです。

田村選手自身も…察して観てほしくないという発言<ちょくちょくそういう事は言うんですけどね。今回はこちら側の食指が動かなかったというか…。

やはりこのルールや体重差でこの試合を受けたのが分からない<巌流島公式のリポート読むと、同じ様な事が書いてあるんですよね。
いやいやこれをマッチメイクしたのはアンタらだろ? っていうね(笑)。

田村選手大胸筋や三角筋など自然な作りで綺麗<若い頃から徹底してパーツを大きくして行った身体ですからね。そこら辺は高田イズムを最も受け継いでる感じします。

ちなみにみーちゃんのウェストも6パックに割れている…そんな妄想に走りながら、眠りにつきたいと思います。

Zzz…

No title

http://s.ameblo.jp/tamura-blog/entry-12186687001.html

ここから猪木宛のメッセージが見れまっせ

6パックに割れていません。。

お返事ありがとうございます。

田村選手をずっと応援してきたレガさんには色々思う事もある
でしょうから・・・。

でも、これからは【田村選手がどう起き上がって
くるのか‼︎】そこに興味があるというか関心が移りますよね⁈

>レンジャー大和さん

初めまして。
コメントありがとうございます。

やんわりと田村潔司.comに移行する感じなんでしょうか?

猪木宛のメッセージ<同意する部分と、「???」の部分が同居しますが、

現在活躍している新日本のプロレスラーよりもすべてのプロレスラーの誰よりもアントニオ猪木を体感しアントニオ猪木の「闘い」の意志を受け継いでいる…というのは深いですね。

…というか、そろそろ小川戦とかやって欲しいなぁ。

>みーさん

こちらこそ、ありがとうございます。

ずっと応援してきたレガさんには色々思う事も<思い過ぎるのも良くないんでしょうけどね(笑)。
応援する選手が観せてくれるものを、素直に受け止めてりゃいいのかも知れないですけど。

【田村選手がどう起き上がってくるのか‼︎】<そうですね。
こうなったら、もうモヨにもゴーシュにもリベンジしてもらうまでやってもらうしかないですよ。

No title

レガさんの好きな田村選手
入場しましたよ。

結果楽しみですね。

>みーさん

田村選手入場しましたよ<ご覧になられてたんですね?
また残念な試合だった様ですが、まだまだ“持ってる”と思いますので、輝き続けて欲しいと願っています。

でもこの体重が現状ベストなら、思い切ってクロンとやってもらいたいものです。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
44歳のプロレス話


待て待て待て待て!! 読め!! 俺の記事をこの野郎!! 待て貴様ぁ!!

どーですかぁーーーー!!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
来場者数
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード