運命の不協和音 WoO.9~ミラクルパワー全面開放・後編~(1985)

北の聖地でたった一度実現した“運命の闘い”。

WoO.8からの続きです。

それまで有利に試合を進めていたアントニオ猪木でしたが、

ブルーザー・ブロディの逆水平チョップに大ダメージを負ってしまいました。
猪木、予想外の大ダメージ

ブロディは放り捨てるかの様に、

ゴリラスラム2連発。
ゴリラスラム2連発から、

3発目を狙ったところで、

猪木がスモールパッケージホールドに切り返しますが、
3発目をスモールパッケージで返すもカウントは2

カウントは2。

それでも起き上がれない猪木は、

一旦場外へエスケープを図ります。
ひとまず場外エスケープの猪木

そこからリングに戻ったところで、

この日の生中継は放送終了。

それでも視聴者からの問い合わせが殺到したために、

ワールドプロレスリングは翌週の冒頭で、

試合の続きを放映しました。

まず最初に目に飛び込んで来たのは、

カウンターのICBM弾!!
試合は翌週の放送へ…ICBM弾から、

カバーに行きますがカウントは2。
フォールはカウント2

もう一度、猪木はリングを降りますが、すぐにカムバックして、

ロックアップからブロディ独自のヘッドロックへ。
ブロディ独特のヘッドロックを、

猪木は身体を左右に揺さぶりロックを緩めてから、
猪木は回り込んで、

クルッと回り込んでショルダー・アームブリーカー!!
腕折りの体勢に取るが、

しかしながら今回も身長差が祟って効果なし。

アンドレ、ホーガンという、

2メートル級の相手に仕掛ける事がある腕折りも、

ブロディ相手だと効果が発揮出来ません。

事もなげに猪木を場外へ放り投げると、
ブロディは場外へ放り投げて回避

そのまま追っていき、

逆水平から鉄柱攻撃、
鉄柱攻撃から、

さらに場外でのボディスラム。
場外マット上のボディスラム

さっさとリングへ戻るブロディ、

猪木も一足遅れてエプロンに。
猪木がエプロンまで上がればロープに走り、

するとブロディはロープに走って、

猪木が上体を起こした瞬間に頭部へのメガトンキック。
上体を起こしたタイミングでメガトンキック

この頭部への波状攻撃に、

苦しい猪木はもう一度場外へ。
頭部への集中打で苦しい猪木

ここで試合時間15分経過です。

猪木は再びエプロンまで上がると、

待っていたのは胸板へのブロディのハンマーパンチ2連発、
トップロープに括りつけてのパンチ攻撃連発

館内には猪木コールが鳴り響きます。

足元がおぼつかない状態で、

やっとリングに戻った猪木に待っていたのは、

ブロディのドリルアホール・パイルドライバーでしたが、

この日は落とす前に2度、3度ジャンプのフェイントを掛けてから、
2度、3度とフェイントを掛けて、

一気に垂直落下!!
一気に落とすドリルアホール・パイルドライバー強烈!!

これまた強烈な頭部への攻撃に、

猪木は悶絶して動けません。
これは致命傷となったか!?

さらに抱え上げるとアバランシュホールド。
さらにアバランシュホールドの畳み掛け、

ブロディがカバーに行きますが、

猪木の左足がサードロープに掛かって九死に一生を得ます。
何とか左足がロープへ

古舘アナ
「ギリギリのところで猪木の足がロープに伸びました。首の皮一枚つながった猪木!!」

しかし!! ここから恒例の展開が巡ってきます。

ブロディはロープに振ると、
さらにロープに振ると、

例によってショルダースルー狙い、

当然、猪木は蹴り上げからの、
ここでショルダースルー、即ちチャンス到来!

延髄斬り!!
延髄斬り!!

古舘アナ
「延髄斬り!! ブロディの首を介錯したー!! 猪木土壇場に追い込まれてのミステリアススピリット、魔性の力ーー!!」

そして頭部を押さえて棒立ちのところに、

死角からドロップキックをヒット。
打点の高いドロップキックで、

思わずブロディは場外転落です。
ブロディは場外転落

猪木は追っていって自らのバランスを崩しながら、

ストンピングからのナックルパート。
猪木追撃のストンピングからナックル、

しかし食らいながら先にリングに戻るのはブロディの方。
しかしリングに戻るブロディ

ここで猪木は奇策に出ます。

トップロープ越しのブレーンバスターで、

ブロディをリング下に投げ落とそうと。
猪木捨て身のブレーンバスターへ、

これ後年、実際に獣神ライガー(現・獣神サンダー・ライガー)が使った時、衝撃的でしたが、

最初に披露したのは猪木だったんですよね。

結局、持ち上げたのはブロディ、
持ち上げたのはブロディ、

ならば猪木は着地してバックを奪うと、
猪木着地して、

バックドロップ!!
バックドロップ!!

古舘アナ
「パワーの全面開放ブロディを、アントニオ猪木がバックドロップで仕留めていった! ブロディも苦しそうだ! “動くダビデ像”ブロディの表情が苦渋に満ち満ちてきた。肖像画の様だ。古き歴史の肖像画の様だ!」

さらに猪木はここをチャンスと見て、

不充分ながらも卍固めに行きます!!
そして不充分ながら卍固め!!

