闘魂の掌上(1984)

4月で思い出すのが、

1984年4.19 蔵前国技館

正規軍vs維新軍 5対5勝ち抜き戦
です。
大将戦で激突

このプロレス界初、柔道形式団体勝ち抜き戦は、

2年後に行われるイリミネーションマッチ(参照:闘いの東京サミット~Ⅰ~同~Ⅱ~同~Ⅲ~同~Ⅳ~同~Ⅴ~)と並ぶ、

新日プロの軍団対抗戦における大ヒット作ですね。

一つ一つの組み合わせが印象深いですが、

今回は締めの大将戦アントニオ猪木vs長州力を振り返りましょう。
アントニオ猪木vs長州力

開始のゴングと同時に、

前に前に出て行くアントニオ猪木に対し、

長州力はカウンター気味に懐へ飛び込んで、
高速の飛行機投げから、

肩車から飛行機投げで叩き付けると、

そのまま腕ひしぎ逆十字の仕掛け。
長州の腕ひしぎ逆十字は、

猪木は難なく後方回転で脱出すると、
猪木が後方回転で脱出し、

そのまま長州の両足を畳んで、

リバース・インディアンデスロックの体勢に入りますが、

これはニアロープ。
リバース・インディアンデスロックはニアロープ

序盤から目まぐるしい技の攻防が繰り広げられ、

早くも名勝負の予感です。

スタンドに戻れば再び猪木は前へ前へ、

これに長州は機先を制す強烈な張り手一発。
虚を突いた長州の張り手

ここですぐに戦法を変えてくるのが猪木の凄いところです。

長州の左脇を深く差して固定し、

重心をしっかりと崩してからの小内刈り。
完璧すぎる猪木の小内刈り!

この技術…柔道の高段者レベルですよ。

それでもレスリングの高段者、長州はすぐにバックを取り、

対して猪木も亀になります。
亀になる猪木に、

ここからのコントロールは長州の土俵ですが、

猪木も敢えて抵抗せずに身体を預けている様です。
長州のグランドコブラ

サイドに身体を移動していくと、

猪木はそのまま美しいブリッジを構築。
脱出しながら猪木はブリッジ、

そこに長州は体重を預けますが、

猪木の人間橋はビクともしません。
長州が乗っても微動だにしない

離れたところでヘッドシザースから、
ヘッドシザースから、

腕ひしぎ逆十字へ。
逆十字を挟んで、

長州のクラッチが切れないと踏めば、

ショートアームシザースに移行。
ショートアームシザースに移行

この連携、武藤もよく見せますね。

そして驚愕なのが長州のパワー。

ガッチリ極められた状態から猪木の身体を、

肩口まで一気に持ち上げていきます。
肩口まで持ち上げる長州の怪力、

持ち上げられた猪木は冷静にローリング。
猪木はそのままホイップ

ここで一度場外へエスケープして、

長州は主導権を引き戻しにかかります。
一旦、場外でインタバルを置く長州

リングへ戻って組むと、

前傾姿勢の猪木をがぶっていく長州に、
組み際がぶっていく長州に、

ここは誘い水だったか?

猪木得意のリバーススープレックス。
逆に猪木は潜り込んでのリバーススープレックス

長州はクラッチを切らずにブリッジで起き上がると、
長州は離さずに、

身体を返してカナディアン・バックブリーカーに持ち上げます。
カナディアン・バックブリーカーに、

ここも猪木の得意パターン、

トップロープを蹴ってのリバーススープレックス2発目。
猪木はトップロープを蹴って再度リバース

前段のキーロックの展開もそうですが、

これまで何度もアンドレ戦で繰り広げられた攻防ですね。

猪木はそのままV1アームロックで絞り上げてから、
V1アームロックで絞り上げて、

起き上がった長州のバックに回ってフルネルソン、
バックに回るとフルネルソンをフェイントに、

これで重心を前方に掛けておいてから、

スッと外して両足首を刈るテイクダウン。
両足首を取ってのテイクダウンから、

そのまま一気呵成に長州の両脇に両足を差して、
一気呵成に、

流れる様なジャパニーズ・レッグロールクラッチはカウント2。
ジャパニーズ・レッグロールクラッチはカウント2

この一連の技術がストロングスタイルなんですよね。

当ブログでクドいくらいに書き綴って来ましたが、

脳天から落としたり、顎を蹴り上げて、

戦闘不能に持ち込む事だけが、

ストロングスタイルっていう事じゃないんですよ。

相手の両肩をキャンバスに3秒間つける事、

それこそが“組み伏せた”状態なのですから。

このワンサイドな展開に若い長州の魂に火が点きました。

ひねりを加えたバックドロップから、
長州はバックドロップから、

ロープに振ってリキ・ラリアート!!
ロープに振ってのリキ・ラリアート!

そしてスコーピオンデスロックの殺人フルコース!!
そしてサソリ固め!!

長州は足首の柔らかい猪木戦のみ出す、

“クラッチを結ぶ”サソリですが、

ここから“闘魂のヤドカリ”が這い出してきます。
ここから“闘魂のヤドカリ”

身体を丸めて長州の力を逃がしながら、

猪木は脱出してアキレス腱固めに行きますが、
アキレス合戦に持ち込んだところでブレーク

長州もロックを解かずに、お互い極め手を欠きブレイク。

立ち上がるとすぐに猪木は痛烈な張り手の連打、
張り手の連打でコーナーに追い詰めて、

そのままコーナーに追い込むと、

長州はがぶって動きを制しますが、

レフェリーの5カウントでの離れ際、
ブレーク際の一瞬をついて、

猪木の鋭いインロー一撃。
インロー一発

再び手四つに組むと長州、

今度はマサさんばりのダックアンダースープレックス。
長州のダックアンダー・スープレックス、

猪木はしっかりと受け身を取った上で、

ガッチリとヘッドシザースに捕えます。
猪木はヘッドシザースで切り返す、

長州は足首を極めての脱出から、
長州が脱出したところで、

袈裟固めに行かんとしますが、

再び猪木はヘッドシザースの切り返し。
もう一度ヘッドシザース

今度は裏側から脱出した長州、

一気に静から動へ、ストンピングの連発から、
長州ストンピングから、

猪木を引きずり起こして、

コーナー対角線を走り込むアバランシュホールド。
走り込んでのアバランシュホールド

首4の字を短く挟んで、

一気にラフに持ち込んだところで、

待ってたぜ、とばかりに猪木はブロックして、
張り手は猪木がブロックして、

痛烈なお返しから、
痛烈な返礼

突如放った延髄斬りはクリーンヒット!!
そして延髄斬りクリーンヒット!!

これは効きました。

猪木は構わず引きずり起こして、

顔面へのドロップキック。
打点の高いドロップキック、

これもクリーンヒット…バネが凄いです。

ボディスラムからの、
ボディスラムで叩き付けて、

急降下爆弾も高い!!
急降下爆弾

そして卍固め!!
そして卍ー!!

以前取り上げた(参照:アントニオ・スペシャルの神秘)長州戦特有の低い卍ですが、

やや重心が頭部に乗り過ぎたか、

上手く体重移動して脱出成功。
長州、何とか脱出成功

しかし延髄から始まったラッシュに、

ダメージの大きい長州はしばらく起き上がれません。

そこに容赦ない2発目の延髄!!
2発目の延髄も完璧!!

これには膝から崩れ落ちる長州。

両腕を広げた猪木は既に勝利を確信したか、
勝利を確信したか、

トドメの卍固めに入ります。
2度目の卍はガッチリ極まる

入念に今度は右足首を掴んで極めに行く猪木と、

意地でもギブアップしない長州、

これには放送席の山本小鉄審判部長も危険と見なし、
審判部長も危険と見なして、

即刻レフェリーストップが告げられます。

終わってみれば猪木完勝。
猪木の完勝に終わる

もちろん勝ち抜き戦も正規軍の勝利に終わりました。

蔵前の大観衆は両手を挙げる猪木に対して大歓声。
猪木の勝利に歓喜の大観衆

最後は5人揃っての勝ち名乗り、

やっぱりキムケンが一番嬉しそうですね。
正規軍揃っての勝ち名乗り

猪木の力が衰えたと言われる時代の一戦ですが、

…とんでもない! 当時、上昇一途の長州の得意技を、

全て受け切った上で完封しています。

ほぼ猪木が掌の上で踊らせたかの如く。

この試合の悔しさをバネに長州は、

そのターゲットを藤波から猪木に変え、

4か月後には同じ蔵前でプロレス史に残る名勝負を演じました(参照:蔵前最後の名勝負~前編~同~中編~同~後編~)。
国技館への敬意を払った猪木の蹲踞

1984年という年は長州というプロレスラーを語る上で、

重要な意味を持つ一年間だった事は言うまでもないですね。

関連記事

tag : アントニオ猪木 長州力

comment

Secret

連投ゴメン!

くらい気持ちに陥らないためにも。

長州には極め技がないと、したり顔でいい切るひとたちがいます。長州はアマチュアではなくプロレスラーなのに。いやアマチュアにだって袈裟固めや押さえ込みといった極め技があるのに。

不思議なことに脱猪木イズムの長州は、なぜか猪木とは相性がいいんですよね。本当にスイングしているし、長州の表情もイキイキしている。本当にレスラー猪木が好きなんですね。猪木とやりあう長州って、いつも嬉しそうな顔をしていました。

長州のアバランシュホールドと飛行機投げは、キチンシンクとともに、裏代名詞というべき得意技。世界一の使い手ですよ!アメプロならフィニッシングホールレベル。歳とってから使わなくなったんですけど(笑)。あ、小内狩りも柔道経験者だけあって垣原相手にキメてみせましたよね。

対Uインター以前にも長州はアマレス的ボディコントロールを披露していたんだよなぁ。マサさんと組んで闘った猪木&藤波戦と藤波&木村戦でもクルスフィックスを出していたっけ。
にしても政権交代マッチとなった札幌決戦でもみせたキーロックを極めたままの猪木を持ち上げた長州のパワーは凄い!けれど、そのパワーを利用してみせる猪木の技の深みは底知れませんね。いまどきの総合的常識では計れない名人芸を猪木は備えていたんですよ。


ぜんぜん関係ないですけど、レッスルマニアに対抗して猪木祭を日本マット界の祭典にできないものか。ボンバイエ2016とか。レッスルマニアだってホーガンに因んでいるわけですから、筋違いとはいえますまい。今年のレッスルマニアは未曾有の10万人超え。しかし猪木は平壌で38万人を集めた……ごめんなさい、比較できるような性格ではないですよね。でも、いつかはプロレスが国立や横浜サッカー場を満員にできたらいいなって。そのためにも世間をボンバイエしましょう!
我ながら何のコメントかわかんなくなっちゃった(汗)。

猪木が笑えば僕らも笑う。道はどんなに厳しくとも笑いながら歩こうぜ!みんなが笑える世の中にしましょうよ。それがプロレス者の闘いなのだと信じて。

No title

久しぶりにコメントです。
写真で見ていても、いわゆる
「レスリングをしている」
というのがよくわかります(プロレスをしている、ではなく)


ふと思ったのですが、この時代までで、猪木がトップになってから日本人対決をした相手といえば大木金太郎と坂口征二とラッシャー木村くらいだったのではないかなぁと。
ロビンソンを始め、外人レスラーとはこういうレスリングマッチを何度もやっているでしょうが、上記日本人3人とも、きっちりとしたプロレスリングをするタイプではなかった(出来るでしょうけど)のでスイングする試合に猪木も猪木で長州とやるのは楽しかった(語弊があるかもですが)のではないかなぁと感じます。

No title

この試合…というかこの時代の試合って、よく考えたら実はリアルタイムで一回観たっきりなんですよね、オラ。

でも強烈に印象に残ってる。
猪木の卍が観られた数少ない試合ってイメージ。記憶では延髄三連発からの卍なんですが、何処かで何かとゴッチャになってるんでしょう。

あとこの試合は、漫画「プロレス大勝負(ビックマッチ)」で扱われていたので何回も観たような気になってます。漫画読みながら試合の記憶と照らし合わせてましたねぇ〜。

しかし、原田久仁信先生が描く長州はカッコよかったなぁ。

No title

両者のテクニックあり、パワーあり・・・派手さはない、でも最高におもしろい!!最後の最後まで見いってしまいます。ワクワクする試合とは、まさにこういう試合でしたね(^^)

猪木のもリバーススープレックスも・・・ブリッジの攻防、最高ですよね。ボクは好きでしたね~。ブリッジの攻防はある意味、新日のお家芸でしたよね。あと猪木のフライングニーのときの、まさにこの画像の腕の形です。これも好きでした(^^)

こんな試合をリアルタイムで見れていた、誠に幸せなことですね(T▽T)

>し~まさん

長州には極め技がないと、したり顔でいい切るひとたち<サブミッションだけがレスリングではないですからね。
逆に立ち技から行けば、長州や相撲出身の天龍辺りは物凄い強さだったみたいですし。

不思議なことに脱猪木イズムの長州は、なぜか猪木とは相性がいい…猪木とやりあう長州って、いつも嬉しそうな顔<スイングしたんでしょうね。
脱猪木でありながらも、やはり最も気迫の部分で猪木イズムを踏襲していたのが長州のレスリングだったと思います。

長州のアバランシュホールドと飛行機投げは、キチンシンクとともに、裏代名詞<ある時期から使わなくなりましたが、どっちも好きな技です。キチンシンクは今でも使っていますね。

マサさんと組んで闘った猪木&藤波戦と藤波&木村戦でもクルスフィックスを出していた<マサさんと組むと殊更にレスリングを出して来ていましたね。
そこに緊張感があったと思います。

いまどきの総合的常識では計れない名人芸<MMAのセオリー的な技術と違って、猪木のプロレスは高いアドリブ力の要求される“芸”でした。

猪木祭を日本マット界の祭典にできないものか<猪木の名のもとにプロレスの祭典があってもいいと思います。
それは存命中にやらなきゃダメでしょう。

道はどんなに厳しくとも笑いながら歩こうぜ!みんなが笑える世の中にしましょう<プロレスファンの方には今こそ猪木ポエムを胸に頑張って頂きたいです。

>ナリさん

久しぶりにコメント…写真で見ていても、いわゆる「レスリングをしている」<前に記事にした蔵前最後の試合でもそうですが、一つの技が仕掛けられて入るまでに物凄いやり取りが窺えるんですよね。駆け引きやら何やら。

猪木がトップになってから日本人対決をした相手といえば大木金太郎と坂口征二とラッシャー木村くらい<あとは上田とマツダくらいでしょうか。新日本を以ってしても日本人対決は特別なものでしたしね。

上記日本人3人とも、きっちりとしたプロレスリングをするタイプではなかった…猪木も猪木で長州とやるのは楽しかったのでは<直系の愛弟子ですしね。
ある意味理想の試合を作る事が出来たのは、この長州以降だったでしょうね。

>BKっち

よく考えたら実はリアルタイムで一回観たっきり<当時はビデオやDVDで繰り返し観る事なんてありませんからね。
それでもいくつものシーンが胸に焼き付いてるという事は、それだけ試合のインパクトがあったという事でしょう。

猪木の卍が観られた数少ない試合…記憶では延髄三連発からの卍なんですが<延髄三連発…どの試合でしょ?
ブロディには何発も何発も打ち込んでいましたね。

漫画「プロレス大勝負(ビックマッチ)」…原田久仁信先生が描く長州はカッコよかった<記憶に残っているのは、『コミックファイター』の原田久仁信先生の長州主役の劇画ですね。
顔面蹴撃事件直後で、焼肉屋で上カルビをガバッと口の中に放り込んで、テキーラで胃の中に流し込む…という描写がかっこよかったです。

>流星さん

両者のテクニックあり、パワーあり・・・派手さはない、でも最高におもしろい!!<今のプロレスと比べると地味だと思います。お若い方は飽きちゃうかも知れません。
でも一個一個の攻め全てに「これを返せるか!?」とか「これでくたばれ!」という気迫が見えるんですよね。

ブリッジの攻防、最高ですよね。ボクは好きでしたね~<櫻井さん、古くはこれゴッチ、テーズからでしょうね。手四つからのブリッジなんて小学生時代に毎日練習しましたもんね。

猪木のフライングニーのときの、まさにこの画像の腕の形<出た――!! やっぱり見るところが違う!!
特に猪木は指先まで死んでいないんですよね。これタッグマッチで控えにいる時までもそうなんですから脱帽します。

こんな試合をリアルタイムで見れていた、誠に幸せなこと<猪木にも長州にも古舘アナにも小鉄さんにも、がまかつにもシバウラトラクターにも…すべてに対して感謝です。

No title

以前 教えていただいたイリミネーションマッチは観ましたが
(1つは探せなかったかな)

イリミネーションマッチってまだあるんですね!

この試合 探してみまーす。

>みーさん

イリミネーションマッチってまだあるんですね!<近年もあの試合形式はやってる様ですね。
しかしイリミネーションは新日vsUWF、世代闘争…まででしょうね。
正規軍vs長州軍とか、ジュニアのとかありましたが、ゲーム性の高い緊張感はだんだん薄らいでいった気がします。

この試合<ワールドにありませんでしたか?

No title

いつもお返事ありがとうございます。


観ましたよ〜〜
ワールドにありました!(あっ、レガさんワールドにありませんか?とのお返事してくれていたんですね)

まさにブログで取り上げている猪木選手VS長州選手

レガさん流の表現「ヤドカリが這い出して」など分かり易いです。
長州選手の技を切り返す猪木選手の柔軟さには改めて驚かされましたし、卍固めの長州選手はギブアップしない。
く、首がーーーーと思っていると、レフェリーが山本小鉄さんへ判断をとる姿も印象的でした。

私にはどのような展開になるのか想像がつきませんでしたが、派手さは無くとも引き込まれている自分が居ました。
お互いに【絶対に負けられない!】という強い思いが出ていた試合でした。


>みーさん

いつもコメントありがとうございます。

「ヤドカリが這い出して」<“闘魂のヤドカリ”これもオリジナルは古舘節ですね。

長州選手の技を切り返す猪木選手の柔軟さ<猪木は足首を筆頭に人間離れした関節の柔軟性がありました。
長州の両手の使い方も猪木戦だけは特別でしたよ。

山本小鉄さんへ判断をとる姿<「山本小鉄が放送席を離れるとき、ドラマが生まれる」…だったかな? これも古舘節です。

派手さは無くとも引き込まれている自分<現在の試合スタイルを基準とすれば、確かに地味かも知れません。
でも当時ではかなり大技が出てる方だと思います。
紫レガとは?

紫レガ 

Author:紫レガ 
45歳のプロレス話


長州、これは俺のブログだ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
UFC (1)
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
来場者数
QRコード
QRコード