足のフックは完璧ですが、

ブロディの右腕を捕らえ切れません。

通常ならこの時点で極まっているのですが、

相手がブロディとなれば、

これでも不充分となってしまう訳です。

解説の桜井康雄さんは言います。

桜井
「ブロデーがね、大き過ぎるんですよ」

案の定、ブロディは自由の利く右半身で勢いをつけて、

後方に体を浴びせての脱出。
体を浴びせて返すブロディ

そのままカバーに行きますが、カウントは2つ。
カバーに入るがカウントは2

ブロディはすぐさま猪木をロープに振ると、

出ましたドロップキック!!
ロープに振ってのドロップキック!!

そしてカバーの体勢に入りますが、

ここも猪木の足がサードロープに伸びて、

再びロープに救われた形です。

ブロディは展開を変える為に場外戦へ。

猪木をボディスラムの体勢で持ち上げると、

そのまま腰を鉄柱に強打。
猪木の腰を鉄柱へ!

これもきついですねぇ。

ブロディは一足先にリングに戻ると、

猪木に対してトップロープ越しのブレーンバスター狙い、
トップロープ越しブレーンバスター狙いのブロディ、

このタイミングで猪木が投げました!!
投げたのは猪木!!

躊躇せずに瞬発力で一気に投げましたね。

これは両者共にダメージ大。
両者共にダメージか?

しかし明らかに蓄積量の少ないブロディが、

先にリングへ戻ろうとした瞬間に、

猪木は倒れたまま右足を掴みます。

ガッチリと離しません!!
先に上がろうとしたブロディの足を掴む猪木

ここでカウント20…3度目の両者リングアウト、ドローです。
無情にもカウントは20

やや余力を残して座り込んだブロディに対し、

猪木は場外に横たわったまま動けません。
まるで舌出し失神事件を彷彿させるダメージ

まるで第一回IWGP“舌出し失神事件”の様な姿です。

何とか若手の肩を借りて起き上がったところ、

ブロディは猪木をリングに引きずり上げ、

セットしておいたパイプ椅子の上でパイルドライバー!!
さらに椅子の上でパイルドライバー!!

これがダメ押しとばかり強烈に決まり、

ブロディはそのまま意気揚々と、

会場内を練り歩いて控室へ。
場外を練り歩くブロディと逃げ惑う観客

リングに残された猪木は目も虚ろ、
猪木の虚ろな目に心配そうな星勘

その姿はさしずめ“闘魂の抜け殻”か。

後方で星野勘太郎が心配そうです。

春、夏、秋と駆け抜けた“運命の闘争”は、

この5戦目にして初めてブロディが主導権を握りました。

夏の両国大会後に発したコメントが、

奇しくも予言となった訳です。

ただし猪木としてみれば、

鉄人テーズの指導を仰いだにも関わらず、

何一つスタイルが変わらず試合をしてきたブロディに対し、

一種の失望にも似た感情が生まれつつありました。

アントニオ猪木の証明表紙
 アントニオ猪木の証明―伝説への挑戦 より

猪木
「こんな『でくのぼう』はいない! っていうのが正直な感想でしたね。相手をどうこうするっていうよりも、自分の決められたパターンしか演じないブロディの型っていうのができあがってて、誰が何と言っても、それを崩そうとも、相手に絶対に合わせようともしないんだから、いい試合をしようにもどうにもならないっていうかね…」


両者に複雑な感情をはらんだまま『バーニング・スピリット・イン・オータム』は進みます。

そして、この長編も遂にWoO.10を迎えます。

関連記事

comment

Secret

No title

この試合の猪木の体調はあまり良くなかった様に見えます。

約1ヶ月前の藤波戦と比べても、技にキレがなく、全体的な動きも良くない様に見えました。

しかし、卍に入った時の鬼神の表情にはゾクゾクさせられた思い出があり、個人的にはこの試合の最大の見せ場だったのでは?と思います。

ブロディの右腕を極めたくても決められないもどかしさを、猪木の指先に込められた力に強く感じました。

技に歴史あり

こんばんは。

先に出したのは、場外へのブレーンバスターはライガーではなく猪木で、パイプ椅子へのパイルドライバーは私のキムケンではなくブロディだったんですね。
この記事で初めて知りました。勉強になりました。

>YGFさん

この試合の猪木の体調はあまり良くなかった<どうでしょうね? 7月の大阪城もそうでしたが、一発で流れを変えられる部分はありましたね。

藤波戦と比べても、技にキレがなく、全体的な動きも良くない<前年に維新軍、UWF勢が抜けて、この年の猪木は大勝負続きでしたから、疲れが出てた頃かも知れません。

卍に入った時の鬼神の表情にはゾクゾクさせられた<この試合のハイライトシーンというのは異議なしです。

ブロディの右腕を極めたくても決められないもどかしさを、猪木の指先に込められた力に強く感じました<並のレスラーならこの時点で極まってるんですよね。
やっぱりブロディは特別だったと言わざるを得ないですね。

>aliveさん

こんばんわ。

この記事で初めて知りました。勉強になりました<こちらこそ恐縮です!!
でも雪崩式ブレーンバスターを実戦で初公開したはキムケンで、さらに返されたのもキムケンが初ですから…キムケンも偉大です。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード